<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

わたしを離さないで~過酷な運命とある秘密

久しぶりにレイトで映画鑑賞。

予告編を見た時から、何かもう号泣しそうな感じだったので、
どうかなあと思ってましたが、いや~もう切ない。

映画「わたしを離さないで」

c0033213_1422944.jpg


あらすじ・

緑豊かな自然に囲まれた寄宿学校“ヘールシャム”。そこは、
牧歌的な田園地帯にありながら外界からは完全に隔絶され、
徹底した管理が行われている謎めいた施設だった。
そんな静かで整然とした環境の中で、幼い頃からずっと一緒に育って
きたキャシー、ルース、トミーの仲良し3人組。
やがて18歳となった3人はヘールシャムを卒業して、
農場のコテージで共同生活を送ることに。初めて接する外の世界に
不安や喜びを感じていく3人。そして、いつしかルースとトミーが
恋人になったことで3人の関係も終わりを迎えようとしていたが…。


不思議と涙は出ずに、なんか心で泣けたような気がしました。

この映画は「ある秘密」があるのですが、これは予告編などで
ネタバレしていましたので、書きます。

このヘールシャムという宿舎で育てられている子供たちは
ある目的にために、生かされています。

それは、成人したあかつきに、「臓器提供」のドナーになるため
なのです。

何も知らずに育つ彼らは思春期に、このことを告げられます。

逃げることも無く、ただ自分たちの運命を受けいらざるを得ない、
彼らの状況。


c0033213_1432153.jpg


ただ、ひとつ、彼らにとっての救いとなるのが、
「もし、男女が本当に愛し合っているのなら、それが証明出来たら、
臓器提供までの、その期間に猶予があり、普通に人として、暮らす
ことが出来るというもの。

ただ、これが実際にあったのか、どうかは、映画館でお確かめ
下さい。


印象的なシーンのひとつに、
海岸に打ち上げられた状態の一隻の船。
自分で動くことも出来ず、ただじっと、打ち上げられた状態。

まるで、この主人公たちを表すかのように。
自分たちで自分たちの人生を決められず、ただ、その過酷な
宿命を受け入らざるを得ない。


そのほかにも、自身の臓器を提供するであろう、オリジナルの
人を見に行くシーン。
初めて、レストランに入って、生まれて初めて注文するシーンなど
など。


心情を表すかのような映像&音楽も印象に残りました。


主人公たち3人の静の演技が、ググッとこちらに響いてくる。

生かされるのではなく、どんなに自分らしく生きていたかった
だろうか?

キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、
キーラ・ナイトレイの演技がやはり素晴らしい。

内面のなんとも言えない気持ちの揺れを、表情や仕草で表現。

宿舎の校長にシャーロット・ランプリング。
まだまだ美貌は衰えないですね。


なんとも過酷な運命で、そのはかない短い命を懸命に
生きようとした、三人のせつな過ぎる青春ラブストーリーで
ありました。
[PR]
by fyamasan | 2011-03-29 01:43 | 映画 | Comments(0)

ファン・ボーイズ~フォースありますよ!

あんまりDVDは見ないのですが、今年はちょこちょこと
見ていこうと思います。

ので、映画日記のように、DVDも記録していきます。

まあ、半額や100円で借りれますからね。


こちらの映画は東京ではレイトショーのみでしたが、
劇場公開されましたが、大阪ではDVDのみになりました。

DVDを見終わるとスクリーンで見たかったなあと、
思いましたが、なんとかDVDで見れて良かったです。

映画「ファン・ボーイズ」

c0033213_253296.jpg


あらすじ・

世界中の『スター・ウォーズ』ファン達が、待望の新作
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の
公開を待ちわびていた1998年。
高校時代からの仲間である『スター・ウォーズ』オタクの
エリック(サム・ハンティントン)たちは、「死ぬ前に
『エピソード1』を見たい」と願う末期ガンで余命わずかの
ライナス(クリス・マークエット)の願いを叶えるため、
ジョージ・ルーカスの本拠地であるスカイウォーカーランチに
侵入し『エピソード1』のフィルムを盗みだし、
世界で最初に見たファンとなり歴史に名を刻もうと、車で
アメリカ横断の旅に出る。

しかし、彼らの行く手には、対立するトレッキー軍団、
そしてカーク船長こと、あのウィリアム・シャトナーとの遭遇など
様々な困難が待ち受けていた・・・。
果たして彼らはいくつもの試練を乗り越え、『エピソード1』を
見ることができるのか!?


「スターウォーズ」を愛する人に捧げたオマージュ映画。
「スタートレック」ファンのトレッキーとの戦いもあるも、
全編B級映画のノリで、下品です。
が、笑わせて笑わせて、友情の話なんかもいれる憎い演出に、
最後は涙出たじゃないですか?

僕は「スターウォーズ」、「スタートレック」よりも
「猿の惑星」に思い入れがあるので、この映画の主人公たちの
ように、思いっきり、人生をかけて「スターウォーズ」は
追いかけてはいません。

でも、僕がグッと来るんだから、「スターウォーズ」が
好きな人なら、尚更グッと来るでしょうね。

本気度が違う。
そして、スカイウォーカーランチやルーカス通りとか
あるのが、アメリカらしいですね。

まさにファンにとっては聖地になるわけですね。


エピソードは7,8,9と残っていますが、もう作られないのが
残念ですね。
「スターウォーズ」の3Dの話は楽しみですが、出来るなら
ルーカス在命中に残りのエピソード、作ってよ~と、思うのですが。

これだけのファンが世界中にいるわけですからね。
[PR]
by fyamasan | 2011-03-27 02:59 | B級の館 | Comments(0)

バック・トゥー・ザ・フューチャー&目撃者 ~80’s 最高

震災から映画の紹介は控えておりました。
なんとも気楽な映画紹介を書いていいものかと。

また、今日から再開します。

映画に愛をこめて。

震災の一日でも早い復興を願って!


DVDでも気軽に見れますが、やはり大きなスクリーンで見て欲しい。
30代以降の人なら、一度は見たことがあるでしょう!と思う
映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」とハリソン・フォードの
「刑事ジョン・ブック 目撃者」

80年代を代表する映画であります。

c0033213_2262298.jpg


映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」

あらすじ・

親友の科学者ドク(クリストファー・ロイド)の発明したタイムマシンで、1985年から1955年に
タイムスリップしてしまった高校生のマーティ(マイケル・J・フォックス)。
彼はそこで自分の両親になるはずのロレーン(リー・トンプソン)とジョージ(クリスピン・グローヴァー)に
出会う。だが、内気なジョージは彼女に告白できないまま、乱暴者のビフ(トーマス・F・ウィルソン)に
こき使われる毎日。しかも、ロレーンがマーティに恋をしてしまい・・・


中学生の頃、学校をサボって見に行った唯一の映画ですね。
ほんとに見て楽しかった。

アラフォー世代になりつつですが、今、見ても抜群に面白かったです。
また、当時のことが思い出されて、これはプチ同窓会などで見たら、
話が弾むなあと考えてしまいました。

高校生の頃は、リアルタイムで、シリーズ2、3の公開を楽しみにしていましたね。

懐かしい。
けれど、古くない!


映画「刑事ジョン・ブック 目撃者」

c0033213_2255077.jpg


あらすじ・

フィラデルフィアの駅で殺人を目撃したアーミッシュの少年。
捜査を担当したジョン・ブック刑事は、目撃者の少年に事件のことを聞き出そうとする。
そして彼が指した犯人とは驚くべき人物だった。


こちらは以前にもDVDで見た感想を書きましたので、あんまりは書きませんが。
でも、良いものは良い。
あらためて、何度見ても、ウルウルと感動してしまいますね。

冒頭のアーミッシュの村の風景の描写から、もうこの映画の世界に入っていけますね。
殺人事件を追うサスペンスと、切ないラブストーリーを織り交ぜての憎い展開。
ハリソンとマクギリスの大人の純愛は、何度見ても、涙ですね。

ハリソン・フォードにしても、監督のピーター・ウィアーにしても、
この頃が一番脂が乗っていた時期ではないでしょうかね?

また、熱い作品を見たいですね。
[PR]
by fyamasan | 2011-03-26 02:27 | 午前十時の映画祭 | Comments(0)

冷たい熱帯魚~でんでん、最高!です

早く見たくて仕方なかったですが、なかなか上映時間が合わず、
見れずじまいでした。


ようやく見てきました!

いや~、凄かった。

ハイテンションで、ラストまで引っ張る。

でんでん、凄い!

映画「冷たい熱帯魚」

c0033213_383495.jpg


あらすじ・

小さな熱帯魚屋を経営する社本信行は、ある夜、娘の美津子が
スーパーで万引きをしたため、妻の妙子とともに店に呼び出された。
その場を救ってくれたのは、スーパーの店長と知り合いの村田幸雄。
村田は巨大な熱帯魚店、アマゾンゴールドのオーナーだった。
帰り道、村田に誘われ店に寄る事に。そこで美津子を住み込みの
従業員として預かる事を提案され、無力にも了承する社本。
さらに数日後、村田から“儲け話”をもちかけられる


前半がでんでん。
後半が吹越満。

絶妙なキャスティング。


c0033213_39940.jpg


壮絶な気の重くなる内容を、スプラッター系のエンターテイメントに
しているのが、凄いなあと。

何度も書きますが、でんでんが凄いですね。
軽妙なトークで人の心の中に入り込み、ダークサイドへ
強引に引きずりこむ。

「復讐するは我にあり」の緒方拳を見て、こんな役をやって
みたかったと、この村田という役を熱望していた、でんでん。

前半は、ただ、村田(でんでん)の言うがままに動かされてきた
社本(吹越満)ですが、後半からだんだんとその内に秘めた
狂気が姿を現していく。

そして、なんとも切なくも壮絶なラストへと突っ走る。

1993年に起こった埼玉愛犬家連続殺人事件を元に
監督の園子温と高橋ヨシキが脚本を書く。

c0033213_393679.jpg


これが、実話事件の映画3部作の第1作となるそうで、
2,3作と楽しみになってきます。

村田と同じく狂気のダークサイドに落ちている妻を演じた黒沢あすか。
うさんくさい、弁護士の筒井を演じた渡辺哲。
そして、見事な脱ぎっぷりに拍手を送りたい、社本の妻を演じた
神楽坂恵。


なんとも絶望的な話をここまで、面白く描いてくれたので、
僕的には、悲惨さよりも、アドレナリン出まくりで、
かなりハイテンションになりました。

でも、間違っても、これカップルで見てはいけませんよ。

近くにいたカップルは映画が終わるやすぐに席を立ちました。

映画の選択ミスやろ~!

でも、この映画、見終わると誰かと話したくなりますね。


恐るべき、園子温監督。
[PR]
by fyamasan | 2011-03-08 03:09 | 邦画 | Comments(4)

映画に愛をこめて/アメリカの夜~映画万歳なり!

ちょいっと遅れましたが。
新作、大作に押されて、観客の入りはいまひとつでしたが、
久しぶりにトリフォー映画をスクリーンで見れて嬉しかったです。

「恋のエチュード」とかまた見たいなあ。


映画「映画に愛をこめて~アメリカの夜」


あらすじ・

フェラン監督(フランソワ・トリュフォー)がハリウッドから
ジュリー・ベイカー(ジャクリーン・ビセット)を主演女優に招き、
ニースの撮影所で新作映画『パメラを紹介します』を撮影している。
しかし、停電で現像前のフィルムが駄目になったり、芝居がうまく
できずに酒浸りになる脇役がいたかと思うと、仕事そっちのけで
女ばかり追いかけ回す男優がいたり、スタントマンとスクリプターが
駆け落ちしたりと、なかなか撮影ははかどらない…。


映画を愛する人たちの、喜び、嬉しさ、苦しさ、逃げたいと思う
気持ちなど、色々な想いがスクリーンを通して、伝わってくる。

規模は違えど、自主映画も、現場は現場。
自分の撮影現場を思い出しながら、トリフォーの撮影現場での
奮闘ぶりに、面白さと、しんどさが痛いほど、胸に響いてくる。

ひとつの作品が生まれるのは、そんな生半可なものじゃなくて、
たとえ、自主映画でも色々な問題が起きてきます。

でも、全てを撮り終えると、不思議とまだまだ続いて欲しいなあと、
祭りが終わるのが嫌なように、思えてきますね。

編集やその他、撮影が終わっても諸々のことがあるので、
映画はなかなか完成とは行きませんが。

ジャクリーン・ビセットは綺麗の一言。
もっと主演作を見たいですね。

ジャン=ピエール・レオの優柔不断さにはイライラしますが、
この人も上手いなあ。

ジャン・ピエール・オーモンは渋いですね。
今風のチョイ悪おやじですかね。


何度と無く見てみたい映画ですね。
「映画に愛をこめて」、良い邦題です。

ちなみに、「アメリカの夜」とは、夜のシーンを昼間に撮るため、
カメラにフィルターをつける撮影の技法のことになります。
[PR]
by fyamasan | 2011-03-06 07:26 | 午前十時の映画祭 | Comments(0)

英国王のスピーチ~踏み出す一歩に

3月1日は映画の日であり、アカデミー賞発表の後ですから、
たくさんの人で、劇場は賑わっていました。

「ソーシャル・ネットワーク」と「英国王のスピーチ」共に
アカデミー賞の本命争いでしたが、偶然にも実在の人物に
スポットをあてたもの。

軍配は、ITの異端児よりも、内なる情熱を秘めた第2次
世界大戦時のイギリス国王に上がりましたね。


映画「英国王のスピーチ」

c0033213_0322183.jpg


あらすじ・

1936年の英国。国王ジョージ5世の後継として長男のエドワード8世が
即位するが、離婚歴のある米国女性と結婚するために1年もしないうちに
王座を捨ててしまう。
ジョージ6世として王位に就くことになった弟のヨーク公は
内気な性格に加え幼い頃から吃音症に悩み、公務でのスピーチは常に
苦痛の種だった。そんな夫を優しく励ます妻のエリザベスは、
オーストラリア人のスピーチ矯正専門家ローグを見つけ出すのだった。


ゆっくりとした展開ゆえに、眠気を催す人も多かったように思えます。
ただ、徐々にはですが、クライマックスへと持ち込む展開は良かったですし、この映画が単なる、ジョージ6世の心の葛藤を描くだけでなく、
夫婦愛や、矯正専門家ローグとの友情をも描いているのが、さらに
良かったですね。

優しさとユーモアに溢れた愛すべき映画でした。

主演のコリン・ファースはヨーク公(ジョージ6世)、そのもの
でしたし、妻役のヘレナ・ボナム=カーター、ローグを演じた
ジェフリー・ラッシュともに、脇を支える俳優陣が見事でした。

c0033213_0331170.jpg


イギリス王室の意外な史実も知れて面白かったですね。
権威、王位よりも恋に生きたエドワードの生き方も、また
素晴らしいと思います。

吃音で悩むヨーク公の姿が何とも見ていて、胸が痛くなりました。
僕も軽度の吃音なのか、なかなか言葉が出ないことがあるので、
ヨーク公の気持ちはよく分かります。

緊張したらダメなのに、緊張して、さらに声が出なくなる。


ドイツとの戦争が避けられない事態となった時に、イギリス国民を
ひとつにするために、ジョージ6世がとらなくてはならない行動、
それをするために、一歩踏み出そうと奮闘する彼の姿に、いつの間にか
泣いてしまってましたね。


c0033213_0335469.jpg


エンドクレジットのエピソードにも、ウルウル来ました。

日本の王室でも、色々なドラマがあるんでしょうが、
映画やTVドラマにはなりませんかね?
[PR]
by fyamasan | 2011-03-02 00:34 | 映画 | Comments(0)

「エイリアン」&「キャリー」~豪華なホラー

2月5日から始まった第2回午前10時の映画祭。
西宮OSでは、「エイリアン」から始まり、「キャリー」へと。
どちらも70年代を代表するホラー映画であります。

特に「キャリー」は劇場で見る機会が無かったので、
ワクワクしながら、見てました。


映画「エイリアン」

c0033213_327183.jpg


あらすじ・
2087年。資源を積んで地球に帰還するノストロモ号は、
とある惑星で正体不明の地球外生命体に遭遇。乗組員の体内に寄生したエイリアンはその腹を食い破って逃走。船内で次々とエイリアンの餌食になっていく仲間たち。最後に残された女性乗組員のリプリーは正体不明の生命体を相手に一人闘うことに……。

エイリアンシリーズの原点。
シガニーウィーバーも若い。
ビキニパンティに中学生の頃は、興奮しましたね

c0033213_3333795.jpg


今のCGを使えばさらにすごい「エイリアン」の世界観が
見れるでしょうね。
これを30年近く前に作っているのが、凄いの一言ですね。


現在、リドリースコット監督で、エピソード的には「0」である
リメイクを製作中とのことですが、詳細をもっと知りたいですね。


映画「キャリー」

c0033213_3325738.jpg


ホラーの鬼才スティーヴン・キングの長編小説を、
当時新進のブライアン・デ・パルマ監督が悪夢のような映像美で
描き上げた青春ホラー映画の秀作。
学校ではいじめられ、家では狂信的母親にののしられる日々を
過ごす少女キャリー(シシー・スペイセク)は、遅い初潮を
機に超能力に目覚める。一方、そんな彼女をプロム・パーティで
励まそうとする友人(エイミー・アーヴィング)の優しい思惑は、
心ない悪ガキ(ジョン・トラボルタ)どもの魔手により、
やがて壮絶極まりない惨劇の扉を開けることに…。


いや~、この映画、映画館で見たかったんですよ。
映画好きになり、中学生、高校生の頃は、怖いもの見たさで、
ホラー映画をよく見たんですが、「キャリー」も噂以上の
衝撃を受けました。

ようやく映画館で見れた。

クライマックスは、オチは分かっていますが、それに至る
過程も十分に楽しんで見れました。

制作費など考えると、B級映画になるんでしょうが、
アイデアを凝らした演出、展開はデ・パルマの真骨頂の
ような気がします。

「どないや?」見たいな、デ・パルマの心意気が伝わってきますね。


共に映像作家として、多くの作品を作り出す記念碑的な映画
なのでは?と思いますが。

現在のホラー映画に飽きた人にこそ、見て欲しいホラー映画では
ないでしょうかね?
[PR]
by fyamasan | 2011-03-01 03:33 | 午前十時の映画祭 | Comments(0)


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧