Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0033213_1113186.jpg



今、大阪で話題の「大阪バイオレンス 4番勝負」の「コントロール・オブ・バイオレンス」

見てきました。


あらすじ・

大阪・下町。元・極道だが現在は工場長を営む郷田は、平穏な日々を
送っていた。しかしある日、部下がチンピラに殺され、封印していた極道の血が復活する。
チンピラとやくざの抗争が始まっていく。



どうしても隠しきれない、人に潜む暴力の血。

ふとしたきっかけで、血が騒ぎ暴れだす。

男としては、病みつきになりそうな映画でした。
逆に女性はどういう反応を示すのか?


知り合いの俳優さんが、結構スクリーンで見れたのが、
なんとも不思議であり、嬉しくなりましたね♪

十三にある七芸にてレイトのみですが、上映中です。

気になる方はぜひとも、劇場へ
[PR]
by fyamasan | 2015-05-06 01:16 | 邦画 | Comments(0)
c0033213_23272086.jpg



あらすじ・


ストーリー:名古屋の女子高に通うお気楽女子高生のさやか(有村架純)は
全く勉強せず、毎日友人たちと遊んで暮らしていた。
今の状態では大学への内部進学すらままならないと案じた母は、さやかに
塾に通うよう言いつける。彼女は金髪パーマにピアス、厚化粧にミニスカートの
へそ出しルックで渋々入塾面接に行き、教師の坪田と出会う。




結末が分かっている物語は、どう味付けするかが、
脚本家や監督のみせどころと思います。

このビリギャルも慶應に受かるのは分かっていますが、
どう展開するのか、気になってました。

先生の存在が確かに重要ですが、母親の存在が一番大きかったように、
思います。

ビリギャルの奮闘記ですが、家族の物語として、まとめているのが、
良かったですね。

自然に涙、こぼれて来ました。

「ダメな生徒なんかいない、ダメな先生がいるだけだ」、のセリフには、
胸が痛かったです…( ・∇・)


個別が子別となっていましたね。
子によって変わるんだよということでしょうね。


キャスティングも良かったですね。
[PR]
by fyamasan | 2015-05-01 23:28 | 邦画 | Comments(0)