博士と彼女のセオリー~ホーキング博士、男ですね。
c0033213_135191.jpg


あらすじ・

天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング
(エディ・レッドメイン)はケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強していた
ジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い恋に落ちる。
その直後、彼はALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し余命は2年だと言われてしまう。
それでもスティーヴンと共に困難を乗り越え、彼を支えることを選んだジェーンは、
二人で力を合わせて難病に立ち向かっていく。



ホーキング博士については、それほどよく知ってはなかったのが、
逆に良かったかなあと。

タイトル通りのホーキング夫妻の愛情と葛藤の話しでした。

余命二年と言われ、体がいうことをきかなくなるホーキング。


子育てもしながら、そんな夫を支える妻のジェーン。

長年寄り添う中でも、お互いに別の惹かれる異性が現れます。

不倫や浮気と言ってしまいと、 簡単ですが、様々な愛の形があるんだなあと、
考えさせられましたね。

宇宙の誕生と、二人の愛の誕生が、妙にリンクしているなあと、
ラストシーンを見ながら、感じました。

宇宙と同じで男女問題も永遠のテーマのように思えますね。

ホーキング博士の男ぶりにもびっくりしました。


ホーキング博士を演じたエディ・レッドメインも、素晴らしかったです♪
[PR]
# by fyamasan | 2015-04-15 01:37 | 映画 | Comments(0)
パリよ、永遠に~隠れた史実に
c0033213_1574257.jpg


あらすじ・


ナチス・ドイツ占領下のパリで、パリ防衛司令官コルティッツ(ニエル・アレストリュプ)は、
アドルフ・ヒトラーの命を受け、ノートルダム大聖堂などの世界的な建築物を
破壊する計画を立てていた。
スウェーデン総領事のノルドリンク(アンドレ・デュソリエ)は、破壊を
止めさせようとコルティッツを訪問する。



元々は舞台劇というだけあって、ドイツ人将軍の部屋での話がメイン。

破壊を何とか止めさせようとするスェーデンの外交官と、家族を人質に
取られて、命令を遂行せざるを得ない将軍。

迫ってくる連合国軍。
刻々と不利に変わる戦況。


大事な家族をとるか、名誉あるパリを守る選択をするかで、揺れる将軍。

あの手この手で、将軍を説得しようとする外交官。

この二人のやり取りが、見ていて非常にスリリングで、結末は分かっているものの、
どう展開するか、ハラハラドキドキでしたね。

終戦前夜にこんなドラマがあったとは。

エンドロールのその後の史実が、また、胸を打ちます。
[PR]
# by fyamasan | 2015-04-13 01:58 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)
くちびるに歌を~青春の王道!
c0033213_1524956.jpg



あらすじ・


産休を取ることになった親友の音楽教師ハルコ(木村文乃)の代理として、
生まれ故郷の五島列島にある中学の臨時教師となった柏木(新垣結衣)。
天賦の才能を持つピアニストとして活躍したうわさのある美女だが、
その性格はがさつで乗り回す車もボロいトラック。住民たちの注目を浴びる中、
彼女はコンクール出場を目標に日々奮闘している合唱部の顧問に。
そして部員たちに、課題として15年後の自分に宛てた手紙を書かせる。
やがて、部員たちがつづった手紙から、それぞれが抱える苦悩や秘密が
浮き上がってくるが……。



めちゃめちゃ泣いてしまいましたね…(*^^*)

シナリオ的にはお手本のような映画。

対立から始まり、徐々にその関係が変わっていき、クライマックスへ
向けて、1つになる。


長崎県の五島列島が舞台で、島の景色や朝焼け、夕焼けなどの、
陽光が綺麗に写っています。

監督は、「ホットロード」や「陽だまりの彼女」の三木さんなんで、
陽光の綺麗さは、お手のものでしょうかね♪

主演の女の子や合唱部の中学生たちは、瑞々しくて、初々しく、
見ているこちらが、ピュアな気持ちになれました。


特に、障害を持つ兄を慕うさとる君を演じた男の子が、
抜群に良かったですね。

この子がキャスティングに入った事で、映画の成功がより
高くなった気がします。

もう亡くなられた井川比呂志さんや、久しぶりにスクリーンで見た、
あの女優さんなど、脇を固める役者陣も良かったです。

基本的に悪い人間が出てこないし、王道的な青春物ですが、
真っ直ぐなだけに、めっちゃ胸に響きました
[PR]
# by fyamasan | 2015-04-13 01:54 | 邦画 | Comments(0)
幕が上がる~高校演劇、凄い!
c0033213_1472951.jpg



あらすじ・


地方都市の県立富士ケ丘高等学校2年生の高橋さおり(百田夏菜子)は、
部長を務める演劇部最後の1年を迎えようとしていた。
それぞれに個性豊かな部員たちと共に年に1度の大会、地区大会突破を
目標に稽古に励む中、元学生演劇の女王だという吉岡先生(黒木華)が
赴任してくる。吉岡の指導の下、全国大会出場を目指し彼女たちの演劇に
打ちこむ日々が始まる。



TOHOシネマズで、1ヶ月フリーパスを手にしたので、普段は見ない映画を。

ももクロもよく知りませんが、平田オリザさん原作でしたので、
ちょっと期待して。

クライマックスが近づくにつれて、いやいや、めちゃ涙が。


女子高生の話しですが、演劇一本で、恋愛を省いているのが、
逆に良かったですね。

高校演劇って、こんなレベルなんだと、めちゃ興味持ちました。

ももクロのメンバーも良かったですが、僕は黒木華さん、
インパクトありました。

これまで、そんなに印象残らなかったですが、やはり凄い女優さんですね。

先生役の彼女の葛藤や心境変化が、よく伝わりました。

プロレスファンには、天竜源一郎が出てきて、嬉しかったし、
めちゃ笑わせて貰いましたね。
[PR]
# by fyamasan | 2015-04-13 01:48 | 邦画 | Comments(0)
エイプリル・フールズ~この嘘は許せる?
c0033213_138890.jpg


あらすじ・


人に対して恐怖心を抱いてしまう清掃員のあゆみ(戸田恵梨香)は、
一晩だけ関係を結んだ外科医の亘(松坂桃李)に対して、身ごもっていると
打ち明ける。ところが亘は、エイプリルフールだからとあゆみの言葉に
耳を貸さなかった。居ても立ってもいられなくなった
あゆみは、亘がいるイタリアンレストランに向かう。
一方の亘は、きれいなキャビンアテンダントの
麗子(菜々緒)とランチを楽しんでいて……。



古沢良太の脚本ということで、期待してましたが…( ´,_ゝ`)

後半の各エピソードが繋がる展開は流石だなあと思いましたが。


もろもろな問題点。


前半の緊張感ないレストランのシーン。

誘拐されているのに、呑気にラーメン食べないでしょう?

医者じゃない松坂桃季はなぜ病院にいれるのか?



突っ込み満載なんで、素直に楽しめない。

無理に良い話しにする必要は、あったのか?


これは映画よりも舞台の方がリアリティあるように感じました。



うまいこと騙されたかったなあ…(*´ー`*)

ちょっと残念です
[PR]
# by fyamasan | 2015-04-13 01:40 | 邦画 | Comments(0)
サムライフ~今からスタート!
c0033213_1263223.jpg




あらすじ・


長野県で高校教師をしているナガオカ(三浦貴大)は、自分の学校を作ろうと
思い立ち退職。
数か月後には貯金もわずか725円となり、資金を集めるために
ショットバーの経営を始める。
バーを訪れた教え子に、自分の破天荒な教師人生を
本にするようにと勧められ、
「脱・教師ダッセン」を出版。わずかな期間で1,000冊を売り上げ、
学校設立の夢が
実現に向けて一歩一歩近づいてくる。



熱い、熱い映画でした。

とんとん拍子にことが進んだり、都合のよい展開にはなったりは
するけれど、夢を追いかける主人公とその仲間たちを見ていると、
そんな事は気にならなくなって
きますね。

熱く、熱く、感じてしまいます。


夢を追うことの大切さ、夢は必ず叶うなど、言葉では簡単ですが、
なかなか実行は難しい。

実話ゆえ、難しいと思いますが、ここにシナリオ的な面白さがあれば、
もっとレベルの高い映画に
なるんだろうなあと。

映画では描かれていない苦労話がもっとあると思いますが、
主人公の生き様をみて、
多くの人に、「何か」を感じてほしいと思います。

この学校から、今を生きる多くのサムライが出てきて欲しいですね。


こういう映画に出ている大杉蓮が渋いですね。
[PR]
# by fyamasan | 2015-04-13 01:33 | 邦画 | Comments(0)
きっと、星のせいじゃない~泣かされましたね
c0033213_3365680.jpg


あらすじ・


末期ガンながらも、薬の効果で深刻な状態を免れているヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)。
だが、学校にも通えず、友人もできず、酸素ボンべなしでは生活できない。
そんな中、ガン患者の集会で骨肉腫を克服したガス(アンセル・エルゴート)と知り合う。
ヘイゼルに惹(ひ)かれたガスだが、彼女に距離を置かれてしまう。
ヘイゼルに振り向いてもらおうと、彼女が敬愛する作家にメールを送って返信をもらうことに
成功するガス。それをきっかけに、二人は作家に会おうとオランダへ旅行に出るが……。




いやいや、アラフォーの男が、号泣しちゃいましたね…(^○^)

難病物ではありますが、泣かせようとしない演出に、逆に泣かされてしまいますね…(^-^)

主役の二人が良かったですね。


二人を見守る両方の家族にも、グッと来ました。

娘の母親役のローラ・ダーンが、良い母親でした。

なんか色々と感じ過ぎてしまいましたね。

ラブストーリーでありながら、家族の絆や、人生論など色々と考えさせられました…。

是非見て欲しい映画ですよ♪o(^o^)o
[PR]
# by fyamasan | 2015-03-04 03:37 | 映画 | Comments(0)
百円の恋~痛い、痛い、痛い、しかし熱い
c0033213_4334186.jpg


あらすじ・

32歳の一子(安藤サクラ)は実家でだらしない毎日を過ごしていたが、
離婚して実家に戻ってきた妹の二三子といざこざを起こし、一人暮らしをすることに。
100円ショップで深夜労働にありつき、相変わらずな日々を送っていたものの、
ボクサーの狩野(新井浩文)と恋に落ちる。狩野との幸せな日々はすぐに終わってしまうが、
ある日、たまたま始めたボクシングが一子の人生を変える。




先にシナリオを読んでました。

どんな形で映像になっているのか、気にしながら見てました。

自堕落な生活を送る一子が、ふとしたきっかけで始めたボクシング。


リングにあがること、勝つことを目標にしてから、ガラリと生活がかわっていく。

映画「ロッキー」のように、何かを求めて、何かを掴みにいく人間は、周りをも変えていく。

安藤サクラのボクシング技術も格段に上がり、さすがの役者魂、見せて貰いました。

今の生活をもがきながらも生きている人達や、投げやりに生きている人達も、
何か出来るんじゃないかと思わせてくれる力が、映画から伝わって来ましたね。

「ボクシングはそんな甘いもんじゃないよ」という、ジムの会長の言葉が、グサッと突き刺さる。

100円コンビニの店員たちの人間模様も、見応えありました…特に野間さん、
ほんとに最低の人間でしたが、憎めないキャラでした。



痛い、痛い、痛い映画ではありますが、めちゃめちゃ熱い映画でもありました。

安藤サクラ、まじすげ~!
[PR]
# by fyamasan | 2015-01-30 04:30 | 邦画 | Comments(2)
12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ~音楽のチカラ
c0033213_4273441.jpg


内容・


2012年12月12日、アメリカ東海岸に甚大な被害を及ぼしたハリケーン「サンディ」の
被災地支援のためのチャリティーコンサート
「12.12.12 The Concert For Sandy Relief」が開催された。
ニルヴァーナがポール・マッカートニーを迎え一夜限りの復活を果たし、
リンゴ・スターの息子ザック・スターキーがザ・フーに参加するなど、
スペシャルなコラボが実現。さらにウーピー・ゴールドバーグ、ジェイク・ギレンホールなど
ハリウッドの著名人たちがイベントの裏方作業に追われる様子も映し出される。





CDは先に聞いてましたが、映像は初めてだったので楽しみにしてました。

冒頭は、B・スプリングスティーンのライブからで、一気にテンション上がりました♪o(^o^)o

ライブ映像だけかと思いきや、ハリケーン・サンチェスの被害状況や、地元のNYの人達の様子、ライブ会場の舞台裏など、見所満載でした。


募金のネットでの集まりに不都合が起きたり、裏側でハプニングはあるものの、出番を楽しみに待っているミュージシャンの様子を見ると、熱いモノが込み上げて来ました。

音楽の力を強く感じた二時間でした♪o(^o^)o
[PR]
# by fyamasan | 2015-01-26 04:29 | 映画 | Comments(0)
幸せのありか~コミュニケーションとは?
c0033213_4222770.jpg




最終日に間に合いました。

なかなか日本では見れないポーランド映画。

「幸せのありか」



あらすじ…


1980年代のポーランドで、マテウシュ(ダヴィッド・オグロドニック)は脳性まひというハンディキャップを抱えて生まれてくる。彼は幼少時に医師から植物状態だと診断されるものの、父(アルカディウシュ・ヤクビク)と優しい母(ドロタ・コラク)の愛情を一身に受けて成長する。マテウシュは体に重度の障害があったものの、実は知能に問題はなく……。




主人公が、巨乳好きなところもクスクス笑えました。

障害者を描く重い映画ではなく、淡々とですが、主人公と家族の絆が、しっかりと描かれています。

主人公が自身や家族をユーモアたっぷりに語るあたりが、重苦しくなく、
肩肘張らずに見れるんじゃないかと思います。


時にグサッと来るシーンもありますが、常に陽光を見つめて、希望を願っていた主人公の姿に、
こちらも暖かい気持ちになれました。


主人公を演じた役者魂には、頭が下がります。

話題作ではありませんが、出来るだけ多くの人に見て貰いたいと思います。


コミュニケーションの大切さ、難しさを改めて感じました。
[PR]
# by fyamasan | 2015-01-24 04:20 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)
浜省「夢のつづき」~こちらは10年ぶり
c0033213_418172.jpg



いや~、ようやく手に入れました♪o(^o^)o

10年ぶりの浜省の新曲。

予約しました。


ポスターも付いてましたよ。

待ったかいがありました…d(^-^)

今年は、ニューアルバム、そしてツアーをお願いします!!

映画「アゲイン」も楽しみですね。

野球好きにはたまらん映画やろうね…号泣しそうです。


c0033213_4181964.jpg

[PR]
# by fyamasan | 2015-01-17 04:16 | 音楽 | Comments(0)
シン・シティ 復讐の女神~お待たせしました
あらすじ・

どこからともなく、ならず者たちが集う街シン・シティ。
ストリップバーの看板ダンサーのナンシー(ジェシカ・アルバ)は、なまめかしい
ダンスで男たちを癒やしながら愛していた刑事ハーティガンに死をもたらした
街の支配者ロアーク上院議員(パワーズ・ブース)に復讐(ふくしゅう)する
チャンスをうかがっていた。
だが、ロアークは手段を尽くして力を拡大、さらに悪女エヴァ(エヴァ・グリーン)の
登場で街の腐敗は加速していく。そんな中、ギャンブラーのジョニー
(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)がロアークにポーカーで勝負を挑む。



待望の続編。

9年ぶりということで、待たせすぎやな!



しかし、前作でのスタイリッシュさと残酷さ、男くささ、そのまま健在でした。


ジョシュ・フローリン、ミッキー・ロークの男臭さ、男っぷりには、野郎は、たまりませんね。


凄腕の殺し屋ミホも、かっこよかったなあ(デボン青木ではなかったですが)…d(^-^)

カメオ出演で、レディ・ガガ発見。


男がめちゃめちゃ楽しくなる映画ですね。

c0033213_4134349.jpg

[PR]
# by fyamasan | 2015-01-14 04:09 | 映画 | Comments(0)
96時間/レクイエム~最強オヤジ。ここにあり!
c0033213_434121.jpg


あらすじ・


かつてイスタンブールで犯罪組織を全滅に追い込んだ、元CIA秘密工作員
ブライアン(リーアム・ニーソン)はロサンゼルスに戻り、再び家族の絆を取り戻そうとしていた。
そんな折、前妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)が、彼の家で死体となって
発見される。運悪く現場で警官と遭遇したブライアンは、殺人事件の
容疑者として指名手配され……。



最強オヤジは強かった…d(^-^)

まだまだ見たいシリーズですが、一応は完結。

ストーリーは、多少ひねりはあるものの、想定内。


カーチェイスや、ガンアクションなどアクション満載。

欲をいえばもう少し、主人公の最強オヤジを追い詰めて欲しかった。


何も残らないのが、アクション映画の良作。
[PR]
# by fyamasan | 2015-01-12 04:00 | 映画 | Comments(0)
Gone Girl~恐ろしや~

c0033213_3591269.jpg



あらすじ・


ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、
結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。
警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続けるメディアによって、
ニックが話す幸せに満ちあふれた結婚生活にほころびが生じていく。
うそをつき理解不能な行動を続けるニックに、次第に世間はエイミー殺害疑惑の目を向け……。



こちらも去年見逃した映画。

予告編から、なんとなく違う展開になるんだろうなあと。

前半は映画の中のテレビ視聴者のように、見ている観客をミスリードしつつ、
後半から、一気に…。


ちょっとでも書くとネタバレになりそうなんで、書きませんが…怖かったなあ。


デヴィット・ヒィンチャーなんで、一筋縄ではいかないと思いましたが。

前知識なく、見た方がより楽しめ、恐怖感も倍増しますね…
( ・∇・)
[PR]
# by fyamasan | 2015-01-07 03:55 | 映画 | Comments(0)
インターステラー~そう、あれが地球なのだ
年末年始の居酒屋バイト、ようやく終わり、今年の最初は、去年見逃した、「インターステラー」。

塚口サンサンにて。


映画「インターステラー」


c0033213_3524632.jpg



あらすじ・

近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。
そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。
そのミッションとは、宇宙で新たに発見された未開地へ旅立つというものだった。
地球に残さねばならない家族と人類滅亡の回避、二つの間で葛藤する男。
悩み抜いた果てに、彼は家族に帰還を約束し、前人未到の新天地を目指すことを
決意して宇宙船へと乗り込む。



この映画こそは、映画館の大スクリーンで見てもらいたいと切に思いますね。


三時間近くでしたが、圧倒的な映像で、刺激されまくりましたね。

哲学的?
宗教的な?
壮大な話しながら、根っこは、父と娘の絆の話しですね。

時空をこえた絆には、なんとも言えない気持ちになりました。

あの本棚が、ね、---。

宇宙や相対理性理論の話はちょっとややこしかったので、また、
じっくり見たいところです♪o(^o^)o

見応えありました。
[PR]
# by fyamasan | 2015-01-05 15:37 | 映画 | Comments(0)
2014年ベスト5なり~
明けましておめでとうございます!

まさか、大阪で元旦に雪が見れるとは思いませんでした。

今年はどんな年になるのでしょうか?



年末にシナリオ仲間と映画談義して、それぞれのベスト5を発表しました…d(^-^)

僕は新旧含めて、映画館で150本ほど見れました…(((^^;)
なんとかノルマはクリアしたかなあと。


来年は200本を目標にしたいですね。

c0033213_1455469.jpg


ベスト5

一位 「6才のボクが大人になるまで」

二位 「夢は牛のおいしゃさん」

三位 「チョコレート・ドーナツ」

四位 「ジャージーボーイズ」

五位 「エクスペンダブルズ3」

c0033213_14181279.jpg



アバウト・タイム
るろうに剣心(京都大火編)
ショート・ターム
ダラスバイヤーズ・クラブ
世界の果ての通学路
ジャスミン

などなど、ベスト5に入れたい映画は沢山ありましたが…(((^^;)

今年は映画撮れなかったので、来年は1本は確実に撮りたいですね。
僕の頭の中では、かなり出来上がっています♪o(^o^)o


昨年はお世話になりました。
今年も宜しくお願いします♪o(^o^)o
[PR]
# by fyamasan | 2015-01-02 14:20 | 映画 | Comments(0)
毛皮のヴィーナス
c0033213_152234.jpg



いやいや、めちゃめちゃ引き込まれました…(((^^;)

妖しくも肉感的、魅力的なオーディションを受けにきた
ワンダと名乗る女。

軽くあしらうつもりが、どんどんその女にひかれていく演出家の男。


これは、芝居のオーディションなのか?

それとも新たな自己を発見する女の企みなのか?


男性は演出家の心情に、女性は妖しい女に心情が、移っていくのでしょうかね?

二人芝居の限定の空間ながら、芝居と地の芝居を見てる感じで、やたら緊張感ありました。


やはり、ポランスキーですね…d(^-^)
[PR]
# by fyamasan | 2014-12-26 15:00 | 映画 | Comments(0)
シャトーブリアンからの手紙~1941年の温度差
c0033213_14302184.jpg


あらすじ・


1941年10月19日、ドイツ占領下のフランスシャトーブリアン郡ショワゼル収容所には、
政治犯や共産主義者たちが収容されていた。17歳の少年ギィ・モケ(レオ=ポール・サルマン)は、
映画館でドイツ占領に反対するビラ配りをして捕らえられる。
彼は塀の向こう側の女子収容所にいる少女オデット(ヴィクトワール・デュボワ)に恋心を
抱いていたが……。


最終日に間に合いました…d(^-^)

1941年のドイツ統治下のフランスが舞台。

一人のドイツ人将校の暗殺が、多くのフランス人の処刑へと。


賑やかなクリスマス色の町並と違い重い内容です。


淡々と描くゆえか、ずっしりと胸に響いてきます。

興味深かったのが、おなじドイツ人としても、かなり温度差があったこと。

見せしめの為に処刑しろと迫るベルリン本部。

フランス人との関係を穏便に保ちたいフランス在留のドイツ軍人たちは、処刑には反対。


しかし、総統から催促が。


ドイツ軍人の選択の悩み。



そして、一公務員として、ドイツに協力しているフランス人も、どのフランス人を処刑リストにあげるか、
悩みに悩む。


収容所の自由な雰囲気と、死を間近に控えたピリピリした雰囲気の温度差にも、
色々と感じることが、ありました。


エンドクレジットで、その後の話しが出てきます。

まだまだ戦争は、傷痕は癒されてないんだと、痛感。
[PR]
# by fyamasan | 2014-12-20 14:16 | ヨーロッパ映画 | Comments(0)
6才のボクが大人になるまで~奇跡の映画
c0033213_4452961.jpg



僕も一応は映画製作者のはしくれなので、この映画を見ながら、うらやましいなあと。
映画製作者なら、こんな映画作りたいと誰もが思うのでは?

あらすじ・

メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とテキサス州の小さな町で生活していた。彼が6歳のとき、母は子供たちの反対を押し切って祖母が住むヒューストンへの引っ越しを決める。さらに彼らの転居先に、離婚してアラスカに行っていた父(イーサン・ホーク)が1年半ぶりに突然現れ……。



いやはや、映画製作日数がどんどん短くなっている昨今に、こんな映画が作れるとは。
監督をはじめ、スタッフ、キャストのみんなのこの映画への熱い愛を感じますね。

主人公のメイソンを演じた、エラー・コルトレーン君が6才の時から撮影をはじめ、彼が18歳になる
までを主要人物4人を同じ俳優が12年間演じ、それぞれの変遷の歴史を映し出す。

CGやメイクじゃない年の重ね方。
1年に1週間ほど撮影をこなしていく。

仮ではありますが、この映画が作り出すひとつの家族に出演者たちも、その家族の一員で
いたかったんでしょうね。


12年という歳月。
ひとつ。ひとつが大事であり、その一瞬、一瞬がかけがえないものになっています。
まるで愛おしいものを抱きしめるような気持ちで見ていました。


この映画を見て、家族のあり方、家族というものの歴史をものすごく深く考えました。

両親の離婚が繰り返され、その度に新しい家族が出来る。

本来であれば、最初の両親がそのまま家族として暮らしていくのが、理想ですが、
現実的にはそうはならない。

最初の父親である、イーサン・ホーク演じる父親が、メイソンの節目、節目に出てきます。

この父と息子の関係も適度な距離があり、しかも愛情が感じらる。

少年の成長物語ではありますが、父と息子の物語でもありますね。

cold playの「yellow」から始まる音楽もまた秀逸。

特に父親が誕生日にメイソンに自身が選曲したビートルズの「Black album」が
めちゃめちゃ聞きたくなりました。

ビートルズ解散後の4人のソロ曲を厳選して作ったというアルバム。
誰か作ってくれないかな。


時間は2時間45分と長めですが、長さを感じさせない展開で、ほんとに、
このままメイソンの成長を見ていたいと思わせてくれます。


今年、一本映画を選ぶとしたら、この映画ではないでしょうか?
[PR]
# by fyamasan | 2014-11-19 04:45 | 映画 | Comments(2)
柘榴坂の仇討~さまよえる武士魂
c0033213_3505919.jpg


もう上映も終わりのところもありますが、グイッと熱く心を
揺さぶられたのが、この映画「柘榴坂の仇討」




あらすじ・

安政7年、彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は主君である大老・井伊直弼(中村吉右衛門)に
仕えていたが、登城途中の桜田門外で井伊は暗殺されてしまう。
その後、あだ討ちの密命を受けた金吾は敵を捜し続けて13年が経過する。
明治6年、時代が移り変わり時の政府があだ討ちを禁止する状況で、
最後の敵である佐橋十兵衛(阿部寛)を捜し出し……。


話の展開はそうなるだろうと、予告編を見た時からわかっていました。
しかし、そこに行くまでの、二人の男の過ごした13年間が、ひしひしと画面から
伝わってきます。

そこに、気持ちがグイッと引き込まれていきますね。

仇討ちも禁止になり、もう藩も侍もいない世の中になってはいる。
が、主君への想いからなんとか敵を捜したい。

あまり書くのもあれなんで、じっと二人の男の息遣いをスクリーンから
感じて貰いたいですね。


映画を見てから原作を読みました。

原作は「五郎治殿御始末」という短編集に入っています。


c0033213_483534.png


この「五郎治殿御始末」に収められている短編はどれも幕末から明治にかけて、
武士たちが、どう生きたかを描いたものです。

大きな時代の波に呑み込まれて、転機を不器用に、自身の武士道を貫こうとする
武士たちの生き様には、映画以上に、胸がかきむしられた気がします。

明治維新の英傑ではない、一介の武士たちが、どのように、何を失い、何を得たのか?

僕は歴史が好きで、幕末・維新の話も読んできたつもりでしたが、この小説を読んで、
新たな発見があり、陽のあたらない武士たちの生き様には、とても深く感動しました。

映画を見て、原作を読むと、より一層の感動が味わえると思います。
[PR]
# by fyamasan | 2014-11-02 03:51 | 邦画 | Comments(0)
  

メジャー監督、デビューを目指して!
by fyamasan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
やまさんとは?
映画、格闘技(プロレス)
阪神タイガース
音楽(ロック、ジャズ、
R&Bなど)

映画を通して世界と
コミュニケーション
出来る会社

Osaka-cinema-
Communication
設立が、目標

そして、
「人々の心を開く映画を
作りたい」

座右の銘

「たかがピンチじゃないか!」


mixi,
Facebookもやってますよ。


最新のコメント
ジョニーAさん コ..
by fyamasan at 02:27
マイブログに、リンク&引..
by ジョニーA at 23:22
mi_kunさん ..
by fyamasan at 02:53
凄いご活躍ですね! 小中..
by mi_kun at 17:20
sayaさん、コメント遅..
by fyamasan at 04:42
すみません、ストロベリー..
by saya at 02:22
岩崎君へ えらいコ..
by fyamasan at 13:35
山口さん、ごぶさたしてま..
by 岩崎 at 23:04
zebraさん コメン..
by fyamasan at 03:59
fyamasan さん..
by zebra at 09:19
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧