<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ブラック・スワン~ナタリーよ、そこまで
プロレスファンの僕にとっては、なんとも切なくて、切なくて、
でも、プロレスLOVEが感じられた、ミッキー・ローク主演の
「レスラー」の監督ダーレン・アロノフスキーの最新作。
しかも、主演のナタリー・ポートマンがオスカー受賞と聞けば、
見に行かないわけがない。

意外とレイトは人が少なかったなあ。
カップルもいたが、これは選択ミスやろなあ。
「パイレーツ」見れば良いのにね

映画「ブラック・スワン」

c0033213_33666.jpg


あらすじ・

ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレニーナ・ニナは、
純真で繊細な“白鳥”と、妖艶に王子を誘惑する“黒鳥”の二役を
踊る「白鳥の湖」のプリマドンナに大抜擢される。
しかし優等生タイプのニナにとって“白鳥”はともかく、
悪の分身である“黒鳥”に変身することは大きな課題だ。
初めての大役を担う重圧、なかなか黒鳥役をつかめない焦燥感から、
精神的に追い詰められていくニナ。
さらにニナとは正反対で、“黒鳥”役にぴったりの官能的な
バレリーナ・リリーが代役に立ったことで、役を奪われる恐怖にも
襲われる。
ニナの精神バランスがますます崩壊する中、初日は刻々と
近づいてくる…。

もう何度も予告編を見せられたので、ニナが黒鳥になるのは
分かってました。
どういう心境や変化で、その役になるきる境地にいたったのか、
それがどう描かれるのか、凄い興味がありました。

c0033213_3363915.jpg


いやいや、ナタリー・ポートマン、ここまでするのかい?と
思うほどで、現実と妄想の境目が、見ているこちらにも
判断出来ないので、めちゃめちゃ、感情移入してしまった。

演出家トーマス(ヴァンサン・カッセル)が言う、
「自分を解き放て!」

それは、バレリーナとして新たな境地に達することへの
期待だろうけど、自己破壊へと繋がるかなり危ない声でも
あった。

c0033213_337565.jpg


僕は役者を目指しているのではなく、監督を目指しているの
ですが、この映画のように、主役に抜擢されたバレリーナや
大きな舞台で演じる役者さんの心境って、自分が潰れるんじゃ
ないかと思うぐらいの追い込みがあるんでしょうね。

ナタリーの役者魂、見せてもらいました。

ニナの母役をバーバラ・ハーシーが演じる。
この人も年取ったなあと思うと少し寂しいが、久しぶりに
スクリーンで見た感じがする。

注目はニナの前の主役だったべスを演じるのが、
ウィノナ・ライダー。

現実を彷彿とさせる役柄ゆえに、見ているこちらも
なんとも胸が痛いです。
でも、ここからまた立ち直っていくウィノナ・ライダーの
姿が見たいなあ。

c0033213_3373574.jpg


「レスラー」のミッキー・ロークといい、今回のウィノナ・ライダーと
いい、絶妙なキャスティングですね。


全体的なトーンは暗め。
色も白と黒の対比、または赤の使い方が効果的。
ニナの唇の赤や血の色の赤。
ラストの赤色は衝撃的ですね。


下手なホラー映画より、よっぽど怖いですね。
R15なのが、よく分かります。
でも、また見たくなりますね。

こういう映画、撮りたいです!
[PR]
by fyamasan | 2011-05-30 03:37 | 映画 | Comments(2)
婚前特急~恋愛査定?
来月の6月にクランクイン予定の僕の次回作の「ウェディング」に
雰囲気がとてもよく似ています。

もう大阪では上映は終わっちゃいましたが、機会があれば
ぜひとも、見てくださいね!

久しぶりに、映画館で大笑いした。

映画「婚前特急」

c0033213_148383.jpg


あらすじ・

24歳のOL、池下チエには5人の彼氏がいた。
19歳から54歳まで、それぞれに一長一短はあるが、
それなりに満足していたチエ。しかし、親友のトシコが
オメデタ婚した事から、チエも彼氏たちを査定してみる事にする。
一番結果が悪かったのは、26歳の田無タクミ。
ひとまず彼と別れようとしたチエに田無は「俺達付き合ってないじゃん。
このまま体の関係だけ続けようよ」ととんでもない一言を。
キレたチエは、田無に復讐を決意する…。


自主映画を何本か見たことがある、前田弘二監督の
劇場長編映画デビュー作となります。


この映画、主演の吉高由里子と浜野謙太が出ていると
いうことで、成功ということじゃないでしょうか?

可愛い、美人ということで、わがまま好き放題な女王様
気質のチエと、どこかとぼけた様子ながらも、憎めない
キャラの田無。

チエと田無のやりとりが、これまた笑えた。

吉高由里子のわがまま女王様もはまっていましたが、
やはり田無を演じた浜野謙太さん、最高ですね!

c0033213_149958.jpg


SAKEROCKというバンドのメンバーということですが、
芸達者な人ですね。

査定をするうちに、本当に自分が好きな人は、大事な人は
誰なんだろう?と気づいていくチエ。

ただの体だけの関係、俺には本命がいるんだと、チエには
いつもいじめれているはずなのに、ええ、俺って、、、、な
田無の気持ち。


5人の彼氏がいるチエが恋愛査定して、最後に選ぶのは
誰なのか?

対照的な5人の彼氏。
それぞれ、メリット、デメリットがある。

チエに結婚願望を持たせる、恋愛には堅実な友達を
杏が演じる。

自主映画にも出ていました、前田監督作品、常連の
役者の顔もチラホラと。


最後のまとめ方が、ちょっと手堅いかなあと思いますが、
存分に笑わせてもらいました。

c0033213_1524811.jpg


列車はほとんど関係ないですが、往年の名作・列車シリーズ、
監督・瀬川昌治、主演・渥美清のような恋愛コメディを
前田監督、作ってもらいたいですね。
[PR]
by fyamasan | 2011-05-25 01:53 | 邦画 | Comments(0)
大雷蔵祭なり~
好評でついに、「大雷蔵祭 in 大阪 其の参」まで
来ましたね。

書くのが遅れてしまい、もう今週の27日(金)で終わりますが、
時間の都合がつけば、ぜひとも、梅田のガーデンシネマへ。

市川雷蔵の魅力に酔いしれてください!


c0033213_4331945.jpg


上映作品

『薄桜記』
『若親分』
『破戒』
『続忍びの者』
『眠狂四郎 勝負』
『蛇姫様』
『第三の影武者』
『鯉名の銀平』

ここまでは終わってしまいましたので、残りの
4本となります。


『陸軍中野学校』
『人肌孔雀』
『ぼんち』
『博徒一代 血祭り不動』


僕は、『薄桜記』 『若親分』 『第三の影武者』 『鯉名の銀平』の
4本を見ることが出来ました。

市川雷蔵、時代劇の傑作と呼ばれる 『薄桜記』
まっすぐで男気な任侠道を描いた 「若親分」
コミカルだが、なんとも言えない悲しみを感じさせる 『鯉名の銀平』

そして、黒澤明の「影武者」よりも断然面白く、主人公の葛藤に涙して
しまう 『第三の影武者』

4本、それぞれ見ごたえありました。

特に、『第三の影武者』は影武者として生きざるをえない主人公の葛藤に
胸がいっぱいで切りつけられるような気持ちでした。

明るいコメディタッチの雷蔵が僕は好きなんですが、こういう、心の内面を
深く描くような作品の雷蔵も、良いですね。

ぜひとも、劇場へ!
[PR]
by fyamasan | 2011-05-23 04:42 | 邦画 | Comments(0)
八日目の蝉~女性として、母として
「阪急電車」と同様に、原作がかなり良かったので、
映画化は楽しみでした。

観客はほぼ女性でしたが、すすり泣く声が響きました。
アラファーの僕もハンカチ片手に、泣きっぱなしで、
久々に号泣状態でした。

映画「八日目の蝉」

c0033213_3121057.jpg


あらすじ:
子どもを身ごもるも、相手が結婚していたために出産を
あきらめるしかない希和子(永作博美)は、ちょうど同じころに生まれた
男の妻の赤ん坊を誘拐して逃亡する。
しかし、二人の母娘としての幸せな暮らしは4年で終わる。
さらに数年後、本当の両親にわだかまりを感じながら成長した
恵理菜(井上真央)は大学生になり、家庭を持つ男の子どもを
妊娠してしまう。

どうしようもない身勝手な男の逃げ口に、同じ男として、
情けなさも感じるも、そんな男に惚れてしまう女性も
やはりいます。

映画、全編見ていて、何か身が削られるような、
なんともいえない切なさが、全身を駆け抜ける。

c0033213_3125720.jpg


なんで、ここまで胸が苦しくなるのだろう。
男の僕ですら、これだから、女性なら尚更、締め付けられる
のではないでしょうかね?

ひとりの母親としての愛情の深さ。
ひとりの女性としての、背負わなければならない業の深さ。
そして、底が見えない憎しみの深さ。


母親であるのか、それとも、女性であるのか?
その存在が複雑に交差していく。

心の闇と光を、凄いものを見てしまった。

c0033213_3131968.jpg


永作博美の全身全霊をかけ、魂を見せ付けた演技と、
井上真央のこれまた、複雑な環境に育った女性を演じる
繊細な演技。

なかなか女優として、これほど、やりがいのある役も
珍しいのでは、ないでしょうかね?

小池栄子も男性恐怖症のおどおどした女性像も良かったし、
子供を誘拐された妻を演じた森口瑤子も迫るものが
ありました。

ほんと、最低の男ですが、田中哲司さん、見事な演じ方。

原作と違う、ストーリー展開も、さすが、
「サマー・ウォーズ」の脚本を手がけた奥寺佐渡子さん、
うまいです。

この世に生まれて、たった七日間しか生きられない蝉。
誰も知らない世界に取り残された八日目の蝉は、
幸せなのか、不幸なのか?

新しい世界を見ること、それはひとつの希望になりえる
のだろうか?

まだまだ余韻が残る、「八日目の蝉」。

ぜひとも、体全体で受け止めてもらいたいですね。

本当にちょっとの出演ですが、田中泯さん、その存在感、
この映画になくてはならないですね。

胸が締め付けられるけど、また見たいです。
[PR]
by fyamasan | 2011-05-17 03:13 | 邦画 | Comments(0)
阪急電車~片道15分の奇跡・人のつながりを信じたい
普段は阪急京都線をよく使う僕です。
もう小学生の頃から、家族と一緒に京都や梅田まで行ってましたね。

梅田に行くと、阪急百貨店の8階にあった大食堂で食事し、
帰りは阪神百貨店下のマクドでお持ち帰りするというが、
パターンでしたね。

今はもう大食堂もないですが。

でも、なかなか、この映画の舞台となる今津線には乗った
ことがほとんど無かったです。
最近は西宮OSで「午前10時の映画祭」見ているので、
西宮北口にはよく行きますね。

長々と前置きが、


映画「阪急電車~片道15分の奇跡」

c0033213_1264723.jpg


ストーリー:
阪急今津線の車両内。白いドレスを着て結婚式の引き出物を
抱えた女性(中谷美紀)に、見知らぬ老女が声を掛ける。
一方、暴れる彼氏を前に動揺する若い女性(戸田恵梨香)。
降りる彼を追う彼女にもまた、老女が声を掛けるのだった。


普段電車に乗っていても、見知らぬ人と話をすることは
なく、全くの他人です。
でも、何かの拍子に話が出来るとなぜか、気持ちがほっこりと
暖かくなりますよね。


そんな偶然が続いた奇跡の物語でしょうか?

東京では、大阪でも撮れない、この今津線の地域だから
こそ、描けた物語ではないでしょうかね。


中谷美紀、戸田恵梨香、南果歩を差し置いても
この映画、宮本信子の存在感が圧巻でした。

僕が中学、高校生の頃、伊丹十三と組んだシリーズでも、
圧倒的な主演女優でしたね。
でも、、もうおばあちゃん役をやるのかと思うと、
少し寂しさも感じましたが、素敵なチャーミングな
おばちゃんでしたね。

特に泣きやまぬ孫に言う、
「泣くのは構わない。でも、自分の意志で涙を止める
女になりなさい」と。

c0033213_1275210.jpg


あと、迷惑なおしゃべりオバタリアン(もう死語かな?)に
ビシッと人の道を説く姿は、本当に、「天晴れ!」でした。

若い頃の役を黒川芽衣が演じていて、これがなかなか似ていた
ので、ちょっとびっくりしました。

男女8人のエピソードが、絶妙で絡むあう原作の
持ち味をいかしつつ。
さらにこの映画のテーマであるような、人の繋がりを捉えた
映像の温かさが、とても心にしみました。

原作を好きだと、やはり物足りないところもありますが、
見終わると優しい気持ちになれますよね。

c0033213_1283260.jpg


震災で、人の人を想う気持ちがクローズアップされる中、
今、この時期だからこそ、見てもらうような、癒しの映画の
ようにも思えます。

西宮北口に行った時は、今度は今津線に乗ってみようかなあ。
[PR]
by fyamasan | 2011-05-14 01:28 | 邦画 | Comments(2)
しずり雪~江戸の人情に癒される
去年の暮れにも紹介しました、安住洋子さんの著作。
もうずいぶん、春らしく暖かくなりましたが、本当にこころ温まります。

今回も珠玉の4篇を収録。


「しずり雪」 安住洋子(著)

c0033213_1235159.jpg



老中・水野忠邦の改革が始まり、苛烈な奢侈取り締まりで
江戸庶民たちの心も暮らしも冷え切っていた。
幼なじみの小夜と所帯を持ったばかりの蒔絵職人・孝太も、
すっかり仕事が途絶え、苦しんでいる。そこへしばらく連絡もなかった
幼い頃の友達が、ご禁制の仕事を持ち込んできた―。
切ないほどの愛、友情、そして人情。
長塚節文学賞短編小説部門大賞を受賞した表題作『しずり雪』ほか、
三編を収録

今回も解説が縄田一男さん。
女藤沢周平と評されるように、本当に文体が格調高いです。
僕は本を読みながら、「この文章表現良いなあ」と思うところは、
少し折り目をつけているのですが、「しずり雪」はかなり折り目を
つけてしまいました。

池上冬樹さんの書かれた
「行間から人生の哀愁がこぼれ、読者はしばしば目頭を拭うことになる」

僕もこの感想通りだと思います。

この本を読みながら、何度、目頭が熱くなり、「ううっ」と
きたことか。

すすっと江戸時代へと進んでおりました。



素晴らしい映画を見たときも至福な時間ですが、
素晴らしい文章に出会うのも、また至福ですね。

あと、「夜半の綺羅星」と「いさご波」が出版されているので、
こちらも早く読みたいですね。


本当にオススメなんで、書店や図書館にあれば、ぜひとも
一度手にとっていただきたいですね。
[PR]
by fyamasan | 2011-05-04 12:39 | 読書 | Comments(2)
  

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧