Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

早く紹介しないといけないなあと思いつつ、
なかなか紹介できずにいましたが。

ただいま、千日前国際シネマにおいて、
「市川雷蔵祭」をしております。

c0033213_23434614.jpg


スケジュールはこんな感じです。


9月29日(土)~10月5(金)
・「新平家物語」
・「眠狂四郎~炎情剣」

10月6日(土)~12日(金)
・「新源氏物語」
・「お嬢吉三」

10月13日(土)~19日(金)
・「眠狂四郎 無頼剣」
・「婦系図」

10月20日(土)~26日(金)
・「歌行燈」
・「切られ与三郎」

10月27日(土)~11月2日(金)
・「大菩薩峠」
・「剣」


もう、ほとんどが終わりましたので、
残り少ないですが、雷蔵映画はどんな感じが
ぜひとも映画館でご覧下さい。


僕は
「新源氏物語」「眠狂四郎 無頼剣」 「婦系図」 の
とりあえず、3本は見ました。

c0033213_23571485.jpg


眠狂四郎は確かに雷蔵が主役なのですが、
他の二本を見ると、雷蔵が主役というよりも、
女性の悲しさ、切なさ、女性の業というものが、
前面に描かれているように、思われてしまい、
雷蔵がなんか、吹っ飛んでしまいましたね。

特に「婦系図」はもう切なくて切なくて、涙どころでは
なかったですよ。
泉鏡花原作なので、女性の恋に生きるはかなさ、切なさに
もう胸いっぱいになりました。


また、「新源氏物語」では、
光源氏の産みの親となる桐壷とその生き写しの藤壷の
二役に寿美花代。
源氏の正妻葵の上には若尾文子が、朧月夜という半分少女の
君には若き日の中村玉緒
源氏を慕うあまり、その正妻を呪い殺すほどの執念を
みせるのが、 六条の御息所で、田中康子が演じています。

c0033213_04175.jpg


なかなか映画館で見ることが出来ませんし、
千日前国際シネマは、昭和の香り残る映画館です。
シネコンも良いけど、たまには昔の味のある映画館へ
どうぞ!
[PR]
by fyamasan | 2007-10-25 00:06 | 邦画 | Comments(4)
2007年、10月19日。
もうすぐです。
この日、世界が驚くニュースが流れる。

アメリカ合衆国第43代大統領、
ジョージ・W・ブッシュが暗殺

その後、アメリカ、世界はどう変わるのか?

究極の擬似ドキュメントがアメリカを
世界をあざ笑う!

映画「大統領暗殺」

c0033213_1415866.jpg


2007年10月19日。
滞在先のシカゴ、シカゴ経済倶楽部に招かれて
アメリカ合衆国第43代大統領、ジョージ・W・
ブッシュは、シェラトン・ホテルに到着。
一万人を越える反ブッシュ勢力が待ち構える中。

無事に演説も終え、ロビーにブッシュが現れた時、
事件は起こる。
ブッシュが2発の銃弾を浴びる。
すぐさま、車で病院へ直行するも、
しばらくして、ブッシュの死が報道される。

犯人は誰のか?
そして、ブッシュ亡き後のアメリカはどうなるのか?


c0033213_1483874.jpg


映画としての評価はともかく、このような映画を
作れる、作る土壌がある映画界というのは、すごい
ものだと、改めて感じた。

監督のガブリエル・レンジはイギリス人。
彼の学歴が面白い。
医学部に入るも、院はジャーナリズムを専攻。
卒業後はテレビ局でドキュメントを手がける。

彼のこの映画を作った理由が、この一言。

「現実がいかに簡単に歪曲できるかに
一番魅了されたんだ」


映画を見てもらうと、この言葉がものすごく分かる。
どこまでが本当でどこが嘘なのか、本当に区別つかない。
ディーテイルにこだわり、数多くの画像を編集した映像は、
本物以上に、「リアル感」をかもし出す。

映画は二部構成。
ブッシュ暗殺までの過程が一部で、暗殺犯探しが二部となる。
そして、この映画を作った本当の目的は最後に分かるのでは
ないかと、僕は考えています。
公開後すぐなんで、何も言いませんので。

みなさんの目で確かめて貰いたい。
何が真実で何が作り物なのか?

でも本当に、真実は一つなのだろうか?
[PR]
by fyamasan | 2007-10-16 02:05 | 映画 | Comments(2)
もう10年近く前になるでしょうか。
R・ロドリゲスの「デスペラード」を見た時、
こんな感じの邦画・時代劇が見たいなあと
感じました。
あれから10年?
ようやく僕の願いが叶ったのか?
セリフは英語、しかも西部劇ときた
あれ?少し違うなあと思いながらも
和製ウエスタン、堪能しました。
映画見終わると、「ジャンゴー」と
叫びたくなるはず。

映画「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」

海外の方が人気が高い、三池崇史監督作品です。

c0033213_3473561.jpg


壇ノ浦の戦いから数百年後。
とある山奥にある村。
金が取れるということで、多くの者が集まってきたが、
今は清盛(佐藤浩市)を大将とする平氏の一族郎党?と
義経(伊勢谷友介)を大将とする源氏の一族郎党?が
争う村と化していた。

そこへ一人のガンマン(伊藤英明)が現れる。
腕利きのこのガンマンを自軍に引き込もうとする
平氏と源氏。

さあ、金塊は、お宝はあるのか?
平氏と源氏の争いの行方は?
そして、ガンマンの真の目的はなにか?


c0033213_354830.jpg


冒頭にタランティーノが登場。
ここでなぜかsukiyakiを食べる。
それで「スキヤキウエスタン」なのか?と
考えてしまいますが。

弁慶役に石橋貴明、保安官に香川照之、謎のおばさん
(桃井かおり)、安藤政信、石橋蓮司、松重豊、木村佳乃など、
曲者ぞろい?のメンバーゆえに、面白くないはずがない。

外国人が喜びそうな日本のコネタを出しつつ、B級テイスト
いっぱいのこの映画、やや好き嫌いが分かれるのではと
考えますが。

一番おいしい役は桃井かおりで、これは映画を見て貰えれば
分かります。
あと、清盛や義経らが着ている衣装が良かったです。
スカジャンを着物にみたて、とてもお洒落で、それでいて、
和製ウエスタンにぴったりな感じ。
普段はあまり衣装とかに目がいきませんが、この衣装には
「カッコイイ」の一言ですね。
c0033213_413554.jpg


あと、主題歌を北島のサブちゃんが歌っています。
これがまた、良いんですよ。
ジャンゴ~~」と叫んでしまいます。

和洋折衷の不思議なウエスタンですが、お試し下さい!
[PR]
by fyamasan | 2007-10-11 04:09 | 邦画 | Comments(0)
11月3日、江坂の吹田市立文化センターで
突撃ドラゴン祭り」というイベントがあります。
その中で、「ナックルボンバー」が上映
されることになりました。

4時入場、4時半開演ということなので、
お近くの人や予定の空いている人は、
ぜひとも参加ししていただきたいです。

そして、「ナックルボンバー」で主演の覇岡麗華を
演じました、二階堂マリア
さんのブログがスタートしましたので、告知で~す。

c0033213_423482.jpg



詳細はこちら・二階堂マリア


ナックルボンバー」同様、皆様の応援お願いします!
[PR]
by fyamasan | 2007-10-09 07:05 | ドラマ | Comments(0)
「少林寺」のリーリーチェンからハリウッドで
世界のジェット・リー。
アスリートから俳優へ、アクション俳優として
名前を広めた、ジェイソン・ステイサム。

この二人が共演するということで、
見ずにはいられませんでした。
しかも、「天六」の映画館で上映じゃないか!

c0033213_665010.jpg


舞台はサンフランシスコ。
ここでは、中国マフィアと日本のヤクザが
抗争を繰り返していた。
FBI捜査官のクロフォード(ジェイソン・ステイサム)と
相棒のトムは、伝説の暗殺者、ローグの行方を
追っており、トムが確かにローグを撃ち殺した
はずだった。
しかし、数日後、トムの家族はローグに襲われた。

それから3年後、クロフォードの前にローグが関与
したと思われる事件が起きる。
今こそ、3年前の親友の復讐をと燃えるクロフォード。
だが、中国マフィアと日本のヤクザの抗争が
最高潮に達していた。

c0033213_6132772.jpg


これも大いに笑わせて貰いました。
まさしく「B級の館」映画でした。

日本のヤクザのドンとして、石橋凌。
なかなかの英語です。
その娘にデヴォン青木。
日本語が上手いなあと思ったら、吹き替えでしたね、

中国マフィアのボスがジョン・ローン。
「ラッシュアワー2」以来でしたが、まだまだカッコいいぞ!
もっと色々な映画に出て欲しいものですね。

c0033213_6213058.jpg


日本のヤクザの描き方。
まだまだステレオタイプですが、これを許すぐらいに
ならないと、この手の映画は楽しめません。
いまだにヤクザは忍者しているし、わけのわからない、
慣用句、ことわざの文字を垂れ幕にしていたりと、
21世紀になっても欧米から見た日本の姿が
よく分かります。

ただ、ローグの正体は予想できませんでしたね。
考えると色々と複線は張っていますね。

これは「パーフェクト・ストレンジャー」より
衝撃なオチでした。


広い心を持ってB級映画を楽しんでみるか、
そんな気持ちで見てくださいね。
あと、突込みが好きな人も必見ですよ。


c0033213_6294510.jpg


FBIの捜査官から一転、毒を盛られて
アドレナリンを出し続けないと死んでしまう
男を、ジェイソン・ステイサムが演じるのが、
その名もずばり、「アドレナリン」です。

DVDは11月23日、発売予定です。
原題が「CRANK」


堅気になろうと決意したジェイソン・ステイサムですが、
なかなか仲間が許してくれません。
挙句に毒を盛られてしまいます。
その対処法が「とりあえず、アドレナリンを出し続けろ!」
ハイテンションで、解毒剤を探し回る、J・ステイサム。
他人のことなんてかまってられるかと、なんてわがままな
奴と。でもここまでやってくれると見ているこちらも気分が
良くなるのは、なぜか?


c0033213_6365364.jpg

こちら↑の画像も病院に押しかけ、なんとか薬を
手に入れようとしている様子です。


果たして、解毒剤は手に入れたのか?
アドレナリンは出し続けたのか?

ラストが気になるが、答えは映画を見てのお楽しみです。
[PR]
by fyamasan | 2007-10-09 06:43 | B級の館 | Comments(0)