<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと
いまだ犬やペット類を飼ったことがない、山さん13号で
ありますが、犬はいつか飼いたいという気持ちはありました。
そして、この映画見たら、飼いたくて飼いたくて仕方なりませんね。

犬好き、犬飼っている人にはたまらない映画ですね。

愛すべきおバカな犬、マーリーと家族の日々を描く、
映画「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」


c0033213_4265941.jpg


あらすじ:
ジャーナリストとして働く新婚夫婦のジョン
(オーウェン・ウィルソン)とジェニー(ジェニファー・アニストン)は、子どもを
持つ自信をつけるため、犬を飼うことを決意。
しかし、やって来たラブラドール・レトリバーのマーリーは、
手に負えないほどやんちゃで、何でもかんでも食べたがる
おバカな犬だった……!
(シネマトゥデイ)


笑って、笑って最後に泣かせるコメディの王道であります。
なんかずうっと見ていたい映画でした。

おバカな犬、マーリー君のドタバタぶりに笑い、
そのため、色々なトラブルに巻き込まれるジョンと
ジェニー夫妻のあわてぶりに笑い、さらにおバカなことを
するマーリー君にまた笑う。

その合間に男の夢の話や夫婦、家族について、色々な
エピソードが散りばめられ、映画に引き込まれていきましたね。

c0033213_4282953.jpg


男として僕はジョンとその友人との関係が特に印象に
残りました。
有名な記者になること、世界的なスクープを書く
という夢を持っていたジョンでしたが、記事を書くのでは
なくコラムを担当したり、友人が世界を飛び回る活躍をしだし、
憧れのNYタイムズで働くことになったりと、家族を持ち、夢から
遠のいてしまっている自分との比較を描く辺りはグッときました。

どちらの人生が幸せだったのかな?

おバカなマーリーが居て、愛する妻がいて、子供が居る。
全てが順調がないけど、いつも笑いあえる家族がいた。
ジョンはそんな幸せに気づいたのでしょうかね?

ジョンが書くコラムが夫婦を結びつける絆になっていたり、
ほんと、色々な小道具が泣かせてくれますね。


c0033213_4293178.jpg


単なる動物が出ているコメディでないところが凄いです。
リチャード・ギア主演の「Hachi」より泣けるはず。

ああ~、犬、飼いたい~


DVD発売はまだ未定ですが、夏ごろかな?
これはDVD買いたいなあ!
[PR]
by fyamasan | 2009-06-30 04:20 | 映画 | Comments(0)
映画「レスラー」~ミッキーローク、ここにあり!
突然のマイケルの訃報にびっくりです。
この前の三沢光晴といい、まだまだこれからという方の
訃報には、なんとも言葉が出ません。

さて、この人もマイケルのような、成功と挫折を味わった
人ではないでしょうか?

ミッキー・ローク。

80年代、彼が出ているだけで、女性が見に行くと
いうぐらい、人気がありました。
映画とは関係のない、ボクシングの試合さえ、女性で
満員になりましたからね。

ところが、90年代中頃でしょか?
ほとんと、彼の名前を聞くこともなく、映画に出ているのか?
たまにB級映画にちらっと名前が出ている位で、第1線から
消えていた俳優だった。

そして、ロドリゲス監督の「Sin City」で、変わり果てた
彼を見た時はびっくりしました。

セクシーで細いけど、筋肉質の体。

自身のキャリアと被るように主人公を演じた
映画「レスラー」

果たして、どんなミッキー・ロークが?

c0033213_424648.jpg


あらすじ:
かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、
ランディ(ミッキー・ローク)。
ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、
レスラー生命を絶たれてしまう。
家族とはうまくいかずストリッパーのキャシディ
(マリサ・トメイ)にも振られ、孤独に打ちひしがれる中で、
ランディは再びリングに上がる決意をする。
(シネマトゥデイ)


プロレスファンにはたまらない映画であります。
でも、切な過ぎる。

この映画、ランディの後ろ姿を撮った映像がやたらと
多いんですよね。
背中からにじみ出た哀愁が、この男がどんな人生を味わって
きたのかを、思い出させます。

過去の栄光だけでは生活出来なくて、平日はスーパーで
パートしながら、週末は場末のリングで戦う男。

c0033213_4243473.jpg


気休めがストリップバーに行くことぐらいでしょうか?
疎遠の娘とも、仲が修復しない。

体がもうストップと言い、キャシディや娘ともうまくいかない、
それでも、リングに立つしか出来ない、不器用な男。

これこそ、まさに「アイ・アム・ア・プロレスラー
じゃないでしょうかね?

ミッキー・ロークの人生とだぶるところがあるので、
本当に、映画を見ていて、切なく、でも絶望ではなく、
小さな希望は、灯りはまだある。
そんな感じを受けました。

あと、プロレスの内幕やスーパーで働くオチャメな
ミッキーも見れますよ。

c0033213_4251919.jpg


そして、ミッキーと同じく人生を感じさせてくるのが、
キャシディを演じるマリサ・トメイ。

彼女も素晴らしい!


ミッキー・ロークの映画に「ホームボーイ」というものが
あります。
ミッキー人気の絶頂の頃に作られた、ミッキーによる、
ミッキーファンの為の映画であります。

ボクサーになれなかったミッキーが、映画でボクサーを
続けるか、愛する人と生きていくのか、そんな選択に
悩む話でしたが、いかんせん、何ともうすっぺらい映画です。

カッコよく見せたい、そんな思いが伝わり、それがミッキー
ファンには良いんでしょうがね。

この落ちぶれた、でも毎日を必死で生きている「レスラー」の
ミッキーには叶うはずもないんですよね。

興味がある方は見比べて下さいね。
クリストファー・ウォーケン共演で、エリック・クラプトンが
音楽を担当しています。


現在のプロレス界を象徴するように、ロートルのレスラーの
サイン会の寂しい映像には、涙が出そうになりました。

やれ、「八百長だ!」「単なるショーでしょ」など言われながら、
自分の命を削り取り、戦うレスラーは、怪我しようが、
リングに立たなければならない。
ファンが待っているそのリングに立たなければならない。
そんな思いで三沢も最後となったリングに立っていたんでしょうね。

「レスラー」で唯一、ミッキーがマイクを持つ場面があるのですが、
このセリフが泣かせてくれます。
プロレス、好きで良かったと思わせてくれる場面です。
[PR]
by fyamasan | 2009-06-29 04:25 | スポーツ | Comments(2)
ターミネーター4~I'll Be Back!
ようやく話題の「ターミネーター4」を
見てきました。

平日の昼間でしたが、意外と女性客が多かったですね。
「T3」ではちょっと尻すぼみだったので、期待を持って
見てまいりました。

新たなる3部作の第1章が始まる。


c0033213_5102381.jpg


あらすじ・

時は2018年。
核戦争で荒廃した世界は、人工知能搭載のスーパー
コンピューター“スカイネット”に支配されていた。
生き残った人々は抵抗軍を組織し、機械との最後の戦いに
備えていた。
部隊のリーダーであるジョン・コナーは、
“スカイネット”がやがて自分の父親となるカイル・
リースの命を狙っていると知り、彼を探し始める。
一方、ターミネーターがさまよう荒野をたくましく
生き抜く少年カイルは、核戦争のことも、今が何年か
さえもわからない屈強な男・マーカスと出会う。
(qooより)

ダ、ダッダ、ダダ~ン。
ダ、ダッダ、ダダ~ン。

おお、あの音楽が映画館に鳴り響くと、めちゃめちゃ
テンションが上がってくる。

舞台は2018年。
あと、9年後の世界。
審判の日、以降で、まだジョン・コナーは正式な
抵抗軍のリーダーではない。
自分に与えられた宿命に、とまどいつつも母コナーの
伝言テープを聴き、それを受け入れようとしている状態。

c0033213_5114688.jpg


クリスチャン・ベイル扮するジョン・コナーもカッコイイが、
本作では、マーカスが良い。
自分が人間かマシーンか分からない状態で放り出され、
やがて自分を作り変えた真実を知ったとき、マーカスは
ある決意をするのですが、これがまた、憎いなあ。

元PRIDE統括本部長の高田延彦がいれば、
「マーカス、お前、男だよ」と言ってくれるはず。

男前なマーカスの活躍をぜひとも見てやってください。

また、新しいマシーンがまた、カッコイイのだ。
とくにモトターミネーターというバイクのターミネーター。
これ、「バットマン」のバットモービルぐらい、ぐっと来た。

ジョン・コナーが乗りこなすシーンがあるのですが、
これ見たら、男なら乗りたいなあと思うはず。

c0033213_5123566.jpg


「ターミネーター」シリーズ。
どんどんストーリーが複雑になり、それはそれで楽しみ
なんですが、僕的には、「ターミネーター1」での
未来からきた殺人マシーンが執拗に追いかけてくる。
どこまで、追いかけてくるんだ~と、かなりハラハラドキドキ
しながら見ていたあのドキドキ感がもっと欲しいなあと
思うんですよね。

中学の時に見て、見終わった後、ヘトヘトになりましたもんね。
「こいつ、どこまで追いかけてくるんや」

でも楽しかったなあ。
単純に楽しめた。
映画の原点のように思えました。

さてさて、本作ではシュワちゃんは出てくるのでしょうかね?

映画館でお確かめくださいね。

「I'll be back」のセリフは聞けますよ!
[PR]
by fyamasan | 2009-06-28 05:13 | 映画 | Comments(2)
いけちゃんとぼく~大事な何かを

絶対泣ける本ー堂々の第1位の「いけちゃんとぼく」の
完全映画化ということで、見に行きました。
久しぶりに満員の映画館を経験しましたね。

映画「いけちゃんとぼく」

c0033213_3255675.jpg


あらすじ:
いつのころからか、いつも一緒に過ごしているよしお
(深澤嵐)と謎の生き物いけちゃん。
山登りや虫取り、友だちとケンカしたりするとき以外にも、
熱が出たときには看病したりと、いけちゃんはいつも
よしおのそばに寄り添い彼を見守っていた。
やがて、よしおが成長して少年時代が終わろうとするころ、
いけちゃんの姿が見えなくなってしまい……。
(シネマトゥデイ)


映画を見ていて、自分の子供の頃を思い出し、
「自分にはいけちゃんがいたのかなあ?」と
ふと考えた。

子供も見に来ていましたし、女性も多かったです。
でも、これは30代以上の男が一番、グッと来るんじゃ
ないでしょうかね?

何とも不思議な映画。
映画と呼べるのか?
そんな思いもしながら見てました。
主人公のエピソードも、「まあ、あるある」と思いつつ、
いったい、いけちゃんって、何者なんだ?

ラスト近くに、
・いけちゃんの正体、
・なぜいるのか? など
色々と分かってきます。

c0033213_326309.jpg


分かったとたんにジーンときちゃいましたね。


愛の奇跡と申しましょうかね。
これ以上は言いますまい
映画館でお確かめくだされ。


脇を固める、ともさかりえ、モト冬樹が良いですね。
ナイナイの岡村も出てますよ。

いけちゃんの声を担当するのが、蒼井優。
声優やらしても上手いですね、彼女は。
流石です!


子供時代の何かを探せるかもしれませんよ
[PR]
by fyamasan | 2009-06-27 03:26 | 邦画 | Comments(0)
追悼、三沢光晴~エメラルド・グリーンよ、永遠に
まさか、まさかのニュースが飛びこんできた。

プロレス団体、「ノア」のエース、三沢光晴が
試合中に頭を強く打って、死亡したというのだ。

詳細こちら↓↓↓

13日午後8時半ごろ、広島市中区基町の広島県立
総合体育館であったプロレスリング・ノア広島大会で、
試合中にノア社長でプロレスラーの三沢光晴さん(46)が
倒れ、心肺停止状態で広島大学病院に救急搬送された。
県警広島中央署によると、同10時10分に死亡が確認された。
同署は主催団体や対戦相手などから事情を聴いている。


c0033213_4334896.jpg


今、プロレスは氷河期で、良いニュースが少ないだけに、
またこの事故でプロレス界にはマイナスが発生する。

橋本真也が亡くなった時も、これからという時だっただけに、
三沢がいないプロレス界がどうも想像出来ない。


僕は新日、ストロングスタイルで育ったプロレスファン
なので、それほど全日、ノアには思いいれがないです。
が、全日本プロレス時代の四天王、ノアでの強烈な妥協を許さない、
あの熱いファイトは今でも忘れられません。

今のタイミングでの死亡はプロレスファンには
重すぎる現実だ。

こころより、ご冥福をお祈りしたい!


さらば、三沢光晴!
二代目タイガーマスクは不本意だったと思うが、
あなたの激しい戦いは多くのプロレスファンを魅了した。


エメラルド・グリーンよ、永遠に!
[PR]
by fyamasan | 2009-06-18 04:33 | スポーツ | Comments(2)
スタートレック~新たなる旅へ
先日見た「お買いもの中毒な私」は僕の好きな
海外TVドラマ「CSI」シリーズの製作総指揮をつとめる
ジェリー・ブラッカイマーでした。
が、今回の「スター・トレック」は、これまた僕の好きな
「LOST」の製作総指揮をつとめる、J・J・エイブラムス。

どんな「スタートレック」の世界が待ち受けるのか?

「LOST」ファン、必見か?

映画「スタートレック」

c0033213_881371.jpg


あらすじ:
ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)が宇宙艦隊に
入隊して3年。USSエンタープライズに乗ることに成功した
カークだったが、船内のトラブルメーカーになってしまう。
それが気に入らないスポック(ザカリー・クイント)は、
カークを船から追い出そうとするが……。
(シネマトゥデイ)

僕はそれほど「スタートレック」のことを知りません
ので、どれくらい楽しめるのかなあ、のような気持ちで
見に行きました。


内容的にはこれまでのシリーズの続編ではなく、若き日の
カーンやスポックを描いているので、これは「エピソード0」、
または「ビギンズ」のようなものですね。


c0033213_895920.jpg


でも、やはり面白いですね。
大スクリーンで展開される宇宙での戦闘シーンには、
めちゃめちゃ興奮しましたし、カーンとスポックの
ガチな喧嘩など、もある、ある種の青春ストーリーの
話にも、「ええなあ~」と、素直に感動しておりました。

時間軸がちょっとややこしく感じましたが、宇宙空間での
スペース・オペラは「スターウォーズ」以上に、興奮状態でした。

そうそう、今、私、やまさん13号、シナリオの勉強も
しているのですが、最近、そうなのかと、納得したことがあります。
この「スタートレック」でもそうなのですが、ハラハラドキドキの
展開にとても興奮しました。
実はこれ、映画の中の登場人物がハラハラドキドキしているから、
見ているこちらもハラハラドキドキするのでは、ないんですね。

見ているこちらが、ハラハラドキドキしているから、登場人物が
ハラハラドキドキしているように見えるんですね。

シナリオの本に書いてありました。
「なるほど」と思いました。

ハラハラドキドキするということは、そんだけ、映画に
夢中になっている、シナリオのペースにまんまと乗せられて
いるということなんですが

先日、「エイリアン・エピソード0」的な新作発表が
されましたが、この「スター・トレック」も新たな
シリーズ化へと行きそうですね。
というか、続き見たくなりますもん!

次回はどんなハラハラドキドキが待っているのか?
楽しみだ~

謎が謎を呼ぶ、「LOST」のような展開はないですが、
「LOST」ファンも十分に楽しめる内容となっておりますよ!
[PR]
by fyamasan | 2009-06-15 08:05 | 映画 | Comments(1)
お買いもの中毒な私!~貴方は大丈夫?
ラブコメ大好きなやまさん13号にとって、
この映画は予告編を見た時から、ありな映画でした。

たくさんクレジットカードを持っている人は、
主人公、レベッカの気持ちが痛いほど、分かるのでは?

映画「お買い物中毒な私!」


c0033213_455872.jpg


あらすじ・

25歳のレベッカは、一流ファッション誌の記者になることを
夢見る普通の女の子。しかし、現実は地味な園芸雑誌の編集者。
レベッカは、毎日のストレスを大好きなお買いもので発散していた。
そして、月末になると請求書の山と支払い催促の電話に
悩まされるのだった。
こんな自分を変えたいと、一念発起したレベッカは
転職活動を開始。憧れのファッション誌に入るため、
同じ出版社のお堅い経済雑誌の編集者として
働き始めることに…。
(qooより)


とんとん拍子に進む展開に?を思いつつも、
お決まりのラブコメの王道に納得であります。

まあ、こんだけクレジットカードを使い、買い物しまくりの
主人公のレベッカは普通のOLではないんですが、憎めない
キャラで女性ならかなり共感を持ちつつ、見ていられるんでは、
ないでしょうかね?

c0033213_46506.jpg


恋のライバルが現れたり、上手く行きそうなところで、
思わぬ事件が起きたりと、色々な障害がレベッカを待ち受けて
いますが、そこはラブコメ、見事なハッピーエンドにまとめ
られています。

レベッカやカリスマファッション雑誌で働く女性が来ている
ファッションに女性なら大注目では?



あと、上質なラブコメには主役を引き立てる脇役がいます。
この映画でも、レベッカと同居している親友のスーズや
レベッカの両親(この両親が愛すべきキャラなんです)、
あと、レベッカが強制的に通わされる「買い物中毒から
立ち直る会?みたいなもの」に参加しているわけありな
人たちも最高な脇役たちですね


映画を見て、「私も買い物しすぎかな?」と
怖さを感じるのか、それとも、笑い飛ばせるのか?

みなさんはどちらでしょうか
[PR]
by fyamasan | 2009-06-10 04:07 | 映画 | Comments(0)
重力ピエロ~渡部篤郎が良い
人気作家、伊坂幸太郎の映画化、最新作。
なかなかの評判とあって、早速見てきました。

映画「重力ピエロ」

愛は重力を超えるのか?

c0033213_534424.jpg



あらすじ:
遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を
持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな
普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では、
謎の連続放火事件が発生していた。
泉水と春は事件に深く踏み込み、家族を巻き込みながら
次第に家族の過去にも近づいていくのだが……。
(シネマトゥデイ)


予告編でも流れていた「春が二階から落ちてきた」と
いう泉水のセリフがある冒頭のエピソードから、映画は
始まります。
この所々に出ているエピソードが、家族の過去を
描いているんですが、これがまた、ラストへ向けての
パズルを完成させるみたいで、なかなかな演出ですなあ。

最近、市内を騒がせている連続放火事件と現場の近くに
残された謎の落書き。

c0033213_54215.jpg


この事件と24年前にあった連続婦女暴行事件が意外な
展開で絡んでくるんですが、これは映画館でお確かめ
くださいね。

結末をしるとやるせなさと、悲しさが胸に響きます。
でも、それでも前に向って生きていくことを
高らかに謳っておりますね。

また、春が語る偉人の言葉がまた良いです。
ガンジーの「自分が世の中の変化になれるようになれ!」
だったかな?(こんな感じでしたが)、色々な教訓を
頂きました。


「俺たちは最強家族だ」

父のこの言葉の通りに、家族愛を強く描いたこの映画。
どのような過程があり、そうなったのか?
それは見てのお楽しみだ!



鈴木京香と共演、しかも夫婦役とは小日向文世さん、
羨ましいぞ!
[PR]
by fyamasan | 2009-06-08 05:04 | 邦画 | Comments(1)
  

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧