<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

クライマーズ・ハイ~命を追った1週間

1985年、8月のあの日。
家族と夕食を食べていた時、臨時ニュースが
入り、ジャンボが消息を絶ったことを知った。
翌日の無残な光景がTVから流れていたことは
今でも鮮明に覚えています。

クライマーズ・ハイとは、登山時に興奮状態が極限まで達し、
恐怖感が麻痺(まひ)してしまうことを言う。
何かにつかれたように、興奮高揚していた熱い男たちの
夏の日々。


映画「クライマーズ・ハイ」

c0033213_041430.jpg


あらすじ・

終戦記念日を3日後に控えた8月12日。
通信社のニュース速報が北関東新聞社の社内に響き渡る。
日航123便がレーダーから姿を消し、長野・群馬の県境に
墜落したという。
乗員乗客524名、単独の航空機事故としては世界最大で
最悪の事故だ。地元で起きた未曾有(みぞう)の大惨事に
北関編集局は、にわかに興奮のるつぼと化した。
全員が神経をとがらせ、臨戦態勢で事故報道に取り組む。
そして、組織から一線を画した遊軍記者・悠木和雅(堤真一)が
日航機墜落事故の全権デスクに任命された。


職場という所はこんなところなんだよと、
男の嫉妬や意地や見栄、プライド、欲望が渦巻く世界を
見せ付けてくれる。

自分たちの管轄地に予想もしない事件が起こる。
誰もが、高揚。
戦場のような雰囲気が、また逆に記者たちの心に火をつける。

c0033213_0413164.jpg


この日航機墜落事故の裏で地元の新聞社は
どんな動きをしたのか?
そして、そこで働くものは何を見たのか?
このあたりは本当に迫力ある映像で、グングン見ている者を
引っ張っていってくれる。

ただ、原作はこの事件を軸に、一人の新聞記者を通じて、
家族の絆、友情、職場で生きる男たちの切なさ、厳しさを
伝えているので、家族の絆、父と息子の関係、友情あたりが、
希薄というか、どうも中途半端になっている気がします。
ここが残念。

原作では重要な人物だった安西(高島政宏)の存在が薄すぎる。

c0033213_0415993.jpg


でも、新聞社内でのドロドロの人物構図の見せ方は凄いです。
老害としか言いようの無い(どこかの新聞社にもいる?)
社長を山崎努が、老獪に演じれば、若手記者のスクープを
邪魔するかってのスクープ記者で、今は部長である男を
遠藤憲一が演じています。
そして、主人公の悠木は若手と上司との間にいる中間管理職で
苦しみながら、新聞記者としての道を模索する。
新聞社では目立たない存在ですが、この宣伝部がなければ
会社は成り立たず、この宣伝部と記者たちとの軋轢も見事に
描いており、人間ドラマとして凄い出来栄えでした。

良い面も悪い面を併せ持つも、必見の映画ではないでしょうか?


田口トモラヲを始め、役者さんたちは新聞屋を本当に、
しっかりと演じていますね、凄いわあ。

後で新聞社に勤める人にこの映画のことを詳しく聞く
機会がありました。

大手新聞社、地方新聞社の違いはあるものの、よく新聞社を
描いているとのことで。
あと、役者さんたちの新聞マンの徹底振りには感心したとも
聞きました。
なにげない仕草にも注目ですよ。
とくに、マギーさん
[PR]
by fyamasan | 2008-07-30 00:44 | 邦画 | Comments(4)

崖の上のポニョ~宗介くんが良いぞ

夏期講習が始まり、映画観へ行く時間が減りましたが、
何とか、レイトで見てきました。

レイトゆえに子供の姿はなし。
大人ばかりで見る宮崎駿作品も何か、
変な感じでしたが。

ポニョ、可愛かったなあ。
早速グッズを買っちゃいましたね

映画「崖の上のポニョ」

c0033213_536196.jpg


あらすじ:
5歳の少年宗介は、海辺の小さな町のがけの上の一軒家で
暮らしていた。市街地から外れた彼の家の周囲には
何もさえぎるものはなく、ただただ青く美しい海と空が
広がっている。
仕事で留守になりがちな父親の不在を寂しく思っていた
宗介だったが、ある日、浜でさかなの子ポニョと出会うことで
その寂しさも忘れ、やがて2人は強いきずなで
結ばれていく。
(シネマトゥデイ)


冒頭5分ほどでしょうか、セリフのない海の不思議な世界に
浸ってしまう。
クラゲとか、深海魚とか、本当に不思議な生き物が綺麗に
描かれています。
綺麗な海だけど、海辺になると人間の捨てたゴミが見える。

でも、その海辺で、宗介はポニョと出会うのも不思議だ。

まずは宗介の心の透明さ、素直さにポニョと同じように
見ている者は、惹かれていくんでしょうね。

急に帰れなくなった船長をしている父と、それで機嫌が
悪くなった母との間に立ち、光で言葉を伝える役割を
してくれる、健気な男の子です

c0033213_5362956.jpg


母が働く老人ホームかな?「ひまわり」で暮らす老女性
の会話も楽しめます。
ちょっと頑固なトキさんが良いですね。

さりげない映像、ストーリーの中で、自然と人間の共生。
生命力の不思議さ、大事さなどシンプルだけど、大事な
メッセージ、いっぱい詰まっています。

最後にあの「ポーニョ、ポーニョ、ポーニョのさかなの子~」の
歌が流れますが、何か短い気がして、もう少し長く聞きたかった
ですね。

c0033213_5365297.jpg


「僕が守ってあげるよ」
5歳の宗介くんのこのセリフに泣かされます
あと、めちゃめちゃ礼儀正しいです。
[PR]
by fyamasan | 2008-07-28 05:36 | 邦画 | Comments(0)

ぐるりのこと~色々な側面で捉える10年間

ぐるりのこと~~
それは、自分の身の周りのこと、または
自分を取り巻く様々な環境のこと。

『ハッシュ!』の橋口亮輔監督が、6年ぶりに
撮った愛すべき人間賛歌

映画「ぐるりのこと」

c0033213_132556.jpg


あらすじ・
1993年、何事にもきちょうめんな妻の翔子(木村多江)と
法廷画家の夫カナオ(リリー・フランキー)は、
子どもを授かった幸せをかみしめていた。
どこにでもいるような幸せな夫婦だったが、あるとき
子どもを亡くしてしまい、その悲しみから翔子は心を
病んでしまう。そんな翔子をカナオは温かく支え続け、
2人の生活は少しずつ平穏を取り戻してゆく。
(シネマトゥデイ)

予告編を見る限りでは、リリー・フランキーも
出ているので、飄々として軽い感じかなと思ったけど、
いやいや内容は重いです。

1993年からの10年間を、この夫婦と共に見つめなおしていく。
法廷画家という視線で、10年間に実際にあった事件を
見ている者に呼び戻していく。
「そうか、こんな事件もあったなあ」
「こんなに前の事件なんだなあ」

c0033213_1322929.jpg


法廷画家という、普段知らない仕事をぶりを見れるのも
興味深かったし、そこにある人間ドラマも面白い。

また、子供を亡くして、そのショックから精神を壊し、
さまよい始める翔子の10年の歴史でもあります。
カレンダーを上手に使うことで、月日の流れ、二人の関係が
克明に描かれているのが、面白い。

何事にもきちんとルールを守ることが優先な翔子は、
セックスをする日まで、きちんとカレンダーに印を
つけていたりする。
でも、翔子が精神を病んでいくと、カレンダーには何も
書かれてはいない。

この壊れていく翔子を演じた、木村多江さんが素晴らしい!
翔子という人物の移り変わりを、見事に演じてますね。
ググッと胸に来るシーンも多くて、拍手ですね

リリー・フランキーも映画初主演と思えないぐらい、
良い味だしてましたよ。
飄々と、でも、逃げない意志の強い男。

カナオが書く絵がとても素敵です。
特に、翔子の父親の話に絡む絵が良いですね。

c0033213_1325867.jpg


大事なものを失った
そこからの人間の再生。
「すべてが上手くいくはずはないんだよ」
カナオのセリフのように、人は傷ついて傷ついて、前に
進んでいける。

家に注ぐ太陽の一筋の光。
再生を目指す翔子には希望の光に見えたでしょうね。

6年という歳月を経て、再生を果たした橋口亮輔監督の
次回作が、大いに期待できます
[PR]
by fyamasan | 2008-07-16 01:33 | 邦画 | Comments(1)

JUNO/ジュノ~zenshin,zenshin

こちらの映画、アメリカでは単館映画館からスタートでしたが、
口コミで段々と上映館数を増やし、最後には
アカデミー賞、脚本賞までとっちゃいましたよ。

日本でも単館スタートですが、アメリカと同じには
行かないかな?
頑張れ~、ジュノ

映画「JUNO/ジュノ」

c0033213_2184680.jpg


あらすじ:
パンクとホラーが好きなクールな女子高生ジュノ
(エレン・ペイジ)は、親友ブリーカー(マイケル・セラ)
との興味本位にセックスをして妊娠してしまう。
中絶を思いとどまったジュノは友だちのリア
(オリヴィア・サールビー)に協力してもらい、
養子を希望している夫婦を探すことに。
理想的な夫婦を見つけ、会いに行ったジュノだったが……。
(シネマトゥデイ)

10代の妊娠しかも高校生。
日本なら暗くなりがちなストーリー展開。
でもこの映画、あっけからんとしている。

なんでもストレートに言うジュノ。
でも本音では小さな事に傷つく繊細な持ち主であり、
他人のことも気配りできる女の子なんですね。
それを見せたがらないところがまた良いです。

ジュノの妊娠に驚きつつも、前向きに考える両親の
考えも凄いですね。
お父さん(実は×一)のセリフも良い、
「容姿やお金とかじゃなくて、ありのままのお前を受け止めて
くれる、そんな相手となら、長続きするよ」
分かっていますが、なかなか実現出来ないことですよね。

c0033213_21920100.jpg


継母も竹を割ったような性格で、ずばり言うのが、面白い。

養子縁組を待ち望む妻に、ジェニファー・ガーナー。
母になることを望むのだが、夫の考えまで変化している
ことには、気づかなかった。

全てがハッピーではなく、高校生の妊娠に対する家族や
周りの反応の違い、アメリカ社会と日本社会の違いなど、
違和感を覚えますが、ジュノの覚悟を決めた生き方を
ご覧下さい。

音楽もコアな感じで良いですね

c0033213_2195799.jpg


ただ、ブリーカー君、イケてるのか?
ジュノが惚れるんだが、ううう~~ん
[PR]
by fyamasan | 2008-07-12 02:20 | 映画 | Comments(0)

奇跡のシンフォニー~音楽が導く幸せ

正直、予告編などでは、どうなんだろう?と
思っていましたが、「良いよ」という評判を聞いたので、
見てきました。

監督は「イン・アメリカ/三つの小さな願い事」
のジム・シェリダン監督の娘のカースティン・シェリダン

映画「奇跡のシンフォニー」
原題は「August Rush」

c0033213_258460.jpg


あらすじ:
孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には
豊かな音楽の才能が備わっていた。
ある晩、エヴァンは不思議な音を追い、施設から
マンハッタンへと導かれる。さまざまな出会いにより、
エヴァンの音楽の才能は開花。同じころ、離ればなれと
なっていた両親も、それぞれの思いを胸にニューヨークへと
赴いていた。(シネマトゥデイ)


現代の奇跡のお話です。
そんなバカなと思うストーリーです。

でも、でも素直に信じてみたくなります。
年男の僕も素直に大泣きしちゃいました

主人公の男の子のエヴァン(フレディ・ハイモア)が
良いんですね。
「チャーリーとチョコレート工場」のあの子です。
無垢な瞳でしょうか?
これからもドラッグやアルコールなどで、ハリウッドの世界で
汚染されずに成長して欲しいなあ。

そして、この映画の醍醐味は音楽。
エヴァンの母親ライラ(ケリーラッセル)はクラシックの
チェロ奏者
父親ルイス(ジャナサン・リース=マイヤーズ)は
ロックバンドのボーカリスト。
こんな二人を両親に持つんだから、息子が才能に恵まれないはずが
ないのかな?

c0033213_2584119.jpg


初めて触るギターを人が耳を傾けるぐらいに魅力的に弾く。
楽譜も分からないのに、見よう見まねで書いていく。
パイプオルガンも弾いてしまう。
神童=モーツファルトの少年時代とはこんな感じ
だったのかな?と思います。

エヴァンの奏でる音楽は不思議と人を幸せにし、音楽を
もっと魅力的なものだと、人に思わせてしまう。

ライラの弾く優美なチェロの音色。
ルイスの切なくて甘酸っぱいバラード曲。
ゴスペルも出てくるし、音楽に満ち溢れて映画。

テレンス・ハワードやロビン・ウィリアムスといった
豪華俳優陣が脇を固める。


素直に、奇跡を、音楽を信じてください。
綺麗な涙を映画館で流してくださいね

超、超、超~~~、オススメッスよ


「音楽は傍にあるんだ。心を開けば聴こえてくるよ」
[PR]
by fyamasan | 2008-07-09 03:03 | Comments(0)

イースタン・プロミス~その意味とは?

前作「ヒストリー・オブ・バイオレンス」を
見た時も感じましたが、すべて手の内を見せるのでは
なく、やんわりと何かを感じさせてくれる演出。
それが男の世界を描くから、しびれますね。

デヴィッド・クローネンバーグ監督
ヴィゴ・モーテンセン主演

映画「イースタン・プロミス」

c0033213_235574.jpg


あらすじ・

ロンドンの病院で産婦人科医をしているアンナ(ナオミ・ワッツ)
のもとに、ロシア人の少女が運び込まれる。
しかし、出産の直後に少女は命を落とし、日記と赤ん坊が残された。
そこに記された内容に危険を感じながらも、
赤ん坊の家族を見つけ出そうとするアンナ。
彼女はあるロシアン・レストランにたどり着き、
ロシアン・マフィアに雇われているミステリアスな
男ニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)に出会う。
(シネマトゥデイ)

舞台はロンドンであります。
そして、登場人物はロシアン・マフィアであります。


オープニングから、凄い映像でびっくり。

新しい土地にやってきて、成功をつかむには、やはり
同じ国の出身者が集まるのが手っ取りはやい。
そして、ファミリーを愛し、組織を愛し、組織を家族を
守るためには非常な手段もとらないといけない。
まるで、現代版、ロシアン・マフィアの
「ゴッド・ファーザー」

利用するものは何でも利用し、用が無くなれば捨てる。
そんな非情さも描いています。

物語は、14歳のロシアから逃げてきた少女が
残した日記と子供がキーワード。
この日記には色々なことが書かれてあり、それが、、、。

c0033213_2462498.jpg


ニコライら裏社会にいるものたちと、アンナがいる
ごく普通の表社会の人間たち。
でも、この境目は非常に微妙な線であり、誰もが
ダークサイド(裏社会)に落ちる危険性もあるわけです。

この日記を通して、ニコライ、アンナは知り合って
いくのですが、話の展開も一癖も二癖もあるので、
なかなか楽しめますよ。
ネタばれになるから、詳しくは書けませんが、
ラストがまた良いですね。

切れる役をやらしたら、お前が一番やなあと云う感じの、
バンサン・カッセルはなかなかオイシイ役です

思わず目を背けたくなるシーンもあり、サウナ?で
繰り広げられる戦闘シーンは、リアリズムに徹した
映像が見られ、必見ですよ。

タトゥーに隠された意味も知ってください。


c0033213_2465698.jpg


ヴィゴ・モーテンセンが低い声で話すロシア語が
またカッコイイ

ちなみにイースタン・プロミスとは人身売買
の隠語であります
[PR]
by fyamasan | 2008-07-09 02:48 | 映画 | Comments(0)

靖国~何を問うのか?

東京での上映中止が逆に宣伝効果となり、
多くの人が劇場へ足を運びました。
大阪では十三の「第七芸術劇場」だけでしたが、
ちょっと熱も冷めたと思い、見てきました。

色々な思いがこみ上げてきました


映画「靖国」

c0033213_1401599.jpg


あらすじ:
戦後60周年を迎えた2005年8月15日、軍服を着て参拝する
集団や合祀(ごうし)に反対する遺族たちなど、
靖国神社は狂乱の様相を呈していた。
一方、神社のご神体である日本刀「靖国刀」を作る刀匠にも
カメラを向ける。日本人が知っているようで実は
知らない靖国神社の現実と精神構造に、中国人監督
リー・インが切り込んでゆく。(シネマトゥデイ)


まず、ドキュメンタリー映画としては、この映画はどう
なんだろうと、考える。

映画は日本で唯一の靖国刀を作る刀匠・刈谷さんの
取材から始まるですが、これがどうもピンとこない。
監督の問いかけには、曖昧にうなずくだけの刈谷さん。
刀を作る過程は見ていて、興味深いが、この人に
どんな思想があり、靖国刀を作ってきたのかが、伝わって
こない。
そうこうしているうちに、8月15日の終戦記念日の
靖国神社の様子が描かれる。
本当に色々な人たちが出てくる。
靖国問題を「心の問題」として、うまくすり抜けようと
する小泉元首相や石原慎太郎都知事、靖国賛辞の人々の
様子を描いた後は、反靖国の人たちを映す。

そして、また刀匠の話に移り、戦争で刀が使われた
記録フィルムが出てくる。
で、また靖国へ戻りと、どういう構成なんだろうと、
僕は不思議で仕方ない。

c0033213_1405689.jpg


上映中止になり、映画「靖国」問題が起こった時、
刀匠の刈谷さんは最初の取材意図と全く映画は違うから
自分のシーンは削除してくれと、またきちんと完全版を
見せてくれとの、返答へも監督からは何も無いという。

見ようと思えば、反日、反靖国とも取れるが、
見ようによればそんなことを考えずに済むかもしれない。
なんとも不思議な映画。

僕の祖父は太平洋戦争で、南の島で亡くなったと聞かせ
られました。
だから祖父は靖国神社で祭られているわけです。
祖国の為に命を落とした、英霊といわれていますが、
僕はどうもしっくりこない。
8・15に軍服を着て、嬉々として靖国を闊歩する元軍人たちを
見ると、また「大東亜戦争は侵略戦争ではない」と、大声で叫ぶ
若き右翼主義者たちを見ると、まだまだこの国には「戦争の亡者」が
居るんだと、恐ろしくなります。

このあたりの考えは思想など色々ありますので深くは書きませんが、
映画として、どうも腑に落ちないドキュメンタリーでありました。

僕としては同じドキュメンタリーの「蟻の兵隊」の方が、
メッセージがストレートですんなり受け取れました。
[PR]
by fyamasan | 2008-07-05 01:41 | 映画 | Comments(0)

西の魔女が死んだ~おばあちゃん、大好き

予告編を見て、原作を先に読んじゃいました。
でも話の展開は分かってますから、どう原作の世界観が
映像で出ているかですよね。

こちらも話の展開は分かってましたが、泣いてしまった
「八月のクリスマス」の長崎俊一監督の

映画「西の魔女が死んだ」

c0033213_233624.jpg


あらすじ:
中学生になったばかりのまい(高橋真悠)は
登校拒否になり、大好きなおばあちゃん(サチ・パーカー)の
住む田舎で過ごすことになる。
日本に長年住むイギリス人のおばあちゃんは、
西の魔女と呼ばれていた。
まいはおばあちゃんから魔女の手ほどきを受け、
何でも自分で決めるということを教わる。
(シネマトゥデイ)

この映画、キャスティングが見事だなと感心しました。
僕としては原作のイメージ通りでした。
というか先に予告編を見たので、そのイメージで本を
読んだからかもしれませんが、でも、いいキャスティング。

全編に流れるゆったりとした時間の流れ。
美しい自然の風景に癒されます。
おばあちゃんとまいの心の交流に、見ている人は
いつしか、自分と自分が大好きだった人とをダブらせる
のは?
おばあちゃんから教わる生活の知恵
自然と共存するその姿勢に、自然の上に人間が成り立って
いることを改めて気づかせてくれる。

c0033213_2405476.jpg


おばあちゃんの言葉、一つ一つに重みがあり、決して
中学生だけに聞かせる言葉ではなく、すべての世代に
通じる言葉ではないでしょうか?
行動も理にかなっているので、納得納得ですね。


「人は死んだらどうなるの?」まいの問いかけに、
おばあちゃんは、「すいませんが、わかりません。
私は死んだことがないので」と、おどけて答える。
でも、おばあちゃんの信じている答えがあるんですね。

おばちゃんと、きちんと仲直りできずに去っていく時、
車の中から後ろを見るまいの姿。
そして、車の後ろガラスにポツポツと、まいの涙のような
雨が降り出す。
やがて、おばあちゃんの顔も見えなくなっていく。

c0033213_234407.jpg


このシーンが、凄く切なくて悲しいんだけど、綺麗な映像で
胸にズュキューンときました。

何かこう立ち止まる時に、繰り返し見たくなる映画であります。


「おばあちゃん、大好き」
「アイ・ノウ(I know)」
[PR]
by fyamasan | 2008-07-02 02:40 | 邦画 | Comments(0)

写真展~インプロヴィゼーション

大学時代の友達から、嬉しいお便りを貰いました。

「写真展をやります」

おお~凄いなあ。
ということで、ちょっと宣伝しちゃいます

上山智也 第1回写真展
「インプロヴィゼーション」

期間 6月29日~7月13日

日曜日のみ、12:00~20:00
それ以外の日 18:30~21:00



場所は カフェ Ragtime(ラグタイム)

    神戸市須磨区飛松町3-2-1
    ヨコクラビル 2F 
 
最寄の駅は神戸市営地下鉄 「板宿駅」下車 徒歩2分
TEL  078-733-8707


3月生まれの一番年下なのに、皆から「パパ」と呼ばれていました。
いつもカメラ持って、色々と撮って貰いましたね。

第2回、3回と続くことを願っています。

頑張れ~、パパ・上山智也!
[PR]
by fyamasan | 2008-07-01 04:46 | その他 | Comments(0)


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧