「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヤコブへの手紙~信仰とは?祈りとは?

予告編を見て気になりました。
遠くはフィンランドの映画。

信仰とは?
人を癒すこと、祈りとは?
色々と考えさせられました。

小さな作品とはいえ、このズシリとくる重さは
なんでしょうか?


映画「ヤコブへの手紙」

c0033213_7141732.jpg


あらすじ・

1970年代のフィンランドの片田舎で、レイラ(カリーナ・ハザード)は
模範囚として恩赦を受け、12年間暮らした刑務所から釈放される。
身寄りのない彼女は、不本意ながら、ある牧師の家に住み込みで
働くことに。
盲目の牧師ヤコブ(ヘイッキ・ノウシアイネン)はレイラに、
毎日届く手紙を読み、返事を書くことを頼む。
自転車に乗った郵便配達人(ユッカ・ケイノネン)が届ける手紙には、
些細なことから誰にも打ち明けられないことまで、
様々な悩みが書かれていた。
ヤコブは、その1つ1つに丁寧に返事をする。
ヤコブは相談者の心のよりどころがなくならないように、別の土地に
用意された立派な家に引っ越すこともなく、
雨漏りのする家に住み続けていた


盲目の牧師。
元囚人。
そして、郵便配達人。

この3人を軸に物語りは展開していきます。
大きなドラマも起きない。

淡々とした中で、3人の心情が見事に描かれていきます。

キーワードは手紙。

ヤコブにとっては、人の悩みにのり、人助けになっている。
しかし、この手紙こそが、ヤコブにとって、誰かの役に
立っているという、生きる証しでありました。

レイラにとっては、わずらわしいもの。
清貧に生きていくヤコブの生き方には、うさんくささと
受け入れなさを持っていますが、一つの手紙が、レイラの
荒んだ心を満たしてくれます。

郵便配達人にとっては、ヤコブへ届けるだけの手紙。
自分にとっては意味がないと思っていましたが、、、。


上映時間も75分と短い。
恐らく地味なドラマではあります。

フィンランドの田舎で繰り広げられる人間模様。

自分は誰かの役になっているのだろうか?
信仰とは、誰かの為に祈るというのは、どういうことなのか?

そして、ひとつの手紙に隠された恩赦への真実。
レイラにひとつの希望が生まれるラストに、涙がこぼれて
きました。

ミニシアターでひっそりと公開が終わる映画ですが、
秀作です。

ぜひとも、お見逃し無く!
[PR]
by fyamasan | 2011-02-19 07:14 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)

デュー・デート~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~

相棒とは「ピンチの時に救ってくれる奴」と
映画の中で、ピーターが語っていましたが。

はた迷惑な同乗者から、文字通りの相棒になったのだろうか?

B級、下ネタ路線全開でしたが、意外と女性が一人で見に来てましたね。


映画「デュー・デート~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~」

c0033213_0464367.jpg


あらすじ・

待望の初ベビー誕生を5日後に控えたピーター
(ロバート・ダウニーJr.)は、仕事先のアトランタから
妻が待つLAの自宅へと急ぐために飛行機に乗り込んだ。
ところが、ミョーな男のせいでテロリストと疑われ、搭乗拒否に! 
サイフも身分証も空の上、どうすりゃいいんだとキレる寸前の
ピーターの前に、例の男が車で現れ大陸横断を持ちかける。
彼の名前はイーサン(ザック・ガリフィアナキス)。
俳優志望でエージェントに会うためにハリウッドへ行くところ。
しかし、フレンチブルドッグが友達で父親の遺灰をコーヒー缶に
入れて持ち歩くこの男、じつは地球上のあらゆるトラブルを
奇跡のごとく引き寄せる最凶マイナスオーラ男だったのだ! 
果たして愛する妻の出産に間に合うのか? 
いやいや、そもそもピーターは、3,200kmの道のりを生きて
無事に帰れるのか──!?
史上最悪のアメリカ大陸横断が、今始まる!!


いや~これもやられましたね。
前作の「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の
二番煎じかと、あまり期待はしておりませんでした。

しかし、期待以上のものがありましたね。
人数を二人にして、バディ(相棒)物にしたのが正解でしたね。

そんなアホな?と思うぐらいに、不運が重なるピーター。
その横には、いつもイーサンがいた。

c0033213_0473214.jpg


離れたいけど、離れられない状況。
嫌で仕方なかった同乗者が、しだいに離れたくないと
思えてきてしまうから、旅というのは、不思議なもの。

チラリと男の友情も見せてくれるから、何か嬉しくなりましたね。

おバカでB級で、下ネタ路線で進んでいきますが、大笑いも
しましたね。
近くにいた女性も結構笑っていたので、女友達とは見にくい映画
ではあるかもしれないですね。
それゆえ、一人の女性が多かったのか?


「ハングオーバー2」があるということなので、これは
期待するしか、ないでしょうかね?

c0033213_0475983.jpg

[PR]
by fyamasan | 2011-02-18 00:48 | B級の館 | Comments(0)

デザート・フラワー~砂漠に咲いた一輪の花

年末から公開されていましたが、ようやく見ることが
出来ました。

話は知っていましたが、やはり映画で見たかった。

本当に奇跡の話ですよね。
実話ゆえに、おおいにこころ動かされた。
人と人との繋がりの深さを感じました。


映画「デザート・フラワー」

c0033213_6161162.jpg


あらすじ・
アフリカ・ソマリアの貧しい家庭で生まれ育ったワリス・
ディリー(リヤ・ケベデ)は、13歳のとき、父親にお金と
引き換えに結婚をさせられそうになったことをきっかけに、
家族のもとを離れる決意をする。広大な砂漠を命からがら
たった一人で抜け出し、やがてロンドンへたどり着いたワリスは、
故郷とは真逆の刺激に満ちた大都会で孤独な路上生活を送っていた。
そんなある日、一流ファッションカメラマンにスカウトされたことで
彼女はショーモデルへと劇的な転身を遂げる。
やがて名実ともに世界的ファッションモデルとなったワリスだったが、
華やかな外見とはうらはらにその胸中には衝撃の過去が秘められていた……。


衝撃な話。
人との出会いの大切さ。
タイトルが「デザート・フラワー」と文句なし。

映画ゆえに、フィクション加えたり、事実をカットしたりは
しているんでしょうが、一人の女性の波乱万丈の話は
凄いの一言でした。

特に割礼の話は度々聞いていましたが、この事実を伝える
ために、映画製作を考えたワリスの考えには頭が下がります。

でも、名前(「ワリス・ディリー)が砂漠に咲く花」の通りに、
奇跡のような人との出会いがありますね。

名前に導かれた、この名前ゆえの、この人生だったように、
思えます。


もし、砂漠で死んでいたら、もしロンドンの路上で。
そのもしが無く、出会いが次の出会いに繋がっていったのも、
彼女の人柄もあるだろうし、運命みたいなものも感じました。

映画的には、つっこみ所もありますが、それを差し置いても
この映画の持つ価値は低くならないでしょうね。

男性よりも女性向けかもしれませんが、男性にも
ぜひとも見て欲しい映画ですね。
[PR]
by fyamasan | 2011-02-16 06:14 | 映画 | Comments(0)

僕が結婚を決めたワケ~笑えないぞ

大好きなラブコメで、監督がロン・ハワードと聞いて、
これは見なくてはと、映画館へ。

え、これって、ラブコメって宣伝してましたよね?
タイトルと映画の内容、合ってますか?

原題は「THE DILEMMA 」


なのに、邦題は「僕が結婚を決めたワケ」

c0033213_5202650.jpg


あらすじ:
ロニー(ヴィンス・ヴォーン)はシカゴで大学時代からの
親友ニック(ケヴィン・ジェームズ)と、車のエンジンデザインの
会社を営んでいる。
理想の恋人ベス(ジェニファー・コネリー)との仲も順調で、
そろそろ彼女との結婚を考え始めていた。だが、
ある日ニックの妻(ウィノナ・ライダー)の浮気を知ったことで
ロニーの人生は一変する。


まあ、何てこと無い話であります。
結婚をしようと思うも前にすすみづらい男が、友人の
妻の浮気現場を目撃して、それをどうしようかと。

まず、この映画、華がない。
アメリカじゃ有名かもしれないけど、日本で無名な
ヴィンス・ヴォーン、ケヴィン・ジェームズが主役じゃ
お客は呼べませんよね。

昔は可愛かったのになぁの、ウィノナ・ライダー。
夫婦円満な振りして浮気する妻役はぴったりですが、
見ていてどうも、痛々しいです。


ジェニファー・コネリーも、華かといえば、ちょっと違う感じが。


邦題もそのまま「ジレンマ」になぜ、しなかったのかなあ?
変なタイトル付けるし、全然ラブコメじゃないじゃない?
これは男目線の友情の話でしょ?

c0033213_5215379.jpg


ロニーの親友のニックを思う余りの行動かもしれませんが、
ニックの妻・ジェニーヴァの浮気相手を探して、不法侵入して、
写真を撮って、あげくに、喧嘩までして、犯罪者?
ストーカーじゃないのか?

どうも、話が脇にそれてしまい、結局はどうなんだよ?と
オチもよく分からない。

大作ばっかり撮って、「スプラッシュ」のような映画は
もう撮れないのか? ロン・ハワード。

ロン・ハワードにしたら、かなりレベルの低い映画で
ありました。

c0033213_5212557.jpg


あと、クイーン・ラティファが、本当にちょこっと出てきます。
でも、これって、クイーン・ラティファじゃないと、ダメなの?

もうちょっと、出番増やしてあげてよね。


文句ばっかりで申し訳ないです
[PR]
by fyamasan | 2011-02-13 05:22 | 映画 | Comments(0)

ソーシャル・ネットワーク~アカデミー賞の本命登場なり

1日の映画の日に、マスク無しで出かけて、早速
風邪を引いてしまいましたね。

風邪をひいて無くてもマスクはつけないとヤバイッスネ。

さあ、今年もアカデミー賞の季節になりました。
早速、本命の登場です。

登録はしているもの、あんまり、FACEBOOK使って いないんですよね。
僕はもっぱらmixiですが。

映画「ソーシャル・ネットワーク」

c0033213_4555717.jpg


あらすじ:

2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、
学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフィールド)と
共に立ち上げる。サイトは瞬く間に学生たちの間に広がり、ナップスター創設者
ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)との出会いを経て、
社会現象を巻き起こすほど巨大に成長していくが……。

冒頭のマークと彼女の会話から、マークの性格がわかってしまうと
いう、話の入りが良いですね。

「あなたはオタクだから、モテナイと思っているかもしれないけど、
あなたの性格が最悪なのが、原因よ」と一刀両断されてしまいます。
本当に自己中なワガママな男。

しかし、コンピューターの知識では天才。

彼女に振られた腹いせに、ハーバードの女学生の品定めの
サイトをたちあげ、これが大きな社会現象をもたらすFACEBOOK
の始まりになっていくのです。

c0033213_456338.jpg


めちゃめちゃ早口で自分の言いたいことをしゃべるまくる、マーク。
映画はFACEBOOK誕生までの流れと並行して、裁判の過程も
描いていきます。

立ち上げた当初は、大学生の間で広まれば良いかなと、いうような
軽い気持ちが、アメリカを越えて、世界に波及していきます。

かなり胡散臭い、ナップスターの創設者、ショーンも最初は
10億ドルの価値があると考えいましたが、その遥か何倍にも
なりましたからね、凄いですよね。

c0033213_4571482.jpg


唯一の友人と言ってもいい、エドゥアルドと裁判で争う姿は、
本当に切ないです。
また、元彼女のエリカにFACEBOOKでメッセージを
送りますが、返事が来ていないか、頻繁に更新作業をする
姿にも、哀れみさえ、感じてしまいます。

史上最年少の億万長者がお金と名声を得たのと引き換えに
なくしてものは、何だったんでしょうね?

c0033213_58424.jpg


また、ハーバード大学といえば、最近は
「これからの「正義」の話をしよう」で有名なマイケル・サンデル教授が
脚光を浴びていますが、歴史的にも意義ある大学が、今も、生徒にしろ、
教授にしろ、注目を集める人を輩出出来ていることに、日本の大学も
もっと、考えて欲しいですね。
[PR]
by fyamasan | 2011-02-07 05:08 | 映画 | Comments(0)


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧