Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0033213_4452961.jpg



僕も一応は映画製作者のはしくれなので、この映画を見ながら、うらやましいなあと。
映画製作者なら、こんな映画作りたいと誰もが思うのでは?

あらすじ・

メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とテキサス州の小さな町で生活していた。彼が6歳のとき、母は子供たちの反対を押し切って祖母が住むヒューストンへの引っ越しを決める。さらに彼らの転居先に、離婚してアラスカに行っていた父(イーサン・ホーク)が1年半ぶりに突然現れ……。



いやはや、映画製作日数がどんどん短くなっている昨今に、こんな映画が作れるとは。
監督をはじめ、スタッフ、キャストのみんなのこの映画への熱い愛を感じますね。

主人公のメイソンを演じた、エラー・コルトレーン君が6才の時から撮影をはじめ、彼が18歳になる
までを主要人物4人を同じ俳優が12年間演じ、それぞれの変遷の歴史を映し出す。

CGやメイクじゃない年の重ね方。
1年に1週間ほど撮影をこなしていく。

仮ではありますが、この映画が作り出すひとつの家族に出演者たちも、その家族の一員で
いたかったんでしょうね。


12年という歳月。
ひとつ。ひとつが大事であり、その一瞬、一瞬がかけがえないものになっています。
まるで愛おしいものを抱きしめるような気持ちで見ていました。


この映画を見て、家族のあり方、家族というものの歴史をものすごく深く考えました。

両親の離婚が繰り返され、その度に新しい家族が出来る。

本来であれば、最初の両親がそのまま家族として暮らしていくのが、理想ですが、
現実的にはそうはならない。

最初の父親である、イーサン・ホーク演じる父親が、メイソンの節目、節目に出てきます。

この父と息子の関係も適度な距離があり、しかも愛情が感じらる。

少年の成長物語ではありますが、父と息子の物語でもありますね。

cold playの「yellow」から始まる音楽もまた秀逸。

特に父親が誕生日にメイソンに自身が選曲したビートルズの「Black album」が
めちゃめちゃ聞きたくなりました。

ビートルズ解散後の4人のソロ曲を厳選して作ったというアルバム。
誰か作ってくれないかな。


時間は2時間45分と長めですが、長さを感じさせない展開で、ほんとに、
このままメイソンの成長を見ていたいと思わせてくれます。


今年、一本映画を選ぶとしたら、この映画ではないでしょうか?
[PR]
by fyamasan | 2014-11-19 04:45 | 映画 | Comments(2)
c0033213_3505919.jpg


もう上映も終わりのところもありますが、グイッと熱く心を
揺さぶられたのが、この映画「柘榴坂の仇討」




あらすじ・

安政7年、彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は主君である大老・井伊直弼(中村吉右衛門)に
仕えていたが、登城途中の桜田門外で井伊は暗殺されてしまう。
その後、あだ討ちの密命を受けた金吾は敵を捜し続けて13年が経過する。
明治6年、時代が移り変わり時の政府があだ討ちを禁止する状況で、
最後の敵である佐橋十兵衛(阿部寛)を捜し出し……。


話の展開はそうなるだろうと、予告編を見た時からわかっていました。
しかし、そこに行くまでの、二人の男の過ごした13年間が、ひしひしと画面から
伝わってきます。

そこに、気持ちがグイッと引き込まれていきますね。

仇討ちも禁止になり、もう藩も侍もいない世の中になってはいる。
が、主君への想いからなんとか敵を捜したい。

あまり書くのもあれなんで、じっと二人の男の息遣いをスクリーンから
感じて貰いたいですね。


映画を見てから原作を読みました。

原作は「五郎治殿御始末」という短編集に入っています。


c0033213_483534.png


この「五郎治殿御始末」に収められている短編はどれも幕末から明治にかけて、
武士たちが、どう生きたかを描いたものです。

大きな時代の波に呑み込まれて、転機を不器用に、自身の武士道を貫こうとする
武士たちの生き様には、映画以上に、胸がかきむしられた気がします。

明治維新の英傑ではない、一介の武士たちが、どのように、何を失い、何を得たのか?

僕は歴史が好きで、幕末・維新の話も読んできたつもりでしたが、この小説を読んで、
新たな発見があり、陽のあたらない武士たちの生き様には、とても深く感動しました。

映画を見て、原作を読むと、より一層の感動が味わえると思います。
[PR]
by fyamasan | 2014-11-02 03:51 | 邦画 | Comments(0)