Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

<   2014年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

c0033213_15252220.jpg



あらすじ・

1952年アイルランド、未婚の母フィロミナは強引に修道院に入れられた上に、
息子の行方を追わないことを誓約させられてしまう。
その後、息子をアメリカに養子に出されてしまった。それから50年、イギリスで娘と
暮らしながら常に手離した息子のことを案じ、ひそかにその消息を捜していたフィロミナ
(ジュディ・デンチ)は、娘の知り合いのジャーナリスト、マーティン(スティーヴ・クーガン)と
共にアメリカに旅出つが……。


好きな女優のひとりに、ジュディ・デンチがいます。
よく知られている役は映画「007」のM役でした。

年を重ねても、恋する乙女のような恋に落ちる女性を演じた
「ラベンダーの咲く庭で」も印象に残っています。
イギリスを代表する大女優ですね。

彼女が今回、演じるのは、フィロミナ。
夫を亡くし、今は娘と暮らしていますが、10代の時に手放した息子の事が
気がかりで、なんとかもう一度会えないかと、あるジャーナリストに相談すると、
意外な事実が、、、。


宗教観の違いなのか?
感動よりも、怒りが先にこみ上げてくる。

信仰心があまりない僕としては。?がつく結末。
罪を憎んで人を憎まず、という心境なんでしょうか?

c0033213_34537100.jpg


少し前のの映画だったと思いますが、「オレンジと太陽」がありました。
イギリスからオーストラリアへ多くの子供を、児童移民として、非合法的に
移住させていた。
子供は施設に預けられていて、親には亡くなったとウソの報告をされていた。
「オレンジと太陽」の素晴らしい国だよと、オーストラリアへ連れて行かれるが、
そこは過酷な労働環境で、児童虐待もあった。
これが1970年代まで行われていましたし、両国政府も暗黙していた。

これもとんでもない人権無視の事実ですが、「あなたを~」も同じような
事実が明らかにされます。

信仰に身を捧げることは、犯罪に加担していても、正当化する言い訳に
なるのでは?と、ものすごく怖さを感じました。

教えという大儀のために、犠牲を強いてきたような、危うさも感じました。

c0033213_34718100.jpg



あと、「マグダレンの祈り」という映画にも共通するものがあります。
こちらは1960年代のアイルランドが舞台。
カトリック教会の修道院に強制的に入れられた3人の女性の話。
信じられない話が展開されますが、これも事実を元に作られています。


見た後は、確かに気が重くなりますが、じっくりと考える、考えさせられる
映画です。

エンターテイメント全面の映画も良いですが、じっくりと考える映画も
どうでしょうか?




『あなたを抱きしめる日まで』予告編」
[PR]
by fyamasan | 2014-04-29 03:54 | 映画 | Comments(0)
c0033213_205755.jpg



あらすじ・


1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家
ソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、ある日突然拉致され、奴隷として南部の綿花農園に
売られてしまう。狂信的な選民主義者エップス(マイケル・ファスベンダー)ら白人たちの
非道な仕打ちに虐げられながらも、彼は自身の尊厳を守り続ける。やがて12年の歳月が流れ、
ソロモンは奴隷制度撤廃を唱えるカナダ人労働者バス(ブラッド・ピット)と出会い……。


1841年といえば、その前の年にアヘン戦争が起こり、日本はその10年後に黒船が
やってくるという時代背景ですね。

アメリカでは公然と黒人が奴隷として、雇い主の所有物だった時代です。

この映画を見て、驚いたのが、自由黒人がいて、文字通り、自由があり、それなりに
裕福な暮らしをしていたということ。

同じ黒人でも奴隷となってしまえば、まったく境遇が逆になります。

やがてだまされて、ソロモンは名前も変えられ、奴隷として、働かされることになります。

黒人奴隷がどのような扱いを受けてきたかは、これまでも色々な映画で描かれていますが、
ほんとうに、見るのを背けたくなるもの。

この映画を見て、雇い主である白人たちの境遇がとても気になりました。

力で押さえつけてはいるもの、本当に裕福な暮らしが出来ていたのか?
夫婦間も、奴隷がそばにいるとう環境が子供に良いのか?

この白人目線で奴隷制度を描いてみるのも、違った視点から見えてくるように
思えました。

映画でも白人の雇い主は借金があり、奴隷の女性に夫が手をだしているのは、
周知の事実のようで、妻との仲も悪い。


12年に及ぶ奴隷生活。
ソロモンがなぜ、耐えることが出来たのか?
そして、なぜ、それを終えることが出来たのか?


少し前に見た「大統領の執事の涙」とだぶりますが、自国の恥部をきちんと
描けるというのは、ものすごく勇気がいることだろうし、それをエンターテイメントに
仕上げているのが、凄いです。




『それでも夜は明ける』予告編」
[PR]
by fyamasan | 2014-04-25 00:59 | 映画 | Comments(0)
c0033213_1361483.jpg



あらすじ・



人里離れた山中で10か所以上を刺され、焼かれた死体が発見される。
殺害されたのは典子(菜々緒)で、容疑者は化粧品会社のOL城野美姫(井上真央)。
テレビディレクターの赤星雄治(綾野剛)は、美姫の同僚、家族、幼なじみなどに取材。
典子が美姫の同期入社で、美人で評判だった一方、美姫は地味で目立たない
存在だったことが報道され……。



いや~、怖かったですね。


ホラー映画より、ビビリました。


しかし、めちゃめちゃ面白かったです。

現代の身軽さ、身勝手さ、浅はかさ。
ネット社会の邪悪な面が一面に出て、見るのも嫌になりそうですが、
ついついどうなるのか、野次馬根性が出てしまい、先へ先へと見てしまいますね。


自分が誰だか、分からなくなる。

ネットで炎上とか、やりだまになったことがないので、分かりませんが
(なったら嫌ですが)、ほんとうに自分を分かってくれる人はいるんだろうか?と
ものすごく追い詰められるんでしょうね。

いや~、怖いです。

でも、面白くエンターテイメントにしているのが、凄いです。


友情が残っていたことが、救いかな?

犯人は誰なのか?


予告編はこちらから↓↓↓


『白ゆき姫殺人事件』予告編」
[PR]
by fyamasan | 2014-04-23 00:43 | 邦画 | Comments(0)
c0033213_443518.jpg


あらすじ・

カリフォルニア州オックスフォード。そこに暮らす至って普通の青年ジェシー
(アンドリュー・ジェイコブス)は、高校卒業と同時に18歳の誕生日を迎えた。
だが、その日に彼は何者にかみつかれたような歯型の印が左腕にあるのに気付く。
やがて、彼の周りで理解不能な現象が頻発し始め、その映像を記録することに。
次第に現象はエスカレートしていき、ついに予想だにしない事態が起きてしまう。

そろそろネタ切れかと思いつつも、シリーズ化、続いてますね。

低予算で作り、大ヒットした「パラノーマル・アクティビティ」の第5弾。

ホラーのシリーズものは固定ファンがいるので、それなりのヒットはするんでしょうね。

怖いもの見たさ、か、中学、高校生が多かったですね。

そう、この怖いもの見たさが、映画の売りですよね。

次に何がくるのか?

何かちらっと映っていたなあとか、怖い想像を掻き立てられますね。

今回は、主人公が「クロニクル」のような話しになり、段々とオカルトの方へ
いっちゃいましたね。

ラストも意味深で、また続きあるんやろな、と思わせぶりでした。

怖いもの見たさのハートはがっちりとつかんでいるのではないでしょうか?
[PR]
by fyamasan | 2014-04-20 04:44 | ホラー映画 | Comments(0)
c0033213_5261871.jpg


「人を見抜く、人を口説く、人を活かす ープロ野球スカウトの着眼点 」
澤宮優(著)

スカウトがどのように考え、何を見て、新人を発掘、入団させているのか?
ベテランのスタウトたちのそのノウハウは、野球だけではなく、ビジネスの世界でも
十分に通用するなあと、読み進めるうちにうなづいてしまう。

どのビジネスでも人=人。
そこにはお金は地位や名誉だけでない、人間の情のようなものがあるはず。
あると信じたい。

野球関連の本が多い、澤宮さんだけに、詳しく書かれているので、とても興味深い。

長年面接官を勤めているひとも、同じような視点で人を見ているのかもと。


c0033213_5274130.jpg


「投手論」吉井理人(著)

近鉄のヤンチャ坊主だったころから知っていますが、ヤクルトにいる時は、
阪神、ほんまに打てなかったピッチャーでしたね(あの頃は吉井が先発だけで、
もう負けたと思ってました)

その後、メジャーへ行き、帰ってきて、オリックス、ロッテと渡り、その後、日ハムのコーチへと。
独自の投手論を持つ吉井の話だけにこちらも面白い。

ピッチャーの心理とはこんな感じなんやと。これから野球見る時に、見方が変わるようになるかも。
野茂との裏話や、メジャーと日本の野球との違い。
ピッチャー目線での野球の見方。そして、コーチの役割、仕事とは?
そして、栗山監督との確執の真相とは?


常に現状に満足せずに上へと目指していたから吉井だからこその言葉の重みがあります。

将来はメジャーのコーチがしたいと、いう吉井ですが、これも実現するでしょうね。
ぜひとも、阪神のピッチャーにも読んでもらいたいですね。
[PR]
by fyamasan | 2014-04-19 05:27 | 読書 | Comments(0)
c0033213_1303191.jpg


あらすじ・


2009年、新年を迎えたサンフランシスコのフルートベール駅。
多くの人が入り乱れるホームで、22歳の黒人青年オスカー・グラント
(マイケル・B・ジョーダン)が銃で撃たれてこの世を去る。命を失ったオスカーにとって、
母の誕生日を祝い、娘と遊び、家族や友人と過ごしたいつもの日常が、
悲しいことに最後の日となってしまった。


実在の事件を元に映画化。
22歳で亡くなったオスカーの最後の一日を描く。

冒頭のリアルな実際の現場をとらえた映像。
そして、大晦日からのオスカーの時間が始まる。

元売人ゆえに、仕事もなかなか見つからない。
まして、前科もある。

大晦日は母親の誕生日。
いつも迷惑かけている母には早く親孝行したい。

でも、金がない。
最後はまた。ドラッグを売って、金を稼がないといけないのか?

刑務所へ再び入るのは嫌だ。

どんどん大きくなる娘の成長を見るのは楽しみだ。

色々な思いが、オスカーの胸のうちを駆け抜けていく。


なぜ、彼が22歳で殺されなければならなかったのか?

まだまだ見え隠れする他人種への偏見。

あせりから、発砲したのだろうか?


陽気な気候の西海岸とは裏腹な、アメリカ社会が抱える問題。


無常にも命が奪われていく過程を、つぶさに見てもらいたいと思います。

そして、考えて貰えたらと思います。






『フルートベール駅で』予告編」
[PR]
by fyamasan | 2014-04-18 01:05 | 映画 | Comments(0)
c0033213_1561422.jpg



あらすじ・


妻・榛名(宮崎あおい)の出産を間近に控えた内科医の一止(櫻井翔)は、
一層仕事に励んでいた。そんな折、大学時代の同期で親友のエリート医師辰也
(藤原竜也)が本庄病院に赴任してきて一止を喜ばせる。だが、彼は勤務時間が
終了するとすぐに帰宅し、時間外の呼び出しにも全く応じない辰也の医師としての
態度が理解できず……。



正直、あまり期待していませんでした。
前作が、髪型の違和感。
完成されたような主人公の葛藤なりが、見えにくかったように
思えたからです。


今回は素直に感動してしまいました。

病院の屋上に赤々と「24時間365日」と照明がつく。
医療現場の最前線で働く医師や看護師たち。

家庭を大事にしたいものの、目の前にいる患者を見捨てることなど
出来ない。

家族を選ぶか?

患者を選ぶのか?

いつも究極の選択を迫られる現場。


c0033213_157113.jpg


主人公に寄り添う妻の存在。
年配医師の妻。

夫婦らしい生活はなかっただろうに、長年寄り添えた訳は?


理想ですが、夫婦とは、仕事に対する取り組みとは?

こうありたいと、この理想を求めたいと。切に思いました。

見ていて、涙が止まらなかったですね。

仕事をして、家族を持ち、自分として生きていくことは、
どういうことなんだろうか?

色々なことを思いながらスクリーンを見つめていました。


c0033213_1573358.jpg


おそらく医療現場だけでなく、日本の労働環境では、同じような状況があり、
それに対して、人は悩む、苦しみ、ひと時の歓びを見つけて、働いているのでは?と。


働く人、悩み、もがきながらも懸命に生きる人たちへのエールのような
映画に思えました。

「青臭い理想を振りかざし、常識を守らない奴は嫌いだ。
だけど、理想を持たない奴はもっと嫌いだ」というセリフがありました。

こちらもズシリと胸に響きました。


胸の中で、希望が灯る映画でした。



『神様のカルテ2』予告編」
[PR]
by fyamasan | 2014-04-16 00:27 | 邦画 | Comments(0)
c0033213_1415210.jpg



甲子園、行ってきました。
巨人に2連勝としていたので、3連勝は難しいかなと思ってました。

榎田がいいピッチングで、福原、呉、安藤と良い流れになりましたね。

9回裏にサヨナラの絶好のチャンスがあったのに、残念ながら、新井お兄ちゃんの
最悪ゲッツーでチャンスが潰れて、甲子園はため息に包まれました。

しかし、10回、またもやチャンス到来。



勝負に強い、関本、サヨナラを決めてくれました!

巨人に3連勝。

そして、5連勝と阪神ファンにはたまらない甲子園でした!

今年もたくさん見に行きたいですね!

勝利の六甲おろし、最高でした!

c0033213_14171962.jpg



甲子園帰りは、松井君と梅田でラーメン屋めぐり。

東通りの「ちらん」で塩ラーメン頂きました。

極々あっさりでした。

c0033213_14163879.jpg


サヨナラの映像はこちらから↓



『阪神 関本 サヨナラ打 2014年4月13日』
[PR]
by fyamasan | 2014-04-14 13:37 | スポーツ | Comments(0)
c0033213_416475.jpg


あらすじ・

クリシュナ(ヴィクラム)は6歳の知能しか持ち合わせていないが、
周りの誰からも愛されていた。亡き妻との娘ニラー(ベイビー・サラ)は5歳になり、
学校に通い始める。
そんなある日、ニラーと学校の事務局長シュヴェータ(アマラー・ポール)が親しくなる。
その後シュヴェータは、ニラーの母が自分の姉であることと、父親の知能のことを知り……。




インド版「アイ・アム・サム」でしょうか?

「アイ・アム・サム」と違い、インド映画ですので、もちろんミュージカルで、
歌と踊りが随所にあります。

それゆえか、重い内容もそんなに重くも感じることなく、エンターテイメントとして
見ることが出来ます。


お決まりのパターンのように話は進んでいきますが、弁護士をはじめ、周りの人間を
丁寧に描くことで、「アイ・アム・サム」と違った印象になります。



c0033213_416158.jpg



主人公を演じたヴィクラムの演技も素晴らしかったですが、娘ニラーを演じた
ベイビー・サラの可愛くて、いじらしいこと、とても素晴らしかったです。

最後の選択はどうなるのか?


なかなか大阪にはインド映画公開されませんが、去年見た「きっと、うまくいく」の
ような大きな感動のある映画も多いはず、もっと見たいですね。



『神さまがくれた娘』予告編」
[PR]
by fyamasan | 2014-04-14 03:36 | 映画 | Comments(0)

ライフ~一歩踏み出せば


c0033213_228265.jpg


あらすじ・


雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、
思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。
ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらない気付いたウォルターは
カメラマンを捜す旅へ出る。
ニューヨークからグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと奇想天外な旅が
ウォルターの人生を変えていく



男のロマンですなあ。

ゆえに、女性は共感出来るのか? 不思議になります。



日本ではさほどパッとしない人気のベン・スティラーの、主演・監督作。

僕はどちらかというと、アダム・サンドラーが好きですね。


c0033213_2293994.jpg



こちらもパッとしない主人公が、ある出来事がきっかけで、人生の真髄に目覚め、
大きな一歩を踏み出していく。

物語うんぬんよりも、映像にやられました。
「ネイチャー」は、見ていませんが、それ以上に凄いような気がしました。

まさにキセキな映像体験。

この映像見るだけでも価値あるような気がします。


c0033213_2305719.jpg


積み重なりが、奇蹟へと繋いでくれる。
日々の仕事や何気ない毎日が、凄い大事なんだと。
そして、一歩踏み出す勇気があれば、人生は大きく変わる♪

段々と、ええ男の顔になってきた主人公と、ラストがたまらないですね。


ちょこっとしか出ませんでしたが、主人公の母親役に、
シャーリー・マクレーンが出ていました。

名女優。

場面が引き締まりますね♪


僕にとって、皆さんにとって、「LIFE」な体験とはどんなもの
なんでしょうね?



映画『LIFE!』予告編: http://youtu.be/tiuAT12-534
[PR]
by fyamasan | 2014-04-12 01:39 | 映画 | Comments(0)