<   2005年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧
山猫は眠らない3 ~決別の照準
この映画「山猫は眠らない3 ~決別の照準」を見て、
そういえば、狙撃手(スナイパー)を描いた映画って
ジュード・ロウの「スターリングラード」と
W・スナイプスの「スナイパー」と
後は思い浮かびませんね~。

c0033213_36543.jpg
アメリカ海軍で、凄腕のスナイパーとして、
生きる伝説となっている男、
ベケット(トム・ベンジャー)。
しかし、現状に満足出来ずに、
ついつい酒に溺れてしまっている。
(年下の上司とは馬が合わない)




ようやく任務がきたが、この任務は彼にとっては、過酷な内容だった。
かって、ベトナム戦争で命の恩人だった相棒のP・フィネガンを殺す事。

フィネガンはベトナム戦争で死んだとされ、
ベケットもそう信じており、彼の息子の結婚式にも、
父親代わりに出席した所だった。

しかし、CIAの命令の元、諜報員として働いていたのだが、
用がなくなると簡単に捨てられた。
そして、フィネガンはベトナムのジャングルに入り込み、
現地人を従え、麻薬や武器を扱い、しまいには、
イスラム過激派と取引をしていたのだった。
(この辺りは、コッポラ監督の「地獄の黙示録」の
カーツ大佐にそっくりだが)

これはほっておけないと、アメリカ政府が動き、
ベケットに命令が下ったが。

ベケットは現地の若手刑事で、実はNSA(米国家安全保障局)の
局員でもある男(バイロン・マン)と協力し、
フィネガンを探していく。
でも、この命令の裏に何かありそうですよ。

c0033213_321275.jpg

ベケットは軍の命令を受け、かっての相棒を殺す事が
出来るのだろうか?
それとも、情に流されてしまうのか?

このシリーズは、「ゴルゴ13」や銃マニアの人にとっては、
たまらない映画となっています。
パート1から見ると、本当に銃について、詳しい描写が出てきます。

今回は、ベケットの過去の話や、実は、相棒フィネガンの妻に
恋心を抱いていたとか、ベケットの内面に迫っていたのに、
肝心のベケットが、よく太ったおじさんになっていたのが、
残念であります。(もうちょっと痩せろよ~と、
突っ込みたくなりますね、この体では)

ベケットの狙撃のモットーがカッコいいです。
「One shot 、One kill!一撃一殺」

アメリカでは、劇場ではなく、ビデオ用に作られた作品。
日本で言えば、Vシネマにあたるかな?
そのためか、小粒になったかなと思いましたが、
迫力あるアクションシーンは健在ですよ。
[PR]
by fyamasan | 2005-08-30 03:47 | 映画 | Comments(0)
あずみ~話題の刺客たち?
9月11日の衆議院選挙が俄然、
盛り上がりを見せる日本。
郵政民営化に反対した候補者には、
対立候補としての刺客を送る、小泉政権。
リアルな「仁義なき戦い」、結末や如何に?
9月11日が楽しみです。

c0033213_16191226.jpg

さてさて、本物の刺客を描いたのが、
映画「あずみ」。
小山ゆう原作の大ヒット漫画の映画化。
(僕にとって、小山ゆうと言えば、
「がんばれ、元気」ですが)

時は、戦国時代。
天下分け目の、関が原の戦いが終わり、
徳川軍の勝利になったが、豊臣家の残党
(浅野長政、加藤清正、真田幸村)らを
倒さねば、戦のない泰平な世は来ない。
小幡月斎(原田芳雄)は、徳川家の僧侶、
南光坊天海の命を受け、残党を倒すべき、
刺客を育てる事となった。

戦乱で親を亡くした子供達を集め、
山で刺客となるべく修行させていた。
男だらけの中に、ひとり女のあずみ
(上戸彩)がいた。
そして、時は流れ、子供達も大きくなった。
親のいない彼らにとって、仲間は唯一の
家族であった。

豊臣家の残党の動きが活発になってきており、
いよいよ刺客として、山を降りる日が来た。
しかし、親の代わりの月斎から、
ある命令があった。

c0033213_16314551.gif


「仲の良いもの同士で、二人一組となり、
相手を殺せ」と。
「刺客たる者、どんな非常な事でもしなくては
ならない。
友を斬れない者に、刺客になる資格はない」

泣き叫び、とまどいつつも、10人いた彼らは、
相手を殺し、5人となり、月斎と山を下った。

仲間を殺してまでも、刺客として、生きる道を
選んだ5人には、さらに過酷な現実が待ち構えていた。

豊臣家の残党も、この刺客たちに気づいたようで、
刺客には刺客とばかりに、新たな刺客を送り込んだ。

五人は、過酷な現実を受け入れ、刺客として
自らの使命を果たせるのか?

c0033213_16402076.jpg


主演のあずみを演じる上戸彩は、
普通のアイドルにはない映画女優オーラがあり、
また見事な剣さばき。
ラストの前人未踏の200人斬りは圧巻。

c0033213_16424876.gif

天草四郎を彷彿させる、
最上美女姫を演じるのは、
オダギリジョー。
虐殺好きな、怪しい殺し屋を。


監督は、流血とゾンビが大好きな北村龍平。
随所に、ばさ~と、血が飛んでいます。
(もちろん、ゾンビは出てきませんが)

360度回転の映像、アイドルの見事な存在感。
時代劇を超えた、新しい時代劇の誕生と言えるのでは。
[PR]
by fyamasan | 2005-08-29 16:53 | 時代劇 | Comments(4)
24HOUR PARTY PEOPLE~男の憧れ、UKロックの立役者
ものすごいムーブメントを起こすバンドも、
まだ名も売れてない、そんな時期はある。
初ライブを行った時、観客はたった42人だった。
でも、彼らは後、伝説のバンドとなり、
パンクシーンを変えていった。
セックス・ピストルズ。

c0033213_22255580.jpg
その42人のうちのひとりだった男、
トニー・ウイルソン。
地方TV局のキャスターを
勤める傍ら、マンチェスターから、
UKロックを変えるムーブメントを
作りたい。
そんな思いで自らのレーベル、
「ファクトリー」を立ち上げた。
そして、名も無きバンドのライブ
ハウスとして、「ハシエンダ」を作った。

同じく42人のライブに来ていた、
バーナード・サムナーと
ピーター・フックが後にNew Orderを
結成するが、そのNew Orderも、
「ファクトリー」に所属して、ヒット曲を連発。
c0033213_2251314.gif

そして、Happy Mondaysも
レーベルに加わり、レーベルは大成功。
「ハシエンダ」も連日盛況で、
UKロックは、トニーの夢のように、
マンチェスターから、
大きなムーブメントを起こしていく。

しかし、金儲けが目的でないトニーは、
ビジネス上での戦略を持てない。
ドラッグ・ディーラーとの付き合いや、
クラブの経営費、バンドの維持費など、
儲けた金は、あっという間に無くなっていく。
(New Orderの2年間のレコーディング
費用は莫大なものであった)

自分のやりたい事、聞きたい音楽、
純粋に自分の夢に向かって進む、
熱い男、トニーが観客に語りかける
という形の、ドキュメンタリー調で
物語は進んでいく。
トニーを中心に、夢を追った者達、
スタッフを始め、バンドの面々の栄光と
挫折をUKロックに乗せて描いたのが、
この映画、『24HOUR PARTY PEOPLE』

70年代後半から、90年代初期あたりの
UKロックが好きな人なら、涙ものの話。
こんな熱い男が居たんだと、感動。

このトニーがいなかったら、スミスも
ローゼズもオアシスもケミカルも
出てこなかったかもしれない。

音楽バカが、音楽シーンを変えた。
こんな男、日本には出てこないのかな?

PS  New Orderは現在も活躍中のバンドで、
    今年の    FUJI ROCKにも出ています。
    
[PR]
by fyamasan | 2005-08-28 23:10 | 映画 | Comments(0)
とりあえず、8mmラッシュを見る
今日は、これまで2回撮影した8mmフィルムの
現像が出来たので、それのラッシュを見てきました。

もちろん編集もされてなく、撮った順からの映像を
見るわけで、実際、8mmの場合は、すぐに見れないので、
取り直しが効かない怖さがあります。

外でも雨降りのシーンは、やはり、上手く撮れておらず、
これは使えそうにないなあと。
炎天下で雨降りを撮ったので、難しいですね。
まあ、初めての撮影という事で、操作や撮影方法など、
かなり手探りでしていたので、これはしかたないかなと。

後のシーンは、思った以上によく撮れており、
特に、鏡に幽霊が写るシーンがあるのですが、
これは秀逸です。
マジで怖いっすよ~!
「呪怨」や「リング」に負けない、そんな感じです。

後は、ストーリーになるように、編集し、録音をします。
この編集が大変ですが、映画つくりの醍醐味の1つ。
あのM・スコセッシ監督は、編集が一番好きで、
編集してる時が、至福の時だそうです。

9月25日の完成目指して、映画制作は続きます。
まだまだ、今年の夏は終わりそうにありません。
[PR]
by fyamasan | 2005-08-28 20:24 | 映画制作 | Comments(0)
ハービー~機械じかけのキューピット~素敵な相棒
今年の夏は、大人も楽しめるアニメ映画も充実しており、
成績の方も、なかなかのようです。
アニメではないが、ティーンエイジ向けな映画が、
この映画「ハービー~機械じかけのキューピット」です。

c0033213_1651565.jpg

小さい頃からレースが大好きで、大学を卒業したマギーは、
就職するTV局があるNYへもうすぐ旅立つ。
その間、足が必要だろうと、父レイ・ベイトン(M・キートン)が、
卒業祝いとして、スクラップ工場へ連れていき、どれか好きなのを選べと。

何気なしに選んだのが、オンボロのフォルクス・ワーゲン。
しかし、このワーゲンとの出会いが彼女の運命、いや、ベイトン家を
大きく変えるのである。

マギーが運転席に着くやいなや、いきなりダッシュボード
から一通の手紙が出てくる。
「あなたとハービーが1つになれば、奇跡が起こる」と
書かれた手紙。
よく分からないまま、修理しようと寄った店で、高校時代の
友人、ケビン(J・ロング)と出会う。
久しぶりに会い、意気投合した二人。
ハービーの修理に立ち寄ったレース会場で思わぬ出来事に
巻き込まれてしまう。

そこには、NASCAR(乗用車を改造した車で行うストッカーレースの
統括団体)で、トップのドライバー、トリップ(M・ディロン)がおり、
そのトリップの車に、ハービーが勝手に傷をつけてしまう。
怒ったトリップは、勝負しろと要求。
勝てるはずのない相手にハービーが勝ってしまったから、
大騒動が起こる。

c0033213_16543140.jpg

現役チャンプに、オンボロワーゲンが勝ってしまった。
TVやニュースでも取り上げられ、怒り心頭のトリップ。
何とか、ハービーに復讐をと考え、マギーにある提案をする。
「もう一度、勝負して、勝った方が、負けた車も貰えると」
トリップの車に魅了されたマギーは、その提案を呑み、
あと一歩の所で、負けてしまう。
そして、ハービーは、再び、スクラップされてしまう。

自分のした事に、後悔と腹が立ち、どうしていいか分からない。
そんな時、チーム・ベイトンのエースドライバーの兄が、
タイムで好成績を残したが、事故で怪我をして、次のレースに出れない。
そして、兄の代わりにマギーが選ばれたが、かってレースで
大事故を起こしたマギー。父は心配のあまり、それ以降、
レースに出していない。

父の了解なしに、チームベイトンはマギーをドライバーとして、
そして、ハービーをレースカーとして、出場を決めた。
そして、再び、トリップとの対決も。

マギーは、ハービーと心を1つにして、もう一度、
奇跡を起こす事が出来るのか?

チーム・ベイトン、ケビン、父(TVの前)らが見守る中、
注目のレースが始まった。
果たして、勝利の栄冠は誰の手に?

ハービーの大活躍も見物ですが、マギーとケビンの恋の
行方も気になるところ。

主演のマギーを演じるのが、全米で大人気のリンジー・ローラン。
かってジョディー・フォスターが出演して、ヒットした
映画「フォーチュン・クッキー」のリメイク版で、人気が爆発した
彼女。第2のフォスターとの声も高い。

僕はM・キートンが気になりました。
かっては初代「バットマン」だった彼も、随分老けたなあと。
その分、渋くなりましたが、少し、痛々しさが。
コメディもいいが、ドラマの方が、いいのかなと思いますが。

ティーンエイジ向けですが、大人でも楽しますよ。
こんな相棒が欲しいと、心から思う。
意思と無関係に動くのが少しやっかいかな。
でも、心を1つにすれば、奇跡が起こせるからね。
[PR]
by fyamasan | 2005-08-26 17:06 | 映画 | Comments(0)
たそがれ清兵衛~凛とした生き方がある
映画「たそがれ清兵衛」を見ました。
もう3年前の映画になり、米アカデミー賞の
外国語部門にもノミネートされ、随分、
話題になりました。

c0033213_2265976.jpg

時代は幕末。
もうすぐ、維新が迫っている、激動の時代.
だが、ここ、庄内、海坂藩では
そんな雰囲気は、感じさせない。

海坂藩の平侍、井口清兵衛(真田広之)は
50石高の貧乏侍。

妻に先立たれ、娘二人と、痴呆が始まった
祖母を抱えて、貧しい生活をしている。

仕事の終わりを告げる、下城の太鼓が鳴ると、
すぐに家の用事の為に帰る清兵衛を、
仲間は、「たそがれ清兵衛」と呼んで、
からかっていた。

ある日、友人の飯沼倫之丞から、清兵衛
とも幼なじみの妹・朋江(宮沢りえ)が、
離縁して、嫁ぎ先から戻っている事を聞いた。
(何でも、夫の酒乱が原因らしい)

そして、元夫の甲田豊太郎が腹いせに
飯沼家を訪れ、暴れている時に、清兵衛が
居合わせ、甲田と清兵衛の一騎打ちが
決まってしまった。
真剣で迫る甲田に対して、清兵衛は棒切れで、
見事に甲田を打ちのめした。

この決闘が後に清兵衛の運命を大きく変えて
いくことになるのだが。

朋江が度々、清兵衛の家を訪れる度に、
二人の娘は喜び、清兵衛自身もこんな
生活が続く事を願う。

c0033213_3162764.jpg

海坂藩の藩主が亡くなった事で、
跡継ぎ争いが起こり、藩は二分。
勝った一派が、負けた一派の粛清にかかった。
そんな粛清の為に、切腹を命じられた
余五善右衛門が、切腹を拒否し、
家に立て籠もってしまった。

余五は剣の達人であり、刺客を送られたが、
見事に返り討ちにしてしまう。
困った藩の連中は、清兵衛の腕を思い出し、
清兵衛に余五の討ち取りを命じた。

この事で命を失うかもしれないと感じた
清兵衛は、朋江に、自分の気持ちを打ち明ける。
幼き頃からの想いを(今でいう、プロポーズである)
そして、余五の籠城する家に向かっていく。



貧しいながら、他人に何を言われようと、
娘と祖母を愛して、凛として、生きる
清兵衛の姿に心打たれる。
清兵衛はかっては、剣の達人として、
師範代にまでなったほどの腕前。
(しかしながら、なぜかこのような貧乏
暮らしなのは、不思議ですが)

映画の中で、清兵衛が、余五の討ち取りの前日、
刀の手入れをするシーンがあります。

その中で、柄の「目釘 (めくぎ) 」を抜いて、
桶の中に放り込むと、水の中に目釘が
「プカリ」と浮かぶと云うシーンがありました。

目釘は刀身を 柄 (つか) に 固定するクギですが、
クギとは云っても、金属ではなく、
実は「竹製」が多いんだそうです。

刀が抜けないようにする目釘が竹と云うのは
不思議な気もするのですが、
竹は、刀身を傷つけないし、
濡れると膨張しますから、金属より寧ろ
しっかり止まるらしいです。

こういう細かい所まで、しっかり映像に
出てくるのがまたいいですね。
(目釘の内容は「噂と樽」というHPから
参考にしました)

余五善右衛門を演じるのが、田中泯。
この演技が認められて、日本アカデミー賞の
新人賞を見事に受賞。

そして、もうすく公開の柴咲コウ、オダギリジョー
共演の

「メゾン・ド・ヒミコ」
では、ゲイの老人ホームの
オーナーを演じています。
風変わりな役柄が多いのが、特徴かな?
[PR]
by fyamasan | 2005-08-25 03:01 | 時代劇 | Comments(2)
スター・ウォーズ~EP3:シスの復讐~伝説は終わらない!
7月9日の日本公開から、1ヶ月少し経ち、
ようやく見てきました。
映画「スター・ウォーズ~EP3:シスの復讐」

c0033213_15162082.jpg

もう細かいストーリーは、皆さんも知っていると
思いますので、このEP3では、いかに、
アナキン・スカイウォーカーが後の
ダース・ベイターへとなっていくのかが、
丁寧に描かれています。

ジェダイの掟に誰よりも忠実で、真のジェダイに
なろうとした、アナキンだが、愛する妻、パドメを
死から守ろうとするその心に、敬愛する議長
パルパティーンが囁き、しのびこむ。
「ダークサイドのフォースだけが、パドメを救える」

c0033213_15321292.jpg


このパルパティーンも実はシスの暗黒卿であり、アナキンは
その弟子となってしまう。

アナキンの裏切りを知ったかっての師匠、オビ=ワンは、
弟子の始末は師匠の俺がつけると、最期の師弟対決へ。

c0033213_1535015.jpg


見事、アナキンを倒したと思い、立ち去るオビ=ワンだったが、
ここから、アナキンはダース・ベイダーとして、復活するのであった。

EP4へと続く、レイア姫やルーク・スカイウォーカーの
誕生と、ここから始まるんだなあと、期待感を膨らませつつ、
物語は終わりを告げるのであった。

でも、SWはまだまだ終わらない。

御年61歳で、還暦を越えたルーカスだが、まだまだ
その製作意欲は衰えない。

2年後の2007年には、3Dバージョンが「EP4」から
公開され、TV版での実写版とアニメ版が始まるとの事。

でも、一番見たいのは、EP7からの後期3部作。
早くそこまで、手を伸ばしてくれ~、ルーカス。
[PR]
by fyamasan | 2005-08-24 15:46 | 映画 | Comments(2)
マーサの幸せのレシピ~幸せはすぐそこにある
幸せってすぐそこにあるのに、本人には分からないもの。
こんな所に、こんな事で、幸せって不思議です。
映画「マーサの幸せレシピ」を見て、ますます
そう思いました。

c0033213_22132621.jpg

ドイツのフランス料理店でシェフとして働くマーサは、
腕は確かで、固定客も多いが、人と接するので苦手で、
自分の心の扉を開けられない。
何事も几帳面で融通が利かない。

そんなマーサをオーナーは「街で2番目のシェフだ」と、
心を開けば、一番になれるのにと、
願いを込めて、からかうのだが。
そして、セラピーにも通わせる。


そんなマーサに、2つの出会いが訪れる。
1つは、陽気なイタリアンのマリオが厨房に入ってきた事。
産休で休むレアの代わりでやってきたのだが、
マーサと正反対で、音楽をかけて料理を作り、
仕事を楽しんでしている。

もう1つは、姉が突然の事故で亡くなり、娘のリナを
しばらくの間、預かる事になった。
(イタリアに別れた夫がいるので、引き取ってもらう間)
リナも、母が亡くなった事もあり、なかなか
マーサに心を開けて、溶け込んでくれない。
そして、マーサの作る料理にも口を出さず、
何も食べないので、学校で倒れてしまう。

ベビー・シッターとも馴染まないレナを
マーサは厨房に連れてきて、片隅で遊ばせていた。
マリオが美味しそうに、トマト味のパスタを
食べるのを見て、いつの間にか、レナも
パスタを食べていた。
何も食べなかったレナがようやく。

そこから、少しづつ、マーサはリナと
打ち解け始めた。
でも、マリオの自然体で、楽しく仕事をこなす姿を
見ると、マーサは羨ましさもあり、素直になれないでいる。

リナとマリオが仲良くなった事で、次第に
マーサとマリオとの距離が近づいてきた。
片意地張っていたものもなくなり、少しづつ
自分の心を開き始めたマーサは、
マリオに惹かれている自分に気づく。
そして、マリオもマーサに。

そんな時、イタリアに住む、リナの父が
リナを引き取りに来た。
ようやく仲良くなれて、これからなのに。
マーサはリナの存在がいかに自分を
変えたのかに、気づく。
そして、マリオの協力を得て、ある行動に出る。

果たして、マーサは幸せを掴む事が
出来るのだろうか?

c0033213_2255116.jpg


レストランでマーサらが作る料理も
楽しめますが、
僕が最初にこの厨房を見て、びっくりしたのが、
その広さです。
「こんなに広かったら、使いやすいなあ」と。
狭い厨房で料理をしていた僕にとって、
この厨房は天国です。しかも綺麗~~!

マリオを演じたセルジョ・カステリット
素晴らしい。
でも、不思議にこんないい男が、なんで独身なん?
と思いましたが。以前に紹介した
「赤いアモーレ」
でもさらに渋さが出ています。

映画中に何度か、セラピーに通うマーサの姿が
見られますが、少しづつ変化している
マーサにも注目ですよ。

愛する人、愛する家族と食事をする、
そんな当たり前の事が、
本当は凄い大事な事なんだなあと、
感じました。

これだけでも、幸せですよね。
[PR]
by fyamasan | 2005-08-22 23:02 | ヨーロッパ映画 | Comments(1)
ヒトラー~最期の12日間~戦後、60年の総括?
日本人なら太平洋戦争が終わって60年。
ドイツ人なら第2次世界大戦が終わって60年。

そのドイツで、ドイツ人監督がヒトラーを
真正面から捉えた映画が、
「ヒトラー~最期の12日間」です。

c0033213_17233861.jpg


1945年5月、ソ連軍や連合国軍の反撃に
よって、次第に追い詰められた、ヒトラー
率いる、ナチス。
首都、ベルリンでも攻撃の音が聞こえ、
もう敵がそこまで来てると、ナチスは
誰もが恐怖を感じるようになった。

ヒトラーの晩年の秘書を務めた、
トラウドゥル・ユンゲの視点からの
ヒトラーの人間像が、描かれています。

戦争の犠牲になる人々には、何の同情も示さないが、
愛犬や家族、女性に対して、限りなく優しさを示す。
今まであまり知られなかった、異常なほどの冷血さと
優しさを合わせ持つ、この怪物の矛盾した
人間性に、改めて驚かされます。

c0033213_17344921.jpg

ナチス帝国崩壊に対して、帝国をどう
維持するかより、自らの最期のあり方を
求めた、ヒトラー。
これほどの人を惹きつける、カリスマを持つ彼が、
帝国の維持を考えた行動を取っていれば、
また歴史は変わっていたのではないかと
思いますが。

色々と衝撃なシーンがありますが、
1つに、宣伝大臣ゲッベルスの夫人が
我が子を毒殺してゆくシーンには、
人の狂気がここまでするのかと、
恐ろしいほどの恐怖を感じました。
「ナチ亡き世界に子どもを残したくない」という
彼女の思いで、殺された子供たち。

もうひとつは、ヒトラー亡き後、どうしていくかを、
幹部達は相談するが、大抵は「降伏」することを
拒む。先の大戦で降伏した屈辱感が、彼らの頭に
あり、その屈辱感が、ヒトラーを熱狂的に支持する、
力になっていたのではと、感じました。

ラスト近くで、晩年のトラウドゥル・ユンゲの
語る言葉が、胸に迫ります。
「若かったから、知らなかったからでは
済まされません」
秘書となった同じような時期、ナチスの非道さを
訴えてナチスに殺された、ゾフィー・ショル(女子学生)
と比較して、自分の罪の大きさを、告白しています。

ヒトラーを演じた、ブルーノガンツの演技は鳥肌もの。
迫真のヒトラーを演じてます。


一般市民が選んだ人が、誤った道をとった時、
その責任と犠牲は、いつも、一般市民が
払わなくてはならない。
選んだのは、市民。
だから、もっと政治や社会に感心を持たないと、
強く思いました。
[PR]
by fyamasan | 2005-08-21 18:02 | ヨーロッパ映画 | Comments(2)
ディナー・ラッシュ~キッチンより、愛を込めて
ストーリー展開や内容がいい映画は、おいしい映画と
いいますが、この映画、「ディナー・ラッシュ」は
話の内容もさることながら、出てくる料理も美味しそう
なので、2重の美味しさが味わえる?かな

c0033213_15421678.jpg

舞台はNYのトライベッカ。
世界の最先端のものが、
この町で産み出される。




この店のオーナー、ルイス(D・アイエロ)は表向きは、
ただのオーナーだが、25年間、賭けの胴元としての
裏の顔があった。
その利権にありつこうと、クイーンズ地区の
新たなギャング組織が、ルイスの相棒、
エンリコを殺してしまう。
クリスマスの2週間前ということで、ルイスは
一層の悲しみを味わっていた。

イタリアンレストラン、「ジジーノ」は今日も盛況ぶりだ。
満席でも、客は行列を作って待っている。

ルイスの息子、ウードが天才シェフとして、
この店で腕を振るっている。
批評家受け狙いの斬新な料理と口コミで、
いつでも、満席のこの店。
しかし、ルイスは、亡き妻が作った、伝統的な
イタリアンを食べれる店にしていたのに、
いつの間にかこの有様。
だからオーナー職を息子に譲るのに抵抗がある。
早く店のオーナーになりたいウードは、そんな父と
いつも喧嘩で、今日もまた揉めていた。

c0033213_1625854.jpg


ウードを助ける副シェフのダンカンは、
腕はピカイチなのだが、ギャンブル好きで、
多額の借金を、クイーンズのギャングにしていた。

そして、その借金の返済に、ギャングが
店にやってきた。
返済と、この盛況なレストランの
利権にありつこうと。

そんな事情は知らずに、キッチンでは、
絶え間ない客からのオーダーに、
もう戦場さながらの忙しさである。
(僕もキッチンで働いていたので、良く分かるが、
イライラするのだが、異常なくらい、
テンションが高くなる)

そんな忙しさにあっても、ダンカンは
恋人のウェイトレスのニコーレと逢引したり、
ラジオで賭けの対象の試合の放送を聞いていた。
しかし、またもや負けて、借金は倍に膨れ上がったから、
大変。どうするのダンカン?

店の乗っ取りをも企む、ギャングの要求を
ルイスは突き返せるのか?
ウードの早く店を俺に任せてくれという、
気持ちは父に届くのだろうか?

様々な人の思いを乗せて、レストランの夜は
更けていく。


c0033213_2315874.jpg

この映画の見所は、天才シェフが作る
料理もそうだが、脇役達が、大いに
光った演技を見せてくれること。


雑学の天才バーテンダー、ショーン(J・ハリス)は、
客から出される、奇問、珍問、難問に答え、
チップを稼いでいる。
本当に、何で知ってるの?というくらい、コアな質問です。

料理理評論家ジェニファー(S・バーンハード)と
ウードは肉体関係を結ぶんだ事で、
一躍脚光を浴びるようになるのだが、
この女性もまた店に来ている。

ギャラリーのオーナー、フィッツジェラルドは
若き画家達を連れて、この店にやってきては、
自分の自慢話&批評を展開するのだが、
勝気なウェイトレス兼アーティストの
マルティ(S・フェニックス)の前では、
彼も黙るしかない。

3ヶ月先まで、予約が取れないのに、何故かすぐに
予約が取れたので、警部夫妻も来てるし、
カウンターで座る、ケン(J・コルベット)は証券マンで、
この店の雰囲気を楽しんでいる。

その他にも、個性的なキャラがいっぱいです。

たった一日の、あるレストランの話なのに、
色々な人や話をちりばめて、この映画は、
素晴らしい仕上がりに
なっています。

ラストのドンデン返しというか、オチも捻りが効いてて、
映画を見終わると、「満腹です。ご馳走様でした」と
思わず言いたくなる。

食わず嫌いの方も、一度、ご賞味あれ!

NYにある実在のレストランですので、
NYに行かれた時は、
少し、この映画を思い出して下さいね。
[PR]
by fyamasan | 2005-08-19 02:46 | 映画 | Comments(2)
  

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧