Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

<   2005年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

優勝、胴上げ、&感動!

9月29日は忘れられない日になりそうです。
マジック1で、かっての宿敵巨人との今季最終戦の
甲子園で、ついに念願の優勝が決まった!

c0033213_15593818.jpg

先発は下柳。
この日も安定したピッチングで見ていて安心があった。
兄貴、金本の先制タイムリーもあり、桧山&矢野の
ダメ押しのタイムリーと、まさに巨人に対して、圧勝であった。

そして、9回表、2死から最後の打球を
金本が取ると、優勝の瞬間が来た。
次々とマウンドに駆け寄る選手達。
岡田監督が来て、宙に5度待った。

c0033213_1613391.jpg


この瞬間を目の前で見れるとは、感無量であった。
小学生の頃、バックスクリーン3連発と、強打線の
イメージが強かったタイガース。
長い低迷期を経て、ようやくここまで来た。
涙は流れなかった。
不思議と冷静に見ている自分がいた。

次は日本シリーズ。
やはり相手はソフトバンクに勝って、再び宙に舞って欲しい。
チケットが大変だが、今度も目の前で見たいものだ。

小ネタとして、
その1.
帰りの電車も阪神ファンで一杯で、誰からともなく
「六甲おろし」や「選手応援歌」を歌い出す。
甲子園でも散々歌ったはずなのに、まだまだ続いた。

そして、梅田駅には多数の警官が待ち受けて
いました。ここじゃ何にも起きないと思うけど。
また、阪神百貨店の前では、もう人が並んでいた。
確か先頭はお笑いの「OK」だったと思うけど。

その2.
藤川球児が投げる時、物凄いカメラのフラッシュが。
日本新記録もかかっていたこの試合、ファンもかなりの
熱のこもったカメラの撮りよう。
外野席から見ると、本当に綺麗にフラッシュが見えた。
球児はあまりの量に、かなりびっくりしていましたね。

その3.
やはりライトスタンドは凄かった。
もう他の席の人たちは帰っているのに、ライトはほぼ満員で誰も
帰らない。延々と続く「六甲おろし」や「選手応援歌」。

球場を出ると、ファンが自主的に「ビールかけ」をしていました。
「あ~、俺もやりてえ~」と思いましたが、今は我慢、我慢。
日本一になったら考えてもいいかなと、思ったりもしました。

いやあ~充実した一日でした。(^。^)
[PR]
by fyamasan | 2005-09-30 16:08 | スポーツ | Comments(0)
とうとうこの日が来ました。
ついにマジックが1になりました。
明日の甲子園、勝つか引き分けでも、
優勝が決まり、岡田監督が甲子園で
宙に舞います。

今日も井川は5回4失点と不甲斐無い
ピッチングでしたが、打線が爆発したので、
なんとか、逃げ切りました。

c0033213_23392968.jpg

この日も打点をあげた今岡。
この人が打てば、負けないですね。
明日(9月29日)も頼むぞ~!

明日は甲子園に行き、目の前で優勝&胴上げを
見てくるつもりです。

ウイニングボールは誰が取るのか?
先発は下柳のはずだから、7回からJFKが出てくるはず。
久保田が三振でゲームセットが一番良いかな!

いや~、ワクワクして今日はきちんと寝れるかな?
[PR]
by fyamasan | 2005-09-28 23:42 | スポーツ | Comments(0)
本日9月28日、DVD発売です。
劇場公開されてから、あんまり日は経ってないと
思いますが、早くもDVDに。
まあ、「宇宙戦争」ももうすぐだし、「SW~EP:III」も
年内という声もチラホラと。

秋の夜長に気軽に見るのは、どうでしょうか?
映画「最後の恋のはじめかた 」

c0033213_17131.jpg

NYでモテナイ&サエナイ男達に
恋愛のテクニックを伝授する
恋愛コンサルタントのアレックス・ヒッチ
(ウィル・スミス)。
中々仕事は順調のようだ。

そして、今回の依頼人は、これはきつそうな、
アルバート・ブレナマン(ケヴィン・ジェームス)。


(画像を見てもらえばお分かりの、かなりのおデブちゃん)
会計士をしている彼の憧れの女性は、
何と財閥のセレブのアレグラ・コール(アンバー・バレッタ)

c0033213_265761.jpg

c0033213_1223028.jpg

「え、まじかよ。どうするの?」っと、
最初は無理だと思っていたヒッチだったが、
アルバートの熱意に負けて、二人三脚の
アレグラの恋のハートを射止める作戦が始まる。
(これもかなり古い表現?)

まずは、「自分の存在を彼女に知ってもらおう!」
作戦から始まった。
アルバートはアレグラの財団を担当する会計士の一人である。
他の者がアレグラの意見に耳を傾けない中、彼が勇気を出して、
アレグラの意見に賛成した。
案の定、彼女から話をしたいと連絡がきた。
(しめしめである)。
ここから、ヒッチ流の、恋愛授業の始まり、始まり。
サエナイ&モテナイ君のアルバート、彼女のハートを
掴む事は出来たのか?
c0033213_1441356.jpg

また、ヒッチにも気になる女性が出てきた。
新聞記者をしているサラ(エヴァ・メンデス)。
「他人の世話ばかりしているけど、ほんまは、
自分はどないなん?」
そんな質問を吹き飛ばすくらい、自分の恋ぐらい
余裕のはずだったヒッチですが、。

二人の恋の結末はいかに?
ぜひ、DVDで確認してください。

c0033213_1445039.jpg
この映画注目はアメリカ版
「電車男」のアルバート。
ケヴィン・ジェームスが演じてますが、
アメリカでは有名なコメディアン。
しかも、映画初出演らしいです。
得意の?ダンスも披露してくれます。

ヒッチとサラのデートシーンもいいですね。
エレス島が出てくる所が、渋いっす!

ヒッチの恋愛テクニックもいろいろ出てきますが、
ここではキスの仕方を教えましょう!

ヒッチ曰く、
「上手なキスのコツは、90%相手に近づいて、そこで待つ。
彼女が残り10%の距離を縮めるまで」と。

どうです?
男性の皆さんは参考になりましたか?
この続きは映画を見てのお楽しみに(^。^)
[PR]
by fyamasan | 2005-09-28 02:02 | 映画 | Comments(0)
c0033213_16164843.jpg

ヒットすれば、かならず続編が出来ますが、
たまに中々出来ないのもありますね。
「ターミネーター3」も「T2」から10年は
かかったし、「ハンニバル」も
「羊たち~」から10年。
そして、今回の「Be Cool」も前作の
「Get shorty」から10年ぶり。
主人公のチリ・パーマー(J・トラボルタ)が
帰ってきました。

c0033213_16184493.jpg

取立て家業から映画業界に乗り込み、
その内幕を描いたのが、前作。
今作は、映画業界を抜け出して、
音楽業界へ殴り込みだ~。

親友のトミー(J・ウッズ)は、インディー・
レーベルを経営しているが、チリと今後の
事を話し合おうとしてた時に、
ロシアン・マフィアに殺されてしまう。
(ここで、曲者俳優J・ウッズの出演は終わり。
何かもったいないなあ)

トミーの妻、エディ(ユマ・サーモン)も
会社に殆どお金が残ってないので、
途方にくれるが、ここでチリが男気を見せて、
一緒に再建を乗り出す。
まずは、この子は売れると見ていた
リンダ(クリスティーナ・ミリアン)を、
自社レーベルに引き抜こうとするが、
所属していたのが、やっかいな
マネジメント会社。
また、所属レーベルの極悪プロデューサーも、
未納のお金を払ってもらおうと、
ギャングスターラッパーらを引き連れて
押しかけてくる。
(この極悪プロデューサー、わが子の
前では良きパパなのが、面白い)
向かう先は前途多難だが、
さあ、チリはいかに、
乗り越えていくだろうか!

c0033213_16433795.jpg

この映画、いたるところに、色々な俳優、
歌手、有名人が出ているのが楽しめます。
(DVDではチェック出来そうですね)

いわゆるカメオ出演というやつです。
カメオ出演とは、「物語、重要度に関係なく
ちらりと顔を見せる人物。
有名人に関らず、監督の友達、知人などの
出演もカメオ出演と呼ぶ」

有名どころでは、「E.T」にハリソン・フォードが出てたりします。

c0033213_16532797.jpg

また、音楽好きにたまらない映画では
ないでしょうか?
エアロスミスもその名前で、ずばり登場しますし、
リンダ役の(C・ミリアンとのデュエットは
最高の盛り上がりを見せ、
ブラック・アイド・ピーズとセルジオ・メンデスの
共演も見れます。
ちなみに阪神の藤本の甲子園入場曲は、
ブラック・アイド・ピーズであります。

おっと、忘れる所でしたが、
トラボルタといえば、ダンス。
今回もユサ・サーモンときっちり踊ってくれてます。
また、エンディングでは出演者のダンスシーンもあり、
思わず、にっこりしてしまいます。

ストーリー展開も中々興味深いし、音楽、
ダンスと盛りだくさんの
この映画、いい感じじゃないでしょうかね(^。^)
[PR]
by fyamasan | 2005-09-27 17:05 | 映画 | Comments(3)
映画「2001年宇宙の旅」からだろうか?
コンピュータが人間に反乱を起こすというのは。
「ターミネーター」では、核戦争まで引き起こされるし、
「アイ、ロボット」の近未来でも、やはりやっかいな
存在になっている。

映画「ステルス」も実は近未来の話。
会社や政府でも、軍でも同じだが、一番お金が
かかるのは、人件費。ここを何とか削りたい。
そして、アメリカ海軍は史上最強の
無人戦闘機を完成させた。
これは吉と出たのか?それとも凶と出たのか?

c0033213_1291618.jpg

この映画の主人公の3人は、アメリカ海軍の精鋭パイロット。
ベン(ジョシュ・ルーカス)、カーラ(ジェシカ・ビール)、
ヘンリー(ジェイミー・フォックス)。
戦闘機ステルスを担当する者として、最後まで訓練に残った。
そして、もうひとり?の主人公が、人工知能を搭載した
無人戦闘機ステルス、名は、EDI(エディ)という。

c0033213_1431748.jpg

極秘に薦められる対テロプロジェクトに、このEDIを
加えて、政府に了承を取りつけ、昇進と全面バックアップを
目論む、海軍上層部。

しかし、ある任務中、EDIは落雷を受け、
人工知能に何かが生じたようだ。
そして、次の任務で、EDIは一人任務を離れ、
別行動に出てしまう。
実は隠されていた、極秘ファイルにアクセスし、
それを実行しようとしていた。
これが実行されれば、大規模な戦争が起こってしまう。
3人はEDIを連れ戻しにいくが、自我に目覚めたEDIは、
彼らにとって、史上最強の敵となってしまった。
さあ、この史上最強の敵を、彼らはどう食い止める?

c0033213_202176.jpg

最近、デジタルリマスターでリバイバル上映された
「トップガン」以上の戦闘機アクションシーンの数々に
大興奮。
僕が一番気に入ったのは、パラシュートで降りてくる
兵士の上から、機の破片がまるで隕石のように
落ちてくるシーン。
これは、今まで見てなかった映像。

ただ、戦闘機アクション + 3人のラブロマンス +
海軍上層部の政治的駆け引きなどを描いているが、
どれも中途半端に終わってしまっているのが、残念。

エンドロールが終わっても、お楽しみがあるのですが、
続編があるよという、感じかな?

c0033213_224295.jpg
この試写会の前には、元傭兵の
テレンス・リー氏のお話がありました。
(正直、どうでもいい話?)
テレンス・リーって誰?と思っていた僕は、
最初、K-1の角田さん?と思いましたが。



テレンス・リー曰く、この映画のような話は、起こりうる
話で、「非常に危険」らしいですよ。
[PR]
by fyamasan | 2005-09-26 02:09 | 映画 | Comments(2)

0:34~恐怖の地下鉄

「0:34」、これが映画のタイトル。
「何のことやろ?、時間かな?」
そう、これは、ある駅の最終電車の
発車時刻なのです。
そして、この時間から、始発が出発するまでの、
地獄の時間が始まります。

c0033213_2174394.jpg

舞台はロンドン。
あるパーティー会場。
主人公のケイト(フランカ・ポテンテ)は、大好きなジョージ・クルーニが
お忍びで、近くにきていること知り、パーティーから
抜け出し、地下鉄へ向かう。
そして、最終電車を待っている間にウトウトしてしまい、
気がつけば、ホームには誰もいない。
「あれ、もしかして、最終行っちゃった?」
急いで、駅から出ようとするが、封鎖されており、
大声で叫んでも、誰も出てこない。

しかたなく、またホームへ戻ったのだが、
なぜか、電車が来た。
良かったと思い、乗ったのだが、突然、止まってしまう。
停電にもなり、少しづつ恐怖が押し寄せる。
そして、男が一人近づいてくる。

彼の名はガイ。
さきほどのパーティでケイトの事が気になり、
追いかけて来たのだ。
適当にあしらうケイトに男は抱きついてきた。
必死に抵抗するが、どうしようもなくなった時、
男が車両の下に引きずられた。
何かに引っ張られたのだ。
「え、何かいるの?」
男の絶叫の声を背に、ケイトは駆け足で逃げる。

c0033213_241648.jpg

逃げ惑う中知り合った、駅構内で密かに住んでいるカップルや、
下水道の掃除のおじさんらと協力して、
地上に上がろうとするが、この地下鉄にいる
「何かによって」、ケイトらは想像を絶する体験をする。

キャッチコピーが、「始発まで、生きていたい」。
この言葉通りに、ケイトは生き延びれるのか?
そして、地下鉄にいる、「何か」とは何ものなのだろう?

今年、ロンドンの地下鉄乗客者を恐怖に陥れた
この映画に、貴方は耐えられるだろうか?

迷路のように入り組んだ地下鉄。
ふと道を間違えれば、この主人公と同じ
恐怖を味わうかもしれない。
日本でも十分にありえるでしょう。

前半は凄くいいんです。
何ものが何なのか分からずに、主人公と同じように、
恐怖を味わうのです。
ただ、この何ものかが分かった時から、
普通のホラー映画に変わってしまうんですよね。

最後まで楽しませてくれますし、ラストのオチも
非常にいいのですが、アイデアがいいので、もう少し
違う展開もあったのでは?と思います。

あと、この映画、違う事で話題になってます。
心霊写真ならぬ、心霊シーンがあるそうです。
c0033213_2494586.jpg

上の画像の左下に女性らしきものが写ってるらしいです。
そして、それはダイアナ元妃だというのです。
たぶん、画像ではよく分からないと思います。
DVDになった時は、ぜひ、調べてくださいね。

くれぐれも最終電車には乗り遅れないように!
[PR]
by fyamasan | 2005-09-25 03:02 | 映画 | Comments(0)
c0033213_52641.jpg

制作費、何十億円?
主演は誰だれで、監督は
あの~という映画に限って、
「何これ、全然面白
ないやん~!」の
声が聞こえてくるとは、
思いませんか?
今夏の「宇○戦○」のことでは、
ございませんよ(^;^)




映画って、いいアイデア&脚本があれば、
低予算でも、無名な俳優が出ようとも、
こんなに面白い映画が出来るんだど、
再認識させてくれた映画が、
この「運命じゃない人」です。

c0033213_5372221.jpg
主人公の宮田君は、「超」が
つくほどの「いい人」なんです。
彼女(あゆみ)との生活の為に、
貯金はたいて買ったマンション。
でも買ったとたんに、彼女は
出て行った。
(いまだに彼女が忘れ
られないでいる)
そんな失恋状態の宮田を何かと
心配するのが、親友の神田。
c0033213_5241656.jpg

そんな神田から、仕事が
終わった後、あゆみの事で
話があるから、レストランに
来いとの電話があり、
一目散に出かけた宮田。


c0033213_5205462.jpg
神田の職業は探偵で、
あゆみが出て行った後、
彼女について調べてみると、
何と何と埃がどんどん
出てくる女性でした。
実は彼女、詐欺師
だったんです。



宮田の金を狙っていたけど、
マンション買う為に貯金が
無くなったので、
お金の切れ目が縁の切れ目と
ばかりに、出て行った
という真相があります。

c0033213_5462375.jpg
そんなあゆみが、神田を訪ねてくる。
なぜか、彼女、また男を騙しており、
それが今度は、ヤクザの
組長(浅井)ときたから大変だ。
2000万円を持って、海外へ
行きたいが、宮田のマンションに
パスポートがあるから、
それを取って来てという。
危ない話と知りながら、報酬の
100万円のお金に目がくらんだ
神田は、早速実行に移すが。

c0033213_5295982.jpg
ここまで、宮田、神田、あゆみ、
浅井の4人が出てきましたが、
もう一人、真紀という
女性が出てきます。
実は彼女、婚約者の浮気を知って、
部屋を飛び出してきたんです。
そして、たまたま訪れてた
レストランが、実は、宮田と
神田が会っていたレストラン。
神田に声をかけられ、寂しかった
真紀は、一緒に食事をする。
食後、行くあてのない真紀に、
宮田は家で泊まればいいよと、
彼女を家に連れていく。

さてさて、この5人の男女が1晩で、
どう、絡んでいくのか。
映画は時間軸を上手に使い、
観客を「アッ」と驚かせる。
この話が実に良く出来ているんです。
例えると、ジグソーパズルを
している感覚です。
最初は漠然とした形しか
現れてこないけど、進めるうちに、
なんとなく輪郭が出てくる。

c0033213_2203393.jpg

宮田の視線で描かれていたものが、
神田の視線だとこう描かれる、
また浅井の視線では、こうなる、とか、
このシーン実はあのシーンに
繋がっていた、という
思いもかけない形のパズルが、
実はここだったりとか、
驚きの嬉しさが味わえる。

話が進むうちに、どんどんパズルが
うまっていくので、満足感が高まり、
いよいよラストへと近づいてきた。

このラストも、ひねりが効いてて、
天晴です!

宮田君は結局、最後まで
「いい人」どまり?
あゆみは無事に海外へ逃げれたの?
神田はそんな仕事して大丈夫?
真紀はどうするの?
浅井(組長)は、お金を取り戻せるのか?

5人の思惑が、お互いをお互いをリンクしている。

現在DVDで発売中ですので,
買っても損はないかと思いますよ。

c0033213_1615529.jpg
カンヌ映画祭も認めたその面白さ!
次回作がかなり楽しみな、
内田けんじさん、がんばあれ~!
[PR]
by fyamasan | 2005-09-23 06:10 | 邦画 | Comments(0)
初恋というのは、実らないからこそ、人の心に残るものだろうか?
母の初恋の喜びと悲しみを知った娘は、その後、
どのような行動をとっていったか、日韓の映画で
比較したいと思います。
まずは、韓国映画「ラブストーリー」から

c0033213_152331.jpg

大学生のイヒ(ソン・イェジン)は、親友が好きな劇団員の
サンミン(チョ・インソン)に、密かに恋焦がれている。
しかし、親友が積極的な事もあり、一歩引いた態度でいた。

ある日、母が旅行中で(父はすでに亡くなっている)、何気なしに
いつも母が見ては涙を流していた、大事な手紙を見つけてしまう。
そして、そこには父とは違う名前の手紙があった。
読み進むうちに、イヒは実る事はなかったが、大きな喜びと
幸せをくれた、今まで知らなかった母の初恋の秘密を知ってしまう。

c0033213_1135621.jpg


35年前の夏。
高校生だった母のジュヒ
(ソン・イェジンが二役)は、
休みを利用して、田舎に
帰っていた。
そこで偶然に出会った同じ
高校生のジュナ
(チョ・スンウ)と、お化け屋敷に
行ったり、蛍を捕まえたりと
一緒に過ごすうちに、
いつしか二人は恋に落ちてしまう。
10代の一途で真っ直ぐな恋。

しかし、この恋は初めから
実るはずのない恋でもあった。




ジュヒは議員の娘であり、ジュナの親友、テス(イ・ギウ)と
親同士が結婚させようと、決められていたのだった。
35年前の話、親の言う事は絶対だった。
諦めなければならない、しかし、諦めきれない。
二人の思いはますます大きくなっていく。
しかし、ある事件が起こり、二人は気持ちとは
裏腹に、離れていってしまう。
それは、初恋が実らずに終わりを告げる時でもあった。

c0033213_129222.jpg



この映画には見所となる
シーン&アイテムが3つほどあります。
その1.「雨降りのシーン」
その2.「蛍を捕まえるシーン」
その3.ペンダント

その1、2は、母がジュナと、
イヒがサンミンとする同じシーン
があり、見ていると胸が締め付け
られるほど、キュンとなりますね。
その3のペンダントも、ストーリーに
とても重要なアイテムなんですよ。
ラストに効いてきます。





イヒは母の初恋を知り、自分の恋に対してどのような行動を
とったのでしょうかね?

今までの「初恋物語」で終わっていないところが、
新しいところでしょうか。

ジヘ、ジュヒと母・娘の二役を演じたソン・イェジンの主演作が、
ヨン様と共演した、「四月の雪」と
痴呆症になる女性を演じる「私の頭の中の消しゴム」です。
綺麗というより、可愛い女優さんですね。

「母の初恋」、次回は、田中麗奈主演の「はつ恋」を
取り上げあげたいと思います。
[PR]
by fyamasan | 2005-09-22 02:02 | 韓国映画 | Comments(2)

マジック6!

ようやく鬱憤が晴らせた今日の試合。
下柳、金本、桧山とベテランの活躍で
見事中日を完封。

c0033213_23395040.jpg

今日は下柳に尽きるのでは。
昨日の井川と違い、ここぞといいう時には、びしっと
抑えてくれる、頼もしい、タフネス&独身男。

また、金本兄貴も、川上から今年何本打ったんやろ?と
思うほど、効果的にHRを打っています。

このところ、活躍が見られなかった、桧山にもタイムリーが
飛び出し、4-0で快勝!
ついにマジックも6になりました。

c0033213_23441162.jpg

これで、最短Vは25日の日曜日。
これは難しいから、甲子園で胴上げが見れそうです。

道頓堀で優勝ダイブが出来ないように、大阪市は
鉄柵などで、対策をしているとの事。

でも、当日はものすごい人なんだろうな!
[PR]
by fyamasan | 2005-09-21 23:46 | スポーツ | Comments(0)
この映画には2つのキーワードがある。
1つ目はタイトルの「サスペクト・ゼロ」。
2つ目は、「透視」。
では、順に物語を追って行きましょうか!

c0033213_149358.jpg
舞台はニューメキシコ州の片田舎、
アルバカーキ。
FBI捜査官トム・マッケルウェイ
(アーロン・エッカート)は、誤認逮捕が
原因で、ダラス支局から左遷でこの地にやってきた。
そして、偶然にも3件の連続殺人事件が
この地で起こる。

3件に共通したものとは、被害者の死体が、まぶたを切り取られ、
“0”(ゼロ)のマークが残されていた事で、被害者に
はこれといった共通点はないように見えた。
ただ、3人目の犠牲者が、トムの左遷の原因となった、
連続殺人事件の容疑者のレイモンド・スターキーだった。

c0033213_049126.jpg

この事件の捜査を手伝う為に、ダラスから元恋人の
フラン・クーロック(キャリー=アン・モス)がやってきた。
(「マトリックス」のあの彼女ですよ)
二人で色々と調べてみるが、なかなか調査は進まない。
そして、トムは頭痛もひどくなるし、イライラする毎日。

そんな時、トム宛にファックスが届くようになる。
それは、「行方不明者のリスト」と
「何かを描いたスケッチ」である。
これらが、後に重要な手がかりになるのです。

c0033213_163338.jpg

さらに調査を進めると、一人の男が浮かんできた。
ベンジャミン・オライアン(ベン・キングズレー)。
元FBI捜査官だったという彼だが、上司に聞くと
それは、彼の妄想であり、そんな人はいなかったと。

謎な男だが、この事件の犯人を懸命に探しており、
「イカロス計画」という、国家プロジェクトの話を聞くうちに、
次第に彼の話に耳を傾けるようになった。

そして、不思議と彼と共通点がある事が分かり、
被害者の意外な共通点が明らかになった時、
事件の解決の糸口が見えてきた。

キーワードの「サスペクト・ゼロ」とは、
ある犯罪を犯しても、証拠を残さないから、
決して捜査線上に浮かび上がらない。
特定の犯罪パターンや犯罪嗜好がないのである。
ゆえに、存在するのだが、誰にも気づかれないという。

僕的には、多重人格者的な犯罪だと思いますが、
そんな犯罪者が存在するのか?

そして、もうひとつのキーワードの「透視」とは。
実はオライアンには高い透視能力があり、それゆえに、
彼には犯罪者が何処に居て、何をしているのかが、
ある程度分かるのである。
「そんな自分のような特殊能力を持つ人々を、使って
捜査を進めるものが、「イカロス計画」であった」
と彼は供述しているが。

果たして、オライアンの言う事は、真実なのだろうか?
ただの妄想に過ぎないのか?

c0033213_1422010.jpg
宣伝文句には「ついに、あの「セブン」を超えた
戦慄のサスペンス・ミステリー」と
ありましたが、超えたかどうかは、
ご自身の目で確かめて下さい。
もうDVDで出てるみたいですよ。
[PR]
by fyamasan | 2005-09-21 01:53 | 映画 | Comments(0)