Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

<   2017年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

c0033213_13141298.jpg


色々と知らなかった事が分かって、勉強になりましたが、自分の無知が、あかんなあと。

良心的兵役拒否者の主人公が、自身の信仰に従い、人を殺す事を拒否し、人を助ける為に戦場へ赴く。

信仰を貫こうとする主人公には、「沈黙」でも主人公を演じたA ・ガーフィールド。

幼き日の出来事や父親の存在が彼の信仰に大きく影響しています。

その信仰の為に軍では浮いた存在になります。

そこをどうきり抜けるかも、見どこかの一つですね。

「プライベート・ライアン」以降、戦場シーンはリアリティーを求めているのか、かなり悲惨な描写。

人間が物言わぬ物に成り果てる瞬間が、やるせない。

戦争というファクターを通して、信仰を描いたこの描いた。

日本人には特に見て欲しいです。

メル・ギブソンが監督なのが、意味深ですね。
[PR]
by fyamasan | 2017-06-28 13:13 | Comments(0)

昼顔

c0033213_23331503.jpg


ドラマは見てなかったのですが、評判が良かったので。

不倫が良い悪いはともかく、ここまで、人の感情を揺さぶり、起伏ある物語に出来るんだなあと、感心してたら、シナリオは井上由美子さん。

ああ、なるほどと。

法的にも会うことが禁じられた二人が再会して、寄りを戻すあたりのもどかしさや、そこを乗り越えてからの一直線具合は純愛映画を見ているようでした。

ホタルの光が、綺麗さと怪しげさが入り交じった、不思議な感じもしましたし、海や山の映像も見事です。

また、セリフが良いんですよね。

「私、幸せになろうなんて思ってません。ただ、1日でも長くあの人と一緒に居たいんです」など、言わせる辺りもしびれました。

男女では色々意見は分かれると思いますが、見て損はないと思いますよ。
[PR]
by fyamasan | 2017-06-26 23:32 | Comments(0)

逆行ーその先にあるもの

c0033213_03003725.jpg



ラオスが舞台のアメリカ映画。

エンターテイメント的なサスペンスではなく、リアリティーあるサスペンス。

ラストが、タイトルの意味することが、分かる映画になっております。

とある事件を起こし、逃げ出すアメリカ人医師。

アメリカ人からしたら、ラオスは発展途上の国で、何か事件を起こしたら、どうなるか分からない、そんな気持ちからか、必死の逃亡劇が始まります。



[PR]
by fyamasan | 2017-06-22 02:59 | 映画 | Comments(0)
c0033213_02011396.jpg


気になってましたが、スルーかなあと思ってましたが、やっぱり見て良かった。

久しぶりにゾクゾク感満載のホラー映画。

コネタや音響もええ感じです。

親子で死体検死を行ってますが、ある日、謎の女性の死体が運びこまれ、死因を調べてくれと、言われてから---。

タイトルのジェーン・ドウは、身元不明の女性のことです。

シナリオもよく出来てますので、ホラー映画ファン以外にも、見て貰いたいですね。
[PR]
by fyamasan | 2017-06-14 02:00 | Comments(0)

ローガン-男泣き。

前評判通り、男が泣ける映画になってました。

西部劇の「シェーン」を出されては、もう泣くしかないやんか、と。

何と戦い、何を求めて、ウルヴァリアンは生きてきたのか?

父と息子、父と娘の話しでも、ありますね❗

ラストもたまらないシーンとなっています。

「X - Men 」 シリーズは次はどんな展開になるんでしょうね❗
c0033213_12331118.jpg

[PR]
by fyamasan | 2017-06-05 12:32 | 映画 | Comments(0)
余り期待はしてませんでしたが、いやいや、ラストにビックリしましたね。

そうくるのか、そうラストに繋げるのか?

予告編からは、ある日突然の宇宙からの、謎の物体が地球に現れてからの話しになります。

なぜ、謎の物体が来たのか?

このあたりは、「メッセージ」に繋がるものなのかなあと、思いながら。

また、女主人公が時おりフラッシュバックやフラッシュフォワードするので、これは、母と娘の話しなのかなあと思いながら。

そして、全貌が明らかになってくると、そうだったのか、とミスリードされていたことに気づきます。

壮大なサイエンスフィクションの中に、なるほどなあと。

余り書くとネタバレになりますので、書けませんが、見終わったあとは、話し合いたくなる映画ですね。

女主人公の選択にも、興味が尽きないですね。
c0033213_23114989.jpg

[PR]
by fyamasan | 2017-06-04 23:47 | 映画 | Comments(0)

光をくれた人~涙、涙、

c0033213_22364788.jpg
あらすじ:

1918年、トム(マイケル・ファスベンダー)は戦争から帰還するものの、
心は深く傷ついていた。その後彼は、灯台守の仕事に就く。
彼はオーストラリア西部の岬からおよそ160キロメートルも先の孤島
ヤヌス島に渡り、3か月の間一人で生活する。
そして正式に採用されたトムは契約のために町に戻り、
土地の名士の娘イザベル(アリシア・ヴィキャンデル)と出会う。

予告編から、ウルウルしてましたが、本編ではさらに切なさや、
やりきれなさが増して、えらい泣きました

もし、自分なら、どう対応したのか?

最善策はあったのか?

...

夫婦のそれぞれの気持ち、娘を取り戻したい母の気持ち。

それぞれ立場が、分かるだけに、登場人物たちの葛藤、苦悩、
喜びが直に伝わってきます。

ゆえに切なく、やるせない。

オーストラリアの風景が、見事に綺麗。

映像の美しさに堪能出来ます。

こちらも男女で、感想は分かれそうですね。


[PR]
by fyamasan | 2017-06-04 22:40 | 映画 | Comments(0)