Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あと、一日で上映終わりでしたが、なんとか
間に合いました。

予告編を見た時からきになってました。
ドイツ版「剱岳~点の記」?

迫力アル映像にひきつけられました


映画「アイガー北壁」

c0033213_23443230.jpg


あらすじ・

ベルリン・オリンピック開幕直前の1936年・夏。
ナチス政府は国家の優位性を世界に誇示するため、
アルプスの名峰アイガー北壁のドイツ人初登頂を強く望み、
成功者にはオリンピック金メダルの授与を約束していた。
山岳猟兵のトニーとアンディは、難攻不落の山を次々と踏破し、
優秀な登山家として知られ始めていた。
2人は世間の盛り上がりに戸惑いながらも、“殺人の壁”と
恐れられていたアイガー北壁への挑戦を決意する。麓には、
初登頂を目指す各国からの登山家や、世紀の瞬間を見届けよう
という報道関係者や見物客が集まってきていた。
その中にはトニーのかつての恋人で、新聞記者をしている
ルイーゼの姿もあった。天候を待つこと数日。
ある晩、トニーとアンディは北壁への登攀(とうはん)を
開始する。彼らのすぐ後をオーストリア隊が追い、4人は
快調に高度を上げていくが、メンバーの負傷や急な悪天候に
見舞われ、彼らは想像を絶する状況へと
追い込まれていく…。


スクリーン全開に聳え立つ、アイガー北壁。
これを実際に目の前にしたら、本当に息をのむという
表現がぴったりなんでしょうね。

「剱岳」の時も感じましたが、この映画を撮った監督の心意気が
ものすごく伝わってきましたね。

c0033213_23445647.jpg


映画を志すものとして、このような過酷な現場を一度は
経験したいと思うような、シーンがものすごくありました。

役者も大変だったけど、撮影クルーもさらに大変だったと
思えますね。

舞台は1936年のドイツ。
この後、見ている者はナチスドイツの台頭があることは
分かっています。

戦意高揚?
愛国心?
登山家の心情くすぐるような?
ナチスの政策。

やがて訪れるオーストリアの悲劇も垣間見れる
展開に、歴史の重さも感じてしまう。

c0033213_23451793.jpg


命を賭けた代償が何だったのか?
何を見て、トニーとアンディは北壁を目指したのか?

息をのむ映像と北壁を目指したものたちの生き様が
ズトーンと胸に響いてきました。

アイガー北壁を目指す登山家たちの動のシーンと
それをすぐ近くのホテルで見つめる静のシーンとの
対比も面白いです
[PR]
by fyamasan | 2010-04-29 23:45 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)
ちょいと時間潰しに入ったネットカフェでたまたま見つけたのが、
マンガ本の「ソラニン」
そういえば、映画にもなるし、ちょっと読んで見ようかと
思い、先に原作を読みました。

2巻という短さもありましたが、この世界観がどんな
感じで映像になっているのか、楽しみでした。


映画「ソラニン」

c0033213_6281986.jpg


あらすじ:
OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、
音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田(高良健吾)は
不透明な未来に確信が持てず、互いに寄り添いながら
東京の片隅で暮らしていた。
ある日、芽衣子の一言で仲間たちと「ソラニン」という曲を
書き上げた種田は、芽衣子と一緒にその曲をレコード会社に
持ち込むが……。

全体的に淡い光に包まれている映画なんでしょうか、
優しい光かな?
心地よかったです。

c0033213_6285787.jpg


30代になる前の、20代のもがき苦しむも、なんとも
淡い切なくなる青春の1ページがずばっと切り取られていましたね。

「ピカピカのさようなら」も中学時代の一瞬のきらめきを
描けたら良いなあと思っていましたが、この映画を見て、
やはり熱いものがこみ上げてきます。


先が見れない怖さもあるけど、先が見えない分だけ、何かが
出来るんじゃないかと、希望も持てる。
ただ、10代と違い、社会が現実に身近にあるからやっかいだ。

物足りなさ、焦燥感、そんなものを抱えながら生きていく。
明確な答えはないければ、答えを求めてしまう。
モヤモヤとしたこの思い、どこに向ければいいのだろうか?

c0033213_6293666.jpg


色々なものがつまってますね。
自分の20代の頃と比べてみるのも良いでしょうね。
今を生きる20代にはどのように写るのか?

いまさらなんですが、宮崎あおい(ちゃん?)の存在感には
ただ、圧倒されました。

本当に凄いなあと。
他のキャストも良かったけど、やはり際立ってました。

ラストでのライブのシーン。
完全に芽衣子が乗り移ってましたね。
やばいっす

ちょい役の財津和夫さん、良いお父さん役してましたね。
[PR]
by fyamasan | 2010-04-25 06:29 | 邦画 | Comments(0)
恐らく、期待した映画ほど期待はずれになることも
多いはず。

この映画もかなり宣伝が上手く、かなり煽る映像で
これは見に行かないと、思い、でも、この手の映画って、
よくあるパターンもあるしなあと、考えつつ映画館へ



映画「シャッター・アイランド」

c0033213_1551116.jpg


あらすじ:
精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、
シャッター アイランド。
厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎の
メッセージを残して姿を消す。
孤島で起きた不可解な失踪(しっそう)事件の担当になった
連邦保安官のテディ・ダニエルズ
(レオナルド・ディカプリオ)は、この孤島の怪しさに
気付き始める……。


う~~ん。
疲れました。

まあ、案の定、謎解きといいますか、衝撃のラスト?ほど
でもないほどの展開でした。

同じ謎解きでも「シックス・センス」「saw」「メメント」
などの方が、なるほどねと、良い意味で納得出来たかな


でも、映像的にはすごく面白いですね。
光・雷や霧、絶海の孤島の存在、凝った映像が見れますが、
内容が重いので、二度、三度見ることはないでしょうね。

c0033213_15515917.jpg


ベン・キングズレーが良いですね。
ネタバレになるから書きませんが、敵か味方か、どちらかか
分からない灰色的な役柄が似合いますね。


皆さんは、どう見ますか?

原作はどうなんでしょうね?
気になりますが
[PR]
by fyamasan | 2010-04-16 15:52 | 映画 | Comments(2)

追憶~愛すれど、、、

午前十時の映画祭も10本を超えたところ。
各映画館によって上映映画が違うので、見逃しても
見れるのが、嬉しいところですね。
難波で見逃したので、西宮へ行きました。

この映画、最初はLDで見たんですよね。
映画館で見たかったんですが、なかなか上映の機会が
無かったように思えます。

ようやく念願のスクリーンで見てきました。

映画「追憶」

c0033213_1535870.jpg


あらすじ・
1937年、大学のキャンパス。
政治運動に没頭するケイティー(バーブラ・ストライサンド)に
とって、育ちが良くハンサムなハベル(ロバート・レッドフォード)
はひそかな憧れの対象だった。
やがて二人は、第二次世界大戦中のニューヨークで再会、
いつしか愛し合い結婚する。
ハリウッドでの生活は平和で幸福そのものだったが、
幸せは長くは続かなかった…。

この映画は、見る年齢によって、評価が変わってくる映画の
ひとつではないでしょうかね?
好きなのに、一度は一緒になれたのに、結局は破局してしまう。
愛憎のほんと、皮一枚のところで揺れ動く感情、愛情が二人の
セリフや表情から、見て取れました。

ケイティーを演じたバーブラ・ストライサンド。
チャーミングでした。
時代、時代で髪型が変わり、美人でないといわれてますが、
いやいや、本当にチャーミングな彼女でした。

穏やかな家で待っていてる女性を望むハベルに対して、
ケイティーは理不尽なことには黙っていられないタイプの
女性で、政治運動にもどんどんのめりこんでしまう。

時代背景は赤狩り、マッカーシズムの時期。
製作当時は1973年。
ゆえに、今ではこの事件を扱った映画も多いですが、
10年ちょっとした経っていないこの時期に、取り上げる
のも、なかなか難しかったのではないでしょうかね?


「明日に向って撃て」もそうですが、アメリカン・ニュー・
シネマには絵になる映画が本当に多い。

浜辺で寄り添いあう二人。
幸福な時なのだが、結末をしっている観客には
本当に切なく思えてくる。

次は何年後に見直そうか?
出来れば、映画館で見たいなあ。

そうそう、この映画、チョイ役でジェームス・ウッズが出てる
んですね。
[PR]
by fyamasan | 2010-04-16 15:35 | 午前十時の映画祭 | Comments(1)
ここ1週間ほど映画館で映画が見れずじまいで、
禁断症状が出てましたので、急いで映画館へ。

こちらはアカデミー賞を取る前から見ようと思ってましたが、
なんせ、監督のキャスリン・ビグローは高校生の時に見た
「ブルー・スチール」の時から好きな監督さんの一人ですしね。


「アバター」を払いのけてのアカデミー賞、受賞。
映画「ハート・ロッカー」

c0033213_4431253.jpg


あらすじ:
2004年夏、イラク・バグダッド郊外。
アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、
ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が
就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行される
ジェームズの爆発物処理の様子に、仲間のサンボーン軍曹
(アンソニー・マッキー)らは不安を抱くようになり……。


手持ちカメラの揺れ。
息遣いが聞こえてくるような非常に身近なカメラの視線。

上映時間が131分。
ずうっとピリピリとした緊張感を持ちながら、スクリーンを
見つめ続けましたね。
いあや~、しびれました。

これも撮影、大変だっただろうなあと、役者や製作側の人たちの
ことを思うと、ワンカット、ワンカットの重みが伝わってきますね。

c0033213_2321765.jpg


冒頭の「戦争は麻薬だ」のテロップが、この映画を見ていると
本当に実感出来る。
ジェームズなんて、その典型的な人になってますしね。

まあ、アメリカ側からの映画なんで、色々と問題点は
ありますが、こんな現場で働いていたら、そら、アメリカ
帰ったら依存症に悩まされますね。

ドキュメントの形を取りつつも、いつ爆弾が爆発するか、
分からない。そして、いつ、敵が攻撃してくるのかも、
分からないということで、サスペンス映画でもあるんですよね。

戦場ではないものの、いつ、何があるか分からない現場で、
人として、どう振舞うのか?
精神がおかしくなり、暴走してしまうのか?
ギリギリのところで、持ち応えて、帰還出来る日を待ち続ける
兵士の苦悩がくっきりと描かれていて、こちらも十分すぎるほど
堪能しました。

c0033213_2324772.jpg


恐らく、アカデミー賞を取らなかったら、女性客はかなり
減っていたと思われますよね。
爆弾処理班の話ですからね。

さあ、次回のキャスリン・ビグローは何を撮るのか?
思いっきりお金をかけて、すごいものを作って欲しいもんだ
[PR]
by fyamasan | 2010-04-04 02:32 | 映画 | Comments(2)