Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

個人的には、「24」「ロスト」「CSI」などよりは
思い入れがないですが、映画化は気になっていました。
周りの女性がかなりはまっています。



映画「SATC~セックス&ザ・シティ」

c0033213_3384818.jpg


あらすじ:
今や作家として成功したキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)は、
ビッグ(クリス・ノース)との関係も順調な中、
25歳の若いルイーズ(ジェニファー・ハドソン)を助手として
雇うことに。一方、俳優の恋人スミス(ジェイソン・ルイス)と
ともにロサンゼルスに住むサマンサ(キム・キャトラル)は、
ニューヨークの暮らしを恋しく感じていた。
(シネマトゥデイ)

この映画を見て、非常に印象に残ったのが、
主人公である4人が使う、「ゴージャス(良いね)」という
セリフ。
服のセンスや何かをほめる時には必ず出てきた「ゴージャス」
字幕では、その時々で、訳が変わっていましたが。

こんな時にもこのセリフは使うんやねと、ちょっと勉強に
なりました


さて、映画ですが、ドラマをそんなに知らない男性の
僕でも楽しめたのだから、女性ならなおさらでしょうね。

いくつになっても(キャリーは40歳で)、女性には結婚と
いうものが特別なんだと、改めて感じました。

なかなか一筋縄ではいかない、キャリーとMrビッグの
恋愛模様。
夫婦の倦怠期に悩む、弁護士のアマンダ。
年下スミスとの生活に少しずつ違和感を感じ始めた、サマンサ。
唯一順調な家族愛に生きる、シャーロット。

c0033213_3392986.jpg


4人それぞれの人間模様があり、見ている女性は誰かに
自分を重ねるんでしょうね

傷つき、落ち込んだ時も、それぞれ仲間の4人が助けながら、
常に前向きに生きる4人の女性たち。

時間は2時間を越えますが、長さを感じさせないんですね。
コネタや小道具もあり、特に「偉人たちのラブレター」には
やられましたね。

早くも続編がありそうで、次回はロンドンが舞台になるとか?

セックス至上主義の、セレブなサマンサのスミスへの言葉、
「貴方も好きだけど、それ以上にやっぱり私は私が
好きなのよ。だから、貴方とこれから添える女性を探してね」
は、潔さが感じられますね。
しかもサマンサは50歳の設定なんで、すごい女性だと。

2時間半の「ゴージャス」な世界に皆さんも浸って下さいね
[PR]
by fyamasan | 2008-09-25 03:39 | 映画 | Comments(0)
映画「タイタス」、「フリーダ」で
知られる、女性監督ジュリー・テイモアが
全編ビートルズのミュージカル映画を作りました。

ビートルズファンとしては、見逃すわけには行きませんね

映画「アクロス・ザ・ユニバース」

c0033213_3273216.jpg


あらすじ:
イギリスのリバプールに暮らすジュード(ジム・スタージェス)は、
まだ見ぬ父を捜しにアメリカへ。
父の働くプリンストン大学へ出向いた彼は、そこで陽気な学生
マックス(ジョー・アンダーソン)と出会い、意気投合する。
さらに、ジュードはマックスの妹ルーシー
(エヴァン・レイチェル・ウッド)と知り合い、
恋に落ちるが……。
(シネマトゥデイ)


監督のジュリー・テイモアが「ビートルズの200曲以上の
中から、1960年代の雰囲気、映画のストーリーに合う曲を
33曲選んだ」というだけあって、なかなか面白い、セレクション。
どの曲で始まり、どの曲で終わるかは言いたいですが、
今日は言いますまい
映画館でぜひとも見て欲しい映画ですね。

ラブストーリーですが、ファンタジーも多く入り、
ビートルズ好きにはもちろん、60年代の音楽好きには、
たまらない映画となっていますよ。

c0033213_3275845.jpg


ジャニス・ジョプリンをモデルにした
セディや、ジミ・ヘンを感じさせるジョジョ。

なんたって、U2のボノも出てきますからね。
ボノと言えば、U2を追ったドキュメンタリー映画
「U2/魂の叫び」で、冒頭で、ビートルズの
「ヘルター・スケルター」を歌うんですが、
この「アクロス~」でも歌ってくれてます。

最初は、「ええ、ロビン・ウイリアムス?」と
思いましたが、声を聞いたらボノでした

「フリーダ」のサルマ・ハエックもちらっと出てきます。
相変わらずセクシーでした

登場人物も、ルーシー、ジュード、ジョジョ、プルーデンス
など、曲にちなんだ名前ですし、その他にもトリビア的な
色々なものが隠されていますから、ビートルズファンには
大いなる楽しみが待っていますよ。

c0033213_3282792.jpg


実際には、ビートルズは「アップル・レコード」なんですが、
この映画では、「ストロベリー・レコード」となっています。
それも、名曲「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」
から来ているんですが、ここにもまた深い意味がありまして。

ひとつだけネタばれさせて欲しいのですが、映画「Let It Be」で
最後に、ビートルズがアップル・レコードがあるビルの屋上で
曲を歌うシーンがあるんですが、この映画でもありまして、
何曲か歌うんですが、その中で、ジュードが歌いだす
「愛こそはすべて~All you need is love」が最高によく、
一気に涙が出てきましたね。


いや~~~、ビートルズって素晴らしい
改めて、そう再認識しました。

上映終了近くになりましたので、急いで映画館まで


噂によると、ポール・マッカットニーのワールドツアーも
来年から始まるみたいですよ。

2002年のライブからはや6年。
もう一度、生のポールを、ビートルズを聴きたいですね
[PR]
by fyamasan | 2008-09-17 03:31 | 映画 | Comments(2)
「シティ・オブ・ゴッド」を見た時の衝撃は
忘れられない。

冒頭のファースト・シーンが、ラスト・シーンに
繋がり、色々な意味を持っていたのを。

まだ10代の、子供と呼べそうな男のたちが、
拳銃を手に、抗争を繰り広げていく。
なんとも無常なシーン。

ダンスパーティで大いにはしゃぐギャングたち。

手動で撮った、路地裏を這いずり回り、逃げ、
追いかけまわるシーン。

ブラジル・リオの現代の悲劇の話だが、
これがスピード感があって、不謹慎だが楽しめた。
めちゃめちゃエンターテイメントやん!

正確な続編ではありませんが、同じ血を引くような
シリーズ第2弾、
映画「シティ・オブ・メン」

c0033213_372699.jpg


あらすじ:
ファベーラで生まれ育ったアセロラ(ダグラス・シルヴァ)と
ラランジーニャ(ダルラン・キュンハ)は、幼いころから
一緒に育った大の親友同士。
しかし、ラランジーニャの長い間行方不明だった父親が
ファベーラに戻ってきたことから、父との生活を優先
したくなったラランジーニャと、彼に距離を置かれた
アセロラの関係が崩れ始める。
(シネマトゥデイ)


前作以上の衝撃は無し。
今作はより友情に光を当てている。

アセロラとラランジーニャの二人。
18歳になる二人には、共に父親はいない。

アセロラはすでに自身が父親となっているが、
父という存在が二人を近づけ、または遠ざけていく。

「シティ・オブ・ゴッド」は暴力と犯罪の連鎖を描き、
未来はないのか?と思わせるものでしたが、この映画では、
二人はギャングの抗争に巻き込まれはするが、常にギャングとは
一線を引いています。それがラストにもつながるのですが、
まだ先に、未来に希望が持てるんですよね。

c0033213_374858.jpg


「シティ・オブ・ゴッド」は現地に住む少年たちを
演技指導しながら撮ったというでけあって、かなりリアルな
映像が出てましたが、今回もそれは同じで、街の息遣いが
聞こえてきそうな感じでしたね。


息子にとって父親とはどんな存在なのか?
色々と考えされられる映画でしたね。

ただ、昼間とはいえ、映画館はほぼガラガラ状態。
もう少し見て欲しいですね。

DVDで「シティ・オブ・ゴッド」と
TVシリーズの「シティ・オブ・ゴッド」出ていますので、
またチェックしてくださいね

c0033213_38834.jpg

[PR]
by fyamasan | 2008-09-11 03:08 | 映画 | Comments(0)
「映画を見よう強化月間」
その2本目。

予告編も「のほほん」と「まったり」していました。

映画「ジャージの二人」


c0033213_6046.jpg


あらすじ:
仕事を辞めたばかりの息子(堺雅人)が、グラビアカメラマンの父親(鮎川誠)に
誘われ避暑地の山荘へやってくる。息子は妻の不倫、父は離婚の危機と互いに
問題を抱えながらも、 2人は亡き祖母が集めてきた古着のジャージを着て、
夏休みをのんびりと過ごす。翌年の夏、2人は猛暑の東京から逃れるように
山荘へ向かうが……。(シネマトゥデイ)


全体に流れるゆったりとした時間。
癒される避暑地の映像。
どこなく「クスッ」と笑える会話。

父親役の鮎川誠さん。
評判通りの不可思議な演技。
独特の雰囲気があるので、意外にはまってますね。

なんとも優柔不断で、何をしたいんや?と
突っ込みをいれたくもなりますが、弱いようで強い、
こちらも不可思議な息子を演じる、堺雅人さん。

c0033213_615751.jpg


特に浮気をしている妻に対する態度は、妻役の水野美紀の
「寛大だけど、やはり許せない、その相反した貴方の気持ちは
よく分かる」のセリフの通りでした。


ダンカンをはじめ、個性的な人出てきますが、
この人が一番良かったのでは?
避暑地の二人が住む家の近くに住む、高山さん(大楠道代)

誘われても絶対に家に入らないし、いつのまにかいなくなっている。
いつも鈴を鳴らしているし、父(鮎川誠)からは、
「あの人は絶対に魔女だよ」といわれる、不思議な人。

c0033213_6153181.jpg


「西の魔女が死んだ」のような癒される自然の景色に堪能し、
ちょっとしたスローライフを味わえる。

ただ、「ちょっと物足りないよ」と思う人もいるはずなんで、
評価は分かれるのでは?


久しぶりに小・中学の頃のジャージを着たくなりましたね。


ちなみに「和小」は何小学校と読むでしょうか?
映画の最後に分かりますよ
[PR]
by fyamasan | 2008-09-04 06:16 | 邦画 | Comments(0)
9月になりました。
個人的には8月は映画をあまり見れませんでしたので、
今月は「映画を見る強化月間」としまして、いつも以上に
映画を見るぞ~~~と張り切っています。

そして、今月の1本目はこちら、

映画「敵こそ、わが友 ~戦犯クラウス・バルビーの三つの人生~」

予告編を見た時から、気になっていました。


c0033213_2312514.jpg


あらすじ・
1913年にドイツに生まれたバルビーは、ナチスの台頭と共に親衛隊の
メンバーになる。フランスではゲシュタポの責任者として数多くのユダヤ人や
レジスタンスを逮捕、拷問、収容所送りにした。
戦後、ドイツに逃亡していたバルビーは、アメリカの情報部にスカウトされ、
反共活動の工作員として活躍。しかしフランスに身柄引き渡しを要求された事から、
バルビーはボリビアへ亡命。
名を変えて暮らすが、そこでもクーデターに関わり…。


いやいや、「事実は小説より、奇なり」といいますが、
こんな事実はあるんですね。

戦犯として裁かれるはずの人間が、戦勝国の意図により
生き延び、利用価値がある時は、優遇され、無くなれば、捨てられる。


自己願望欲が強いバルビーは、戦争という狂気の中で、
その願望をナチス・ドイツに入ることで、成し遂げていく。

アメリカ政府に見込まれるぐらいですし、亡命先のボリビアでも
重宝されますから、工作員としての価値、組織つくりなど、その分野で
そうとう長けた人だったのでしょう。


ボリビアでチェ・ゲバラ殺害にも加わっていますから、彼からしたら
ゲバラなど赤子のように簡単に捕まえられたんでしょうね。

対共産主義には、今まで敵対していたナチスの残党を使い、
または、イスラム原理主義者を使いと、自分の国のためなら
何でも利用する、大国の論理には寒気を覚えます。
この事実は重いし、非常にやるせないですね。

戦争後の日本でも、統治には利用出来るから、昭和天皇への
戦争責任を回避させたりと、本当、大国の理念とはなんなのかと。

「リヨンの虐殺者」のバルビーが最後はリヨンで死んだことには
なにがしらの因縁を感じました。

背けたい映画ですが、見るべき映画だと思います。
[PR]
by fyamasan | 2008-09-03 02:33 | ドキュメンタリー | Comments(0)
なかなか映画が見れない日々が続いていますが、
この映画だけは見逃したくなかったです
(ホントかよ?)

何とか最終日に間に合いました。

映画「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」

サミットはとっくに終わっちゃいましたが

また福田総理の辞任にもびっくりですが

c0033213_70561.jpg



あらすじ:
世界の首脳が集まるG8サミットの真っ最中、
中国の宇宙船が墜落、宇宙怪獣ギララが出現する。
サミットは急きょ「G8大怪獣ギララ対策本部」に変更され、
日本を先陣に各国がこぞってミサイル攻撃を仕掛ける。
スクープを狙う記者の隅田川(加藤夏希)らは、
湖畔の村に伝わる伝説のタケ魔人(ビートたけし)を
よみがえらせようとする。(シネマトゥデイ)


おバカなB級映画でありますが、愛すべきです。
時事ネタ、政治ネタもあり、意外な人物の登場もあり、
色々な意味で楽しませてくれましたね

加藤夏希の体を張った演技も良いですし、ビートたけしは
どこで出て来るんだろうと思ってましたが、タケ魔人とは
「おれたちひょうきん族」のタケちゃんマンを思い出しましたね
タケ魔人を呼び起こす「踊り」があるんですが、これがまた
傑作でした。
ぜひとも、この踊りをマスターしたいと、皆さん思いになるのでは?

c0033213_703173.jpg


ただ、水野晴郎さんの映像は痛々しかったです。
元気な時の朗らかな顔を知っているだけに、辛いです。

こういうおバカ映画が年に2,3本あると、邦画も
かなり活気があるなあと思いますので、ドンドン作って
欲しいですね。
人気TVドラマの映画化はもう少々うんざり気味です

おバカな映画、次は「赤んぼ少女」かな?

感想をお待ち下さいね

c0033213_754983.jpg


浅野温子の顔が怖い
[PR]
by fyamasan | 2008-09-02 07:06 | 邦画 | Comments(0)