<   2014年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
山中貞雄を見ていないのはチト、サビシイ
山中貞雄監督をご存知でしょうか?

小津安二郎がライバル視、黒澤明が「山中貞雄ならどう撮ったのか?」と
常々考えていたという、夭折した天才監督。

もし戦争が無ければ、邦画が違った形で発展していたかもしれません。

20数本映画を撮っていますが、現存するのは3本のみ。

その3本が塚口サンサン劇場で公開中です。


「山中貞雄特集~山中貞雄を見たことがないのは、チト、サビシイ」


「丹下左膳餘話 百萬両の壺」


c0033213_2452363.jpg



内容・

ある小藩に伝わるこけ猿の壺、その壺の中には先祖が隠した百 万両のありかが示されていた。
その壺を巡って、藩主の弟の道場主や父親 を殺された少年、少年を引き取る矢場の
女将など様々な人間ドラマが展開する。


何度見ても、笑えて、そして泣ける。


c0033213_314990.jpg


「河内山宗俊 」

あらすじ・

無為な日々を送る河内山宗俊(河原崎長十郎)と浪人の金子市之丞(中村翫右衛門)にとって、
甘酒売りの少女お浪(原節子)は心和む存在だった。お波は、弟の広太郎の非行に手を焼いていた。
姉の心配をよそに博打に明け暮れる広太郎。ある日、広太郎は侍から小柄を盗み、
質屋に売り払って飲み宗俊の飲み屋に繰り出した。心配したお波が訪ねてくる。広太郎は偽名を
使っていたため、聞かれた宗俊は知らないと答えた。
しかし、お波の心配する様子を見て不憫に思った彼は。探すのを手伝うことにした。
やがて、広太郎の借金の為身売りすることになったお浪を救う為、ヤクザなはぐれもの
河内山宗俊と金子市之丞は、身体をはって立ち向かう!


15歳の原節子のなんとも初々しく、綺麗で純粋なこと。
この娘のためなら、何でもしてやると男は思うはず。

どうにもならない江戸時代のしきたりに、なんとか、この娘は助けたいと奮闘する
河内山宗俊と金子市之丞の熱い男っぷりに、胸が熱くなります。


「人情紙風船」

c0033213_253760.jpg


内容・


長屋暮らしの生活に窮する浪人(河原崎長十郎)と粋な遊び人の新 三(中村翫右衛門)を中心に、
長屋の住人たちの生活をリアルに描いており、 江戸の下町風景の描写も見事で、
物語の運びの巧さと共に、ただの時代劇ではなく、 庶民の時の権力に対する反発と無力感が
見事に描かれていて、当時の世相を浮かびあがらせる深 みのある作品である。



山中貞雄、28歳にして最後の遺作となった。
「人情紙風船が遺作になるとは、チト、サビシイ」との言葉を残し、山中監督は去っていきました。


DVDで500円で買えますので、DVDでも見てもらいたいですが、機会があるなら、
ぜひとも映画館で見てもらいたいですね。

製作時代ゆえ、音声が聞き取りにくい箇所も多々ありますが、それを差し置いても
ストーリー、アクション、展開、演出、どれをとっても素晴らしいです。

日本にこんな監督が、映画があったのかと、驚きも嬉しくなってもらいたいです。


僕もスクリーンでは初めてなので、とても興奮しながら見ています。

もう「人情紙風船」の上映しかないですが、ぜひとも、映画館で見て欲しい映画です。
[PR]
by fyamasan | 2014-06-28 03:00 | 邦画 | Comments(0)
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~
c0033213_3194967.jpg



あらすじ・

大学受験に失敗し高校卒業後の進路も決まっていない勇気(染谷将太)は、
軽い気持ちで1年間の林業研修プログラムに参加することに。向かった先は、
携帯電話が圏外になるほどの山奥のド田舎。粗野な先輩ヨキ(伊藤英明)のしごき、
虫やヘビの出現、過酷な林業の現場に耐え切れず、逃げようとする勇気だったが……。



ごく普通の役の染谷君が新鮮ですね。


まあ、ありがちな話ですが、クスクス笑わせて最後に泣かせるコメディの王道ですが、
最後にはニンマリしながら、泣いちゃいましたね。


林業というものが、今、この時が良ければいいという仕事ではなく、子供や孫の世代が
困らないように、残していく仕事というのが、よく分かりました。

これは今の大きくいえば、地球を大事にすること、環境を大事にすることにも繋がり、
次の世代に残す仕事というものを、もっと考えてもいいのでは?と、強く感じる映画でありました。

硬いことをさらっと軽く描いているので、少々物足りなさもありますが、色々な仕掛けも
あり、うまいこと回収しつつで、さすが矢口監督ですね。

興行的には苦戦気味なんでしょうか?

「晴天の霹靂」なんかより、こちらの映画をしっかりと見て欲しいです。


山の男を演じた伊藤英明、良かったですね。

「悪の教典」やこの映画のようなちょっと変わった役柄の方が、似合う気がしますね。
[PR]
by fyamasan | 2014-06-27 03:20 | 邦画 | Comments(0)
トークバック 沈黙を破る女たち~look back

c0033213_423096.jpg



内容・

サンフランシスコの刑務所で誕生した、元受刑者とHIV陽性者たちが自らの体験を
芝居にして上演する女性だけのアマチュア劇団「メデア・プロジェクト:囚われた女たちの劇場」。
幼いころからさまざまな暴力、病気への偏見にさらされどん底を生きてきた彼女たちが芝居を
通して己と向き合い、トークバック(声を上げる)する過程を見つめていく。


こちらも予告編を見て気になっていました。

舞台はアメリカですが、監督をはじめ、スタッフは日本人がほとんど。

薬物依存から、犯罪者になり、堕ちていき、AIDSに感染。

ほんとにドン底から、舞台や音楽で、這い上がろうと、懸命に生きている姿を見ると、
こちらも胸が熱くなる。

AIDSやHIVだけが問題ではなく、もっと色々な事に悩み、苦しんでいる。

でも、自分を見つめ直し、赦し、受け入れてきたからこそ、
明日に向かう自分が出来た。


「過去の自分を否定しない。今の私があるのも、未来があるのも、
過去の私が居るから」と語る出演者の声が特に印象に残りました。

どれほど消し去りたい過去があろうとも、それから目を背けてはいけない。
真摯に向き合うことで、その過去の呪縛から抜け出すことが出来る。


出演者たちは、完全に薬物から逃れた訳でもない。
夫は、未だに薬物から抜け出せない状態であり(その後離婚)、周りにも薬物の売人が
いたりとか、誘惑は依然としてある。

それほど、薬物の利用が多く、お金になるというのも衝撃。


アメリカの貧困層における薬物依存の問題も、目を背けられない問題です。


おそらく、これはアメリカの問題だけではなく、日本も多くのミュージシャンの薬物報道が出るように、
薬物の問題は根深いと思います。

10年後、20年後の彼女たちの姿もぜひとも見たいです。
[PR]
by fyamasan | 2014-06-17 04:02 | ドキュメンタリー | Comments(0)
ポリス・ストーリー レジェンド~ジャッキー新章へ
c0033213_517442.jpg


あらすじ・


古参刑事ジョン(ジャッキー・チェン)は、一人娘ミャオ(ジン・ティエン)に呼び出され、
クリスマス時期の北京の繁華街へとやって来る。
彼は指定のウー・バーに到着するが、そこは怪しげな雰囲気のナイトクラブだった。
父娘は半年ぶりに対面し、ミャオはクラブの経営者で彼女よりかなり年長のウー
(リウ・イエ)を恋人だと紹介する。



新たなるジャッキー・チェン伝説の始まりでしょうか!!

ド派手なアクションは鳴りを潜め、代わりに痛みが伝わってくるアクション満載でした。

話しもサスペンス中心で、何やら5年前のある事件がキーになります…(^o^)v

少々、社会派的な内容。


骨太なアクションとどんでん返しなサスペンス。

見応えありましたね。



娘を守る刑事役はお約束な感じですが、その他はいつもとはひと味違いますね。

楽しめました。



さすが、レジェンド♪o(^o^)o
[PR]
by fyamasan | 2014-06-15 05:17 | 映画 | Comments(0)
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
c0033213_4175530.jpg


あらすじ・


1960年代のニューヨーク、冬。若い世代のアートやカルチャーが花開いていたエリア
、グリニッジビレッジのライブハウスでフォークソングを歌い続けるシンガー・ソングライターの
ルーウィン・デイヴィス(オスカー・アイザック)。
熱心に音楽に取り組む彼だったが、なかなかレコードは売れない。
それゆえに音楽で食べていくのを諦めようとする彼だが、何かと友人たちに手を差し伸べられ……。



予告編から、惹かれましたね。

独特の60年代の雰囲気に酔いしれました…(((^^;)
映像が、曇りが勝った感じで、主人公たちの内面を表しているようで、
とても良いですね。



ちょいとほろ苦さを感じる、青春映画でもあり、ちょっとしたロードムービー。

行き先も将来、未来も見えない、だけど音楽は好き。

女にだらしなく、しがみつくように、ギターを弾き語るルーウィン。

音楽が好きだという気持ちとは裏腹に、これで生活出来るのか?という
不安もある。

サブタイトルが、「名もなき男の歌」というぐらいなので、ミュージシャンを志すものの、
色々な理由で諦めざるを得なかった人。

そんな人たちの代表がルーウィンのような気がします。


僕も映画を追いかけていますから、その気持ちがすごく分かります。

このままでいいのかな?
不安を感じると、底なしのような怖さも感じてしまいます。

ゆえに、この映画、見ながら他人事じゃないような気がして、胸がキリキリと
痛かったですね(-0-)



ギターと猫が好きで、ちょっとしたほろ苦さを味わいたければ、
極上の映画ではないでしょうか!!

最後にちらっと出てきた?
フォークの大御所。

彼もこの映画の主人公の一人なんですよね。
[PR]
by fyamasan | 2014-06-11 04:09 | 映画 | Comments(0)
六月燈の三姉妹~少々難ありな家族ですが・・・
c0033213_42590.jpg



あらすじ・

鹿児島のとあるシャッター商店街。家族で営む和菓子店のとら屋は、
次女の奈美江(吹石一恵)は離婚調停中、長女の静江(吉田羊)は離婚、
三女の栄(徳永えり)は婚約破棄をし不倫中で、3姉妹全員が実家に戻ってきていた。
一家は店の再建を懸け、地域の祭りである六月燈の夜に新作の和菓子を
出そうと考えるも……。



鹿児島の六月燈の祭りを舞台にした、ヒューマンドラマであり、ハートウォーミングな
コメディでもあります。

少々?難ありな家族が繰り広げる物語でしょうか?


佐々部監督作品、好きなんで、この映画も佐々部節の映画で、良かったんです。


でも、好きなんだけど、いつも感じる物足りなさがやはり、
この映画にもあった。

チクチクと刺されるものの、掻き乱されるものが無い。

静かに暖かく見つめるその映画は、好きなんですが…
一度、ガツンと胸を掴まれるような映画も欲しいなあと、
思ったりもしますね…(*´∀`)

そこが良いといえば良いのですがね・・・。

鹿児島を舞台にしていますので、六月燈の祭りや鹿児島に行きたくなりました。
特に六月燈は見に行きたいですね。


津田寛治さん、いつも変わった役が多いですが、今回は真面目な役でしたね♪d(^-^)
[PR]
by fyamasan | 2014-06-09 04:03 | 邦画 | Comments(0)
チョコレート・ドーナツ~そこに普遍の愛が
c0033213_5293544.jpg


あらすじ・


1979年カリフォルニア、歌手を目指しているショーダンサーのルディ(アラン・カミング)と
弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)はゲイカップル。
母親に見捨てられたダウン症の少年マルコ(アイザック・レイヴァ)と出会った二人は彼を保護し、
一緒に暮らすうちに家族のような愛情が芽生えていく。
しかし、ルディとポールがゲイカップルだということで法律と世間の偏見に阻まれ、
マルコと引き離されてしまう。



「チョコレート・ドーナツ」予告編



繊細な映画でした。
強く抱きしめたら壊れてしまいそうな。

でも、強く愛情に溢れていました。


時代が35年ほど前の話。
実話を元にした映画です。

もし、これが現在の話なら、この映画に出てきた同性愛者への偏見や差別は
もっと違っていたものになっていたのか?
そうであって欲しいと願います。

世間から離れたメインではない裏通りで過ごす3人。
ただ、家族のようにお互いを思い、暮らしたいと願う3人
しかし、そんな願いも世間は受け入れてくれませんでした。

同性愛は子供に対して不道徳。
親の資格が無い。

35年前では、それが普通のように受け入れられていたんですね。
そう想うことが、偏見や差別だと分からなかった、気づかなかった時代なのでしょうか?


悲しくも切なく、後半からは涙なしでは見れない。

ルディとポールの、まっすぐで強いマルコへの思いが分かるだけに、
世間の仕打ちが、実に悲しかった。


人の愛情の深さ、優しさに触れられる映画です。
しかし、一方で無知や偏見の怖さも感じてしまう映画でもあります。

多くの人に見てもらいたい映画です。

有名な俳優が出ているわけでもなく、内容もマイノリティを扱った重いものです。

でも、口コミで多くの人が実に来ています。

朝一でしたが、満席でした。
9割が女性客でした。
[PR]
by fyamasan | 2014-06-06 05:31 | 映画 | Comments(0)
木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか
c0033213_23121149.jpg


骨太なノンフィクション。
読み応えありました。

なんか心地よい疲れですね。
プロレスから総合格闘技も好きになった僕ですが、もちろん木村政彦の名前は知っていました。
「鬼の木村」「木村の前に木村なし。木村の後にも木村なし」といわれたほど、日本柔道界、
いや格闘技界の至宝。

その木村政彦がどのように柔道家、格闘家として生きてきたかを、克明に、時に筆者の
熱い気持ちが伝わりすぎるぐらいに、書かれています。

力道山との試合で木村は負けてしまいます。

そのなぜ、負けたのかが、多くの謎でした。

普通の、リアルファイトなら木村が勝っていたはずなのに、まして、プロレスルールで、
事前に引き分けにするという決まりもあったのにもかかわらず、木村は負けてしまった。

本書を読んでその謎がよく分かりました。

力道山戦の3年前に木村はブラジルで、今のグレイシー柔術を作ったエリオ・グレイシーと闘い、
見事勝利します。

もしも、この闘いで木村が負けていれば、いや、木村と互角に戦えるライバルがいれば、
木村の闘いに対する準備も、いつもと変わらず、プロレスからリアルファイトへの対応も
出来たでしょうが、力道山を甘く見ていた木村には、慢心があり、そこをつかれてしまった。

力道山戦での敗北から、死ぬまで、木村はその負けを背負い続けていかなければならなかった。

最初は引き分けで、3試合するはずの予定でしたが、力道山は試合を拒否し続けた。
短刀を持ち歩き、力道山を刺そうと付け狙ってもいた。


c0033213_23123337.jpg


後悔という言葉と生きてきた木村。


一方、生きている間は人生を謳歌した力道山でしたが、死後、明かされるその姿は
昭和のヒーローとは程遠いもの。


死後、その人間性が疑問視される力道山と、苦しみ生きた木村ですが、死後、
その業績は総合格闘技の台頭と共に、高く評価されています。


柔道家、格闘家として、不遇な晩年を過ごしたとはいえ、その生涯を考えると、
出生を偽り、這い上がるためには何でもした力道山と、どちらが幸せだったのか?


仲たがいはするものの、木村には、牛島辰熊という師匠がおり、岩釣兼生という弟子もいた。
その岩釣の幻に終わった全日本プロレス入りをめぐる攻防も面白いです。


願わくば、15分あった、力道山と木村の試合の完全ノーカットが見たいです。

今、流れているのは、9分ほどのカットしたもので、こちらも力道山サイドからのカットのようです。


こんな凄い男が居たんだと、もの凄く胸が熱くなりました。
格闘技ファンはもちろん、興味が無い人にも、ぜひとも読んでもらいたいです。
木村の生き様を知って欲しいです。

大山倍達との絡みや戦前、戦中、戦後のちょっとした裏歴史が読めるのもなかなかのものです。
[PR]
by fyamasan | 2014-06-03 23:13 | 読書 | Comments(0)
ブルージャスミン~「虚」という文字に
c0033213_417219.jpg



あらすじ・

ジャスミン(ケイト・ブランシェット)は夫ハル(アレック・ボールドウィン)と
ニューヨークでぜいたくな生活を送っていたが、全てを失い、サンフランシスコに暮らす妹ジンジャー
(サリー・ホーキンス)のアパートに身を寄せる。過去のセレブ生活にとらわれ、神経をすり減らしていたジャスミンだったが、ある日お金持ちの男性ドワイト(ピーター・サースガード)と出会い、自分の身の上についてうそをついてしまう。

映画「ブルージャスミン」


御年70歳を越えても、毎年、新作を作り続けているウッディ・アレン監督。
最新作がこの映画。

舞台はNYからサンフランシスコに。

かなり痛い?
いや、かなりやばい女(でも綺麗)が、以前の豪華な生活を取り戻そうとするのだが、

世の中はそんなには甘くないんです。


世間に疎いのか?
自分のしたことのおろかさに気づかないのか?
とても良識があるとは思えないジャスミンに。いつしか、同情してしまっている自分が
どうも嫌だなあと思ってしまいましたね。

なぜ、今の状況にあるのか?
過去は?
何があったのか?

現在に過去のシーンを入れて、話が堀下がります。

「なるほどね」ともっと落ちぶれろ!と思ったりもするが、先ほどのように同情もしてしまう。

これはジャスミンの魅力なのか?
それともケイト・ブランシェットの力なのか?

男性と女性目線ではかなり印象が違うと思いますが、こちらも見終わった後、
色々と話が出来そうですね。

チクリ、チクリと胸に何かが突き刺さりますね。

ブラックユーモアという言葉だけでは、表現出来ない何かに心が痛い。

ウッディ・アレン自身もプライベートで色々ありましたから、自虐的な映画のようにも
思えます。

でも、90何分という尺にきっちり収めて見せることは見せているのはさすがです。

アレン節、健在なり!
[PR]
by fyamasan | 2014-06-02 04:17 | 映画 | Comments(2)
  

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧