Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0033213_4123188.jpg



あらすじ・


ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような
場所から逃れるために歌手を目指す。コネも金もない彼らだが、天性の歌声と曲作りの才能、
そして素晴らしいチームワークが生んだ最高のハーモニーがあった。
やがて彼らは「ザ・フォー・シーズンズ」というバンドを結成し、
瞬く間にトップスターの座に就くが……。


そういえば、中学生の頃、フォーシーズンズの「君の瞳に恋してる」が、ディスコで
最後にかかる曲だと聞いたことを思い出しました。
また、映画「ディア・ハンター」でも、この曲が効果的に使われていました。


たんなるラブソングだと思っていましたが、この映画を見て、「君の~」の背景を知ると、

なんか背筋を伸ばして聞かないといけないような気になりましたね。


成功したミュージシャンやバンド、グループによくある話がわんさかとあり、
成功の陰には多くの苦労や努力、そして運もあったんだなあと。

同じ地元出身ということで、最後まで仲間を見捨てないニュージャージー魂には
熱くなりました。

ラストの演出も泣かせます。

とうとう我慢できずに泣いちゃいましたが・・・・。

クリストファー・ウォーケンが地元のマフィアの元締めで、これがまた男気ある
任侠な親分役を演じています。

これもあはまり役でしたね。

ブロードウェイの人気ミュージカルを映画化ということですが、本家のミュージカルも
見たくなりました。


年を重ねてますます本領を発揮している御大のイーストウッド。

素晴らしい時間をありがとうございました。

良い映画でした。
[PR]
by fyamasan | 2014-10-28 04:20 | 映画 | Comments(0)

市川雷蔵祭~「初恋」

またまた更新できてませんでした(^-^)

映画は見ているのですが、なかなか頻繁には書けていませんね。

ぜひとも、大阪にお住まいの皆さんに見てもらいたい映画祭りがあります。

テアトル梅田で開催中の「雷蔵祭り~初恋」です。

もう前半は終わりましたが、後半は始まったところです。
(11月7日まで開催)



c0033213_485750.png


ここ何年間で結構定期的に雷蔵の映画祭はやっています。
その度に、色々な雷蔵の映画を見ています。

雷蔵といえば、「眠狂四郎」に代表されるように、ニヒルで、クールな役者という
イメージがあると思うのです。

確かに、雷蔵って、めちゃめちゃカッコよいんですが、僕は時代劇の股旅物と呼ばれる
笑えるコメディタッチの雷蔵が好きなんです。

これこそが、雷蔵の真骨頂じゃないかと、自分では考えています。

ラインナップにもあります、「江戸へ百七十里」も好きな股旅物ですし、
井原西鶴の「好色一代男」や橋幸夫も出ている「おけさ唄えば」もそうです。

ただ、笑えるだけではなく、声高ではないですが、お上や権力への批判もうまい具合に
描かれているのが、すごいところですね。

スケジュールはこちら


c0033213_4184033.png



今回は初のデジタル化の映画もありますので、まずは雷蔵の映画を一本見てもらいたいです。

それで、気に入ってもらえたら、どんどん雷蔵の映画、見て欲しいですね。

雷蔵のライバルでもあった勝新太郎や中村玉緒、若村文子、淡路恵子、藤村志保、
小川真由美など往年の映画スターがずらりと出ています。

こちらも楽しみです。
[PR]
by fyamasan | 2014-10-22 03:49 | 邦画 | Comments(0)