Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

東京をはじめ、上映会場では盛況振りをみせているようで、
ミニシアターファンとしては嬉しいです。

この映画、いっそのこと、シネコンで上映してもいいのでは?
と思ってしまいました。


映画「死刑弁護人」

c0033213_2133878.jpg



内容・


真実を追求することで、本当の反省と贖罪(しょくざい)が生まれると
いう理念のもと、死刑事件の裁判を数多く担当してきた弁護士の安田好弘氏。
「人殺しを弁護する人でなし」といったバッシングを受けるだけではなく、
加害者の悔恨と被害者の悲嘆を目の当たりにすることによる苦悩、
家族と一緒に過ごすことのできない常軌を逸した忙しさなど、
厳しい状況に置かれながらも、彼は弁護士という仕事を全うしようとする。
そんな中、顧問を担当していた不動産会社に対し資産を隠すよう
指示したとして、強制執行妨害の容疑で身柄を拘束されてしまう。



熱い男の生き様見せてもらいました。
学生運動の学生が就職もせずに、司法試験に受かるために、バイトしながら
勉強。30歳でようやく弁護士に。

そして、他の弁護士がしり込みする事件を多く扱うようになる。

ただ、事件の解決だけではなく、真実を追究したい。
なぜ、こんな事件が生まれたのか?
なぜ、加害者はこんな事件を起こしたのか?

本当の反省と贖罪がない限り、事件は解決していないと、ぶれない
信念で弁護活動を続けている。

c0033213_2141191.jpg


マスコミの怖さはバッシングとなり、世論の怖さは、真実を捻じ曲げられて
しまうこと。

和歌山のカレー毒物事件は、林被告を犯人ずける証拠や根拠には多くの
疑問や矛盾点があり、死刑が決まっている林被告にとって、時間がない。

オウムの麻原や光市の母子殺害事件のように、なぜ、そんな加害者を
弁護するのか?

被害者の気持ちを考えないのか?

そんな気持ちを持つ多くの人からの、非難の手紙や警告文などが届く。

しかし、真実を求めたい、その揺ぎ無い信念を持つ安田弁護士には、
やり方を変える気はない。

「死刑囚を弁護するということは、葬儀まで付き合う、最後まで
付き合う覚悟がないと、出来ない」

それゆえ、多くの想いを背負うことになる。


明らかに権力の圧力とわかるものと、戦う安田弁護士。

臭い蓋を開けられたくないものは、ますますその圧力を強めるだろう。

c0033213_2143664.jpg


自身の死が来るまで、弁護活動を続けるであろう、安田さんの
最後の最後まで、その姿を見てみたい。

居酒屋でハイボールを手に談笑する姿は、普段の緊張感溢れる
姿と違って、とても人間くさくてよかったです。
[PR]
by fyamasan | 2012-08-24 02:14 | ドキュメンタリー | Comments(0)
8月も後半ですが、なかなかだるさが抜けません。
はやいこと、暑いのがどっかにいかんかなあと思いますが。

映画館は涼しい。
いや、冷房効きすぎて寒いくらいです。


「サマー・ウォーズ」から待ちに待った細田監督の最新作。

映画「おおかみこどもの雨と雪」


c0033213_0321677.jpg


あらすじ・

人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした大学生の花。
やがて妊娠し、雪の日に女の子の、雨の日に男の子の《おおかみこども》
を産む。姉弟は雪、雨と名づけられる。
ところが、ある日突然“おおかみおとこ”が帰らぬ人に。
遺された花は子供たちを人間として育てるか、おおかみとして育てるか悩み、
山奥の古民家に移り住む。
日々成長する快活な雪と内気な雨。
小学生になった2人にそれぞれ転機が訪れる。


寓話のようなウソなんだけど、信じたくなるようなお話。

現実的ではないストーリーに、つっこみが入ります。

それが、この映画の評価の分かれ目でしょうか?

細かいところに目が行くと、納得いかずに、この世界観に入り込めない
でしょう。

c0033213_0324527.jpg


話の粗を探すのではなく、この世界観を作り出した細田監督が、
何を持って、この映画を作ったのか?

それを考えると、大きなテーマが見えてくるように思えるのですが。

「サマーウォーズ」ではクライマックスへ向けて、皆が一体感になる
展開が良かったですが、この「おおかみ~」では、はなの子どもたちが
狼として生きるのか?人間として生きるのか?

その選択にググッと胸にきますね。

映画は狼を一例としていますが、何に置き換えても色々な話が
出来ますね。


絵空事に思えるか?

素直に感動出来るか?


c0033213_033332.jpg


見る人を選ぶ映画でしょうかね?


僕は素直に感動しました。

雪と雨が野原や雪原を駆け回るシーンは、とくに良かったです。

母は強し。


親子の絆。





ジブリというブランドとまた違うブランドが出来たように思えて、
僕はそれでそれで嬉しいのですが。
[PR]
by fyamasan | 2012-08-22 00:33 | 邦画 | Comments(0)
そんなには期待はしていませんでした。

また、いつもの、TV局主導の人気原作モノの映画化と。

周りの評価を聞いて、見てきました。

おお、これは、なんとも、青春映画の傑作になりそうな、予感が。


映画「桐島、部活やめるってよ」

c0033213_1643885.jpg


あらすじ

とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、
クラスの中では地味で目立たないものの、映画に対する情熱が
人一倍強い人物だった。
そんな彼の学校の生徒たちは、金曜日の放課後、いつもと変わらず
部活に励み、一方暇を持て余す帰宅部がバスケに興じるなど、
それぞれの日常を過ごしていた。
ある日、学校で一番人気があるバレー部のキャプテン桐島が退部した
との噂が流れて、それをきっかけに、各部やクラスの人間関係に
動揺が広がり始めていく。


スクールカーストという言葉をご存知でしょうか?

生徒の間でもいわゆる出来る奴と出来ない奴のように、学校の人間
関係で、微妙な階級が存在することをいうらしいです。

「アメトーク」でも取り上げられた「中学の時、いけていない芸人」
のように、いけてない奴もいれば、スポーツも出来て、勉強も出来て、
イケメンであれば、女子にモテル、いけてる奴もいます。

どちらでもない、目立たない奴もいればと、色々な生徒が存在するのが、
学校というものです。

c0033213_1643657.jpg


桐島という、いけてる奴ですね。
これが(なかなか姿を現さない、いや、本当に桐島はいるのか?と思わせる)
急に部活(バレー部)を辞めたという噂が流れて、本当に辞めたのか?
では辞めたのなら、なぜ辞めたのか?

バレー部は次の日が大会だったり、チームも混乱するし、桐島をつないでいた
人間関係も、微妙な感じになっていく。

また、桐島以外にも、クラスメイトたちの言動が、今までとは少しずつ
違っていく。

そのあたりを1週間ほどのスパンで描いています。

時間軸を上手く使った展開で、序盤から引き込ませていき、どんどんと、
この映画の世界に入り込ませていく。

特定の誰かではなく、クラスメイトそれぞれに、スポットがあたり、
見ている者は、誰かに感情移入していくんですね。

映画好きとあって、僕は映画部の部長の前田涼也(神木隆之介)に
どんどん惹かれましたね。

まあ、ある意味、いけてない主人公ではあるのですが。
ゾンビネタ、映画ネタはうけました(^0^)

c0033213_16435532.jpg


神木隆之介、橋本愛、大後寿々花などが出ているとはいえ、
そんなに大プッシュする若手が出ている映画でもない。

そんな彼らのリアルな高校生像に、自分たちが高校生だった頃を
思い出してしまうんですね。

それほどの制作費がかかっているとは思えないですし、大作などでは
ないですが、キラリと光るものがありますね。

映像の切り取り方、ええですわあ。


ラストへの盛り上がりも、なんか、見ていて、熱いものが、
こみ上げてきました。


TV局主導、原作モノでも、こんな撮り方で、映画作れるんだなあと、
感心しましたし、ジェラシーも覚えましたね。

物語的には、なにか劇的なものがないので、楽しめない、何なの?と
思う人も出てくると思いますが、いやいや、この映画の見所はもっと別な
ところにあって、それがピタリとはまると、やばいぐらい、ググっときます。

もしかしたら、この映画が、ひとつのエポック的な映画になっている
かもしれませんね。

えらい、褒めますが、良かったです。
[PR]
by fyamasan | 2012-08-18 16:44 | 邦画 | Comments(0)
普段2時間ほどの映画を、結構、2本ほど見るのが通常ですが、
この「ジョルダーニ家の人々」は半端なかったなあ。

4部作で、計6時間39分の超、長編映画となっています。

途中で休憩は入るものの、見終わるとなんか達成感みたいなものが
ありましたもんね。

この映画を作り上げた監督を含めスタッフの熱い思い。
そして、劇場公開をしてくれた映画関係者へ感謝。


映画「ジョルダーニ家の人々」


c0033213_0105251.jpg


あらすじ・

技術者のピエトロ(エンニオ・ファンタスティキーニ)が家長である、
ジョルダーニ家。長男アンドレア(クラウディオ・サンタマリア)は
外務省にに勤務し、次男ニーノ(ロレンツォ・バルドゥッチ)は大学で
建築を専攻し、心理カウンセラーの長女ノラ(パオラ・コルテッレージ)は
妊娠中と、それぞれが順風満帆な毎日を過ごしていた。
そんなある日、三男の高校生ロレンツォ(アレッサンドロ・スペルドゥーティ)が交通事故で命を落とし、そのショックで精神が疲弊した母親
アニタ(ダニエラ・ジョルダーノ)がガス自殺未遂を起こしてしまう。


イタリアの中産階級以上かな、かなり裕福な家庭である、ジョルダーニ家。
一見幸せに見えて、何も問題が無いような家庭ですが、ひとつの事件から、
家庭にほころびが生ずる。
やがてそれが大きなものとなり、幸せを象徴するような大きな一軒家に
家族が誰も住まなくなっていく。

家族バラバラになるのですが、その家族が完全な形ではないもの、
またひとつになっていくというお話しです。


c0033213_0112137.jpg


まあ、時間が長いので、人物描写とか丁寧に描かれていました。
物語は次男の問題児のニーノの目線で進んでいきます。
父親と衝突したり、純粋でまっすぐなんですが、変に頑固で、
融通が利かない。
そんな彼も色々なことを経験していくわけですが。

不法移民や同性愛などの話も盛り込み、家族の話だけでなく、
社会派ドラマ的な面も見せています。


ただ、良い家族のお話で、皆、社会的道徳も持ち合わせており、
不倫などはするものの、悪人と呼ばれるような人間は出てこない。

このあたりが少し不満が残るところでしょうか?

イタリアに限らず、世界のどこの家族が経験するような出来事が
起こるので、自分の家族なら、どうなっていくのだろうか?

色々と考えてしまう。

イタリアの美しい町並みと、終始流れるテーマ曲。

ずしりと来ます。


女優さんが皆、綺麗です。

こんな人妻と出会えば、そりゃ、心奪われるやろうなあと、男心に
思いました。

c0033213_0114813.jpg


6時間39分という長い尺は、DVDではその感動が味わえるのかなあと
思います。

平日でしたが、50人以上のお客さんが来ていたので、びっくりしました。

どこかで上映していたら、ぜひとも見てくださいね!
[PR]
by fyamasan | 2012-08-10 00:12 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)
今年の6月に撮影をしていました、映画「いろは食堂の夜」の予告編が、
出来ました。


こちらになります。

短編ですし、あまり言うとほぼネタばれになりますので、1分半ほどの
予告編となります。

「ウェディング」でも予告編を作ってくれた、岩崎くん作です。


城領明子さんの「走れマイウェイ」が、映像とマッチしていて、良いんですよね。

色々と思い出すことも多く、夜とか見るとふと涙がこぼれてきますね。


時間のある時にでも見てくださいね。


こちら、こちら↓↓↓


「予告編」
[PR]
by fyamasan | 2012-08-06 02:03 | Comments(0)
8月に入りました。

ますます暑くなってきましたね。

春先には今年の暑さはましとか、言ってたような気がしてたけど、
完全にうそでしたね。


暑い日は涼しい映画館で、映画鑑賞しましょう!

俳優業以外が、やたらと話題になるメル・ギブソンと
久しぶりの監督業のジョディー・フォスターの競演作。

映画「それでも、愛してる」

c0033213_1113715.jpg


あらすじ・

玩具会社の2代目として会社を率い、結婚20年になる妻メレディス
(ジョディ・フォスター)や2人の息子と幸せな人生を送っていた
ウォルター・ブラック(メル・ギブソン)。
ところが突然うつ病を患い、ひょんなことからビーバーの縫いぐるみに
命を救われる。ウォルターは元気になったものの、
それ以来、左手からビーバーを放せなくなってしまう。


映画「ツレがうつになりまして」は夫婦愛。
この「それでも、愛してる」は夫婦愛よりも家族の絆かな、
描いていたように思えます。

それまでも崩壊していたかも知れない家族の絆。
でも、表面上はみな、家族であろうとしていた。

突然の父親のうつにより、家族の亀裂がはっきりとしてきた。
小学校の低学年の次男には何のことか、分からないが。

父親の病気をきっかけに、妻、長男、それぞれが、家族とは?を
自身に問いかける。

明確な答えなどないかもしれない。

家族ひとつひとつに、前へ踏み出せる一歩があるはずでしょうしね。

c0033213_1123741.jpg


現代の問題ともいえるうつ病をテーマに、もろく崩れ去る家族の
絆を、重くなりすぎに、さりとて、軽くもせずに、ユーモアも交えて、
描いています。

高校3年生の長男と父親とのやり取りが、僕にはずき~んときましたね。
自分と父親の関係を映画を見ながら思い出してました。

「それでも、愛してる」から、家族として生きてきてこれたのか?
「それでも、愛してる」から、夫婦であり続けたのか?

なかなか意味深なタイトルですね。

c0033213_113215.jpg



パペットのビーバー君が可愛いです。

話の展開の流れが、そう来るのか?とにんまりしましたね。
[PR]
by fyamasan | 2012-08-03 01:13 | 映画 | Comments(0)