<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

フローズン・リバー~上半期NO.1?

タランティーノが絶賛。
いつかは行きたい、サンダンス映画祭でも大きな話題となった
この映画。

映画「フローズン・リバー」

c0033213_5482245.jpg


あらすじ:
夫に新居購入費用を持ち逃げされた妻のレイ(メリッサ・レオ)は、
支払期日までに金を工面するため、移民をカナダ側で車のトランクに
積み、セント・ローレンス川を越えアメリカ側に不法入国
させる闇の仕事に手を染める。
レイはモホーク族のライラ(ミスティ・アパーム)と手を組み、
国境越えを何度も成功させるが……。


これ、設定を変えれば、どこの国が舞台にもなる。
世界規模の経済不況が長引く中、どこにでも起こりうる話。

生活に疲れ果てた女、レイ。
メリッサ・レオがアカデミー賞にノミネート
されただけあって、化粧気なしの、本当にただ、子供たちを
守ってやらなければ、その一念で働く生きている女性を本当に
見事に演じきっている。

そして、こちらも先が見えない、ライラ。
唯一の望みが義母が預かる娘と再び暮らすこと。

どちらも行き詰まりの中、出会い。
一線を越えていく。


c0033213_549327.jpg

子供を守るため、母親がしたこと。
たとえ、違法であっても、道を外していく。

ライターの木村満里子さんいわく、
「これは二人の女性の友情物語ではなく行き詰った
女性二人のシンパシーの物語」と。

なるほど。

安っぽい友情は要らない。
生きるために、いつしかお互いを必要としてしまう。
家族を守るためにも。

ライラの言う、
「ここには国境(境界)はない」のセリフが、

犯罪へ手を染めることへの境界なのか?
精神的なものとしての境界なのか?


内容も重く、ど==んとのっかかる映画ではありますが、
二人の女性の葛藤が、克明に描かれ、一線を越えていく、
それは家族のためなら、許されるのか?
いや、それは当然、許されなるものではない。

しかし。

様々な問いかけを残してくれる。


そして、ラストが素晴らしい!

どんなラストが待ち受けているのか?
ぜひとも、映画館で見届けてください。

今年、30本以上見ましたが、今のところ、
これ、ベスト1にします!
[PR]
by fyamasan | 2010-03-17 05:46 | 映画 | Comments(2)

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

こちらも散々、映画館で予告編を見せられたので、
もう良いかなと思いつつも、ファンタジー系は好きなんで、
とりあえず、見ておこうかと。

まあ、続編あるんでしょうね。

映画 「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」

c0033213_19272978.jpg


あらすじ:
ギリシャ神話の神の息子であると告げられたアメリカの
寄宿学校生、パーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)。
仲間とともにゼウスの雷撃を探す旅に出ることになった
パーシーに、予言の神は4つの神託を下すが、旅の途中には
オリンポスの神々との出会いや敵との戦いが待っていた。

背景になる設定が面白かったですが、元をただせば、神々の
しょうもない喧嘩が原因ですからね。

神と人間のハーフがいるのもびっくりしましたし、
色々な設定には笑えました。

c0033213_1928920.jpg


真剣な話なのか?
笑いを取りたいのか?

ちょっと迷う映画ではありましたね。

映画見終わって、近くのおばちゃんが、
「映画面白かったけど、この映画、何かどっかで見た
ようなシーンばっかりやったなあ!」

おばちゃん、するどい!

そうそう、もうファンタジー映画って、以前見た同じような
映画と映像が似たり寄ったりだし、何かダブって見えるものが
ありますから、かなり考えて作らないと、二番、三番煎じに
なりますからね。


c0033213_19284183.jpg


でも、あの稲妻は欲しいなあ!
[PR]
by fyamasan | 2010-03-13 19:28 | 映画 | Comments(0)

恋するベーカリー~大人の恋愛、複雑すぎる?

今年のアカデミー賞には「ジュリー&ジュリア」で
主演女優賞にノミネートですが、この映画でもぜひとも
ノミネートされて欲しかった。

少し前に紹介しました、「新しい人生のはじめかた」の
ような、夢見る頃は過ぎたが、まだ枯れたわけではない。
そんなミドルエイジを対象にした映画が少しずつ増えて
いますね。

今回は、どんな感じでしょうかね?

映画「恋するベーカリー」

c0033213_326969.jpg



あらすじ:
3人の子どもたちを育て上げた母親であり、大人気の
ベーカリーを経営する有名実業家でもあるジェーン
(メリル・ストリープ)。
10年前に子どもたちの父親である敏腕弁護士ジェイク
(アレック・ボールドウィン)と別れて以来、
シングルライフを謳歌(おうか)していた彼女だったが、
ある晩、息子の大学卒業式に出席するため滞在した
ホテルで……。

この映画、世代、性別でもずいぶん感想が違うと
思いますが、男の僕としては、「やっぱり男って
幾つになっても、成長しないなあ、ほんまにアホやなあ」と
つくづく、ジェイクの行動を見て、感じてしまいましたね。

若い妻を貰ったものの、早く子供を欲しがる妻と一緒に
不妊治療を受けざるを得ないし、結婚前の甘い生活とは
違う現在の生活にうんざりな毎日。
そんな時、元妻との偶然の?なりゆきな情事が、もう一度
結婚していた時のトキメキを思い出させてくれたから、
大変だ。

c0033213_326481.jpg


この本当に、とんでもなくだらしないけど、
「分かる、分かる」と男性には思わせるジェイクを演じて
いるのが、アレック・ボールドウィン。

キム・ベイシンガーと共演していた、「ゲッタウェイ」の
頃はシャープでワイルドだったんですが、今ではメタボな
お腹が気になる中年男性になってしまいました。
でも、その分、味わいのある男優になっていますね。

還暦を迎えたメリル・ストリープが58歳のジェーンを
演じています。
仕事も成功、子供たちも無事に自分たちの元を去っていく
年齢になった。
後は自分の第2の人生を謳歌するだけのはずが、元夫の出現や
気になる建築家(スティーブ・マーチン)の存在が、アラ還世代の
気持ちをドキマギさせる。

タイトル通りに、この世代にとって、恋愛は、
「It's complicated」~複雑で、理解しにくい~ものなのだ。

c0033213_3272559.jpg


ジェイクに振り回されて、自分の気持ちに正直になろうと、
セラピー受けたり、麻薬でラリッてみたりと、揺れる女心を
演じたら、ストリープ、ピカイチですね。

同じ世代の女友達との下ネタ談義も面白いし、ジェーンと
ジェイクの行動に、こちらも振り回される子供たちの視線も
暖かくも、ちょっと冷静に見ているのも、なかなか興味深い
ですね。

ただ、この邦題、なんとかならなかったのですかね?
内容がまったく伝わってきませんが。

なかなか上質な大人な映画を見たような気持ちになれました。

監督のナンシー・マイヤーズの次回作も楽しみですね。


今年のアカデミー賞、司会者はこの映画で恋仇を演じた、
アレック・ボールドウィンとスティーブ・マーチンで
あるのも、なかなか面白そうですね。
[PR]
by fyamasan | 2010-03-06 03:27 | 映画 | Comments(2)


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧