Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

14日のことになりますが、映画「ランナウェイ with エンジェル」の
二日目の撮影、無事に終了しました。

今回は、天使になったエンジェル(No1ホステスの源氏名)が、
町の人に追いかけられるというシーンを撮るのが、メインでした。

c0033213_11222.jpg


そのために、色々な人に声をかけ、紹介してもらい、エキストラの
方々に集まってもらいました。
身内も含めて50人ほどの人に集まってもらい、大変感激、感謝です。

中崎町駅の一番・出口に集合してもらいましたが、もう10分前には
長蛇の列が。
この光景を僕は本当に感激、感動しました。
「こんなにも集まってもらえたんだ」と。

公園から追いかけシーンが始まりました。
やはりこの人数だと、迫力が違います。
かなりイメージしていた映像が撮れました。

子供さんも多かったので、結構現場はかなりワイワイと
しておりました。
近くの小学生も駆けつけてくれました。

c0033213_112298.jpg


スタッフも入れると60人ぐらいの人数なんで、中崎町を移動
する時は、道行く人はかなり注目しておられました。

2時間で終えるところが、だいだい3時間近くになり、暗くなる
直前までギリギリ撮影をしました。

この場を借りて、集まって下さった皆さんには
もう感謝の言葉しかないです。
本当にありがとうございました。

映画のスタッフの皆さんもありがとうございました。
撮影はあと、もう一日ありますが、宜しくお願いします。

編集は大変ですが、楽しみでもありますね。


エンジェルと美人府警さんに囲まれて幸せそうな
やまさん13号であります

c0033213_1113170.jpg


役得ですね
[PR]
by fyamasan | 2008-12-16 11:11 | 映画制作 | Comments(2)

saw5~ついに完結か?

比較的よく見るのがホラー映画。
B級ぽいっのも好きですが、ストーリーや
ドラマ性がしっかりしているのが、やはり好き。

ホラー映画のヒットはなかなか難しいですが、
普段ホラーを見ない人が見に来ないとダメですよね。
口コミと奇抜な謎解きがホラー映画ファン以外にも
広まり、スマッシュヒットした映画「saw」

毎年、11月のハロウィンの時期に公開されるように
なってもう5年目ですかね。
謎解きよりも残虐性が重視され、だんだんとコアな
ホラーファンにしか支持されなくなった感がありますが、
僕はこのシリーズ、最後まで見ますよ

映画「saw5」

c0033213_5354376.jpg


あらすじ・

ジグソウの遺体と対面し、ゲームへの強制参加を知った
FBI捜査官ストラムは奇跡的にトラップを逃れる。
ところが、満身創痍の自分に比べ、同じく生還した
ホフマン刑事は無傷で、しかも連続殺人事件解決の
手柄を独り占めにしていた。
一方、ジグソウことジョンの元妻ジルは弁護士から
手渡された遺品の木箱を開けて驚愕する。
そして、密室に監禁され、首輪で繋がれた5人の男女に
新たなゲームの開始が告げられるのだった…。
(gooより)

c0033213_5361761.jpg


もう恒例となったのか、オープニングのえげつない
拷問?シーン。
今回も痛々しかったです
そして、ストーリーと並行して始まる「死のゲーム」
今回は5人の男女。
共通しているのは、家庭環境やお金に恵まれていたこと。
彼らはゲームから無事に脱出出来るのか?

FBI捜査官ストラムとホフマン刑事のジグソウを
めぐっての確執も始まり、新たな事件が起こる。

c0033213_5364495.jpg


時間軸とジグソウの後継者の話が入り組んで、
なかなか楽しめたのですが、これでは消化不良に。
詳しくは書きませんが、シリーズのファンはどう見たのかな?
[PR]
by fyamasan | 2008-12-11 05:37 | ホラー映画 | Comments(1)
久々に「映画製作」の話になります。

企画からもう4、5ヶ月ほど経ちましたが、ようやく
撮影開始となりました。

c0033213_62142.jpg


12月7日、「ランナウェイ with エンジェル」の
撮影、1日目でした。

少し前から急激に寒くなり、当日は天気がどうなるのか?
かなり心配してましたが、快晴でホッとしました。

撮影は12時前とかなりおしましたが、順調に進み、
11シーンと予定通りに撮り終えました。

快晴といってもやはり冬、かなり寒かったです
最後まで薄着で頑張ってくれた、二階堂マリアさん、
宮本果実さん、本当にお疲れ様でした。

カメラマンの小堂さん、記録係りの尾崎さん、
白澤さんを始め、手伝いに来てくれた宮崎さん、上野くん、
女性二人、本当にありがとうございました。

絵コンテで考えていたものと、実際の撮影で
撮れるシーンが若干違う感じになったり(良い意味で)と、
新たに考えたシーンを入れたりと、なかなか充実した
時間を過ごせました。

中崎町界隈で撮影ですが、やはりカメラや天使がいると
珍しいのか、じっと見たり、振り返る人など、多くの人が
興味をもってくれたように感じました。

c0033213_62365.jpg


多くの人に支えられてとりあえず、撮影1日目が終わりですが、
また来週にもありますので、宜しくお願いします。


告知

この度、自主映画を製作することになりました、監督の
山口文秀といいます。
撮影を手伝ってくれる方や映画に出れる方
(走ったりと、チョイ役な感じですが)、
協力してくださる方を募集しています。
(「リアル鬼ごっこ」よりリアルに走ってもらいたいです)
撮影当日で構いませんので、宜しければご参加をお願いします。

撮影日・12月14日、

朝の11時から夕方の5時ぐらいまでです。
場所は梅田の中崎町周辺です。

主題・ 走る
時間・10分
スタッフ・監督・脚本・編集 山口文秀

     撮影・小堂真宏

キャスト・ある男・白澤康宏
    天使・二階堂マリア
    エンジェル(ホステス・源氏名)・宮本果実
    彼氏・上野倫慎 など

詳細は mixiで山さん13号を検索してください。
連絡先は fyamasan2000@yahoo.co.jp
cinema-café-yamasan@ezweb.ne.jp


どうぞ、宜しくお願いします。
[PR]
by fyamasan | 2008-12-09 06:02 | 映画制作 | Comments(0)