<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
生き残るための3つの取引~今年のマイベスト!かな?
少し前に上半期のベスト5を発表したばかりですが、
これがおそらく今年のベスト1かな。

イケメン俳優やK-POP旋風でちょっと見るのを控えていた韓国映画
ですが、これは見ごたえありで、久々に体が震えた映画でした。


恐るべし韓国映画、こんなフィルムノワールを見せてくれるとは。


映画「生き残るための3つの取引」

c0033213_0513542.jpg


あらすじ:
警察庁広域捜査隊のチョルギ刑事(ファン・ジョンミン)は、優秀だが警察大学出身
でないため出世街道から外れていた。
そのころ連続殺人事件犯逮捕に失敗した警察は、犯人をでっち上げるという暴挙に出る。
その白羽の矢がチェ刑事に立ち、彼は昇進と引き換えに裏工作を引き受けるが、
チュ検事(リュ・スンボム)にそのことをかぎつけられる。


ノンストップなアクション。
これでもかと見せ付ける主人公の葛藤。

北野武の「アウトレイジ」が、”全員悪人”というキャッチコピーでしたが、
この映画も、まさにそれでした。

いつまでも出世の道が開けない熱血漢の刑事も、いつのまにか、
出世への誘惑に負けて、ドロドロの道を歩いていくことになる。

また、上昇志向の頭の切れる若き検事も、自身の欲望を抑えることが
出来ない。

そこに、なんとか事件の早期発見を願い、犯人をでっち上げようとする
警察に、不動産ブローカーやうさんくさい、建設会社の会長など、
魑魅魍魎な輩らが、人の足を引っ張ろうと画策する。

このドロドロな世界から、誰が抜け出すのか?
誰が、ババを引くのか?

c0033213_052976.jpg


ラストも衝撃の事実があり、本当に、人間のエグイところを見せつけられますが、
でも、強烈に面白い!


これは見逃せませんね!

冷血な検事の部下には、ほんわかなゆるキャラを置いたりと、良い具合に
メリハリがあります。


ハリウッド、リメイクもありそうな感じですが、こんな邦画、見たいなあ。
というか、作りたいなあと、心底思いました。


天晴れ! リュ・スンワン監督


DVDは10月4日発売!
[PR]
by fyamasan | 2011-08-27 00:52 | 韓国映画 | Comments(0)
モンスターズ・地球外生命体~ラブストーリー?
去年、見た「第9地区」のような、「おお、やるね!」というような
新鮮な驚きがありました。

僕もじつはゾンビ映画を撮りたいと考えています。
でも、普通のゾンビではなく、愛を語るゾンビ映画にしたいと
思います。


タイトルだけみると、SF映画、エイリアンモノかな?と思いますが、
意外や意外、ラブストーリーものでした。

c0033213_4243043.jpg


映画「モンスターズ・地球外生命体」

あらすじ・
太陽系に地球外生命体の存在を確認したNASAは、探査機を使いサンプルを採取する。
しかし、大気圏突入時にメキシコ上空で大破してしまう。
その直後から、地球外生命体が増殖をし始め、メキシコの半分が隔離される事態に。
それから6年後、“モンスター”たちにより多大な被害を受けているメキシコで
スクープを狙うカメラマンのコールダーは、怪我をした社長令嬢のサマンサを
アメリカ国境まで送り届ける役目を与えられる。

噂を聞きつけて見てきました。

制作費、130万円なり。

監督のギャレス・エドワーズはこの映画の成功を受けて、次回のハリウッド版の
「ゴジラ」の監督に抜擢されたという。

130万円で、これ撮れるとは凄いなあ。

自主映画している者にとっては勇気もらえる話ですね。


断然お金かけている映画とは、そりゃ比べられませんが、低予算ながらの
アイデア、意地が感じられる。

危険地域を抜けていく、男女のロードムービーですが、最初はなんの恋愛感情
ないのが、だんだんと一緒に行動することにより、っていう話になりますが。


ギャレス・エドワーズ監督、次は「ゴジラ」とハードル高いですが、
独自の映画作り、楽しみにしています!

いつか、会えて一緒に仕事出来ることを、僕の夢リストに加えておこう!
[PR]
by fyamasan | 2011-08-08 04:25 | B級の館 | Comments(2)
上半期(+アルファ)のベスト5
まあ、上半期というよりも、1月から8月にかけてとなります。

今年は「アラビアのロレンス」から始まって、とりあえずは
「ディア・ハンター」まで、映画館で80本見ることが出来ました。

新旧と混ざっていますが、「午前10時の映画祭」や「市川雷蔵映画祭」
などを考えると、旧作の方が多いかもしれませんが、一応、今年公開した
映画を対象とします。


c0033213_4315726.jpg


洋画編

第1位・「キックアス」


色々な意味で、刺激を受けました。
続編はどうなるのか? かなり気になりますね。


第2位・「愛する人」

タイトルで損をしているような気がします。
3つのストーリーが良いあんばいで絡み合います。
母と娘のすれ違う切なさにグッときましたね。


第3位・「ブラック・スワン」

N・ポートマンの体当たり的な演技と、見ているこちらも、ものすごく
プレッシャーを感じてしまう、決して見た後は心地よくはないのですが。


第4位・「ジュリエットからの手紙」

上手く行き過ぎな気もしますが、こんな展開も良いですね。
おばあちゃんの初恋を孫が探すという物語に、おばあちゃん子の僕には
たまらない話でした。


第5位・「バビロンの陽光」

困難な状況で、この映画を作り上げたということが、素晴らしいです。
次回作も期待しています。
こちらも涙なしでは見れないですね。


次点・「英国王のスピーチ」

  
c0033213_441373.jpg


邦画編


第1位・「冷たい熱帯魚」

文句なしの一位でした。
見終わったあと、ものすごく疲れましたが、ものすごい充実感も
ありました。こんな映画、撮ってみたいと強く思いました。


第2位・「八日目の蝉」

原作以上に、泣かされました。
4歳の女の子も含めて、女優陣が素晴らしかったです。


第3位・「阪急電車~片道15分の奇跡」

ほんわかですが、見終わった後はすごく良い気分になれました。
普段見慣れている阪急電車が、とてもまぶしく感じました。
宮本信子、万歳!と思うほど、良かったです。

第4位・「婚前特急」

吉高由里子, 浜野謙太の掛け合いが抜群でした。



第5位・「名探偵コナン~沈黙のクォーター」

めちゃめちゃ、スーパーマン風なコナンでした。
セリフや行動が、カッコ良かったですね。
毎年の楽しみです。


「もしドラ」「さや侍」「プリンセス・トヨトミ」などありますが、
ベスト5に入れるほどでもないだろうと思います。

「マイ・バックページ」を見逃したのが、ミスですね。

今年中にどこかで見れるかな?


今月も含めるとあと5ヶ月あまり。

100本は越えそうですが、150本は見れるかな?

少しでも多くの映画、見たいと思います。
[PR]
by fyamasan | 2011-08-07 04:25 | 映画 | Comments(0)
いのちの子ども~一筋の光を
久しぶりのドキュメンタリー。

日本人には遠い存在のパレスチナ。

ひとたび、紛争が始まると当たり前のように死者、負傷者が出る。

ユダヤ人、パレスチナ人、人種に関係なく、人を救おうと
懸命に生きるひとたちがいる。

ひとつの命を助けるために

c0033213_024394.jpg



映画「いのちの子ども」

内容・

免疫不全症で、すぐにも骨髄移植が必要な生後4ヶ月半の赤ん坊
(ムハンマド)が、封鎖されているガザ地区から、テル・アビブ郊外の病院に
運び込まれた。
映像作家のエルダールは医師に協力を頼まれ、テレビで寄付を呼びかける。
匿名を条件に寄付があり、手術は成功。しかしエルダールは、やがて赤ん坊の
母親ラーイダがパレスチナ人としてのアイデンティティーと、イスラエル人の助けを
借りなければならない思いの狭間で苦しんでいる事に気づく。


紛争が多くの人が命を落とす中、ひとつの命を守るために、
医師やこの監督、多くの人が走り出す。


長年TVジャーナリストとして、取材をしてきた監督のエルダールが
撮る映像は、リアルなパレスチナの現状を表している。

そこには当たり前ですが、戦争映画にあるような高揚感はなく、
ただ、怖さと空しさ、寂しさを感じてしまう。

助けてもらいたい、でも、敵であるユダヤ人の助けてもらって
いいのか?
同胞はどう思うのか?
裏切り者として、とらえられるのか?

様々な思いが、母のライーダの心が揺れる。

また、パレスチナ人だが、イスラエルの病院で働く医師の
存在もまた希望のようなものです。

イスラエルの攻撃によって、自身の娘を殺されたのにも関わらず、
元のイスラエルの病院で勤務につく。

パレスチナ、ユダヤ人、人種に関係なく医師として、人を救うことを
選んだ。


今も憎しみ会う民族。
しかし、生まれてきたムハンマドにはなんの罪もないはず。

このムハンマド大きくなった時、この地域の対立は緩和しているのか?


ユダヤ人医師である、ソメフが言った言葉に祈りたい。
“いつかムハンマドと私の息子が一緒に遊ぶようになってほしい。”

一筋の光は、やがては大きくなるはずだ!
[PR]
by fyamasan | 2011-08-03 00:25 | ドキュメンタリー | Comments(0)
  

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧