<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
再会の街で~9/11以降の悲劇
2001年の9・11の悲劇から、今年でもう
7年になるんですね。
5年経ったあたりから、「ユナイテッド93」や
「ワールドトレードセンター」などが公開されましたが、
これはあくまでも当日の話。
9・11で愛する家族を亡くした人がたくさんいるわけ、
その人たちがどのような生き方をしたのかを描く
映画はなかったんですね。
ようやく登場しました。

映画「再会の街で」

c0033213_516225.jpg


あらすじ
ニューヨークの歯科医アラン(ドン・チード)は
美しい妻と二人の娘に恵まれ、さらに仕事は順調、
他人もうらやむ生活を送っていた。
ある日アランは大学時代のルームメイト、チャーリー
(アダム・サンドラー)を街で見かける。
彼は“9.11”で妻子を亡くして以来、消息がわからなく
なっていたのだ。
後日アランは再びチャーリーと遭遇するが、
彼は昔のことを覚えていない様子。
だが、自宅アパートに招待してくれた。
そこは何とも言えない不思議な空間で…。


9・11で心に大きな傷を負った人はたくさんいるわけで、
これからの、これをテーマに多くの映画が作られると
思いますが、まずは先陣となるこの映画、
やはり主役を演じた、アダム・サンドラーとドン・チードルが
素晴らしいですね。

過去を忘れた、忘れよう、思い出したくないチャーリーに
必死に社会復帰出来る様に、手を差し伸べるアラン。
仕事も家族にも恵まれているが、心にどこか空虚さを
感じるアランは、悲劇を経験したが、自由に生きている
チャーリーを羨ましくも思う。

いつしか、自分が抱えていた心のもやもやしていたものも、
チャーリーと過ごすことで、少しずつ、晴れていく。

c0033213_528676.jpg


夜な夜な、原付キックボードに乗り、i-podで音楽を
聞き、NYを徘徊するチャーリーの姿。
家に変えれば、台所のリフォームをし、プレステに夢中。
世捨て人のような生活から、社会復帰出来るまでの
大きな一歩を踏み出す、このあたりの描かれ方が本当に
心に、胸に響いてきます。

ただの重い映画ではなく、笑える場面、ほほえましい場面もあり、
(特に歯医者にくる患者たちが笑えますよ)
音楽も、ブルース・スプリングスティーンの「the river」を
はじめ、洋楽好きにはたまらない音楽がたくさん流れるので、
このあたりにもチェックですね。
パール・ジャムの「reign over me」はCD未発表とのこと。
映画館でしか聞けませんよ。

c0033213_537365.jpg


9・11の遺族に対するアメリカ社会の受け止め方も
描かれていますので、今のNYも分かります。

チョイ役ですが、ドナルド・サザーランド、存在感のある
いぶし銀の演技です。
[PR]
by fyamasan | 2008-01-17 05:40 | 映画 | Comments(0)
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
今年、お初となる試写会。
久しぶりのABCホール。
ジョニーデップ主演ということで、
かなりの女性客が目立つ。

ジョニーの歌声が聴けると、女性客は
喜んだのでしょうかね?

監督のティム・バートンと6回目のコンビ作。
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」

c0033213_1155417.jpg


あらすじ:
19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に
妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変え
、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。
15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッド
として腕を振るい始めるが、彼は目に狂気を宿らせながら、
かつて自分を陥れた男への復しゅうに燃えていた。
(シネマトゥデイ)


これって一応ミュージカル映画。
しかし、客席はシーンとして、笑いや拍手や
歓声が聞こえない。
ジョニーの歌声も聴けて確かに良いのですが、
ちょいと?かなり?ダークなスプラッターミュージカルで
ありますね。

血しぶきが、これでもかというぐらい、吹きまくる。
スウィーニーの剃刀ナイフが咽喉をテキサス・チェーンソー
のように、切りつける。

c0033213_1213475.jpg


たぶんダークな世界が好きなT・バートン監督は
大満足なはず。
でも、お客を置いてけぼりのような気がしました。
正直、たまに映画に行く人にはあまりオススメしません。
映画って、見終わった後、楽しかったにせよ、怖かったにせよ、
なにかしら満足感がありますよね。
でも、これって、「?」なんだろう?
満足感もなにも感じなかったですね。


この映画のもともとの話は1800年代のイギリスで
起こった事件で、「スウィーニー・トッド」という名は、
19世紀中ごろの小説の主人公で、1970年代に
ブロードウェイでトニー賞受賞ミュージカルでもあるんですね。

これって、ミュージカルで見たら、また感じが違うのでしょうかね?
気になりますが
c0033213_1282093.jpg

[PR]
by fyamasan | 2008-01-08 01:29 | 映画 | Comments(0)
チャップリン映画祭
明けましておめでとうございます!

昨年は8月以降から、かなりサボり気味に
なってしまいましたが、今年はなんとか、
頑張っていきたいと思いますので、また、
ちょこちょこと覗いてやって下さいね。

恒例の?去年の映画ベスト5はもう少ししたら
発表しますので、お楽しみに?

さて、今日は大阪の千日前国際劇場で上映中の
「没後30年 チャップリン映画祭 
WITH CHAPLIN チャップリンと」のご紹介です。

映画を普段見ない人でも、名前は知っているし、
有名な映画の一場面は見たことがあるのでは。
そんなチャップリンが亡くなって30年ということで、
映画館で映画が見れるチャンスがやってきました。


c0033213_3551697.jpg



僕は元旦から、「キッド」と「モダンタイムス」を
見てきましたよ。

「キッド」は何度見ても泣かされますし、
「モダンタイムス」のギャグも大いに笑わせて貰いました。

上映スケジュール

1月4日まで、
「キッド」と「モダンタイムス」

1月5日~1月18日まで
「黄金狂時代」、「巴里の女性」

1月19日~2月1日まで
「街の灯」、「サーカス」

2月2日~2月8日まで
「担え銃」、「独裁者」

2月9日~2月15日まで
「犬の生活、「殺人狂時代」

2月16日~2月29日まで
「のらくら」、「ライムライト」

c0033213_44147.jpg
c0033213_444321.jpg












すべて2本立てとなっていますので、お得ですね。
あと、レイトショーやモーニングショーで
チャーリー・チャップリン ライフ・アンド・アート
というのが、あわせて上映されています。
これは別料金ですが、ウディ・アレン、ジョニー・デップらの
インタビューに貴重な未公開映像と豪華出演者への
インタビューで綴る、チャップリン・ドキュメンタリーの決定版
とのことなので、ぜひともあわせて見て貰いたい
ものです。

それでは、今年もどうか宜しくお願いします。
[PR]
by fyamasan | 2008-01-02 04:08 | 映画 | Comments(0)
  

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル