<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2014年・上半期ベスト5かな?
2014年も7月も中旬ということで、早くも今年の半分が終わったん
ですよね。

早いなあ、ほんとに。

上半期は、なんやかんやと、新旧含めて、映画館で80本ほど見ました。

今年はドキュメンタリー映画の数が増えています。

興味沸く、ドキュメンタリーが多かったですね。

c0033213_14582088.jpg


第1位 「夢は牛のお医者さん」


こちらはドキュメンタリー映画です。
新潟に住む女の子が、牛の世話を始めてから、獣医になるまでの20数年間を
追ったものです。

いや~、本当にストレートな映画なんです。
でも、それが見ていて気持ちよいんです。

夢を追いかける、求め続けることって、本当にこんなに素晴らしく、
凄いことなんだと、あらためて感じました。
予告編見るだけで、もう涙が・・・。


「夢は牛のお医者さん」予告編



c0033213_14585759.jpg



第2位 「ダラス・バイヤーズ・クラブ」

マシュー・マコノヒーの役者バカ度に満点上げたいです。

役柄にそって、体重を増やしたり、減らしたりするのは、結構当たり前な
感じになっていますが、今回は、マシューは酒好き、女好き、ギャンブル
好きの典型的なダメ男を演じています。

しかも、ゲイ嫌いで、女好きが原因で、HIVウィルスに感染という始末。


余命数ヶ月といわれ、死に物狂いで、生き残る方法を考える。
当時(1980年代後半)では、アメリカではまだ許可が下りて
なかったドラッグをメキシコなどから調達する。
そして、最初は自分だけのためだったが、自分と似た境遇の人たちの
為にも人肌脱ぐこともする。

見ていて、いつの間にか、主人公を応援している自分に気づく。



「ダラス・バイヤーズクラブ」予告編


c0033213_1513627.jpg



第3位  「チョコレート・ドーナツ」

久しぶりにミニシアターが沸いた。
閉館のニュースが続くミニシアターですが、嬉しいのが、この映画が
ヒットを飛ばしたこと。

時代は1979年ともう30年近く前になります。
母親に見捨てられたダウン症の少年と一緒に暮らすため、司法や周囲の
偏見と闘うゲイカップルの姿を描く。

今ではずいぶん社会に認められたとはいえ、まだまだ根強い偏見は残っています。
しかも、30年前、情報もそんなに無い時代。
この映画に出てくる人たちの考えが一般的だったと思います。

偏見や差別といった人間の醜い面を描いていますが、その反対に、人を愛しむ
面を描いてもいます。

このあたりが、人々の心に響いたのでしょうね。

久さしぶりに、ミニシアターで満員で見ました。
女性客が9割でしたね。



「チョコレート・ドーナツ」予告編




c0033213_1542476.jpg




第4位 「世界の果ての通学路」

こちらはドキュメンタリー。

アフリカ、南米、中東、インド。
学校に行くまで、2時間はかかる中、懸命に学校にいく子供たちを
描いています。
特にアフリカの子供は、途中でゾウなど、野生の動物がいる中を行くわけ
ですから、ほんと、命がけ。
学ぶことん大切さ、重要さ、有り難さが分かっているから、どんなことが
あっても、学校に通う。

特にインドの足の不自由な兄弟を車椅子押しながら、通学する3兄弟には
ジーンと来ました。

勉強をしない塾の生徒たちに、「心して、見ろ!」と言いたいですね。


「世界の果ての通学路」予告編



c0033213_155230.jpg




第5位 「人生はマラソンだ」

珍しいオランダ映画。
しかし、内容はベタですが、ストレートな話しなので、僕はとても
気に入りました。

経営難の自動車修理工場を救うため、スポンサーを得てロッテルダム・
マラソン完走に挑む中年男4人の奮闘を描くヒューマンコメディー。

展開が分かり過ぎる映画ゆえに、各キャラをしっかり書き込んでいます。

マラソンに参加出来ない障害が起こったりと、見ているこちらは、
ハラハラしてきました。

ラストも分かりそうな感じながらも、なるほど、と納得の結末ですよ!!



「人生はマラソンだ」予告編




c0033213_1553062.jpg



次点 「ある精肉店のはなし」

こちらはドキュメンタリー。

評価が高かったので、見ようと思いながらもなかなか見れませんでしたが、
ようやく。


鳥や魚は絞めると言いますが、牛や豚はわると言うんですね。

殺すことではなく、命を受け継ぐことを意味しているので、
そうなるんでしょうね。

一つの精肉店を通して、命の大切さは、もちろんですが、
部落解放や太鼓、だんじり祭まで、話が広がるとはびっくりでした。

精肉ということで、僕も部落の事を考えました。

映画の主役となる北出一家の皆さん。

色々な困難なことがあったと思いますが、皆、明るいのが、
見ていて非常に嬉しくなりました。
特に女性がチャーミングで、パッと花咲くような明るさがありました。

それゆえ、部落の話しになっても重すぎなくなっているんでしょうね。

日本人にも、そうですが、特に牛肉扱うアメリカ人に
見て貰いたいですね。

これはまさに食文化を扱うドキュメントです。


「ある精肉店のはなし」予告編




と、こんな感じですね。


今年はなんとか、200本みたいですね。

後半も頑張って、映画見ます。

そして、秋には新作を撮る予定です。

クリスマスあたりに上映会したいですね。
[PR]
by fyamasan | 2014-07-17 15:08 | Comments(0)
円卓 こっこ、ひと夏のイマジン~うっさい、ボケ~!
c0033213_1554860.jpg



あらすじ・

大阪の団地で祖父母と両親、そして三つ子の姉たちと暮らす小学3年生の渦原琴子、
通称こっこ(芦田愛菜)は、大家族の温かな愛情に包まれながらいつも不満だらけで、
孤独に憧れていた。
家と学校という限定された世界の中でいろいろなことに悩み、考えるこっこは、
祖父・石太(平幹二朗)が教えてくれたイマジンという言葉を胸に少しずつ成長していく。



公開後、早めに見てましたが、アップが遅れました・・・。


懐かしさを感じる。
コテコテじゃなくて、ちょっと引いた感じの大阪が、良いなあと。


芦田愛菜ちゃんは、格別でしたが、ぽっさん役の伊藤君始め、子役の子供たちの達者な
演技には、脱帽ですね…(*^^*)


人と違うことが好き、格好いいと感じる。

でも、人の傷みまで気づかなかったこっこが、いまじんを働かして、
人の思いに気づいていく…。

なんか、小学生の頃、ふと孤独や空しさを感じた事を思いだしました。



大阪人の代表格のあの人もチラリと出ています♪o(^o^)o
[PR]
by fyamasan | 2014-07-15 02:13 | 邦画 | Comments(0)
マレフィセント~真実の愛とは?
c0033213_17131533.jpeg



あらすじ…

とある王国のプリンセス、オーロラ姫(エル・ファニング)の誕生祝賀パーティー。幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が出現する。オーロラ姫に永遠の眠りにつく呪いをかけたマレフィセント。それは、なぜなのか。答えは、謎に包まれたマレフィセントのち過去にあった。


そんなに期待してなかったけど、いやいや良かったですね。

「眠れる森の美女」に隠された話しとは?

欲望に囚われた男、ステファンと、復讐に囚われたマレフィセント。

囚われたものを解く鍵は、一体何なのか?

そして魔法にかけられた若きプリンセス、オーロラの運命はいかに?


マレフィセントの人間のように揺れ動く心情が、見ていて心揺さぶられました。

真実の愛はあるのか?

3Dでアクションやファンタジーの世界も堪能出来ました。
[PR]
by fyamasan | 2014-07-14 15:10 | 3D | Comments(0)
ジゴロ イン ニューヨーク…こじゃれたNY
c0033213_14161406.jpg



あらすじ・


不況で店の経営に頭を悩ませていたブルックリンの本屋店主(ウディ・アレン)は、
花屋を営む友人(ジョン・タートゥーロ)をジゴロにして男娼(だんしょう)ビジネスで
金を稼ぐことを思い付く。早速友人を説得し開業すると、クールで男前なジゴロは
裕福な女性たちにモテモテ。商売は繁盛するが、ジゴロがある未亡人
(ヴァネッサ・パラディ)に恋をしてしまい……。







予告編が、洒落ていたので、初日に行きました。
朝一でしたが、そこそこな入りでしたね!!


クスクス笑わせて、小気味よいテンポで進んでいきます。

ウッディ・アレンの憎めない小悪人ぶり。
タトゥーロのちょっと人生に疲れた、枯れた感が男の渋さ、出てました。

久しぶりにスクリーンで見た気がするシャロン・ストーンも相変わらず綺麗。

若干、バネッサ・パラディが少し年を重ねたなあと、感じました。

ユダヤ教の戒律など、文化をもっと知っていれば、さらに楽しめたと思います。

jazzが流れ、暴力や拳銃が出てこない素敵なNY。


軽いこじゃれ感が、見終わった後、心地よいです。
[PR]
by fyamasan | 2014-07-11 13:33 | 映画 | Comments(0)
ある精肉店のはなし~命をつなぐ
今年は見たいドキュメント映画が多いです。

「夢は牛のおいしゃさん」はまっすぐなストレートな映画でしたし、
「アクト・オブ・キリング」は、人間の非情さ、教育の大切さをあらためて考えました。


この「ある精肉店のはなし」も評価の高い映画だったので、早く見たかったのですが、
なかなか見れずじまいで。

ようやく見てきました。


c0033213_3452577.jpg


ドキュメンタリー映画「ある精肉店のはなし」


内容・



大阪府貝塚市にある北出精肉店では、牛の飼育から食肉処理、そして販売まで全て
家族の手で行っている。彼らは4人で呼吸を合わせながら熟練の手つきで牛を解体し、
その後、肉は店舗に運び込まれ、きれいに切り分けられて店頭に並ぶ。
7代目として家業を継いだ兄弟だったが、2012年3月には102年も代々使われてきた
食肉処理場が閉鎖される。


精肉業を営む一家の話だけではなく、部落解放、太鼓作り、だんじり祭り、そして、
食文化をも描いており、すごいドキュメントだと、感心しました。

鳥や魚は「しめる」と言いますが、牛や豚は「わる」というんですね。

生き物を殺すのではなく、次の命へと移し変えていく、そんな思いから、「殺す」と
言う言葉を使わないのかもしれませんね。


牛の皮から太鼓が作られていく過程も興味深く、牛のあらゆるところを使うことが、
牛の命を大事にしていることでもあり、すべてに感謝している姿に、頭が下がります。

日本人にはもちろんですが、特に牛肉を扱うアメリカ人には、この映画絶対に見て
欲しいですね。

肉を通じた食文化を、じっくりと見てもらいたい。


「夢は牛のおいしゃさん」の時もそうでしたが、命を奪うのではなく、命を繋ぐ
仕事をしているという、生への感謝の気持ちが、ほんとに見ていて心地よいです。
[PR]
by fyamasan | 2014-07-05 03:45 | ドキュメンタリー | Comments(0)
超高速!参勤交代~やらねば成らぬ!

c0033213_17184264.jpg


あらすじ・

8代将軍・徳川吉宗の治世下、東北の小藩・湯長谷藩は幕府から突然、通常でも8日かかり、
さらに莫大(ばくだい)な費用を要する参勤交代をわずか5日で行うよう命じられる。
それは藩にある金山を狙う老中・松平信祝(陣内孝則)の謀略で、弱小貧乏藩には
無茶苦茶な話だった。
藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は困惑しつつも、知恵を絞って参勤交代を
完遂させようと作戦を練る。



痛快娯楽時代劇でしたね。

楽しかったです。

もっと色々無理難題あるかなあと、思いましたが、割とすんなりいったような
気もします…(((^^;)


豪華な配役でしたが、深田恭子、良かったですね。

着物が似合う、色気のある役柄が、はまってますね。



小藩の、地方侍の意地を見せてくれました。

中央にもの申す、心意気が気持ちよい。

脚本家が今の福島を見て感じたことが、書く動機となり、脚本へ繋がっていったそうです。

集団自衛権の問題よりも、福島の問題を先にクリアしないといけないんじゃ
ないでしょうか?

「美しい国」は「そのうち戦争をする国」へと変わるんでしょうか?
[PR]
by fyamasan | 2014-07-02 17:18 | 邦画 | Comments(0)
  

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧