<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「鑑定士と顔のない依頼人」~芸術と愛の真贋とは?
いや~もう、あと少しで今年も終わりですね。

日記、また放置状態でしたね(-0-)

また、書いていきます。


「ニューシネマ・パラダイス」のトルナトーレ監督の最新作が
来ました!

映画「鑑定士と顔のない依頼人」

c0033213_2355355.jpg


あらすじ

天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマン
(ジェフリー・ラッシュ)は、資産家の両親が遺(のこ)した美術品を
査定してほしいという依頼を受ける。屋敷を訪ねるも依頼人の
女性クレア(シルヴィア・フークス)は決して姿を現さず不信感を抱く
ヴァージルだったが、歴史的価値を持つ美術品の一部を見つける。
その調査と共に依頼人の身辺を探る彼は……。



おお、これもまた凄い映画でした。
多少ネタばれがあるので、気をつけて読んでください。

ミステリーの要素としても面白いのですが、あらすじにある歴史的
美術品が復元されていく様子も、どんな物が出来上がるのかも、興味
引きます。

c0033213_2364075.jpg


キャラの設定が、面白いし、色々と伏線を張っていますので、これが
どう回収されていくかも、見所になりますね。

また、アルマーニやブルガリなど、衣装デザインも凄いですし、
映像的に奥行きやら、重厚さが感じられますね。

トルトナーレ監督も50代ということで、このような映画を演出する
ようになったんだなあと、思いながら見てました。


この映画、ラストが切なくて、「おいおい、ここで終わるのか?」
なんとも後味が悪いなあと感じました。

c0033213_2371926.jpg


しかし、しかしですね、時間が経って、考えれば考えるほど、
映画の凄さ、監督が意図したものが、こういうことだったのかと、
どんどん湧き上がってきます。

いや~、えらい映画見てしまったなあと。

1回見ただけでは、面白さ、良さ、すごさが伝わりにくい映画だと
思います。

僕はもういちど見たいと思います。


「ニューシネマ・パラダイス」からもう20年近く経つんですね。
つねに映画を撮り続けているトルトナーレ監督の貫禄が、にくいほどに
冴え渡っていますね。
[PR]
by fyamasan | 2013-12-25 02:37 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)
ボン・ジョビ~青春の1ページですね。
五年ぶりの大阪での、ボン・ジョビのライヴ行って来ました♪

五年前が初めてでしたが、もう感動もんでした。
今回も盛り上がりましたね

c0033213_4172030.jpg


オープニングは仕事の都合で、見逃しましたが、会場に着いたらもう総立ち!!

最新アルバム「What about now」から同タイトル曲、「Because we can」などを歌いつつ、往年のヒット曲の数々に、涙しながら聴いてました。

アンコール前に異常に盛り上がった、「Bad medicine」やドームが揺れた、「夜明けのランナウェイ」。
ストーンズの「Start me up」何かも飛び出し、弾き語りの「Dead or alive」やアコースティックバージョンで始まった、最後の曲「Living on a prayer」は鳥肌立つぐらい、大合唱でドームが一体になりましたね。

c0033213_4243410.jpg


おもえば、中学、高校、大学、更に社会人となってもコンスタントにヒット曲を歌ってきた、ボンジョビは僕にとっては青春の1ページですね。

ちょうど僕らアラフォー世代が、観客として、一番多かったように思えます。

親子連れで来ている人を見ると、羨ましく感じました。
自分たちが10代に聴いてたミュージシャンの曲を子供たちと一緒に聞けるのは、何とも嬉しいもんでしょうね!!

c0033213_4292979.jpg


グッズは色々ありましたが、ポール・マッカートニーと同じで、ほぼ売り切れで何も買えませんでした…(*^^*)


来年は2月にクラプトンですよ!!

今年、かなり聴き込んだアルバム「Where you stand」のTravisの来年公演が実現して欲しいですね。
[PR]
by fyamasan | 2013-12-04 04:14 | 音楽 | Comments(0)
ペコロスの母に会いにいく~笑って泣けて、最後に
c0033213_4303470.jpg


あらすじ・

長崎で生まれ育った団塊世代のサラリーマン、ゆういち(岩松了)。
ちいさな玉ねぎ「ペコロス」のようなハゲ頭を光らせながら、漫画を描いたり、
音楽活動をしながら、彼は父さとる(加瀬亮)の死を契機に認知症を
発症した母みつえ(赤木春恵)の面倒を見ていた。迷子になったり、
汚れたままの下着をタンスにしまったりするようになった彼女を、
ゆういちは断腸の思いで介護施設に預けることに。苦労した少女時代や夫との
生活といった過去へと意識がさかのぼっている母の様子を見て、
彼の胸にある思いが去来する。


見てからかなり経ちましたが、また見たいと思わせる映画です。
内容ゆえか、年配の方が多かった映画館ですが、ぜひとも10代、
20代の人にも見てもらいたいですね。

あと、10年もすれば、僕も親のことを色々と考えなくては
ならないんだろうと思います。

c0033213_431285.jpg


認知症がだんだんひどくなっていく母に、ずいぶんと振り回されたり
しますが、「ボケることは悪いことだけじゃないんだ」とつぶやく
主人公のゆういちのセリフにほっとします。

重いテーマの映画ですが、クスクスと笑うシーンも多く、和ませてくれます。
涙なしには見れないシーンもありますが、心から感動出来ますね。


メジャーでは「くじけないで」がありますが、ミニシアター系では
「ペコロスの母に会いに行く」に頑張ってもらいたいです。

c0033213_431181.jpg


キャストが豪華です。

岩松了 赤木春恵 原田貴和子 加瀬亮  竹中直人


大和田健介 原田知世 宇崎竜童 温水洋一


原田姉妹の共演は嬉しい限りですね。


絶賛公開中ですので、お見逃し無く!
[PR]
by fyamasan | 2013-12-02 04:31 | 邦画 | Comments(0)
  

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧