「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

キャビン~展開を予想出来るのか?

予告編がやばいくらいに、煽られましたね。
見終わると、ちょいっとやりすぎ感ありますが。

それにしても、なかなかの衝撃作だと思います。

映画「キャビン」

c0033213_3293141.jpg


あらすじ・

森の別荘へとやって来たデイナ(クリステン・コノリー)やカート
(クリス・ヘムズワース)ら大学生の男女5人。
彼らが身の毛もよだつような内容のつづられた古いノートを地下室で発見し、
呪文を唱えてしまったことから、何者かが目を覚ましてしまう。
一方、彼らの知らないところではその一部始終が監視され、
コントロールされていたのだった。
そして、何も知らない彼らに魔の手が忍び寄り……。


大方の鉄板ホラー映画のパターンをあえて踏襲し、なかおつそこから、
新たな展開を考えるとは、なかなかあなどれない映画になっています。

「13日の金曜日」+「キューブ」+「saw」に、また、違った
味付けプラスアルファした料理?作品ですね。

残り1/3からは怒涛の展開で、一気にハイテンション状態でした。

ラストあたりに出てくる(これもネタばれになるから書けないですが)、
ある俳優が出てきます。






この俳優が出てくるのか?
かなりサプライズでもあり、知る人ぞ、知る感じの演出ですね。


エロス(おっぱいなど)もあるので、男性へのサービス精神も
ホラー映画のように、盛り込んでいます。

2013年上半期、この映画を見ずしては、映画は語れない?

違うか?

どうかは映画館でお確かめを!
[PR]
by fyamasan | 2013-04-30 03:30 | ホラー映画 | Comments(0)

天使の分け前~ケン・ローチ節、炸裂!

確か、「SWEET SIXTEEN」が、僕にとって初のケン・ローチ
映画でした。

それから、公開される映画は、大体は見ている気がします。

息子のジム・ローチ監督の「オレンジと太陽」も父に似た社会派の
映画でした。
もう息子に任すのか?と思いきや、ケン・ローチ、まだまだ健在の
映画が作られました。


映画「天使の分け前」

c0033213_6123436.jpg


あらすじ・

いつもケンカばかりしている青年ロビー(ポール・ブラニガン)は、
トラブルを起こして警察ざたに。しかし、恋人との間にできた子どもが
そろそろ出産時期を迎えることに免じ、刑務所送りの代わりに
社会奉仕活動をすることになる。まともな生活を送ろうと改心した
過程で指導者のハリー(ジョン・ヘンショウ)に出会い、
ウイスキーの奥深さを教えてもらったロビーはその魅力に目覚めていき……。


おそらく現実では起こりえない話しなのかもしれない。
映画だからこその話しかもしれない。
でも、起きて欲しいと切に願いました。

自分ではどうしようもない、目の前の現実の世界。
それに甘んじて生きてきたのも確か。
でも、ほんの先には小さな、希望や明かりが見えてきた。
何とかして、その先に進みたい。

c0033213_6125953.jpg


でも、どうしようもない現実というものが、重たくのしかかる。

映画の舞台のスコットランドでもそうですが、世界のいたるところで、
10代、20代前半の若者が抱える問題ではないでしょうか?

社会奉仕活動の指導者のハリーに会わなければ、ロビーはどうなって
いたのか?
現実の世界に押しつぶされていたのかもしれません。


愛する人が出来て、そして、守るべき家族が出来た。


ハリーのような手を差し伸べてくれる人がいる幸せ。
また、その手を受け入れる心がなくてもいけません。

その二つがあって、はじめて前に向って歩いていけます。

貧困や格差、差別、偏見。
重い内容の題材を見事に、ヒューマン・コメディに仕上げているのは
さすがのローチ監督。
まだまだ息子に任せきりにはいかないと、ローチ節がうなります。

落ちこぼれたちの見事な逆転劇!


タイトルの「天使の分け前」とはどんな意味なのでしょうか?

映画を見てのお楽しみに!
[PR]
by fyamasan | 2013-04-29 06:14 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)

ライジング・ドラゴン~これで見納めか~?

ジャッキー・チェーン、最後のアクション映画ということで、
子どもの頃からジャッキー映画見てきた僕としては、外せない1本です。

客層も、男中心でしたね。30~40代が多かったように思えます。

映画「ライジング・ドラゴン」


c0033213_12543586.jpg


あらすじ・

19世紀に起きたイギリスやフランスの侵攻によって、中国から持ち出されてしまった
清王朝時代の秘宝。それは12のパーツから構成されていたが、残る数体の所在が不明となっていた。
世界的アンティークディーラーから幻のパーツの捜索を依頼されたトレジャーハンター
「アジアの鷹」ことJC(ジャッキー・チェン)は、チームを編成してパリ、南太平洋、中国などを飛び回る。
しかし、行く手を阻もうとする謎の敵と対峙(たいじ)。さらに、秘宝とその捜索の裏に
巨大な陰謀が隠されていることを知る。


予告編でもありましたが、全身ローラーブレイドのカーチェイスの
シーンとか、かなり痛さを感じるアクションで、ジャッキーアクション
健在でした。

いったい何歳やねん!
と思うぐらいに元気ですが、恒例のエンドロールのNGシーン見ていると
痛々しさも感じてしまいます。


c0033213_12552386.jpg


ハリウッド行ってからのジャッキー映画、多少なりともアクションの
形が違っているなあと思います。
今回も割りと軽めのアクションが随所に出てきます。
でも、メインのアクションはやはり、命がけなんで、見ている方も
ハラハラドキドキしますね。


韓流映画のようなリアルなアクションではなく、アクロバティックな
夢のあるアクションが信条だったと思う、ジャッキー映画。

リアルに追求するアクション映画が多い中で、多少の物足りなさも
感じはしますが、ジャッキー映画を見ると安心して見れるような
気もしますね。


もうこれで見納めなのか?

といいつつ、何かやってくれそうなジャッキーに期待しています。
[PR]
by fyamasan | 2013-04-26 12:55 | 映画 | Comments(0)

「クレヨンしんちゃん」&「ドラえもん」~予想以上の面白さ

早いもので、TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスもとうとう終了しました。
午前中や昼間の時間帯で、スケジュール立てながら、「世界にひとつのプレイブック」から
「ドラえもん」まで24本見ることが出来ました。

普段見ないだろうなあと思う映画も見ることが出来たのも、フリーパスの
おかげであります。

それにしても、「クレヨンしんちゃん」&「ドラえもん」もよく出来た
映画でした。

特に「ドラえもん」は全然、予想もしなかっただけに、だてに何十年と
続いているわけではないんだと。

c0033213_534273.jpg




映画クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル!!


あらすじ・

「B級グルメ」のイベントに行く途中、伝説のソースの運搬を任された、
しんのすけたち“カスカベ防衛隊”。そのソースは日本のB級グルメを
守る大切なソースだった。A級グルメの魔の手が忍び寄る中、
しんのすけたちは庶民の幸せを守り抜くため、ソースを無事に運ぶ
ことができるのか……。


劇場版シリーズの第21弾か、そんなに長い人気シリーズにも
関わらず、劇場で見るのは初めてでした。

公開からだいぶ経っていて、しかも昼間とあり、劇場はガラガラでした。
子どももおらず、男(しかも年配風)が数人と、意外な客層でした。

ロードムービー風の展開で、ソースを無事に届けることで、しんちゃん
はじめ、カスカベ防衛隊のメンバーの結束が強くなっていく話で、しっかり
としたものでした。

A級グルメのグルメ・ポウのキャラが良くて、そうなんだろうとは予測は
出来ましたが、トラウマが分かると、ほんのりとジーンとしてしまいました。

色々とコネタを仕込んでいたりと、しんちゃんさすがですね!

焼きそば、食べたくなりました!


続いて、


c0033213_544616.jpg


「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」

あらすじ・

ある日、昼寝中のドラえもんの鈴が盗まれるという事件が発生する。
犯人は怪盗DXという正体不明の男。そこでのび太はシャーロック・
ホームズセットを使い、未来にある「ひみつ道具博物館
(ミュージアム)」に事件の手がかりがあると突き止め、
みんなで未来へと行くことにする。しかし、博物館でも怪盗DXによって
さまざまなひみつ道具が盗まれてしまい……。


小さい頃から親しんできた「ドラえもん」

声優陣が一新され、TVも見ることもなく、久しぶりにドラえもんと
再会出来ました。
映画館で見ることなんて、小学生以来ですから、何十年ぶりでしょうね。

「名探偵コナン」もうなりましたが、「ドラえもん」にもやられました。
侮れないなあ。

なぜ、ドラえもんが鈴を必死に探すのかは、だいたいは分かってはいた
んですが、真相が分かると、こちらもやはりジーンとしてしまいますね。

ちょっとノルスタジーぽい展開で、子どもと見に来ている親の方が
グッとくるような気もします。

こちらも公開から日数が経っているので、ガラガラでしたが、おそらく
おばあちゃんと一緒の男の子の兄弟来ていました。

映画に直に反応するので、そばで見ていて、面白かったです。

僕もおばあちゃんに、「東映まんが祭り」など一緒に見たことを
思い出しました。

この子達も大人になったら、思い出したりするのかなあと、ふと考えたりも
しました。


話の方は悪人らしい悪人は出てこないです。
ですが、悪いことをするにも理由があり、それが、また、切ない理由で、
涙そそるんですね。

どんでん返しもあり、シナリオ的にもよく出来てました。

コナンもそうですが、1年に1本ということで、準備もしっかりとして
いるからこそ、クオリティも高いんでしょうね。

来年は藤子先生の生誕80周年ということで、映画もスケールでかく
なるみたいです。

なんか、次回作が楽しみになりましたね。

入場者プレゼントも頂きました。
ちょいっと恥ずかしかったですね。

c0033213_553542.jpg



[PR]
by fyamasan | 2013-04-26 05:06 | 邦画 | Comments(0)

シュガーラッシュ(3D)~男泣き・・・

この映画、フリーパスもあったので、2回も見てしまいました。
2回とも泣いたな。

主人公のラルフが本当にいじらしくて。

3Dはあんまり効果無かったような気がしますが。
字幕版でも見たかったですね。


映画「シュガーラッシュ」


c0033213_3234579.jpg


あらすじ・


アクション・ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の
敵キャラを30年間も演じているラルフ。人々から嫌われている状況に
うんざりしていた彼は、自分のゲームの世界を抜け出して
お菓子だらけの世界でレースが繰り広げられるゲーム
「シュガー・ラッシュ」の世界へ。
そこで彼は、仲間外れにされてレースに出ることを禁止されている
少女ヴァネロペと出会う。お互いに孤独を抱えていた彼らは意気投合し、
友情を深めていくように。
だが、違うゲームのキャラクター同士が遭遇することはゲーム世界の
おきてに背く行為であり……。


たまには悪役でも感謝されたいし、みんなと一緒に過ごしたい。
そんな悪役キャラを演じるラルフが、一度で良いからと、別のゲームへ
行くことから、物語は進んでいきます。


このラルフがいい奴なんですよね。
ほんと、いじらしくて。
物語が進んでいくと、ラルフに感情移入しまくりでした。
悩んだり、葛藤するのですが、泣かされました。


c0033213_3243185.jpg


「名探偵コナン」の最新作でもそうですが、伏線を上手に
使っていますね。
クライマックスへ向けての展開も見事です。

実写より、アニメの方がクオリティ高いの、多いですね。


「スーパーマリオ」のクッパ。
「ストリートファイター」のザンギエフとベガなど、
人気ゲームのキャラクターたちが次々と出てくるのが、面白い。
悪役としての苦労をアルコール中毒のセラピーのように、
皆で、告白して、意見を交わしたりするシーンは、最高に笑えました。

少女ヴァネロペとラルフの友情。
キャンディ大王の秘密。
その秘密もかなりやるせないものですが。


色々なものを包み込んで、「なんかええ映画見たなあ」と
思わせてくれますね。
[PR]
by fyamasan | 2013-04-25 03:24 | 3D | Comments(0)

名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ

映画はかなりのハイペースで見ておりますが、日記が追いついていない
状態ですね。

一年に一度のお楽しみの「名探偵コナン」の映画。

今年はやられました。

脚本が、映画「相棒~X-DAY」などで知られる櫻井武晴。

これは面白くないわけがないぞ!



映画「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)」

c0033213_753689.jpg


あらすじ・

海上自衛隊によるイージス艦の体験航海を楽しむため、京都の舞鶴港沖にやってきたコナンたち
少年探偵団一同。しかし突然、けたたましい音が鳴り響き、左腕を失った自衛隊員の遺体が見つかる。
捜査に乗り出したコナンは、イージス艦にある国のスパイ“X”が紛れ込んでいることを
突き止めるも、スパイの魔の手はコナンたちにも忍び寄っていた。


どんどんクオリティーが上がっているなあと、感心していましたが、
今年はさらに、グッとですね。

伏線の張り方、その回収の仕方。
クライマックスへの展開も見事ですし、ハラハラドキドキ感も
ハンパないし、最後のどんでん返しも見事。

イージス艦の話で、政治的な話もある中でのサスペンスもの。

大人は楽しめること間違い無しですが、肝心の小学生とかは、
大丈夫なのか?と逆に心配しますが。

新しいアイテムも登場しますしね。


エンドクレジットでサプライズな予告もあり、年末も
楽しめそうですよ!


真実はいつもひとつ!
[PR]
by fyamasan | 2013-04-24 07:06 | 邦画 | Comments(0)

フライト~最後のウソ

結構僕の周りでは評価がイマイチでした。
で、スル~しようか、迷いましたが、フリーパスあるし、
R・ゼメキスの久々の実写に主演がデンゼルだしなあと。

結果は見てよかったです!


映画「フライト」


c0033213_1417399.jpg


あらすじ・
ベテランのウィトカー機長(デンゼル・ワシントン)は、
いつものようにフロリダ州オーランド発アトランタ行きの旅客機に搭乗。
多少睡眠不足の状態でも一流の操縦テクニックを持つ彼の腕は確かで、
その日もひどい乱気流を難なく乗り越えた。機長は機体が安定すると
副操縦士に操縦を任せて睡眠を取るが、その後突然機体が急降下を始め……。

事故で6人の死亡者を出したもの、大多数を救ったウィトカーはいちやく
英雄扱いされるが、機内からウォッカの空瓶が出てきたことから、色々な
疑惑が、、、。


デンゼル演じるウィトカー機長。
パイロットとしては一流ですが、人間としては、めちゃくちゃな最低な
人間であります。


c0033213_1418819.jpg


その最低な人間がどう変わっていくかが、この映画の見所でしょうか?

ひとつのウソを守るために、次々とウソを重ねていく。
そして、最後のウソを、どうするか?

このまま、ウソを突き通すのか?
それとも、、、、。


かなり見ごたえありました。
前半の飛行機内でのパニックシーンもかなりの臨場感で
すごい!

c0033213_14182670.jpg


デンゼル・ワシントン、今回はダメンズでしたが、色々な役
こなしますね。

アル中でもあるのですが、色々と研究してこの役に臨んだみたいです。

人間のダメさ加減がこれでもかと描かれていますが、そこから立ち直る
には、その人の努力も必要ですが、周りのサポートも重要になります。


音楽の使い方、渋いですね。

サントラも買いですね。

ジョン・グッドマン。
チャライ売人を好演です(^0^)
[PR]
by fyamasan | 2013-04-09 14:20 | 映画 | Comments(0)

シュガーマン 奇跡に愛された男~運命は突然、炎のごとく

これこそ、「音楽のチカラ」と思いたい。
奇蹟のような本当のドキュメンタリー映画。
公開規模は少ないですが、ぜひとも劇場で見て欲しいですね。


映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」


c0033213_14314418.jpg


内容・

デトロイトの場末のバーで歌を披露しているところを著名な音楽
プロデューサーに見いだされたロドリゲスは、1970年代に
デビューアルバムを発表するも商業的には失敗し、音楽シーンから
姿を消す。しかし彼の楽曲は海を越えて南アフリカへ渡り、
反アパルトヘイト運動を続けていた若者たちの絶大な支持を得て
革命のシンボルとなっていく。


良い歌が必ずしも売れるわけではない。
ヒットなんて、タイミングと運のめぐり合わせではないでしょうか?

ボブ・ディランよりも好きかもと、これが売れなかったのか?と思うぐらいですね、
劇中で流れるロドリゲスの声と歌に、はまりました。


音楽で生活は出来なかったですが、市長選にまで立候補するぐらい
社会のことを考えていたロドリゲス。
3人の娘に囲まれて、裕福ではないですが、自分なりの生活をしていた。

そんな時に、自分が作った曲が、遠く離れた南アフリカで大ヒットしていると聞き、ついには、ライブを行うようになる。

アメリカでは無名ですが、南アフリカでは超有名人。

チラシの宣伝文句が良いですね。

「夢は忘れた頃にやってくる」


なぜ、南アフリカなのか?

なぜ、アメリカでは売れなかったのか?


このあたりは映画を見ての話ということで。

本当、人生どうなるか、分かりませんね。

僕も自分の夢を信じて、頑張っていきます!
[PR]
by fyamasan | 2013-04-03 14:32 | ドキュメンタリー | Comments(0)

ジャンゴ 繋がれざる者~タランティーノ節、さらなる高みへ

公開して1ヶ月もてばいい方なのか?
縮小公開で続いていますが、もう少したくさんの人に見て欲しいなあと
思いますので、1日1回の上映ですが、急いで、劇場へ!


c0033213_0481217.jpg


映画「ジャンゴ 繋がれざる者」


あらすじ・


1858年、アメリカ南部。奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、
賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)の手によって自由の身となる。
やがて2人は協力し、次々とお尋ね者たちを取り押さえることに成功する。その後、
奴隷市場で離れ離れとなってしまった妻を捜す目的のあったジャンゴは、農園の領主
カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)のところに妻がいることを突き止め……。


もうじき「リンカーン」が公開されますが、奴隷解放の2年前という時代の話。

アメリカの恥部のような奴隷時代の話。
映画で描かれたものよりももっとえげつないことをしていたという事実もあり、
人として見られていなかった黒人奴隷。

c0033213_0485062.jpg



ネタばれになりますので、あまり書けませんが、黒人奴隷たちの強い思いを
タランティーノが代わりに復讐を果たしたような気がします。
すっきりとはしませんが、、、。


内容は重いですが、きちんとエンターテイメントしているのが、
やはりタランティーノですね。

前作の「イングロリアス・バスターズ」も面白かったのですが、映画館でナチスが拳銃で
撃ち殺されるシーンが、どうも見ていて心地よくは無かったです。
歴史的も見ても許されないことはしてはいますが。

「ジャンゴ 繋がれざる者」では、前半がドイツ人医師が主人公のような感じで、ジャンゴはついて
いく存在。それがある事件から主人公はジャンゴとなっていきます。


c0033213_0491622.jpg


東映任侠映画の健さんのように、耐えて耐えて、最後に爆発する。
見ている者にはこれ以上ないカタルシスを味わえますね。

B級のノリで好き放題、映画を作っていたタランティーノですが、この作品で
更に一段上ったんじゃないでしょうか?

音楽の使い方、相変わらずの血は飛び散ります。

「イングロリアス・バスターズ」で、冷酷なランダ大佐を演じたクリストフ・ヴァルツが
今作も味わいある役を演じています。
良い役者ですね。


デカプリオの悪役ぶり。
S・L・ジャクソンの曲者ぶり。

演技合戦も見ものですよ!



次のタランティーノ映画はいつになるのか?

楽しみで仕方ないです!
[PR]
by fyamasan | 2013-04-02 00:52 | 映画 | Comments(0)


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧