<   2005年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ライフ・アクアティック~人生は海だ~!

けったいな、とらえどころが無いというのだろうか?
そんな印象を持った映画「ライフ・アクアティック」

c0033213_0213162.jpg

映画「ロイヤル・テネンバウムズ」のW・アンダーソン監督
最新作であります。



主人公、ズィスー(B・マーレー)は世界的にも有名な海洋
探検家であり、チームを率いて自らの探検を映像に収め、
それを映画にして、ヒットさせ、お金を貯めて、次の探検にいくという、
サイクルを繰り返していた。

しかし、ここしばらく映画にもヒットが出ず、スポンサーからも逃げられ、
どうにもこうにも行かない状態でした。
追い討ちを掛けるように、30年来、よきチームメイトであった親友が
サメ(ズィスー曰く、「ジャガーサメ」)に食われるという事件が起こった。
親友の敵と新たな映像を求めて、ズィスーは探検に出かけるのであったが、
今度の探検は、少し様子が違うようだ。

というのも、彼の前妻の息子(疑惑付き)が突然現れるし、現妻は乗船を拒否し、融資を
もらった銀行から監視役も付いてくる。
ズィスーを取材する女性記者(K・ブランシェット)にも、あんまり
好意的な記事は書いてもらえなさそう?な感じである。
不安いっぱいの今度の探検、ズィスー一行は無事に帰ってこれるのか?

c0033213_0543834.jpg


映画の見所は、主人公のビル・マーレーを筆頭に、
曲者俳優?が勢ぞろいな所かな?
現妻にA・ヒューストン、チームメイトに、W・デファー、
(「スパイダーマン」の悪役パパも
ここでは、いい部下ぶり。)
疑惑の息子にO・ウイルソン、ライバル探検家にJ・グラム。
また、ズィスーの調査船はサウナもあり、色々部屋が
あるので、これにも乗りたいと思わせる。

突然現れた息子と父のぎこちない親子関係から、
次第に絆を深めていくシーンに、ジーンときちゃいます。
こんな探検隊なら、入ってみたいなあと思いました。
かなり危険な探検もしますが。

音楽がまた見事でした。
D・ボウイの名曲がポルトガル語のボサノバ調でアレンジ
されていて、これがまた心地良い。
早速、サントラも聞かねば。

俳優、ストーリー、音楽、見所満載の「ライフ・アクアティック」に
あなたははまってしまうのか?

「ジャガーサメってどんなん?」、とか
このB・マーレーがかぶっている赤いニット帽子に興味を持たれたら
映画館でチェックしましょう!
[PR]
by fyamasan | 2005-05-30 01:05 | 映画 | Comments(0)

ドリカム

今日は大阪城ホールでのライブイベント
「REQUESTAGE3」に行ってきました。
FM802主催のイベントでした。

会場には10代の女の子が多くて、大変な熱気でした。
アリーナはすべてオールスタンディングで、僕らはAブロックで
前から2番目ぐらいで、よく顔が見えました。

c0033213_0431058.jpg


出演はEXILE、 FLOW、 KREVA、レミオロメン、ドリカムなど。
はっきり言ってドリカム以外は興味がなかったので、人の熱気と
女の子の高くうるさい声に、どっと疲れが押し寄せました。

ドリカムがかなり近くに見れて良かったです。
昔のヒット曲、「決戦は金曜日」も歌ってくれました。
これが一番ピンときましたね。
最近の曲では、「何度でも」も熱唱!
ちなみにこの曲がFM802のリクエスト数で
一番多かったらしいです。

c0033213_0454279.jpg


大学の2回生の時に、同じ城ホールでドリカムのライブを
見て以来だから、もう10年ぶりぐらいに、生の声を聞きました。
あの時は、西川さん(二ーヒャ)がいたんだけどな、
今はどうしてるんだろうか?

今日はドリカム聞いて、寝ようっと。
[PR]
by fyamasan | 2005-05-27 00:33 | 音楽 | Comments(2)

Shall we dance~カッコいい、渋いオヤジです

今日は映画「Shall we dance」を見てきました。
いや~、R・ギア、カッコ良すぎます。
こんなかっこいいオヤジが、社交ダンス習わんやろ~!
と思いながらも、楽しんで見ました。

c0033213_0191731.jpg

遺言を専門に取り扱う仕事をしている
ジョン(R・ギア)は良き妻、良き子供に
囲まれた、恵まれた生活を送っている。
満たされているけど、普通すぎている
毎日。
そんな時、仕事帰りの電車の中から
見上げた建物に、物憂げな女性、
ポリーナ(J・ロペス)の姿が。
よく見るとダンススクール。




何日間見てるうちに気になって、見学無料を見て、思い切って教室に入る。
そしてあれよという間に、初心者コースに入門。
その日からレッスンは始まった。
教室のメンバーを見てみると、ナンパ目的の男、ダイエット希望の男と、
自分と同じように、ダンスが目的じゃない初心者たち。
ムチムチボディの中年おばさんはかなりヤル気。
そして、カツラ付けているけど、よく見ると同じ会社の同僚がいたりする。




変なメンバーや先生やポリーナとダンスの練習をするうちに、いつしか
ダンスの魅力に取り付かれたジョン。
毎週水曜日に遅く帰る夫に、疑いを持った妻(S・サランドン)は探偵を
雇って、調査を頼んでしまう。

c0033213_041268.jpg


時間はあっという間に過ぎて行き、いつしかダンスの競技大会が迫ってきた。
初心者のジョンは出る気はないが、ムチムチおばさんとパートナーを
組む事になり、そこから猛練習。
妻にはダンスを習っている事を知られていないと思っていたジョンだったが。
そして大会当日がやってきた。


オリジナルの周防監督版とストーリーも同じで、キャスティングも
よくこれだけ、似たキャラを見つけたなという感じです。
僕は探偵役の俳優が気に入りました。
オリジナル版を見て無くても楽しめますし、オリジナルと比較して
見るのも、また日米の違いが分かって面白いかも。

オリジナルのキャッチコピーが「もう一度、人生に恋しませんか?」で
このハリウッド版は「幸せに飽きたら… ダンスを習おう。」となっています。

幸せなんだけど、さらにもっと違うものが欲しい、何とも贅沢な。
正装し、バラを持って現れるR・ギアは文句なしにかっこいいです。
こんなオヤジになりたい。
[PR]
by fyamasan | 2005-05-25 00:56 | 映画 | Comments(2)

Tru calling~死体が呼ぶ

今日は映画ではなく、アメリカTVドラマの
「Tru calling」の1,2話を見ました。
あの「24」の20世紀フォックスの
スタッフ達が作っただけあって、
面白いです。

c0033213_203354.jpg


主人公、トゥルー・デイビーズは
不思議な力を持つ女性。
子供時代に母が惨殺され、葬儀の時に、
死んだ母からの声を聞いた。
それから10年が経ち、トゥルーは
大学を卒業して、病院のインターンへと
進むはずが、病院の予算カットで、
違う場所を紹介される。
そこはなんと死体安置所。
しかも初日から深夜勤務(月曜日の話)

若い女性が死体で運ばれてきた。
首に銃で撃たれた跡が残る。
先輩に聞けば、ここは無念にも
死んだ人たちばかりだと。

深夜、一人勤務するトゥルーに声が聞こえる。
誰かが呼んでいるようだ。声を求めて探すと、
そこは先ほどの女性が安置されているBOX。
「HELP ME」と叫ぶ、その女性を見て、
次の瞬間、記憶が飛び、目覚めた
トゥルーは目を疑う。

月曜日は過ぎたはずなのに、また昨日の
朝が始まっている。
朝の彼氏との会話。TV内容も同じ、
弟からの電話も同じ。
信じられない状況だが、やる事は1つ。
あの彼女を救う事。
たしか、夜の10時過ぎに殺されたと聞いた。
時間はまだある、何とか彼女を助けようと、
トゥルーは走り出す。
果たして、彼女を救える事は
出来るのか?

c0033213_232019.jpg


このドラマ、1話完結となっており、
大変見やすいです。
トゥルーは死体からの声を聞いたら、
その人を助けるために、1日前に戻って
しまう能力をもっているみたいです。
でも、なかなか人に信じてもらえずに
苦戦します。

面白いのは救える人をトゥルーは選べない事。
助け呼んでる人が自分を助けるだけに、
呼んでいない事も分かりました。
そして、トゥルーが働く死体安置所は
かって母が運ばれた場所でもありました。
多分、母の死がこれからもストーリーに
繋がっていくのでしょう!

トゥルーには姉と弟がおり、この3人の関係も、
面白く展開します。
姉が元麻薬中毒(実は現在も進行中)の
キャリアウーマン、
弟はポーカーや賭け事が好きでしょうがない。
裏ネタとしては、トゥルーと弟役の
男性は本当の兄弟らしい。
しかし、実際はトゥルーは妹で、
弟役が兄貴。
何とも不思議な関係だ。

早く続きが見たいが、まだそんなに
リリースはされていません。

もしあなたがこんな能力を身に付けたら、
どうしますか?
[PR]
by fyamasan | 2005-05-24 02:36 | ドラマ | Comments(0)

雨鱒の川

昨日の晩から雨降りが始まり、今日の一日、降ったり
止んだりと、何ともうっとおしい天気が続いていますが。

そんな雨降りの中で思い出したのが、映画「雨鱒の川」です。
去年の12月に映画館で見て、音楽と映像が印象に残ってます。
4月8日にDVD発売となっています。

c0033213_004336.jpg

舞台は北海道。
広大な大自然の中、3組の世代を
超えた初恋が展開する。

魚釣りと絵を描くのが好きな、少年心平は
幼友達の小百合と仲がいい。



(心平の描く絵は海外のコンクールに入選するほどのもの)
小百合は聴覚に障害があるが、心平だけが、
小百合の言わんとする事がわかってしまう。
以心伝心である。
そんな小百合に恋をする、もう一人の少年(英蔵)もいて、
この恋は青年期の三角関係へと。

心平の父は小百合の父、高倉(阿倍寛)を助ける為に、命を落としていた。
高倉は未亡人となった心平の母(中谷美紀)に色々世話を焼くが、
実は高倉にとって、初恋の相手はこの心平の母だった。

時は流れ心平、小百合ともに青春期。
絵を描くばかりで仕事に熱の入らない心平よりも、
村で酒造を営む高倉は小百合の婿養子として、英蔵を迎え
ようと、心平を東京へ絵の修行へと向かわせる。
何も知らない心平は東京で絵の修行に励むが、近くに小百合も
雨鱒の川も無い、そんな環境では何も描けなかった。
そして、突然の小百合の結婚の招待状が届く。
c0033213_1429365.jpg



式もあと少しという時に、心平は村に帰ってくる。
そして、揺れる気持ちの小百合に祖母は自分の実らなかった
初恋の話をする。

大自然の映像、心平が描く壁いっぱいの鱒の絵、葉加瀬太郎の音楽。
何より誰の心にも残る初恋の思い出が、スクリーンから
溢れ出てきます。


ラストは意外な脱出?映画「卒業」を思い出すシーンが出てきます。
TV版「世界の中心で~」の綾瀬はるかちゃんも随分大人っぽくなりました。

c0033213_1430123.jpg


小学生の頃、友達の家族と、鱒釣りに行った事を思い出しました。
釣った後、塩焼きにした鱒は美味かったです。

自分の初恋に当てはめてみるのもいいかもしれませんね。
[PR]
by fyamasan | 2005-05-23 00:04 | 邦画 | Comments(0)

頑張れ、オールド・ルーキー

今では、メジャーでの日本人対決も珍しくない。
数年前では考えられない事でしたが。

阪神ファンとして、藪選手の活躍が凄く楽しみです。
ようやく念願叶って、憧れのメジャーの切符を手に入れた藪。

c0033213_16571185.jpg


自らをオールド・ルーキーと呼ぶ、藪はここまで先発では無く、
中継ぎでの登板ですが、すでに4勝目をあげている。
いずれ先発も任されると思いますが、先発でその実力を
思う存分に発揮して欲しいです。

c0033213_17132362.jpg

オールド・ルーキーといえば、
映画にもなった実在の人物、
ジム・ミルズの活躍を描いた
「オールド・ルーキー」があります。


野球ファンの僕にとって、「フィールド・オブ・ドリームス」と
同じくらい大切な忘れられない映画です。

35歳の高校教師、ジム・ミルズは20代前半、メジャーでの経歴が
あるが、肩の故障と共に、引退。その後は、教師をしながら好きな野球を
教えながら暮らす毎日。

そんな彼にとってメジャーでもう一度投げる事は、夢であった。
その夢が近づいて来ていた。
35歳を過ぎても、150kmのボールを投げれる彼は生徒の応援を
受け、テストに挑み、見事に合格する。
信じられない話だが、現実である。
しかし、そこからが大変だ。
マイナーリーグの生活は厳しい。安定のある高校教師の給料は
貰えない。メジャーにあがって活躍してこその給料である。

くじけそうな時、家族が生徒が彼を支える。
そして、地元での念願のメジャー登板の日を迎える。

スポーツ映画だけれども、そこに家族の愛が描かれており、
見る者の心を打つ。
自分にも何か出来るのでは、可能性を信じたくなる。

ガンバレー、オールド・ルーキー、藪 !!!
[PR]
by fyamasan | 2005-05-21 16:59 | スポーツ | Comments(2)

満塁男、浜ちゃん!

5月19日、甲子園へ行きました。
交流戦、対西武ライオンズです。
平日とあってか、当日券も売っており、結構空席が
目立ちました。

試合は初回にいきなり井川が2点取られたので、
今日も嫌な感じかあと思いましたが、やってくれました、
我等が満塁男、浜ちゃんが逆転のタイムリーH。

c0033213_1614565.jpg

その後、兄貴、金本のダメ押しのHRで西武に連勝と
いい感じで終わりました。
浜ちゃんの代走で藤本が出てきた時は、また盛り上がりました。

今日からソフトバンクとの3連戦。
新垣、和田とソフトバンクはピッチャーがいいんで、苦戦しそうですが、
何とか、頑張ってもらいたい。
浜ちゃんもDHで出場でしょうか!


中日と同率首位なんで、今日は勝ってどうどうの単独の
首位と行きたい所です。
阪神の先発は安藤でしょう、頑張れ~安藤~!!!
[PR]
by fyamasan | 2005-05-20 16:15 | スポーツ | Comments(0)

オーシャンズ12~同窓会的な

先週の土曜日は大学の同じクラスの同窓会がありました。
「卒業して10年後に同窓会をしよう」という話があり、それが
そのまま実現しました。
何人かはちょこちょこと会っていましたが、大抵は10年ぶりに
会う面子。
結婚して子供がいたりと、生活環境はかなり変わっていましたが、
みんなは昔と変わらずで、楽しい夜となりました。
次は何年後に会うのだろうか?

c0033213_4585086.jpg

そんな同窓会的な映画が「オーシャンズ12」ではないでしょうか?
豪華キャストと巧みなストーリー展開でかなりの好評を得た、前作
「オーシャンズ11」から、さらにスター俳優が増えたこの「12」。


興行的にも、批評的にももひとつ、パッとしなかったようですが、
僕は意外なサプライズゲストもあり、楽しめたのですが。



前作で大金をまんまと盗まれたカジノ王、ベネディクト(A・ガルシア)が、
オーシャンら11人の元へ、盗んだ金を利子を付けて返せと、脅しにくる。
盗んだお金は殆ど使い果たしていた11人は、それほとの大金を盗むには、
アメリカでは無理と考え、ヨーロッパへ飛ぶ。

この11人の中でブラピ演じるラスティーにとって
ローマは忘れられない街。国際警察として働いてた元彼女
イザベル(K・セダ・ジョーンズ)に自分の正体がばれそうで、
かって逃げ出した街でもあった。
ひょんな事から、二人はまた出会ったしまう。
今度は追う側と負われる側で。
イザベルはラスティーらオーシャン11人を追ううちに、
ヨーロッパの大泥棒の存在も嗅ぎ付ける。

c0033213_5433531.jpg


主要な俳優陣、J・クルーニやブラピ、M・デイモン、J・ロバーツなどには
細かいエピソードをつけて楽しませてくれますが、その他の人たちは
かなり出番も少なく、可哀想な扱いでした。
新たな人物、フランスの伯爵(かな?)ヴァンサン・カッセル演じる
フランソファがいい味出してます。

J・ロバーツがj・ロバーツ本人を演じている何とも微笑ましいシーンもあり、
そこにサプライズのゲストが出てくるのですが、これは見てのお楽しみ。
(最近は、V・ディーゼルなど若手のアクション俳優の台頭でヒット作が少ない)

ラスト近くで、明らかになる、なぜ、ベネディクトが11人を探しあてれたのか、
またイザベルの意外な父親、そして二人の恋の行方は。
しゃれたセリフや意外なオチ。
細かい所に注目すれば、それはそれなりに楽しめると思うのですが、
世間の評判は悪いので、この辺にしときます。

この映画のテーマ曲は、何かあるぞという気持ちにさせてくれますね。
[PR]
by fyamasan | 2005-05-19 05:05 | 映画 | Comments(0)

バッド・エデュケーション~堕ちていく、禁断の愛

なかなかの衝撃でした。
映画「All about my mother」、「 Talk to her」と
撮る毎に評価を上げている、アルマドル監督の
最新作、「バッド・エデュケーション」。

c0033213_22515474.jpg

舞台は1980年、スペイン・マドリード。
若き映画監督のエンリケは次の映画の題材のアイデアが出ず、
新聞の切抜きをしては、ネタを探していた。
そんなある日、一人の男が訪れた。
彼の名を聞いて驚いた。初恋の相手なのだ。
イグナシオは髭を生やし、昔の面影を
残していない。


今は役者をしており、ぜひ、エンリケの映画に出たいと、
自ら書いた脚本を持参してきた。

脚本はよく出来ており、エンリケも興味を持った。
映画化へ話を進めて行きたいが、エンリケには1つ気がかりが。
本当にこの男はイグナシオなのか?

脚本の内容は二人の少年時代の話であり、二人しか知らないはず。
しかし、何かが引っかかり、彼はイグナシオの実家を訪れる。
そこで、驚きの事実を知る。

c0033213_2321872.jpg


この映画は監督の半自伝ということもあるが、内容はかなり衝撃的だ。
エンリケとイグナシオは同じ寄宿舎で少年時代を過ごして、お互いを
愛していた。しかし、悲劇はイグナシオを神父が愛してしまった事から
始まる。
二人の密会を知った神父は、エンリケを退学にしない代わりに、体を
求めた。しかし、エンリケは退学処分になり、イグナシオは神父の
寵児となっていく。

確かに少年時代のイグナシオは美少年で美声も持つ。
神父も人間だからしかたないのだろうが、この禁断の愛は、
イグナシオ、神父にも悲劇をもたらしてく。
この結末、あなたはどう見る?
[PR]
by fyamasan | 2005-05-17 23:14 | 映画 | Comments(0)

BOSS健在!

BOSSといっても、あのコーヒーのボスではありません。
ファンや同じミュージシャンからBOSSと言われ、尊敬、
親しまれている、ブルース・スプリングスティーン の事で、
あります。

先月末にボスの通算20枚目となるアルバム
「Devils&Dust」が発売されました。
(今作はDVDも付いてますよ)

c0033213_0443167.jpg


9・11のテロ以降、音楽ですぐに反応、行動を起こしたのは
ブルース・スプリングスティーン でした。
アルバム、「ライジング」で多くのアメリカ人の想いを歌い、
多くの共感を得ました。
テロで亡くなった人へのチャリティーライブなどかなり積極的に
動いてました。
そして、打倒ブッシュへ、民主党ケリーを応援する活動も
精力的におこなっていました。

今回の「「Devils&Dust」はギター、ハーモニカ、キーボードなど、
かなりシンプルな音です。DVDでも自宅(?)で静かにギターを弾き、
ハーモニカを吹くBOSSの姿がいっぱい出てきます。
アコースティックギターが好きな人にはいいのでは?
MTVアンプラグドな感じです。

中学生になり、初めて買ったCDがBOSSの
「Born in the USA」でした。
c0033213_135640.jpg


ロックという音楽もBOSSから教わった気がします。
早いもので、あれからもう20年経ちます。
紅顔の美少年?も33歳になりました。

20年経っても全然変わらないBOSSの歌、音楽への姿勢、
これからもBOSSであり続けて欲しいです。
[PR]
by fyamasan | 2005-05-17 01:00 | 音楽 | Comments(2)


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧