<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

白鯨との闘い~本当の敵とは?

c0033213_1734971.jpg




1850年というから、日本ではペリーの黒船がやって来る、少し前ですね。

映画は、作家メルヴィルがトマスという男を訪ね、回想から始まっていきます。

彼はかつてエセックス号という捕鯨船に乗り組んだ、最後の生き残り。


エセックス号は、伝説と噂が入り交じる船で、巨大なマッコウクジラに
よって破壊された船。

渋るトマスから当時の壮絶な実話を聞き出すメルヴィル。



前半が迫力ある捕鯨シーンも含め、巨大なマッコウクジラと
戦うアクションがメイン。

しかし、後半から、映画のテーマが変わってきますね。

どう変わるかは映画を見てのお楽しみに。

なぜ、トマスがエセックス号の真実を語るのを、避けていたかにも関わってきます。

後半がより深いテーマになってるように思えます。

ただ、見ていて思ったのが、この映画、アメリカ人や捕鯨反対派の人は、
どう見たんだろう?と。

単なる油をとるだけの為に捕鯨し、鯨を殺していた。石油の前の
投機対象であったように思えます。

アメリカ本土近くでは鯨を取りつくしたので、遥々太平洋を
越えてまで、捕鯨に来ていた。

かたや日本では、捕鯨といえども、油をとるだけでなく、鯨の隅々まで、
活用し(近所のお寺には、鯨の骨を使った橋がかかっています)、食文化や
生活にも密接な関係があり、古い歴史もあります。

今こそ、鯨と日本、日本人との繋がりを描く映画を作るべきなんじゃないかと、
この映画を見て、思いました。
[PR]
by fyamasan | 2016-01-27 17:35 | 映画 | Comments(0)

人生の約束~友よ

c0033213_172134100.jpg




あらすじ・


新興IT企業CEOで会社の拡大にしか興味のなかった祐馬は、
元共同経営者で親友でもあった航平から無言の留守番電話が入っていることに気付き、
胸騒ぎを覚えて航平の故郷の富山県・新湊を訪れる。
しかし、航平は既に亡くなっており、かつて航平に対して会社から
追い出すような仕打ちをした祐馬を、航平の遺族は怒りをもって出迎える。
そんな中、航平の忘れ形見の少女・瞳は、祐馬にある頼みごとをする。



予告編、良かったです。
江口っちゃん、ええ感じやし、豪華俳優陣も凄い♪

良い話しなんだけど、肝心の亡くなった塩谷さんの背景、人生が省略され過ぎて、
「え?」「え?」となってしまいました。

原作では、この辺りはしっかりと書かれているのかなあ?


祭りで、人と人が触れあう、繋がりあう、本当、心にしみる良い話し。

二時間ちょいに収めないといけないからか、ちょっと都合良すぎな展開も目につきました。

地元の漁師を仕切る若き親方を演じた江口洋介はじめ、俳優陣は見応えありました。

みな、石橋監督の元に集まってきたんですね。
[PR]
by fyamasan | 2016-01-27 17:22 | 邦画 | Comments(0)

SW~フォースの覚醒・・・新たなるたびへ


c0033213_16463126.jpg




ようやく見てきました…\(^^)/

何で観るか悩みましたが、3Dで。

オープニングのSTAR WARSの文字とあのテーマ曲で、
一気にテンション上がりましたね。


そして、ハン・ソロ役のハリソン・フォードと、チューイが出てきて、
オオッととなり、レイア姫が出てきた時には、何か泣きそうになりました…(*´∀`)

タイトルがフォースの覚醒だったなあと、考えつつ、
ラストにあの方が、満を持して登場…\(^^)/


こういう年月の経ちかた、重ね方、良いよなあと。

思ってたより、かなり楽しめましたね。

続編、シリーズ8が、早く見たい♪o(^o^)o

こんな本も買っちゃいましたね。


c0033213_16552221.jpg

[PR]
by fyamasan | 2016-01-27 16:53 | 3D | Comments(0)

完全なるチェックメイト~冷戦時代の緊迫感

c0033213_16373817.jpg





緊張感ある中で、次の一手がどうなるか、スクリーンにくぎづけになりました…。

元スパイダーマンのトビー・マクガイアが、チェスの天才、奇人、変人の
ボビー・フィッシャーを、熱演…。

チェスの緊迫感のなかに、フィッシャーの奇行、変人ぶりを描くことで、
緩急がついているのが、不思議な味わい。


時代がネット社会ではなく、冷戦の時ゆえ、今から考えたら、嘘って思うことも、
真剣にしてたのが、笑えてしまいます。

でも、当時の米ソの対立、勝ち負けに対する国を背負って戦う事の凄さが、
ビシビシと伝わってきますね…( ・∇・)


世界一となるも、その後の人生や世間に馴染ない性格は、
果たして幸せだったのか?

しかし、一人しか見れない世界一の景色を見たことは、
何事にも変えがたい幸せだったのか?

ふと、考えさせられました…(*^^*)
[PR]
by fyamasan | 2016-01-27 16:40 | 映画 | Comments(0)

男はつらいよ~口笛を吹く寅次郎

c0033213_16282473.jpg



今年の最初の映画は、「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」でした。

毎年、塚口サンサン劇場が、お正月に寅さん映画を上映してくれます。

マドンナは竹下景子。


今でも綺麗ですが、若い頃は華が咲き乱れるような、うっとりするような美しさが、
スクリーンから感じとれました。

寅さんと同じく恋する青年に中井貴一。
中井貴一が恋するのが、杉田かおる。

二人とも若いです…(^o^)v

レオナルド熊や、あき竹城、石倉三郎などが、ちょこっと出てくるのが、嬉しいですね。

しかし、柴又駅での、寅さんと竹下景子の別れのシーンが、涙でて仕方なかったなあ。

めちゃめちゃ、ええラブシーンでした。

お互いの気持ちが分かってはいるのに、前に踏み出せないでいる。

いや~、切なかった…(*^^*)

心温かくなるも、切なさも感じる、男はつらいよ…お正月に見れて良かったです。
[PR]
by fyamasan | 2016-01-27 16:28 | 邦画 | Comments(0)


メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

やまさんとは?

映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新の記事

ルパン三世-カリオストロの城
at 2017-01-27 23:57
アイ・イン・ザ・スカイ~世界..
at 2017-01-24 01:54
MILES AHEAD/マイ..
at 2017-01-17 02:06
男はつらいよー続 男はつらいよ
at 2017-01-13 00:02
アイヒマンを追え! ナチスが..
at 2017-01-11 02:14

カテゴリ

全体
映画
料理
読書
その他
スポーツ
音楽
映画制作
ドラマ
ドキュメンタリー
韓国映画
ホラー映画
邦画
ヨーロッパ映画
美術館めぐり
時代劇
B級の館
舞台
午前十時の映画祭
3D

以前の記事

2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
more...

お気に入りブログ

★☆★風景写真blog★...
かえるぴょこぴょこ CI...
ヨーロッパ映画を観よう!
ブログ

最新のコメント

ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19

ライフログ

感動、衝撃、絶賛
パリのレストラン

クリクリのいた夏

レント デラックス・コレクターズ・エディション

男たちの宝塚―夢を追った研究生の半世紀

ルイズ―父に貰いし名は

ON THE ROAD“FILMS”

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧