<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

南極料理人~エビフライ、食べたいなあ!

一度は訪れたいと思うも、住むのはね

ここは、最低気温マイナス80℃。ペンギンも、ウイルスすら
いない極寒の地・南極でございます。

一年間、ここで生活しなくてはならないなら、
皆さんはどうしますか?

果たして、住めば都か?

映画「南極料理人」

c0033213_505784.jpg


あらすじ:
西村(堺雅人)は南極の昭和基地からも遠く離れた
陸の孤島、南極ドームふじ基地に料理人として派遣される。
妻(西田尚美)と娘を置いての単身赴任生活で、彼は8人の
男性南極越冬隊員たちの胃袋を満たすという大役を任される。
基地では雪氷学者(生瀬勝久)をはじめ、雪氷サポート隊員
(高良健吾)らが彼の料理を心待ちにしており……。
シネマトゥデイ


全編、クスクス笑いが満載で、寒い地域の話なのに、
ポカポカと暖かい気分にさせてくれます。

南極といえば昭和基地が有名ですが、それよりさらに内地に
入り、あまりの寒さにペンギンやアザラシもいないという、
南極ドームふじ基地。

料理を食べているシーンか、遊んだり、ふざけているシーンが
多いですが、それだけ、そうじゃない時の時間の過ごし方、
流れはかなりきついだろうなあと思わせてくれます。

c0033213_514079.jpg


時折、家族や恋人への思慕のシーンが出てきますが、
男だけの8人で、こんなところに閉じ込められたら、
本当、どうにかなりそうです。

まあ、僻地の密室なんで、ホラー映画の舞台にはピッタリですが。

料理人を演じる堺雅人をはじめ、くせのある、共演者ぞろいと
なります。
インパクト大ですね。
生瀬勝久や高良健吾、きたろう、豊原功補など。
でも、堺雅人の娘を演じた小野花梨ちゃんが一番良かったかも。
生意気なんだけど、憎めない女の子でした。

これ、舞台で見ても面白いでしょうね。

c0033213_521032.jpg


寒さゆえに、100度で沸騰せず、80度で沸騰するため、
インスタントラーメンが芯まで湯がけないというエピソード
や普段の目にする普通の食事がいかに貴重で大切なものかを、
もの凄く実感してしまいますね。

面白エピソード満載なんで、映画館でお確かめあれ~
伊勢えびのエビフライはすごいぞ~


どこで撮影したのか?
まさか南極?
そんなことはないですね。
北海道は網走での撮影らしいです。

監督が弱冠31歳の沖田修一。
こちら商業映画デビューとなるそうです。


僕も早く商業映画デビューとなりたいものですが
[PR]
by fyamasan | 2009-09-30 05:01 | 邦画 | Comments(2)

ミッドナイト・ラン~泣けるぜ、友情

前回に引き続き、TSUTAYAキャンペーン。
その2は デ・ニーロが一番のお気に入りのキャラである、
賞金稼ぎを 演じた、映画「ミッドナイト・ラン」

これ確か、僕が高校生の頃なんで、かなり前になりますね。
大阪では今はもう無い東映パラスでお正月映画でした。

笑いあり、涙ありで、こちらはアクション・コメディで
しょうかね?

改めて。

映画「ミッドナイト・ラン」

c0033213_413122.jpg


あらすじ・

シカゴ警察を退職しロスでバウンティ・ハンターをしている
ジャック・ウォルシュ(ロバート・デ・ニーロ)は、保釈金融会社
社長エディ(ジョー・パントリアーノ)の依頼でギャングの
ジミー・セラノ(デニス・ファリナ)の金を横領した経理係の
ジョナサン・マデューカス(チャールズ・グローディン)の
行方を追いかける。
そんな彼を、セラノを追う重要な証人であるマデューカスは
渡せないとFBI捜査官モーズリ(ヤフェット・コットー)は
妨害するが、車の中で彼の身分証を盗んだウォルシュは
それを偽造しニューヨークヘ飛び、モーズリの名をかたり
何なくマデューカスを逮捕するが、それによりウォルシュは
以後FBIとセラノ一味から追われることになる。
さて、無事にジャックはジョンさんをロスまで連れて行くことが
出来るでしょうか?


いやいや、改めて見ても、この映画、最高に面白い!
難なくジョナサンを捕まえるも、こいつをロスまで連れて
行かなくてはならない。
ここからドラマが始まっていく。

FBIやマフィアが絡み、、また、同じ賞金稼ぎも出てきたりと、
ストーリーの幅の広がりがすごい。
コネタも多く、飛行恐怖症のジョナサンが実は、、、とか。
離婚したジャックが金欠で元妻の家に寄り、9年ぶりに会う娘から
貰うものは、、、とか、じ~~んと涙が出てしまう。
逃避行?を続けるうちに次第に友情を深めていく、ジャックと
ジョナサン。
ラストは本当に泣けますね。

こういう映画、見たいんですよね。
ハリウッドもこういう映画、もっと作って欲しいですね。


残念ながら特典映像はなし。
もう少し高い版だと何かついているんでしょうかね?
また、探したいなあ。

デ・ニーロ、若かったです。



100円レンタル、ありがとうございます
[PR]
by fyamasan | 2009-09-16 04:13 | 映画 | Comments(4)

クレーマー、クレーマー~役者魂を見た

現在TSUTAYAが100円で映画が見れるキャンペーンを
しています。

もちろんの名作から色々ありますが、僕はふと
この映画がもう一度、見たくなりました。

こちらもお馴染みの名作「クレイマー、クレイマー」です。

ダスティン・ホフマンがオスカーを取り、子役の男の子が
可愛らしかった。
「卒業」は何度か見直したんですが、この映画は全然見直して
いませんでした。

改めて。

c0033213_2241543.jpg


あらすじ・


仕事第一の男テッド(ダスティン・ホフマン)がある夜遅く
帰宅すると、荷物をまとめた妻ジョアンナ(メリル・ストリープ)
が彼を待ち受けていた。
「誰かの娘や妻ではない自分自身を見つけたい」と言い残し、
彼女は去って行った。
息子とニ人残されたテッドは、失意のなか家事に奮闘。
数々の失敗やケンカを乗り越えて父と子の間に深い絆が
生まれた頃、息子の養育権を主張するジョアンナが
テッドのもとをを訪れた…。
(Amazon )


この映画が作られたのが、1979年。
70年代から大きな運動となるウーマンリブである
女性の社会進出が大きなテーマとなっていた時代。

話はすごくシンプル。
今見ても、家族、夫婦のあり方、色々と考えさせられる。

家族は大事。
でも、「自分とは?」を考えると、このままで良いのか?と
考えてしまう。

c0033213_2244366.jpg


その折り合いの付け方が、ジョアンナには難しかった。
妻はずっと自分の元にいると思っていたテッドには、
「え?」な話であります。

男女のすれ違い、夫婦のすれ違い。
修正出来るか?
出来ないのか?

それはお互いがどうしていくかにかかっていくわけですが、
考えると、今でもこの手の話はいくらでもあります。
まさに不変な男女の価値観の違い、溝を描いているんでしょうね。

また、共通の友人の存在も大きいですね。

c0033213_2251817.jpg


特典では当時の様子を振り返るものがあり、ダスティンの
インタビューが印象に残りました。

実際の撮影の時には彼はまさに離婚協議中で、映画で演じた
役を、実生活でもしていたわけで、演技している時じゃ
ないだろうと、本当は断ろうとしていたと。

同じくメリル・ストリープもジョン・カザールとの別れもあり、
精神的、肉体的にもかなり落ち込んでいた時だったのでは?

親が死んだ日もお客さんを笑わさなくてはいけないのが、
芸人であるように、同じ状態の人を演じなくてはいけないのが、
役者であります。

ここに、二人の役者の役者魂を見れたわけですね。
封印したいものを振り切って演じたものが、見事、
花を咲かせました。


本当、100円で見るのが申し訳ないですが、
ありがとう、TSUTAYAさん!


ダスティンもメリルも若いわあ
[PR]
by fyamasan | 2009-09-15 02:25 | 映画 | Comments(0)

グッド・バッド・ウィアード~ソン・ガンホ、最高!

韓国映画の西部劇。
予告編を見た時から気になってました。

ソン・ガンホのコミカルな演技が最高でした。

映画「グッド・バッド・ウィアード」

c0033213_2445027.jpg


あらすじ・

混乱が続く1930年代の満州。
こそ泥のユン・テグ(ソン・ガンホ)は大陸横断鉄道に
強盗を仕掛け、日本軍人から謎の地図をせしめることに成功した。
だがその時、列車が別の何者かに襲撃を受ける。
襲撃したのはパク・チャンイ(イ・ビョンホン)の率いる
ギャングたちで、彼らは偶然テグが手にした日本軍の
宝の地図を狙って来たのだ。
さらにそこに列車に乗っていた賞金ハンターのパク・ドウォン
(チョン・ウソン)も参戦。
3人は宝の地図を巡って争奪戦を繰り広げ……。
(Qoo)

いや~、痛快、痛快でした。
2時間があっという間に終わりました。
アクションが少し長いかなあと思いましたが、
CGを使わずにしていると聞いて、生身のアクションの
凄さが堪能出来ました。

c0033213_2452733.jpg


イ・ビョンホン、チョン・ウソンがクールな役を演じている
ので、逆にソン・ガンホのコミカルぶりが際立ち、
一番オイシイところを持っていってますね。

僕的には、チョン・ウソンを久々にスクリーンで見て、
やはり男前やなあと、改めて思いました。
賞金ハンターという設定もぴったりでしたね。

宿場町というんでしょうか?
そこでのアクションが見ていて面白かったです。
ロープや竹などそこいらにある、小道具を使い、
それを武器にして戦っていく。

c0033213_246125.jpg


満州が舞台ということで、もちろん日本人も出てきます。
古田新太さんも出てましたね。

日本軍が隠したお宝は何だったのか?
そして、誰が手に入れるのか?

3人の意外な関係にも注目!


痛快韓国西部劇を堪能してください!
[PR]
by fyamasan | 2009-09-10 02:49 | 韓国映画 | Comments(0)

ココ・シャネル~凛とした女性

もうすぐオドレイ・トトゥ版の「ココ・シャネル」が
上映されますが、まずはシャーリー・マクレーン版の
「ココ・シャネル」を見てきました。

シャネルといえば、ハイヒールのももこが好きだったり、
女性に人気のブランドぐらいの知識しかなかったので、
シャネルがどんな人生を送ったのか?
興味を持ってみることが出来ました。

c0033213_2292294.jpg


あらすじ・
1954年、パリ。
空白の15年を経て、復帰コレクションを用意した
ココ・シャネルのオートクチュール店にはたくさんの評論家や
顧客が詰め掛けていた。
しかし、コレクションは不評に終わり、落胆するココと、
ビジネス・パートナーのマルク・ボウシエ。
ココは、孤児からお針子となり、デザイナーとしての
地位を築いた日々を回想する。
(QOO)

まずはシャーリー・マックレーンの存在感溢れる演技に
やられましたね。
一見すると我儘な発言かなと思われますが、彼女が歩いて
来た道を知る人は、それが彼女だからこそ言えることであって、
生きてきた中で出た言葉だと思うでしょう。

孤児院の出身ということから、父や母の愛に飢えていた
少女時代。
針仕事が得意ということで、お針子になり、服装、
ファッションへのセンスを垣間見せる。

c0033213_2295122.jpg


お金持ちの将校に見初められ、落ち着いた生活を得るが
それも長く続かない。
その中で見つけた帽子への取り組み。
やがて最愛の人となる英国人ボーイとの再会から、
帽子からファッション業界へ入っていく。

幾度の失敗からも彼女は立ち上がり、ココ・シャネル
ブランドを確立していくが、最愛の人とは、、、、。


悲しげな表情を時折見せるも、彼女は凛とした女性。

「人が成長するのは傷ついた時よ」
強い意志を見せることで、敵を多くは作りもしたが、
生涯彼女を支えた人もいる。
人をひきつける魅力もかなりあったんでしょうね。

波乱万丈な彼女の生涯は2時間弱では描けきれませんが、
入門編のような感じで見るのはどうでしょうか?

各時代のシャネルの作品が見れるのも興味深いです。
帽子からスタートしたのが意外でした。

もし彼女が自分の意志を貫くことなく、普通の女性として
妻として生きていたら、どんな人生を送っていたのかあ?

夢に生きること、愛に生きること、どちらが大事なんだろうか?
どちらが幸せなんだろうな?

ふと感じました。

シャネルを見る目が変わりますね。
[PR]
by fyamasan | 2009-09-10 02:30 | 映画 | Comments(0)

女の子ものがたり~なっちゃん!

先日見た、「そんな彼なら捨てちゃえば」は
ガールズ・トーク満載でしたが、こちらも
満載とは行きませんが、ガールズムービーの
王道を行ってましたね。

男ながら、泣けるんですよね。

「いけちゃんと僕」でも最後に泣かされましたが、
今度も、なっちゃんの親友、きみこちゃんに泣かされた。

映画「女の子ものがたり」

監督は「子猫の涙」の森岡利行

c0033213_3414683.jpg


あらすじ:
36歳の漫画家の高原菜都美(深津絵里)は、
昼間からビールを飲み、たらいで水浴、ソファで
昼寝をするなどスランプから抜け出せない生活を送っていた。
新米編集者の財前(福士誠治)にも愛想を尽かされ、
キツイ一言を言われてしまうが、幼いころに過ごした
友だちとの思い出にふけるうちに、
菜都美の心が徐々に変化し始める。


親友とは何だろう?
故郷とは?
今、自分は好きなことをしているのか?
悩めるアラサー世代の主人公菜都美(なっちゃん)が、
故郷での子供時代を振り返ることにより、今、自分が
見失っていたものに気づきだす。

笑って笑って、最後に泣けるんですが、
原作が西原理恵子さんなんで、結構女の子の家庭環境が
最悪だったりしてます。
なっちゃんを始め、親友の二人も結構ひどい環境ですよね。

c0033213_3422028.jpg


高望みは出来ないことを知っていることが、何とも悲しいですが、
自分たちが手に入れられそうな幸せは考えてしまう。
明らかに不幸なのに、自分は幸せだと思い込もうとする、
その姿は本当に胸が痛くなります。

さてさて、宣伝文句が「これはyour story」となっている
ように、女性ならかなり共感してしまうところが多いのでは
ないでしょうかね?

高校生のなっちゃんを演じた大後寿々花ちゃん。
大きくなりましたね。
一気に大人の女性になりましたね。
「SAYURI」では可愛らしい女の子でしたが

c0033213_3425087.jpg


あと、色ですよね、この映画。
なっちゃんは黄色が多くて、きみこは赤で
みさは青かグリーンかな?
あと、編集者の財前くんは白。

あと、オレンジも効果的に使われていますね。

c0033213_3431834.jpg


なっちゃんの継父を演じた板尾創路さん。
こんな胡散臭い役をやらしたら一番ですね。
タバコを買いに行き、そのまま、行方不明とは?


女性なら、どんな Your Story1を見つけられるでしょうか?


主題歌を歌う持田香織の歌声にも癒されますね。


c0033213_3434325.jpg

[PR]
by fyamasan | 2009-09-07 03:43 | 邦画 | Comments(0)

そんな彼なら捨てちゃえば?~男女の本音ポロリ

予告編を見た時から、面白そうだなあと感じていました。

出ている俳優陣が凄いですね。

誰かに思い入れをしてしまうんでしょうね。

映画「そんな彼なら捨てちゃえば」


c0033213_3562686.jpg


あらすじ:
いつも自分が空回りしてしまい、一向に運命の相手に
出会えないジジ(ジニファー・グッドウィン)、
同居して7年になるのに結婚する気のないニール
(ベン・アフレック)と、本音を隠しつつも実は
結婚したいベス(ジェニファー・アニストン)……。
メリーランド州ボルチモアを舞台に、さまざまな事情を
抱えた男女9人の恋模様が交錯していく。


彼氏がいるから幸せなのか?
結婚しているから幸せなのか?
独身はやはり寂しいもの?

ガールズ・トークが満載のこの映画、男の僕でも
楽しめました。

スカーレット・ヨハンソンに迫られる既婚者のベン。
羨ましくも、妻がジェニファー・コネリーなんだから、
贅沢はいえないはずですが、違うタイプだとまた好きに
なるんですね。

c0033213_357113.jpg


なかなか彼氏が出来ないジジ。
いつも失敗ばかりの彼女ですが、いつの間にか応援
してしまいます。
こんなタイプの女性は意外と男にモテルんではないでしょうかね?

皆さんは誰に思いを入れてしまうのでしょうかね?

僕は後半からのベン・アフレックにやられましたね。
「結婚に縛られたくない男」が最後に選んだことは?
まあ、僕もいつかプロポーズに使おうかなあと密かに
考え中ですが、なかなか男前なやり方ですね。


男女数人で見に行って、見終わってから、ワイワイ楽しむ
のが一番かなとも思います。

c0033213_3572688.jpg


男ながら一度はしたい、ガールズ・トーク

ジェニファー・アニストンの父親役でクリス・クリストファーソンが
出てきますが、貫禄あって渋い親父です。
男ならこうなりたいと思わせてくれます。
[PR]
by fyamasan | 2009-09-04 03:57 | 映画 | Comments(0)


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧