<   2005年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

地雷を踏んだらサヨウナラ~世界遺産

「世界遺産」と言っても、TVでやってるものじゃなくて、
Takaraから出ているお菓子のおまけの「世界遺産」で
あります。

c0033213_052041.jpg


写真を見ていただくとよく分かりますが、本当によく出来ています。
僕のには「ゲーテの山荘」が入っていました。
ゲーテの山荘が世界遺産だとは知りませんでした。
また、ベトナムのハロン湾、ペルーのマチェ・ピチュなども
フィギュアになってます。

世界遺産と言えば、僕はかねてからカンボジアの
「アンコールワット」に行きたくてしょうがないのです。
去年、会社を辞めた時に、行く予定でしたが、何やかんやで
結局いけずじまいで。
働き出すと、10日間ほどの休みを取るのが難しいので、
今のこの時に行くのがベストなんでしょうが、今は金銭的に
難しい。困ったもんだ。

カンボジア、アンコールワットで思い出すのは、一ノ瀬泰造を
追ったドキュメンタリー映画「TAIZO」です。


これは去年、公開されました。
もうDVDになっているかどうかは分かりません。

c0033213_054227.jpg
僕は試写会で見て、監督の中島多佳子さん、
プロデューサーの奥山和由さんの話を
聞きました。
そこで印象的な話を色々聴きましたが、
中でも面白かったのが、泰造の写真には
子供が写っているのが多いのですが、
泰造が撮るときに子供に近すぎていて、
写真の子供の目の中に、よく見ると、
写真を撮る泰造の姿が見えるらしいです。
子供好きな泰造の微笑ましい
エピソードではないでしょうか!

c0033213_0625.jpg


結局、泰造はアンコールワットを撮る事無く、
その生涯を終えましが、泰造が命をかけてまで撮ろうとした、
アンコールワット、ぜひ、生でこの目で見たいです。

画像は、浅野忠信主演の映画、
「地雷を踏んだらサヨウナラ」です。
[PR]
by fyamasan | 2005-03-31 23:02 | 邦画 | Comments(0)

実践マネジメント

昨日、3ヶ月続いた委託講座「実践マネジメント」の
最後の授業があり、修了証書を貰いました。

この3ヶ月間で一番自分自身変わったのは、考え方では、
ないでしょうか。
「コーチング」というものも知ったし、「アイデアマラソン」の
発想法。
経営戦略、交渉、プレゼン、どれも自分の会社、自分自身を
十分に知らなければ、ならない。

c0033213_14575854.jpg

孫子の兵法に「敵を知り己を知れば百戦危うからず」というものが
あります。
文字通り、敵を知るだけでは勝てない、さらに自分自身を知る
事により、自分の弱さ、強さが分かってくる。
そうすれば、戦いでも有利に戦える。

この講座で考えた自分の強さ、弱さをもっと分析し、これから
どのように進むか、じっくり考えたいと思います。

年上の方や同じ世代の方、年下の方と、様々な年齢層の
方と色々話やディスカッション出来て、大変有意義でした。
もっともっと頭(考え方)は柔らかくせなあかんとつくづく思いましたし、
まだこれからでも十分出来ると感じました。

何かの運で知り合えたと思いますので、これからも宜しくお願いします。
お互いに切磋琢磨していきましょう!
[PR]
by fyamasan | 2005-03-30 14:59 | その他 | Comments(10)

花~ロードムービー

ロードムービーの秀作を見ました。
邦画の「花」であります。

c0033213_0225361.jpg

会社員の野崎(大沢たかお)はある日、
突然、倒れてしまう。
気づけば病院のベッドの上。
病名は脳内の動脈瘤。
医師によれば、いつ再発するか分からず、
また手術も難しく、成功しても、記憶が
どうなるか分からないという。

会社も辞め、何もする事なく、時間だけが過ぎていく。
ある日、近所に住む弁護士(仲村トオル)がバイトを
ないかと声をかける。
1週間ある人の運転手をするという事だった。

ある人とは、25年にも及ぶ裁判で無罪判決の勝利をもぎ取った
ばかりの鳥越弁護士(柄本明)。
彼は鹿児島まで、別れた元妻の遺品を取りに行くと言う。
それも、飛行機、新幹線などを使う事無く、車でしかも高速を使わず、
国道を使って。

何故か、彼はいう「10年近く一緒に住んでいた元妻の顔が
思い出せない。昔、二人で鹿児島まで新婚旅行へ行った。
その時と同じ道を辿れば、思い出すかもしれない」

最初はギクシャクした二人だったが、時間が深まるにつれて
距離は縮まっていく。
野崎はこれからの生きる道を、
鳥越は亡き元妻の面影を探して旅を続ける。

元妻が鳥越に渡したかったモノとはいったい何か?
野崎はこの旅で何かを得たのでしょうか?
そしてタイトルの「花」は何を意味するのか?

気になったのは、二人が休憩する場面はいつも、港か
海の見える場所だった事。
大沢と柄本明の演技の駆け引きがとても良いです。

見終わった後は静かな深い感動が広がります。
もしも自分だったらどうする?
そう考えてしまいます。
[PR]
by fyamasan | 2005-03-29 00:33 | 邦画 | Comments(6)

ヒーロー

また新たな格闘技イベントが誕生した。
c0033213_1935647.jpg


ずばり、「Hero's」である。
世界で一番多いとされるミドル級。
総合格闘技の世界において、「世界で誰が一番強いんや?」
を求めていくものである。

大会ではヘビー級もあり、最近は「負けサップ」と言われた
B・サップの久々の勝利や、須藤元気や宇野薫の活躍で
大いに盛り上がった模様。

総合格闘技とはなんであろうか?
かなりメジャーになった「K-1」は立ち技の世界一を決めるもので
あり、総合とは立ち技+寝技のミックスされたものであります。
立ち技が得意な選手がいれば、寝技が得意な選手もいる。
総合では、いかに自分の得意分野で勝負していくかに、
勝敗が決まってくる。

今、30代~40代の男性にとって子供時代は野球と
同じくらいプロレスがメジャーなスポーツであったはず。
僕も小学校4年でタイガーマスクの大ファンになり、4次元殺法と
呼ばれた、戦いのとりことなりました。
c0033213_19111793.jpg

映画と阪神と同じくらいプロレス(格闘技)が好きな僕にとって、
格闘技のゴールデンタイム進出にはとても嬉しいですが、
本来のプロレスの人気が低下、深夜枠でのTV放送と、
ますます客離れになっている現状に危惧を抱いています。

ゴルフの藍ちゃん、さくらちゃんとヒーロー出現で(彼女らは
ヒロインになる)、その分野が大きく盛り上がる。

低迷続くプロレス界に新たなヒーロー出現を求む!
[PR]
by fyamasan | 2005-03-26 23:14 | スポーツ | Comments(2)

映画マップ

いよいよ、Wカップイラン戦であります。
12万人の観客の中で(その殆どが敵方)の選手の
プレッシャーとはどんなものなんでしょうね。

c0033213_22205363.jpg

「大阪ロケ地マップ」というパンフレットを貰いました。
大阪を舞台にした映画、ドラマがどこで
撮られたのか、詳しく載っています。

昔の作品から新しいのまで、でもやはり数は少ないです。
エッセイスト、武部好伸さんも書いていますが、
「10年後にはこのマップに、ハリウッド映画が
数本入っていることを期待する」と。

c0033213_22225773.jpg

「ラストサムライ」のような映画、
大阪で撮れないですかね?
「ブラックレイン」以降は大阪で
何か撮影したのかな? 
記憶にないなあ



S・コッポラの「ロストイン・~」は
東京が舞台だった訳で、大阪も何か出来そうな感じはする。


大阪からもっともっと多くの文化・芸術の発信を願います。
僕のcinema-cafe(kitchen)もその1つにでも
なればなあと思います。

そろそれTVを見なくては。
頑張れ~! ジーコジャパン!
[PR]
by fyamasan | 2005-03-25 22:13 | 映画 | Comments(4)

キルスティン・ダンスト~ブサイクか、どうなのか?

c0033213_2304788.jpg


昨日、紹介した映画「エターナル・サンシャイン」に出てた
「スパイダーマン」のヒロインの、キルスティン・ダンストについて。

彼女は子供の時からCMモデルとして活躍し、映画でブレイクしたのは、
12歳の時の、「インタビュー・ウイズ・バンパイア」である。
吸血少女として、G・グローブ賞にもノミネートされている。

「若草物語」や「ジュマンジ」「スモール・ソルジャー」などを
経て、大作、「スパイダーマン」のヒロインへ抜擢となったのだが。

ネタを探せば、アメリカの一部ファンの間では、「アグリー、プリティ」と
呼ばれ、オタクファンからの支持が多かったらしい。
美人と言えるほど可愛くなく、ブサイクというほどではない、
その辺りが、オタクの心を揺さぶったらしい。
彼女はまだ20代、前半である。

順調にキャリアを伸ばす彼女は、S・コッポラ最新作、
「マリー・アントワネット」では、見事にアントワネット役を
演じているらしい。
これもかなり気になるな。

今後の彼女の動向に注目であります。

この映画はJ・ロバーツ主演の「モナリザ・スマイル」です
J・ロバーツ版、「いまを生きる」となっています。
舞台は女子大学ですが。

c0033213_232769.jpg
[PR]
by fyamasan | 2005-03-23 23:06 | その他 | Comments(4)

エターナル・サンシャイン~恋の記憶は消すべきか?

もし、あなたが失恋してしまったら、その苦しさ
から逃れるために、恋人との記憶を消したいと思いますか?

c0033213_010971.jpg

映画「エターナル・サンシャイン」の
主人公ジョエルは突然、恋人
クレメントが彼の記憶を消した事に
気づき、大いに落ち込んだ
「なぜ、彼女は僕の記憶を、
なぜに」


失恋の痛手から、彼も彼女の記憶を消そうと手術を行います。
朝、起きたらもう彼女の事は頭から消えているとの事。
その手術の過程に、彼の脳に彼女の記憶がどんどん蘇ってきます。
「このまま、彼女の記憶を消していいのだろうか?」
「いや、消すべきではない。この記憶こそが僕には大事なんだ」

c0033213_0103790.jpg


明け方までには時間がない、手術は中止出来るのか?
彼の脳の中で彼が記憶を消さないようにと必死に動き回る。
「何とかしてでも彼女の記憶を消すものか!」
そして運命の朝が来た。

主演はコメディ俳優のジム・キャリーが地味で真面目な好青年を演じれば、
「タイタニック」のK・ウィンスレットが髪の毛の色を何種類も変える、自由
奔放な女性を。
映画はこの彼女の髪の毛の色に注目すると分かりやすいかも。
また、「スパイダーマン」のヒロイン、K・ダンスト、「ロード・オブ~」の
イライジャ・ウッドなど、豪華な俳優が脇を固めています。

映画は現実とジョエルの脳の中が交互に混ざり、色々と話を複雑に
してますが、最後に、、、。これはお楽しみに。

失恋の、恋の記憶は消すべきか、否か?

あなたならどうする?
[PR]
by fyamasan | 2005-03-23 00:13 | 映画 | Comments(4)

マーティン・ローレンス~評価が低いのではないか?

日本では今いちネームバリューが低いマーティン・ローレンス。
コメディ俳優として、アメリカでは1億ドル突破のヒット作もあるのだが。
僕は断然、W・スミスやA・サンドラーよりも評価は高いのですが。

c0033213_23502539.jpg

今、20世紀FOXで999円でDVDが
買えるキャンペーン中。
その中で見て欲しいのが、このM・ローレンス
主演の「ビッグ・ママズ・ハウス」です。



潜入捜査が得意なマルコム刑事は銀行強盗犯が脱獄したために、
元彼女の所へ行くと踏み、彼女の実家の家を張り込みます。
案の定、彼女は来るのですが、肝心の実家のビッグ・ママが
2,3週間家を出てしまったから、大変。
それでは、自分がビッグ・ママになろうと変装して、彼女を
見張るのだが、だんだん彼女に惹かれていき、、、。

c0033213_23573338.jpg
これもかなり昔になりますが、
「張り込み」という映画がありました。
R・ドレイファス、E・エステベス主演の
コメディ。
張り込んだギャングの元彼女に
恋してしまう刑事を描いた映画で、
この「ビッグ・ママズ・ハウスとよく似ていますが。

ビッグ・ママと言われるぐらいだから、かなり大きなお婆さんに
扮したM・ローレンスの変装ぶりも見物だし、ドジな相棒や近所の
人たちに大笑いし、だんだんと近づいてくる強盗犯にハラハラドキドキと、
内容満載です。

そして、そろそろ本物のビッグ・ママが帰ってきましたが、どうなるの?
最後はホロリとさせてしまう所が憎い所ですが。

999円なんで、買っても損はないと思いますが。

c0033213_23504978.jpg

あと、値段は違いますが、M・ローレンスの「ブルー・ストリーク」も
これまたいい映画です。
[PR]
by fyamasan | 2005-03-21 23:52 | 映画 | Comments(2)

3月20日

今日、3月20日は毎年来るたびに色々と
思い出す日であります。

ちょうど、10年前に大学の卒業式がありました。
その時は、こんな姿でしたが(^。^)
c0033213_1903449.jpg


一人だけ異質ですが。
これは卒業旅行にタイへ行ったのですが、タイの僧侶の格好です。
これを着たらかなり目立つだろなと思い購入しました。
着方もホテル従業員に教えてもらいました。

当日はまだ寒くてけっこうこの格好は難儀しました。
予想通りかなり目立ちました。
全然知らない人にも写真を一緒に撮られました。
最後まで人を驚かせる事が出来て、面白かったです。

今の卒業式はこんな格好の学生はいないのかな?
最後まで弾けてる方がいいと思いますが。

そして卒業式が終わり、駅に着いたら号外が
「地下鉄サリン事件」でした。
あの事件からもう10年です。
報道が「地下鉄サリン事件から~年です」と聞くたびに
自分の卒業式を思い出し、未だに事件の後遺症で苦しむ
人を見ると、いかにこの事件が凶悪であったかが、ズシリと
胸に響きます。

また、3月20日は今のイラク戦争の開戦日でもあります。
M・ムーアの「恥をしれ、ブッシュ!」のブーイングも実らず、
未だに行方が分からないイラク戦争ですが、この戦争も
僕にとっては忘れられない戦争になるでしょう。

写真を勝手にアップしたけど、一緒に写ってる人、ごめんね!
[PR]
by fyamasan | 2005-03-20 19:22 | その他 | Comments(4)

日本型経営の良さとは

c0033213_18213100.jpg

excellent を辞書で調べると 、優秀な、非常に良い、並々ならぬ
といった褒め言葉が並んでいます。
成績もexcellentが最上の評価でもあります。

高杉良氏の「ザ・エクセレント・カンパニー」を読み終えました。
赤いたぬきで有名な、まるちゃんカップ麺の東洋水産の
アメリカでの奮闘ぶりを描いたものです。
セクハラ裁判、異文化コミュニケーションの難しさ、海外赴任の
家族や駐在員の苦悩など、等身大の姿の社員の奮闘に
目頭が熱くなります。

同じく高杉氏の「燃ゆるとき」では、「僕の自慢は社員です」
と語った、東洋水産の創業者・森和夫を中心に熱い気持ちで
社員一丸となって倒産の危機や特許抗争、様々な困難を
乗り越えていく様が描かれています。

c0033213_1881066.jpg
社長の森和夫氏の人間性や経営者としての先見性など
(バブル時に財テクに走らない)
会社が大きくなった原因はあると思いますが、社長が
まず、社員を信頼し、そして社員もそれに応えて頑張る。
家族のような一体感が産み出す組織の力。
社員に信頼と安心を与える、終身雇用。

バブル崩壊後、日本型経営の弊害が叫ばれていますが、
東洋水産が行ってきた日本型経営が、やり方次第では
海外でエクセレント・カンパニーと評価されるように、
日本型経営のいい面をこれから認めていくべきだと
思いました。(確かに悪い面もありますが)

著者自身、「ソニーやトヨタのような大きな会社だけが、
エクセレント・カンパニーではない、東洋水産のような
エクセレント・カンパニーがもっとたくさんあるはずだし、
出てくる事も期待する」と語っていますし、著者は昔から
成果主義に負けない日本型経営の良さを叫んでいました。

「へえ~、こんなぁ会社もあったんだ」、社長の考えや生き方に
興味が少しでも出てくれば、ぜひ、一読をオススメします。
読後は自分自身、もっと頑張ろうと前向きな気持ちが出てきます。
間違いない!
[PR]
by fyamasan | 2005-03-19 23:11 | 読書 | Comments(2)


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧