<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

グリーン・ゾーン~戦場のエンターテイメント

映画を見て、そうか、疑惑のイラクでの大量破壊兵器の
ニュースも、もう6年前の話になるんですね。

フセインを倒すのが目的で、そのための破壊兵器があるとの
情報から、イラク侵攻を進めたブッシュ・アメリカ軍。


ジェイソン・ボーンがイラクに侵入か?


映画「グリーン・ゾーン」

c0033213_1494594.jpg


あらすじ:
ロイ・ミラー(マット・デイモン)と彼の部隊は、
砂漠地帯に隠された大量破壊兵器の行方を追う極秘任務に就くが、
国防総省の要人によって手掛かりを奪われてしまう。
国防総省の動きを不審に思った彼は、同じ疑念を抱いていた
CIA調査官ブラウン(ブレンダン・グリーソン)と
共闘することに。
部隊を離れ単独で調査を開始し、執ような妨害工作に
苦しみながらも謎の核心に迫っていく。


「ジェイソン・ボーン」シリーズさながらの手持ちカメラに
よる追跡シーンやその場にいるような錯覚を持たせるような
緊迫したアクションシーンに、
「凄い!、こんな映像撮ってみたい」と思わせてくれました。

イラクが舞台ということで、「ハート・ロッカー」と比べて
しまいますが、兵士の内面の変化、壊れていく様を描いていた
「ハート~」と比べて、イラク戦争、全体のカラクリを
サスペンスタッチで、しかもイラク人の心情を踏まえての描きようで、
どちらも甲乙つけがたいなあと。

c0033213_1502870.jpg


偶然、ミラーの手助けをすることになる、イラン人、
フレディのセリフが胸をうつ。

「あんたたちにこの国を決められてたまるか!」

押し付けの、ご都合主義の民主主義を植えつけようとする
アメリカ人への痛烈な批判。

この映画、2004年ぐらいに出来ていたら、もっとすごい
インパクトあったんだろうな。

でも、この手の映画を作れる国のアメリカって、やっぱり
すごいですね。


水や食料が少なく、騒いでるイラク人のすぐ近くの、
元フセイン邸宅のプールでくつろぐアメリカン人との比較が、
何とも複雑だった。

50歳割引で見に来ていた老夫婦が、「こんな映画、日本で
作れるんかな?」の一言が気になりました。
[PR]
by fyamasan | 2010-05-29 01:50 | 映画 | Comments(1)

17歳の肖像~夢と虚像の間に

こちらも予告編を見た時から気になっていました。
1961年のイギリスはロンドン。
ビートルズが登場する前のイギリス。

退屈な日々、輝く将来を夢見た高校生の女の子が見た
余りにも厳しい現実とは?


映画「17歳の肖像」

c0033213_3212984.jpg


あらすじ:
1961年、16歳のジェニー(キャリー・マリガン)は、
ロンドン郊外の街で平凡で退屈な日々を送っていた。
父(アルフレッド・モリナ)は成績優秀な娘をオックスフォード大学
に進学させようと躍起になり、彼女はそのことに
反発を覚えていた。そんなある日、彼女はデイヴィッド
(ピーター・サースガード)という年上の男性と出会い……。


これも少年にしろ、少女にしろ、年上の異性に惹かれるのは
よくある話。
夢を見せてはくれるが、しっかりとした現実をも見せつけられる。

現在のロンドンだと、また話は違ってくるのでしょうが、
舞台は1961年。

遊びにいくのも音楽会となり、今ならクラブやドラッグが
出てくるでしょうね。

思春期の女の子が一時、急に大人びるように、ジェニーも
デイビットと知り合い、急激に大人の女へと変化していく。

まだ子供だった女の子が大人の女性へと上がる階段を
すこし急に上がりすぎたような、そんな反動がどっと
きますが。

当時としては、女性の社会進出もそんなにうまくは進んでおらず、
ジェニーが退屈の象徴としてあげる女性教師という職業。

デイビットの仲間がオークションで落札した絵の複製画を
置いている地味な女性教師。
でも、確かな生活がここにはあるのだ、虚像ではない、現実な
人生がある。

車のウインドウ越しに外を見つめるジェニーの表情の捉え方が
なんとも憎いものがあります。

ひとつ、ガラス越しに見せることで、現実を見てないという
意識でしょうか?


甘さも辛さもある青春映画でしょうかね


原題が「An Education」となっています。
こらも何か奥深いものを感じます。
[PR]
by fyamasan | 2010-05-22 03:21 | 映画 | Comments(0)

月に囚われた男~何かヘンだぞ

ダンカン・ジョーンズ。
あのデヴィット・ボウイの息子らしい。
でも、父親の名前は要らないでしょうね。

何か心にひっかかる映画のように思えてきました。

何十年先の未来の話であります。

映画「月に囚われた男」
c0033213_317268.jpg


あらすじ:
サム(サム・ロックウェル)は地球で必要なエネルギー源を
採掘するため、3年間の契約で月にたった一人で滞在する仕事に就く。
地球との直接通信は許されず、話し相手は1台の人工知能
コンピュータ(ケヴィン・スペイシー)だけの環境だったが、
任務終了まで2週間を残すある日、サムは自分と同じ顔をした人間に
遭遇する。


ほぼ、サム・ロックウェルの一人舞台。
いや、二人、三人か?(このあたりはネタバレになるので)
「2001年~」のコンピューター、HALを思い起こさせる
相棒となるコンピューターの声を担当するのが、ケヴィン・
スペイシー。

c0033213_318235.jpg


何か、ちょっとずつ、ちょっとずつ引き込まれていき、
最終的に監督の思う壺に入ったような気がします。

何とも不思議な、得たいの知れないモノをみたような感じ
がします。
SF映画でありながら、なんだろう、これは自己の追求なのか?

これが監督デビューとすれば、ダンカン・ジョーンズ監督の
次回作品がかなり楽しみだ。
[PR]
by fyamasan | 2010-05-22 03:18 | 映画 | Comments(0)

フォロー・ミー~ミア・ファローがチャ~ミング

午前十時の映画祭。
これがひとつの目玉であったかもしれませんね。
キャロル・リード監督の遺作となった、
映画「フォロー・ミー」

c0033213_0402962.jpg


あらすじ・

英国の上流階級に属し、財産もあり、仕事も申し分のない
会計士のチャールズだが、彼には大きな悩みがあった。
妻のベリンダ(M.ファロー)が浮気をしているのではないか、
という疑惑に苛まれてしまったのだ。
チャールズは私立探偵のクリストフォロー(トポル)に
妻の素行調査を依頼する。クリストフォローはつかず離れずの
距離でベリンダの尾行をはじめた。ささやかな自由と愛情に
飢えていたベリンダは、微妙な距離で見えるクリストフォローの
優しいまなざしに興味を抱きはじめる……。


ビデオもDVDも出ておらず、幻の名作と呼ばれていた
ような感のある「フォロー・ミー」をスクリーンで見れたことに
とても幸福を感じました。

映画のテーマ曲、よく聞いたことがあるなあと思ったら、
この映画のテーマ曲だったんだと、びっくりしましたね。

サントラは廃盤状態だったらしいですが、タワレコで探すと
新しく出ていましたね
早速買いました。

c0033213_04159.jpg


ウッディ・アレンと出会う前の?ミア・ファローがとても
チャーミングです。
アレン作品に出合わなければ、また違ったM・ファロー像が
出来ていたかもしれませんね。

でも、この映画、やはり探偵を演じたトポルでしょうね。
のほほんとユーモラスに、しかし、きちんと自分の意見を
持っている。

リンダとクリストファーの10日間のロンドンめぐり。
最初は地味な色合いの服装だったリンダがだんだんと明るい
服になったり、ホラー映画ばかりを見ようとするリンダに
対して、「ロミオとジュリエット」を薦めるクリストファー
だったりと、言葉を交わさずともこんな素敵なデートが
出来るんだなあと、不思議な気持ちになりました。

結婚では夫や妻の役割を求めたチャールズと
自由と恋愛を求め続けるリンダの間には、すこしづつ
溝が広がっていく。

それを埋めていくのが、クリストファー。
白いレインコートに白いハンチング帽子。


恋愛、結婚、少しの溝の違いが大きくなる前に、
お互いをもう一度、見つめなおしていけば、そこには
何ものにも代えがたい幸せがあることを教えてくれます。


また、映画館で見たい1本になりました。
音楽が心地よく頭の中で流れていますね
[PR]
by fyamasan | 2010-05-11 00:41 | 午前十時の映画祭 | Comments(0)

名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ

毎年、春になると楽しみなのがこの
「名探偵コナン 」シリーズ。

どんなものかなと見てからかなりはまりましたね。
毎回どんなストーリーが展開するのが楽しみです。
前売りを早めに買うと、クリアファイルももらえるので、
それも楽しみにしています


今回は大阪も出てくるということで、
どんな内容になっていたのでしょうか?


映画「名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)」

真実はいつもひとつ!

c0033213_1555772.jpg


あらすじ・
テロリスト「赤いシャムネコ」によって恐るべき細菌兵器が
強奪された。7日後にこの細菌兵器を使ってテロを起こすという。
その一方で鈴木財閥の相談役・鈴木次郎吉は怪盗キッドに
挑戦状を出した。自身が完成させた世界最大の飛行船
「ベル・ツリーI世号」からビッグジュエル「天空の貴婦人」を
盗み出せというのだ。
キッドもこの挑戦を受諾。飛行船にはコナン、蘭、小五郎、
独占取材班らが乗り込み、キッドを待ち受けるのだった…。


バイオテロと、怪盗キッドの話を並行させ、それを
上手くあわしていく展開はさすがですね。

色々と伏線張っているし、なかなか、楽しめましたね。
飛行船という限られた中で、どんなアクションがあるのか?

今回は怪盗キッドが結構活躍するので、キッドファンには
たまらないかも?

予告編で煽っていた、キッドと蘭の恋?の行方にも
ドキドキしました。

c0033213_1563512.jpg


「あんなこと」という蘭の発言にも注目ですね。

今回は声優が代わったということもあり、毛利小五郎の
出番がほとんど無かったがちょっと残念ですね。
やはり神谷明さんで慣れていたので、声優が代わると、
イメージが変わっちゃいますね。

見終わって満足なんですが、また一年待たないといけないのが
なんとも辛いなあ。


このコナンシリーズ、割と20代の女性が多いですよね。
映画館も年配も方も来てますし、子供だけに限られていないのが、
14作も続いている証拠でしょうかね?
[PR]
by fyamasan | 2010-05-08 01:56 | 邦画 | Comments(0)


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧