<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
エンディング・ノート~監督は合格?
自分の死を意識するほどの年齢でもないですが、
両親や祖父のことが気になる年齢ではあります。

予告編が秀逸でしたので、かなり期待していました。
なかなか見に行く機会が無かったですが、ようやく。


映画「エンディングノート」

c0033213_43645100.jpg


内容・

営業マンとして高度成長期の会社を支え、気がつけば管理職。
40年以上も勤め上げた会社を67歳で退職した砂田知昭。
第二の人生を歩み始めた矢先に健康診断で胃ガンである事がわかる。
すでにガンが最終段階にまで進んでいる事を知った砂田は、家族のため、
そして自分の人生を総括するため、“エンディングノート”を作成し、
人生最後のプロジェクトを成し遂げようとする。そんな砂田を映像作家の
娘が取り続ける。

かって自分が愛した女性の最期を撮れずにいた監督が「監督失格」なら、
最愛の父の最期まで撮り続けた、この砂田監督は「監督合格」だろうか?


アラフォー世代の両親と同じように、この映画のお父さんも高度成長期を
駆け抜けてきた。
引退し、ようやくこれからというときに、癌になってしまう。
余命も宣告され、死後にゴタゴタが起きないようにと、段取り命の
お父さんが最期の仕事としたのが、エンディング・ノート作りだった。

映画「死ぬまでにしたい10のこと」のように、お父さんも
するリストを作る。

・洗礼を受ける
・孫と気合を入れて遊ぶ
・自民党以外に投票する

など、くすっと笑ってしまうものが多いのだが、
・妻に初めて「愛している」と言うなんて、泣かせるなあ。

本当に死を悟った時からの、お父さんの姿が妙にリアルで、生々しかった
ですね。

それまでは、「撮られている」という意識がどっかにあるので、
なんとなく、無様な姿を見せないでおこうという、お父さんなりの
美意識があります。

ゆえに、シャイなお父さんは、大阪でいうところの「チョける」人
なんで、よくチョケてます。

そのチョケも無くなり、本当に「死」というものが、近くなった
時の、映像がグぐっと来るのです。

でも、この時をしっかりとカメラに抑えているのが、やはり砂田監督、
すごいですね。

涙をこらえての撮影だったのでしょうかね?


お父さんは自分が先に逝くことを母親に電話で告げますが、
どういう胸中なのか?
見ているこちらも複雑な気持ちになります。


娘から父親へのプレゼント。
とても愛情たっぷりなんで、かなり泣いちゃいましたね。
周りでもかなりの人が、すすり泣きしてました。


ひとつのエンディング・ノートから、とてつもない家族の愛の
物語が生まれましたね。

機会があれば、ぜひとも見てくださいね!
[PR]
by fyamasan | 2011-10-29 04:36 | ドキュメンタリー | Comments(0)
ゴーストライター~大人なサスペンス
名匠、ポランスキー監督の新作とあっては見逃すわけには
いかないですね。

カンヌでも評判でしたし、どんなサスペンスが待ち構えているのか?

かなり興味深々で劇場へ


映画「ゴーストライター」

c0033213_563013.jpg


あらすじ・

元英国首相アダム・ラングの自伝執筆を依頼されたゴーストライターが、
ラングの滞在する孤島を訪問。
取材をしながら原稿を書き進めていくが、次第にラングの過去に違和感を
抱き始める。さらには前任者の不可解な死のナゾに行き当たり、
独自に調査を進めていくが、やがて国家を揺るがす恐ろしい秘密に
触れてしまう。


おお、これはなんとも怖い映画ですね。
スプラッターのような血がドビューとは出てきませんが、
人間の内面の恐怖もありますが、一番は人間をいとも簡単に葬ってしまう、
○○の怖さです。

この○○を書くとネタばれになりますので、詳しくは書きませんが、
近く公開の「フェア・ゲーム」にも似た感じがしますが。


イギリスの元首相の話ですが、ゆえに舞台はイギリスかなと思いつつも
結構、アメリカの人里離れた島が舞台でした。

c0033213_57149.jpg


絶海の孤島ではないのですが、なんとも人を寄せ付けないような雰囲気。
雨降りや曇りの天気が多い。
そういえば、この映画、晴れのシーンがあったのかなあと。

この舞台となる状況設定が良いですね。
サスペンス気分を盛り上げてくれますね。

なぜ、前任者が死んだのか?

そもそも自殺ではなく、他殺では?と疑い始めた主人公が
だんだんと事件の核心に迫ってきますが、、、。

格調高いサスペンスを見ている感じで、大人なサスペンスを
楽しめるのでは?と思いますが。

いい意味で年を重ねた、ピアース・ブロスナンの大人の色気。
ユアン・マクレガーも何十年後には、こんな感じになるのかな?

c0033213_572490.jpg


チョイ役でしたが、久しぶりにスクリーンで見た気がします、
ティモシー・ハットン。

この映画のラスト、皆さんはどう捉えるのでしょうかね?

幻想や想像ではなく、現実のサスペンスを見せてくれた
ロマン・ポランスキー監督、次はどんな題材をとりあげるのか?
[PR]
by fyamasan | 2011-10-26 05:07 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)
一命(3D版)~武士の面目とは?
時代劇で、3Dとは?
どんな感じなのか?

とても興味深々で見に行きました。

オリジナルの「切腹」がすごい映画だったゆえに、
三池監督のリメイクはどんなスタイルになっているのか?

c0033213_2313100.jpg


映画「一命(3D版)」

あらすじ:
元芸州広島・福島家家臣の浪人、津雲半四郎(市川海老蔵)と
千々岩求女(瑛太)。彼らは、各々の事情で生活が困窮していながらも、
自分が愛する人との生活を願い、武家社会に立ち向かっていく。


まあ、3Dは余計でしたね。
前の「13人の刺客」の方で、やるべきでしたね。


全編がなんともいえない重厚な緊張感があり、しびれました。

やはり海老蔵の目力がすごい。
誰かが書いておられましたが、10年後の海老蔵で
この役を見たかったですね。
さらに、感動が深まるような気がします。

井伊藩で、狂言切腹を見抜く、藩士3人を青木崇高、新井浩文、波岡一喜が
好演ですね。

c0033213_233750.jpg


特に青木崇高のこちらも目力、かなりのものでした。
憎らしいほどの役柄、天晴れでした!

全体的に、顔のアップが多いのも、セリフではなく、表情で語らせる
ことを意識したのでしょうかね?


まあ、色々とつっこみ処はありますが。

もう少し瑛太の生活にやつれた姿を見たかった。
結核の母親のそばに赤ちゃんを置いてはいけないだろう。
これだけ強い、海老蔵に士官の道は無かったのか?
生活が苦しいのに、海老蔵をはじめ、みな、歯が綺麗過ぎる
くらいに白いのは、おかしくないかい?
などなどですが。

c0033213_235880.jpg


それはさておき、
この映画のテーマが何なのか?
考えると面白いですね。

狂言切腹に毅然とした態度に出たら、逆に逆恨みを買ったような
印象がある井伊家。
これは井伊家というよりも、このような社会を生み出した徳川家に
向けられる非難ではあります。

武士の面目、何を支えに武士は生きているのか?
そして、なにがあるから、その窮屈な生き方をしないと
いけないのか?

赤装束の甲冑で有名な井伊家。
その守り神である赤甲冑の前で、ラストに役所広司が
言うそのセリフに全てがあるように思えますね。

生活に貧窮する武士の苦しさではなく、武士として生きていかねば
ならない武士の苦しさが、僕にはとても強くスクリーンから
伝わってきました。

三池監督は何をもって、この映画をテーマとしたのだろうか?と
聞いてみたくなります。

時代劇だからこそ、はまる海老蔵の存在感。
また、見てみたいですね。
[PR]
by fyamasan | 2011-10-21 02:04 | 邦画 | Comments(0)
ツレがうつになりまして~夫婦愛であります
公開すぐということで、平日の昼間にもかかわらず、そこそこな入り具合。

話題となった原作の映画化ということもあり、TV版も良かったですからね。


「神様のカルテ」でも良き妻役でしたが、こんども、、、。

映画「ツレがうつになりまして」

c0033213_4594663.jpg


あらすじ:
仕事をバリバリこなすサラリーマンの夫、通称ツレ(堺雅人)が、
ある日突然、心因性うつ病だと診断される。
結婚5年目でありながら、ツレの変化にまったく気付かなかった妻・晴子
(宮崎あおい)は、妻としての自分を反省する一方、うつ病の原因が
会社にあったことからツレに退職を迫る。
会社を辞めたツレは徐々に体調を回復させていくが……。


「神様のカルテ」同様、ええ話でありました。

うつ病がテーマですが、夫婦愛を描いていますね。
佐々部監督、製作者の意図はものすごく伝わってきますね。


ただ、これはものすごく理想な夫婦像であるんですよね。

夫がうつ病になりました。
「はい、では、会社を辞めて良いですよ」といえる家庭が
どのくらいあるのかな?と思うわけですね。

c0033213_50619.jpg


売れない漫画家では、夫の収入がなくなると、かなり生活は
厳しくなるはず。

でも、結構なスローライフを楽しんでいる。
昭和の古き良き時代を感じさせる、こんな家に住めたらいいなあと
思いますが。


僕がこの映画を見て思うに、ツレ(堺雅人)と対照的に、
吹越満が演じる独り身のうつ病患者の視点をもっと描いて欲しかった
なあと感じました。

うつ病とは、「こころの風邪のようなもの」であり、現代人にとっては
誰にでもかかる病気です。

そして、誰かのサポートがいるんですよね。

c0033213_502857.jpg


このツレのように理解ある妻がいれば良いですが、現実的には
なかなかそうもいってられない。

ゆえに、ツレと晴の夫婦愛を描きながら、現実的には、この杉浦と
いう男の話も掘り下げて欲しかったですね。

もっと夫婦喧嘩のシーンがあっても良かったのでは?
もっと色々と葛藤があり、その先での夫婦の絆が確かめられるシーンがあっても良かったのでは?


周りの人の描き方も、理想的であり、綺麗過ぎる感じがします。
もっとドロドロと描いて欲しかったですね。

そこがTV版とは違う視点ではないかと、思うわけですが。

まあ、独り身の僕としては、宮崎あおい演じた晴さんのような
嫁さん、欲しいっね~!



宮崎あおい、堺雅人をはじめ、ええ役者さんたちで、
良かったですが、かなり頻繁に登場する、イグアナのイグちゃん、
なかなかの役者ぶりで、キュートでしたね。

僕もイグアナ飼いたくなりましたよ。
[PR]
by fyamasan | 2011-10-15 05:00 | 邦画 | Comments(0)
ミケランジェロの暗号~歴史ミステリー、発見!
この映画も気になっていました。
「ヒトラーの贋札」の製作陣が作ったということで、
期待もしていました。

どんな歴史的な秘話があるのか?


映画「ミケランジェロの暗号」

c0033213_1522774.jpg


あらすじ・

1938年のオーストリア、ウィーン。
ユダヤ人のカウフマン一家が営む画廊に、かつての使用人の
息子ルディが訪ねてくる。
ルディを一家は息子同然に可愛がっており、息子ヴィクトルに
とっては兄弟同然の存在だった。
カウフマン一家は400年前、バチカンから盗まれたとされる
ミケランジェロの名画を所有していると噂されていた。
画廊主催のパーティーが終わった夜、ヴィクトルはルディから
その事を聞かれ、つい本当の事を話してしまう。


いや~、2時間ぐらいの尺で、コンパクトによくまとめましたね。
実に無駄が無い。
脚本、展開もうまいですね。

重みのある歴史的な秘話を見事にサスペンス&エンターテイメントに
しているのが、すごいです。

c0033213_1524333.jpg


ユダヤ人、ナチスの話となると、どうも重い内容を想像しがち
ですが、これはユーモアたっぷりで描いているのが、新鮮。

ユダヤ人であるヴィクトルは裕福な画廊の息子。
一方、そのヴィクトルの家の使用人の息子に過ぎないルディ。
(彼はユダヤ人ではなくアーリア人)

もし戦争が無ければ、この関係はずうっと続いていたかもしれない。

しかし、ナチスが政権をとり、その余波はオーストリアまで来てしまう。


誰もが持つであろう、上昇志向。
ルディもその意識からか、ついにナチスに入隊する。
そこに大きな手土産を持って。

財産を没収され、早くスイスに逃げようとするヴィクトル一家。
そのヴィクトル一家を監視する役目となるルディ。

立場が逆転する。

c0033213_153138.jpg


そして、ヴィクトル一家が隠し持つ、一枚のミケランジェロが
書いたとされる絵が、ヴィクトル一家、ルディの運命を大きく
変えていく。


立場が逆転するのも、何度かあり、その度に見ているほうは
ハラハラドキドキとなるんですね。

何とか、うまく逃れてくれ~と、思いつつ、障害がその度に
出てきます。

本当にうまい展開でした。


本当にこの映画は見て欲しいですね。

こういうアプローチで、シリアスになりがちな映画も
見事なエンターテイメントに出来るのだという、良い見本です。


原題が「私の最良の敵」という意味になるのでしょうか?

ヴィクトルとルディの二人の関係は、友情、裏切り、敵、味方。
そのどれにも当てはまりますね。


映画館でごらんくださいね!
[PR]
by fyamasan | 2011-10-08 01:53 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)
モテキ~恋がせめてくるぞ~!
予告編も面白かったし、なにより、勢いで見てしまう
映画でもありましたね。

こんな女優陣に言い寄られたら、超モテキじゃないですか?


映画「モテキ」

c0033213_1271881.jpg


あらすじ・

藤本幸世(31歳)。金なし夢なし彼女なし。
派遣社員を卒業し、ニュースサイトのライター職として新しい生活を
踏み出そうとしているが、結局のところ新しい出会いも無いまま。
だが、ある日突然、「モテキ」が訪れた!
みゆき、るみ子、愛、素子。まったくタイプの異なる4人の美女の間で
揺れ動く幸世。「こんなのはじめてだ…今まで出会った女の子と
全然違う…冷静になれっ!…期待しちゃダメだぁ…」
モテキの波を超えて、幸世は本当の恋愛にたどり着けるのか?


いや~、クスクス笑いで、超面白い映画でありました。

ツイッターで頻繁に連絡取ったり、サブカルチャーの魅力も
なかなかで、映像と音楽の使い方も良いですね。

c0033213_1273974.jpg


大江千里や岡村靖幸の曲なんか使われると、R39にはたまりません。

まあ、豪華な女優陣。

長澤まさみ 麻生久美子 仲里依紗 真木よう子


個人的にはイタイ女性を演じた 麻生久美子が良かったですね。
独りカラオケとか、最高でした。

軽いノリのリリーフランキーも良いですね。

c0033213_128073.jpg


全体的にミュージカル調で、脱力系でしょうか。

お気軽に楽しめます。

が、映画としてみるとどうなの?と思えてしまう。

内容があるのでもなく、映像と音楽で引っ張っていくので、
正直、何も残らないといえば、そうなりますかね。


主人公のモテキを他人事として、楽しめちゃうので
良いんですが。

c0033213_128161.jpg


「ああ~、俺のモテキはいつなんだ~?」と
みんな叫びたくなるのかな?
[PR]
by fyamasan | 2011-10-07 01:26 | 邦画 | Comments(0)
監督失格~さよならなのか、始まりなのか?
まさかシネコンで上映するとは思っていなかったので、
ちょっとびっくりですが、でも、嬉しいですね。

林由美香といえば、僕らアラフォー世代には、お世話になった
方も多いはず。
僕は巨乳派なんで、それほどは。

でも、AVという枠を超えて活躍していたので、もしも
生きていれば、すごい女優として、名前が出ていたのかと思うと、
彼女の早すぎる死が残念で仕方ないです。


映画「監督失格」

c0033213_140090.jpg


内容・

生涯200本以上の映画に出演し、35歳の誕生日前日に亡くなった
伝説の女優・林由美香。
1996年、映画監督の平野勝之は当時恋愛関係にあった彼女とともに、
東京から北海道への自転車旅行に挑戦する
(この様子は映画『由美香』で描かれた)。
最初の1週間は旅のあまりの過酷さに毎日泣き続けていた
由美香だったが、ついに礼文島に到着する。
その後、恋人同士の関係は解消したものの、
彼女の死の直前まで友人としての関係は続いていく。


やはりズシリと来るドキュメント。

「幸せ」や「平凡な家庭」を夢見て生きてきた林由美香の人生は
こうも過酷なものかと、この映画を見て新ためて気づく。


自分をさらけ出し、エロの世界で生きてきた彼女は、
結局のところ、この世界につぶされてしまったのか?

風俗をしていると、いつの間にか体を蟲ばれると聞いた
ことがありますが。

c0033213_1403181.jpg


林由美香の死をめぐる衝撃の映像もすごいです。
確かに当時は封印したというのは良くわかります。

5年という年月が流れたということで、林由美香の母も
使用許可を出して、この映画の大きな核は出来ました。

松江監督の「あんにょん由美香」や映画でもカンパニー松尾
監督など、林由美香にかかわった、影響を受けた監督は多い。

彼らは彼らの形で林由美香の死を乗り越えていったんだろうけど、
この「監督失格」の平野監督は、いまだに林由美香を
引きづっている。

稀代の女優と出会えたのは、監督としては嬉しいものだが、
いつになったら、平野監督は林由美香から解放されるのか?


何を書いていいか、わからないですね。

ただのドキュメントなのかもしれないし、究極のラブストーリー
なのかもしれない。
[PR]
by fyamasan | 2011-10-05 01:40 | ドキュメンタリー | Comments(2)
映画「ウェディング」~上映会第1弾レポなり
10月2日(日) 「ウェディング」のお披露目となる
上映会第1弾が神戸でありました。

c0033213_326656.jpg


10月2日  

15時過ぎにようやく本編の編集が終了で、いそいで、
家に戻り、スーツに着替えて、神戸へ。

編集のねむさん、本当にお世話になりました。
ありがとうございます。


18時前になんとか、会場の神戸映画資料館に到着。

この映画館は僕の「ランナウェイ with エンジェル」も
上映してもらった記念すべき映画館であります。
なんとも不思議な縁がありますね。


19時、いよいよイベントがスタート。

最初は 「かのうとおっさん」のライブコント。

youtubeで見たことはありましたが、生では初めてでした。

めちゃめちゃ面白くて、笑いぱっなしで、久しぶりに大笑いした
気がしますね。

かのうとおっさんの、大ファンになりました。

c0033213_32631100.jpg


会場が和やかになったところで、「ウェディング」の
上映がスタートです。

コメディ映画ゆえに、お客さんの反応が怖かったですが、
だんだんとクスクス笑いでおきて、一安心。

見ていて、僕も笑えるようになりました。

終わると舞台挨拶。
かなりぎこちなかったと思いますが、MCのアカツキさんや
佳波さんのフォローでなんとか、無事に?終わることが
出来ました。

いや~、かなり緊張&汗をかきました。

見ていただいたお客さんの感想も聞けましたし、
楽しんでいただけたのなら、本当に幸いです。

c0033213_3265674.jpg


イベント終了後は、近くの居酒屋で飲み会&色々な
話で盛り上がりました。

僕はその後、居酒屋バイトの送別会があったので、
そのまま、店舗で朝まで飲んでました。

今日はちょいっと二日酔い気味でしたが。



イベントを企画していただいたアカツキさん、本当に
ありがとうございました。

最後までバタバタしてしまい、大変申し訳ないです。


ようやく産声をあげた「ウェディング」ですが、これから
大きく成長するためにも、頑張るしだいですが、皆様の
応援もよろしくお願いします。

大阪での第2弾上映会も決まり次第に連絡しますので、
楽しみにお待ちくださいね!
[PR]
by fyamasan | 2011-10-04 03:27 | その他 | Comments(0)
華麗なる賭け~ダンディズムのマックィーン
去年の午前10時の映画祭でもマックィーン映画を何本か
見ることが出来ました。

「パピヨン」「ブリット」もタフなマックィーンが見れて良かった
ですが、この「華麗なる賭け」のようなダンディなマックィーンも
最高にカッコいいですね!


映画「華麗なる賭け」

c0033213_156252.jpg


<ストーリー>

危険な冒険に魅せられているセレブ紳士のトーマス・クラウンは、かねてより計画していた
銀行強盗を初顔合わせの男たちに命じ、見事に成功。
その後、銀行が加入していた保険会社の調査員ビッキーは、マローン警部と協力して
調査を行ううち、トーマスを犯人と睨むようになるものの、同時に彼に心惹かれてしまう。
一方クラウンは、再び銀行を襲って南米に逃れる計画をビッキーに打ち明けた後、
その計画を実行に移すのだが……。


ストーリー云々よりも、マックィーンとフェイ・ダナウェイのスタイリッシュな
大人の男女の駆け引きを楽しむ映画でしょうね。

銀行強盗シーンのいくつものカットに割った映像。
主題歌や挿入歌など、ジャズを多様した音楽。
最高にカッコいいマックィーンに、おしゃれなフェイ・ダナウェイ。

もう十分すぎるほど、おしゃれな映画を堪能した2時間でした。

c0033213_1562581.jpg


遊び心をもった大人が、大人が楽しむために撮ったような映画。
遊びも本気だから、見ていて面白い。

リメイク版は、ピアース・ブロスナン主演ですが、これはまだ未見ですが、
今度見てみようかなと思えるぐらいに、オリジナルが良かったです。
[PR]
by fyamasan | 2011-10-01 01:56 | 午前十時の映画祭 | Comments(0)
  

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧