<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
パイレーツ・ロック~This is ロックン・ロール
中学生になってから、本格的に音楽に目覚めたやまさん13号です。
CDが少しずつ普及しだした頃なんで、レンタルもレンタルレコード
でしたね。
友達のステレオでテープに録音してもらいました。
初めて借りたのが、ビートルズの日本版の初期のオムニバス版。
今でもテープが残っています。

あの頃、新しい曲といえば、ラジオから流れてました。
近畿圏の方なら覚えているでしょうか?
日曜日の晩に、FMOsakaだったかな、アメリカンTOP40が
流れていました。
「ああ、今、この曲が、この歌が流行っているんだ」と
ラジオを聴きながら、想いに耽っていました。

前置きが長くなりました。
時代はCDさえない1966年。
ロックは不良の聴く音楽と思われていた時代。
ビートルズやローリング・ストーンズを生んだイギリスで
さえ、当時、ロックは一日45分間しか流されなかったんです。

一日中、ロックが聞きたい。
そんな熱い思いのDJたちが作り上げたのが、
「Radio Rock」という海賊ラジオ局。

ロック大好き人間には夢のような話が、

映画「パイレーツ・ロック」

c0033213_3444770.jpg


あらすじ:
素行不良で高校を退学になったカール(トム・スターリッジ)は、
更正を望む母の提案で、母の旧友クエンティン(ビル・ナイ)の
いる船に乗船。その船は、アメリカ出身のザ・カウント
(フィリップ・シーモア・ホフマン)ら、クールなDJたちが
ロックの取締りをもくろむ政府の目を盗み、24時間ロックを
流し続ける海賊ラジオ局だった。


冒頭のシーン。
子供が、親から早く寝るように急かされ、部屋に入り、
電気を消し、寝たと思わせて、枕の下に
ラジオを置き、スイッチを入れる。
そして、DJ、ザ・カウントのファンキーな声に
あわせてロックが流れていく。

冒頭から引きずられましたね。
何十曲というぐらい、60年代のロックがガンガン
流れていきます。

至福な時間ですね。

プロコム・ハルムが流れてきた時なんか、泣きそうに
なりましたよ。
このサントラはどの曲が入っているのか知りませんが、
買いですね。

c0033213_3451995.jpg


カールの童貞喪失話から、各DJの様々な笑えるエピソードも
あり、かなりブラックな話もありましたが、個性的な人間味ある
DJたちで、彼らがDJするからロックも最高にカッコよく
聞こえてきますね。

好きな音楽に一日中関わっていられるなんて、
ほんと、音楽好きにはたまれない職場でしょうね。
ロック好きな人には夢のようなユートピアのような物語。

でも、夢はいつしか、終わりを迎える。


ロック=悪というイメージを持つ大臣にケネス・ブラナー。
彼がコミカルに演じるのが、また面白い。
なんとか、潰してやろうと、策を色々考えますが、それが
成功したのか、どうかは、見てのお楽しみに。

ラストもそう来るのか?と驚きの展開。

船長を演じるビル・ナイがこぶしを握り締め、
「ロックン・ロール」というシーンは最高でしたね。


この1960年代の映画や音楽を、そして、ビートルズの
リマスター盤を聞くたびに、
「ああ、60年代に10代を謳歌したかった」と
いつも思います。


ロック好きな皆さんなら、ぜひとも映画館のスクリーンで
思いっきり、ロックしてください!
[PR]
by fyamasan | 2009-10-31 03:45 | 映画 | Comments(4)
引き出しの中のラブレター~想いは届くはず
人に想いを伝えること。
これは身近な人であればあるほど難しくなるもの
なのでしょうか?

ちょっとした感謝の気持ちも、素直にいえない。
言えずに終わってしまった言葉はありますか?

この想いをどう伝えればいいでしょうか?

映画「引き出しの中のラブレター」


c0033213_7514120.jpg


あらすじ:
ラジオパーソナリティーの久保田真生(常盤貴子)は、
4年前に父親と仕事のことでけんかしたあげくに絶縁し、
仲直りをしないまま父親が他界してしまう。
ある日、北海道の高校生・直樹(林遣都)から、一通の
手書きの手紙が番組に届くが、笑わない祖父を笑わせたいと
いう相談内容に、真生は思わず自分の父親の姿を重ね合わせる。


オムニバス形式で、知らずにどこかで結びついている。
素直になれずに、思いを口に出来ない。
そんなもどかしさを見ている人も、自分を重ねてみてしまう
のでは?

良い話でジーンとなります。
が、正直、話が出来すぎてて、逆にちょっと白けてしまう。
皆良い人ばかりで、もう少し悪人が出ててもいいかなとも
思いますが。

c0033213_7521990.jpg


フットボールアワーの岩尾くんが良い味だしてましたね。

片岡鶴太郎も良い存在感でした。
彼が言う、
「素直に言えば済むことなのになあ。
一緒にご飯でも食べれば、嫌でも顔を見るし、そのうち
話もする」

家族との会話、食事の大切さ、同じ時間を過ごすこと、
それがいかに重要なものなんだと、最近つくづく思うように
なってきましたね。
まあ、僕も年を取ったということでしょうかね

人生、今や70歳ぐらいの平均寿命となっています。
大学を出て、一人暮らすとなると、人生の1/3ほどしか
親と家族と過ごす時間は無いわけですよね。

これを長いとみるか短いとみるか。

c0033213_7524714.jpg


きちんと想いを伝えずにいたあの人は、どうしているだろう?

大切な気持ちをきちんと伝えようと思わせてくれます。
[PR]
by fyamasan | 2009-10-24 07:53 | 邦画 | Comments(0)
ファイナル・デッドサーキット 3D
一度は死を逃れた人間でも、決して、その「死」を逃れることは
出来ない。
「THE FINAL DESTINATION 」最新作は3Dで登場です。

映画「ファイナル・デッドサーキット 3D」

c0033213_1545896.jpg


あらすじ:
ガールフレンドのロリ(シャンテル・ヴァンサンテン)ら
友人たちと訪れていたサーキット場で、レースカーが
クラッシュして炎上し、会場が惨劇の舞台になるという
予知夢を見たニック(ボビー・カンポ)。
周りにいた数名とともにサーキットを離れ、難を逃れた
ニックたちだったが、死の運命を免れることはできず……。


いや~、怖い、怖いですね(淀長風に)。
今回は3Dということで、怖さも倍増ですね。
ほんまに飛んできますからね。
特に先が尖っていたりすると、思わず顔を背けてしまいます。

冒頭のサーキット場での惨劇シーンがものすごい迫力です。

そんなアホなと思う偶然の積み重ねが、大きな事故になります
からね。
このシリーズは犯人がいないという殺人映画ですが、
ネタはドンドン出てきそうですね。

今回は無事に逃れたのか?
それとも、死からは逃れられないのか?

3Dで味わってくださいね。


あ、一応、日本語吹き替えでしたが、これがイマイチでしたね。
字幕は3Dでは難しいんでしょかね?

あと、もう少し大きめなスクリーンで見たかったです。
3Dが売りですからね。
レイトショーぐらい、何とかなりませんかね。
[PR]
by fyamasan | 2009-10-22 01:57 | ホラー映画 | Comments(0)
一瞬の風になれ~リレーがあつい
ひさしぶりに本の紹介です。


単行本が出て、話題となり、早く読みたかった本。
待望の文庫本が出て、3冊一気に買いました。

熱い、熱い感動を貰いました。

吉川英治文学新人賞、本屋大賞ダブル受賞。


佐藤多佳子「一瞬の風になれ」


c0033213_141467.jpg


春野台高校陸上部、1年、神谷新二。スポーツ・テストで
感じたあの疾走感……ただ、走りたい。天才的なスプリンター、
幼なじみの連と入ったこの部活。
すげえ走りを俺にもいつか。デビュー戦はもうすぐだ。
「おまえらが競うようになったら、ウチはすげえチームになるよ」。
青春陸上小説、第一部。

オフ・シーズン。強豪校・鷲谷との合宿が始まる。
この合宿が終われば、二年生になる。
新入生も入ってくる。そして、新しいチームで、新しい
ヨンケイを走る!
「努力の分だけ結果が出るわけじゃない。
だけど何もしなかったらまったく結果は出ない」。
まずは南関東へ―。新二との連の第二シーズンが始まる。

いよいよ始まる。
最後の学年、最後の戦いが。100m、県2位の連と4位の俺。
「問題児」でもある新人生も加わった。
部長として短距離走者として、春高初の400mリレーでの
インターハイ出場を目指す。
「1本、1本、走るだけだ。全力で」。
最高の走りで、最高のバトンをしよう―。
白熱の完結編。



途中で(電車でよく読んでましたが)、こみ上げるものが
あって、涙が出そうで、すごく恥ずかしい思いをしながら
読んでいました。

R35世代を泣かせる傑作青春陸上小説。
高校生、中学生なら、リアルタイムなんで、感動も倍増
するのでは?

僕は割りと足が速かったんですが、陸上部には入りません
でした。
陸上というと、個人種目でチームプレーではないような
気がしていましたが、いやいや、陸上って、ものすごく
チームのために、頑張れる競技なんですね。

同じチームの違う種目の選手を応援するのもチーム愛の
ひとつだし、この小説のテーマであり、リレー競技も
ものすごくチームプレーですよね。

不器用で熱い男の新二の目線で物語りは進んで行きますが、
この新二の不器用さ、たまらなく愛おしくなります。
天才スプリンター、連の成長もあるし、仲間意識の高まりが、
本当、胸が熱くなりました。

高校生になって、同じように、トラックを走っているような
状態になりました(本当に影響を受けやすい奴でして


「ああ~、走りて~」と心の底から思えてくる。

久しぶりに鳥肌が立ちました。

ああ、良い小説ありがとうございました



これも映画化になりそうな気が。

出来るなら、監督したいっす!
[PR]
by fyamasan | 2009-10-13 01:42 | 読書 | Comments(4)
きみがぼくを見つけた日~運命の人
久しぶりに試写会に行きました。
台風でしたが、いつも通りの混み具合でした。
でも、映画が終わるとあっという間に皆さん、帰られましたが。

少しは余韻に浸っても?と思うのですがね


脚本は『ゴースト/ニューヨークの幻』の
ブルース・ジョエル・ルービン。
『きみに読む物語』のレイチェル・マクアダムス
『ミュンヘン』のエリック・バナが共演。
製作総指揮にはブラッド・ピットも参加。

これはもう見るしかないですなあ

映画「きみがぼくを見つけた日」

c0033213_865758.jpg


あらすじ:
時空を旅する運命を背負うヘンリー(エリック・バナ)は、
どんなときにどの時代のどこへ飛ぶのかは自分で選べない。
秘密を抱えた孤独な人生を送る彼は、ある日、旅先の過去で、
一人の少女に出会う。
やがてヘンリーは、少女から美しい心の女性へと成長した
クレア(レイチェル・マクアダムス)といつしか
愛し合うようになるが……。


今までのタイムトラベルというと、好きな時間や場所にいけますが、
今回はそれが自分で決めれないという設定が面白いですね。

でも、運命に引き寄せられるのか、大事な場所、大事な人が
いる場所に頻繁にタイムトラベルしてしまう。

前半はクレアが6歳の時に、初めてヘンリーと会い、不思議な
絆が出来て、それがいつしか恋になるという展開で、
後半になると二人は無事に結婚するのですが(まあ、これも
一騒動ではないくらい、色々騒動がありまして)、子供が
ヘンリーの遺伝子があるので、出産前にタイムトラベルしてしまう
という、厄介な問題が起きてしまいます。
何度も妊娠して、その度に流産してしまう、クレア。
どうしても、ヘンリーの子供が欲しいと願うクレアだが、
見かねたヘンリーのとった行動とは?

c0033213_874883.jpg


ここからは映画館でお確かめくだされ~

この映画、どういう風にラストへ向うのだろうか?
見ていて、色々考えていましたが、ラストには涙もろい
僕は、また泣いちゃいましたね

あのシーンを見せられると思わず、グッと来ましたね。

エリック・バナの裸がかなり頻繁に見れますので、
ファンには必見か?
撮影は寒かっただろうなあと。

ヘンリーとクレアの二人を見守る人たちも良い人が多くて、
見ていて安心しました。

c0033213_881975.jpg


タイムトラベルで本来なら会えない人と会うことが出来る。
でも、大事な人の未来が分かってしまう、自分も含めて。

切ない切ないラブストーリーでした。
秋にはオススメかもね!
[PR]
by fyamasan | 2009-10-09 08:08 | 映画 | Comments(0)
  

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧