Osaka-cinema-cafe

cinecafe.exblog.jp

メジャー監督、デビューを目指して!

8分間の奇跡

c0033213_110013.jpg

みなさんはショートフィルムをご覧になった事があるでしょうか?

僕は自称映画好きですが、殆どショートフィルムに
ついて知らなかったのですが、去年に、
「大阪ショートフィルム映画祭」のボランティアスタッフを
した時にショートフィルムの面白さに
はまったのですが。

今回、ご紹介する映画、「岸辺のふたり」は
8分間のショートフィルム。
宣伝文句に「8分間の奇跡を」と書いてあったので、
「ほんまかいな、どんなもんかな」という気持ちで見てきました。

この映画はすでにDVDで出ており、DVDで火がついて劇場公開が
決まったという珍しいものです。

原題が「Father and daughter」となっており、愛する父の
帰りを、岸辺で待つ娘の成長が、8分間の中で描かれており、
その描かれ方が、何とも優しく人生を描き出しています。

たった8分間で何を描いているのでしょうか?
みなさんも奇跡をぜひ、ご覧下さい。
興味があれば、DVD、またはこちらのサイトから
配信されてますので、見る事も出来ますよ。
     ↓
www.aii.co.jp

この映画を見るとスマトラ地震のチャリティにもなるみたい
なので、映画を見て、社会貢献出来るというツワモノです。

2時間の映画は少し頑張って見る感じですが、時間が短い
ショートフィルムは気軽に見れるのがいいですね。

明日は近畿も大雪なのかな?
関東は大雪みたいなので、怪我に要注意ですね。
[PR]
# by fyamasan | 2005-03-05 01:14 | 映画 | Comments(2)
c0033213_17141744.jpg

不運な男の話であります。
映画「アウト・オブ・タイム」

W・スナイプス演じる主人公、
ディーンは元特殊部隊士。
ボスニア紛争で戦友を亡くし、PTSD(心的外傷後ストレス障害)
に悩まされ、何かの拍子で過去の出来事が蘇り、
心に平穏がない毎日を過ごしていました。

彼の恋人は戦友の妹(彼女は刑事でもある)
彼女には未だに、戦友の死の真相を伝えられない。

意を決して彼女に伝えようとダイナーで
待ち合わせた所から、彼の不運が始まる。
“XE”と呼ばれる麻薬取引に、ある人物として間違われてしまった。
この“XE”は使用8時間後に神経系統を破壊してしまう恐ろしい薬物。
そしてこの薬を打たれて、彼は誘拐されてしまう。
c0033213_1719141.jpg


この“XE”を巡って、地元警察、FBI捜査官、
そして麻薬組織が入り乱れる。
“XE”の解毒剤は麻薬組織がもっている。
ディーンは8時間内に解毒剤を手に入れられるか?
戦友の死の真相は明らかにされるのか?
時間は刻々と過ぎていくが、、。

この映画の面白い事は、
誘拐されただけであったら、普通の話だが、麻薬によって
主人公が混乱しているので、見ている者も過去か現実かが、
分からなくなってしまう。
この発想が面白いです。

欲を言えば、もう少しストーリーにどんでん返しをいれて欲しかったなあ。
主人公のPTSDの原因はボスニア紛争ですが、2,3年すれば
イラク戦争で傷ついた主人公の話が出てきそうです。
[PR]
# by fyamasan | 2005-03-03 22:00 | 映画 | Comments(2)
c0033213_1653125.jpg



恋愛映画のいいものを見つけました。

映画「ホワイト・ライズ」です。

舞台は冬のシカゴ。
最愛の女性リサ(ダイアン・クルーガー)が
突然消えてから2年、マシュー
(ジョシュ・ハートネット)は心に傷を
残しながらも、新たな仕事と恋に
懸命に生きてました。

中国へ出張を控えたある日、レストランで
2年前に消えたリサの声が聞こえた。
懸命に追うも見失い、心が揺れた。
中国・出張へ行き、婚約者の元へ帰るか、
それとも、ここに残り、リサを探し出すか?

c0033213_16591164.jpg


マシューはリサの事が頭から離れず、
友達の協力を得て、リサ探しへ向かう。
そしてたどり着いた結末は?
マシューはリサと会えたのでしょうか?

出演者の一人がつぶやく 
「恋に落ちると、正気じゃない事もしてしまうのよ」
このセリフがキーワードになり、
悲しい恋の嘘と秘密が明かされます。

c0033213_1723011.jpg

ラストに向かうに連れて、胸がいっぱいに
なってきました。
恋した人なら分かる、この切ない恋心。
う~~ん、泣けてきます。

冬のシカゴも綺麗に描かれています。
二人の思い出が詰まった公園なんかは、
ぜひ、行ってみたいです。

恋の喜びも悲しみを味わえる、
そんな映画ではないでしょうか!
[PR]
# by fyamasan | 2005-03-02 17:03 | 映画 | Comments(2)
c0033213_0284510.jpg

今日はアブリル・ラビーンのライブに行ってきました。

満員ではないだろうと思っていましたが、
結構混んでました。
年齢層は10代、20代が殆どで、
アリーナはオール・スタンディング。

オープニング・アクトもあり、アブリルも大物になったなあと
感じてしまいましたが、実際のアブリルは本当に小さくて
可愛らしい。
曲もセカンドアルバムから中心でファーストのヒット曲も
ちらほらと。
オープニング・アクトがあったせいか、アブリル自身は
1時間ちょっととかなり短めのライブでした。

今日は弾けようかなあと思い、Tシャツ1枚でライブに臨みましたが、
会場全体が盛り上がる事は無かったです。
残念ながら。

アブリルの前に久しぶりにボーリングをしました。
こ、腰が痛いです。
30歳越えるとやばいのか、日頃の運動不足か。
う~~ん、残念!
[PR]
# by fyamasan | 2005-03-02 00:31 | 音楽 | Comments(2)

c0033213_1231545.jpg
人間はどのくらい、眠らずにいられるのか?
公式記録では確か、14日と何時間ぐらいだったと思いますが。

でも、この映画の主人公、トレバーはすでに1年以上眠っていません。
そのため、体重も激やせで周りから「それ以上痩せたら死ぬぞ」と
言われ続けています。

物語は、トレバーが1年以上眠らずになってから、ある日の事、工場に
(彼は深夜、工場で働いています)見知らぬ、アイバンという男と出会います。
仲間の一人の代わりに来たといいます。
おかしな事に、誰に聞いてもアイバンなんて知らないといいます。
そして代わりとなった男もちゃんと働いています。

その時から、トレバーの周りで不可解な出来事が起こり始めます。
彼の不注意で、同僚が怪我をする、冷蔵庫に変なメモが張られている。
「誰かが俺を嵌めようとしている」、不眠症による幻覚か?
そしていつもそこにはアイバンの影が。

トレバーが眠れなくなったのは1年前。
ここに何か秘密があるようです。
再び、彼は眠ることが出来るのか?
そしてアイバンとは何者なのか?

この映画の凄い所は、ストーリーもさることながら、主人公トレバーを
演じた、C・ベイルのR・デ・ニーロばりの役者根性です。
30KGにおける減量をした体は物凄いです。必見であります。
撮影中も動いたりするのが大変で、かなりやばそうだった見たいですよ。
「バットマン・ビギンズ」で見事、バットマン役を射止めた、C・ベールの
体当たりの演技に注目です。
[PR]
# by fyamasan | 2005-03-01 01:25 | 映画 | Comments(2)

顔面プロテクター?


c0033213_23144441.jpg今日は久しぶりにBSでをNBA見ていたんですが、
その時、何か見慣れないものが。

選手が付けている、顔面プロテクターのようなもの。
「これはいったいなんなんや~?」
「NBAも花粉症対策か?」
いろいろ考えましたが、謎のままです。

みなさんも一度、見て頂きたい。
写真をアップ出来ないのは残念です。
以前、ゴーグルのようなものを付けていましたが、
顔面ゴーグル?はかんなりインパクトがあります。

きちんと呼吸は出来ているんでしょうが、何か見ていて
息苦しく感じました。
[PR]
# by fyamasan | 2005-02-26 23:15 | スポーツ | Comments(2)

魚の目?

今日は昨日と変わって、雨降りもあり、また寒くなりましたね。
日曜日にはまた厳しい寒さが来るらしいです。

今日はこの写真の「キンキ」という魚を捌いていたのですが、
写真で分かりますか?
目が透明でめちゃめちゃ綺麗なんですよ。

c0033213_1361810.jpg

普通、魚の目ってなんか「死んでるような目」と言われますが、
この目は凄いなあと、捌きながら思いました。
煮付けにすると美味しい魚です。
今が旬みたいなんで、スーパーで見かけた時は、ちらっと
目を見て下さい。
こんな目の魚もいるんやなあと。

そういえば、最近は映画見てないなあと少し反省。
週末は見に行きたいです。
「ロード・オブ・ザ・リング~3部」の完全版が週末から公開
されます。
時間が長い映画がさらに長くなるみたいです。
[PR]
# by fyamasan | 2005-02-25 01:38 | 料理 | Comments(6)
今日は暖かくて春が近いなあという感じでしたね。
また急に寒くなるから、気候には騙されないようにしないと。

今日もコンビニで新しい、「~まん」を見つけました。
ずばり「チャーシューまん」です。

これも写真を見て貰いましょう!

c0033213_22561921.jpg

やはり何か写真取りが良くないですね。
美味しそうに見えないな。
あ、「ドテチン」や「とうちゃん」の他に、「ごん」や
「死神」も見えるぞ。
「ひげモグラ」は見えません、残念!

「チャーシューまん」、感想は「う~~ん、肉まんで充分じゃないかい?」
チャーシュー好きにはいいかもしれないが。

これからの候補として、その名もずばり、「ラーメンまん」はどうだろうか?
懐かしの「キン肉マン」の人気キャラのラーメンマンの事ではないが。
井村屋に期待である。

またユニークな「~まん」があれば、試食&報告します。
[PR]
# by fyamasan | 2005-02-23 22:58 | 料理 | Comments(4)
c0033213_0264516.jpg
どうも~!

風邪の方もましになりました。
まだ食欲はあんまりわかないんですが。


今日もまたいい本を見つけました。
「牙、江夏豊とその時代」 後藤正治 です。
読み始めたばかりですが、どんどん引き込まれていきました。
(本当は経営の本を読まないといけないんだろうけど。)

後藤さんはスポーツノンフィクション作家として、野球はもちろん
の事、定時制のボクシング部、競輪、競馬、マラソンとジャンルは
広く、暖かく時には厳しく見つめた独自の視点が、他の作家と
違い、読後になんともいえない感動が広がります。
野球のスカウト陣の話の「スカウト」や定時制高校のボクシング部を
描いた「リターン・マッチ」は特に良かったです。
野球やボクシングに興味がない人でも、引き込まれていくと思いますよ。
ぜひ、一読を!

また、今日はタイガースの開幕戦のチケット発売日でした。
午前10時発売だったのですが、12時半過ぎに電話した時は、殆どの
席が売り切れでしたが、何とか4月3日の3塁内野自由席は取れました。
(いや~良かった)

10年ぶりぐらいとなる、地元での開幕。
開幕ダッシュしてほしいものです。
助っ人、スペンサーはダメ外人になるのか、どうなるんでしょうかね?

 
[PR]
# by fyamasan | 2005-02-23 00:28 | 読書 | Comments(2)

風邪引き


c0033213_22381436.jpg
無念である(BY 財前教授ではない)

また風邪引きで体調を崩しました。
朝から腹痛と吐き気で死にそうでした。
明日は大丈夫かな?

今日は早く寝ます。

寂しいコメントで申し訳ないです。
みなさんも風邪引きには注意を。
[PR]
# by fyamasan | 2005-02-21 22:38 | その他 | Comments(4)

c0033213_23535893.jpg
どうも~!

今日も寒かったですね。
明日からまた寒波が来るらしいけどね。

今日は大丸梅田の「さくらももこ展」に行ってきました。
最終日で日曜日なので、結構賑わっていました。
「ちびまるこ」ちゃんから代表的な原画やデビュー前のものや
「まるこちゃん」以外の作品などが、かなりの数で展示されて
ました。

僕は「まるこちゃん」以外あんまり知りませんでしたが、
エッセイや自主編集の雑誌など、漫画に限らず色々な
分野に活躍しているんだなあと。
漢字や百科事典などにも、まるこちゃんが出てると
「ドラえもんと同じやな~」と。
「百人一首」など、好きな漫画で勉強する方がいいのは、
確かですが。

後は、前から気になってたグループ、マルーン5のCDを
買いしました。
ヒット曲「This love」やCF曲、「She will be loved」は
みなさん聞いた事があると思います。
しばらくはまりそうだわ。
c0033213_23543628.jpg
[PR]
# by fyamasan | 2005-02-20 23:56 | その他 | Comments(2)

ん~、カスタードまん?


今日は夕方から雨降りで、来週はまた寒波が来るそうです。
はやく春にならんかなあと思う今日であります。

冬の楽しみと言えば、鍋料理もありますが、僕はコンビニに
ある肉まんなどの~まんシリーズが好きです。
特に「カレーまん」と「ピザまん」は大好物だったのですが、
今日は「カスタードまん」に挑戦しました。

まずは写真を見て頂きたい。
二つに割るのが下手くそなんで、何か綺麗に見えませんが。
横に見えるのが、「ギャートルズ」のとうちゃん、ドテチンです。
懐かしいキャラたちです。
後ろにマンモス象も見えます。
c0033213_0251332.jpg

さて、感想は、「これはぜんぜん違和感なく食べれるなあ」でした。
鯛焼きにもカスタード味はありますが、「カスタードまん」でも充分美味しいです。
特に甘いもの大好きな人にはたまらないなあと思います。

個人的には「お好み焼き」が好きなので、「お好みやきまん」などの
出現を待っていますが。
そういえば、地方には「地ビール」のような「地~まん」というのが
あるのだろうか?

PS 懐かしい「みなしごハッチ」もお菓子フィギュアで出ています。c0033213_132919.jpg
   これも外せないなと思う今日であります。
 
[PR]
# by fyamasan | 2005-02-19 00:27 | 料理 | Comments(4)

TVドラマ「24」


c0033213_22155078.jpg
たぶん、かなりの人がすでに見たと思う、
有名なTVドラマ「24」

対テロリスト機関・CTUのLA支局長・ジャックが
事件を捜査するために奔走する24時間を描いた、
K・サザーランド主演のサスペンス
TVシリーズであります。

ケーブルで今、ファーストシーズンをやって
いるのですが、今日は録画ビデオで
17時あたりを見ていたのですが、それが
終わると何と、19時に。
「お~、18時が抜けているではないか」、
これはつらい
毎時間、「次はどないなるんや?」と
期待をもたせるのに、残念である。

頼んで録画してもらってるので、
文句は言えませんが、、、。

多分、ケーブルも3月からはセカンドシーズンに
突入するのでしょう。
楽しみであります。
そういえば、日本版「24」はどうなったんだろうか?
大阪では放送していないのか、それとも企画自体が
ボツになったのか、
どうなんでしょうか?
[PR]
# by fyamasan | 2005-02-17 22:17 | Comments(6)

「人質」


c0033213_22243882.jpg
今日はなかなか衝撃的な本を読み終えました。
「人質」 BY 郡山総一郎 × 吉岡逸夫 です。

みなさんは覚えていますか?
日本がイラクへ自衛隊を送って、最初に人質になった日本人
3人の事を。
その3人の一人、郡山さんの告白本であります。
無事に帰国後、「反省がない、無防備だ、」と何やかんやと
批判された3人であったが、マスコミが流した情報は本当に
正しかったのか?

応えはNOです。
いかに外務省や日本の警察がこの事件を上手く取り繕い、
大マスコミが偏った情報を流していたかが、よくわかります。
メディアの怖さをとても感じます。

3人がどういう人たちであったか、なぜ、イラクへ行ったのか?
人質の時間をどう過ごしていたのか?などなど。
吉岡氏との対談形式で書かれてあるので、とても読みやすい。
「へえ~、そうだったのか」と思う所がいっぱいあります。

機会があれば、ぜひ、読んで下さい。
イラクや人質問題に対して、違った見方が出来ると思います。
[PR]
# by fyamasan | 2005-02-16 22:26 | 読書 | Comments(12)

フィギュアの魅力


c0033213_2212841.jpg
どうも~!

今日は一日、いい天気でしたね。
洗濯物が乾いていい感じです。

今日は僕のフィギュアのコレクションを一部、紹介します。
僕は歴史が好きなので、歴史小説もよく読みますが、
フィギュアもいろいろ集めています。
写真ではあまり分かりにくいと思いますが、
横山光輝版、「三国志」、去年の大河ドラマ「新撰組」、
NHK人形劇版「三国志」、あとは、「北斗の拳」や「あしたのジョー」、
「ガンダム~ファースト」などが、よく見たら写っています。

小物やでっかい物など、いろいろあるんで、多分、僕の
家に着たらびっくりするかなと思ったりもしますが。
次に引越しするのが、大変やなと人事のように
考えてしまいます。

最近は、本当に小さいものでもよく出来ていて、感心するばかり
です。本来はお菓子のおまけですが、お菓子がおまけのように
なっていますね。
[PR]
# by fyamasan | 2005-02-14 22:14 | Comments(6)
c0033213_22145048.jpg

今日はスーパー玉出に買い物に行くと、ごぼうが2本で
48円、これは安いと。
鶏肉の切り身も安くて、冷蔵庫に大根が残ってたし、魚も
少しあったから、煮付けにしようと考えました。

そして、この料理に(日本の食卓の雰囲気が漂う)
以前おでんを作った時に、ちくわとゴボ天が残っていたので、
一緒に入れました。

今回は赤ワインを入れてみました。
最後は生姜を入れて、一工夫です。

われながら、いい感じに仕上がりました。
鶏肉と大根が特にいいなあ。
ちくわとゴボ天もいい味出しています。

そろそろcinema-cafeに出したい料理を作って公開しなくてはと、
思いますので、しばらくお待ち下さい。
[PR]
# by fyamasan | 2005-02-11 22:17 | 料理 | Comments(3)
昨日の講座は「模擬面接」でした。
c0033213_187178.jpg

色々と話を聞いて参考になりました。
気持ちに余裕が持てるとかなり楽になりますね。
ぜひ、本番で効果が出るようにしたいです。

今年に入って、気合を入れてミニシアター系映画を見てますが、
今回もそのひとつ。

英国人劇作家ピーターは最近スランプ気味であります。
彼は子供嫌いなんですが、妻は子供が欲しいと、排卵日?でしょうか、
その日には必ず関係を迫り、隣の犬は夜中でも吼えるので、いっそ殺して
しまおうかと考えるくらいです。
(ちなみに原題が「How to kill your neighbor's dog」であります)
また、彼に憧れてるストーカーも近所を徘徊する有様で、ストレスを感じる
毎日。

そんな毎日が続く中、隣に引っ越してきた家族(といっても、離婚した母と
娘の二人ですが)の特に片足の不自由な女の子、エイミーとの出会いが
彼の気持ちを変えていきます。

最初はいやいや相手してましたが、子供の価値観の面白さに気づき、
子供嫌いの自分が驚くくらい、接するのが楽しみになってきます。
スランプ気味であった劇本も、「子供の書き方がよくなったなあ」と褒められ
たりと、少しづつよくなってきます。
c0033213_1646992.jpg


でも、世の中そんなに良いことは続かないんだね、これが。
ある事がきっかけでまた、彼の周辺はがらっと変わっていきます。

この映画の見所は、出演者たちのいきのいい、しゃれた会話では
ないでしょうか!
病院やベッドでの夫婦間(K・ブラナー&ロビン・ライト・ペン)の会話とか、
エイミーとのままごと遊びでの会話など。
思わず、「くすっ」と笑える会話が盛りだくさんです。


また音楽がいいです。サントラが欲しくなりました。
ラストは「Groovy kind of love」で締めくくります。
[PR]
# by fyamasan | 2005-02-09 16:48 | 映画 | Comments(2)

プレゼン

毎度~!c0033213_18103037.jpg

今日も魚屋では、あんこうを10匹以上解体しました。
おかげで授業遅れたよ。

今日はプレゼンの授業で、準備する時間があまりないまま、
2つほど、プレゼンをしました(プレゼンの練習かな)
1分以上、2分未満というのは、予想以上に難しいです。
自分の事は自分が一番よくわかっているはずですが、どれを
どう話すのがいいのか、いろいろ悩むます。

やはりこれも慣れなのかな?と思いますが。
日頃から人の前でしゃべる機会があればまた対応も
違ってくるでしょうね。

僕は前から思っていたのですが、人前で話す授業なんて
学校じたいで殆どする事なかったので、小学校や中学校でも
そういう授業は必要だと思ってます。

やはり自分が何を考えているのか、きちんと人前で話せる事は、これからは
かなり要求されるでしょうね。
アメリカ人のようにと言えば御幣がありますが、自分の主張は大事です。
度を過ぎると困りものですが。

こういう時はしゃべりや間をとるのが上手い人には憧れます。
これも才能でしょうね。羨ましい。
1歩でも近づけるように、頑張るしかないですね。

明日も雨かな?
では、また!

あまり意味はありませんが、とりあえず何か画像を!

c0033213_2331216.jpg
[PR]
# by fyamasan | 2005-02-07 23:33 | Comments(3)
c0033213_17424089.jpg


だんだん日が落ちるのが遅くなってきましたね。
春は近づいて来てますね。
(花粉症の人には春はかなり嫌な季節になるんでしょうね、
間違いない!)

今日は映画「ビフォア・サンセット」を見てきました。
9年前に「恋人までの距離(ディスタンス)」という映画が
ありましたが、その映画の9年後の話になります。

作家として成功しているジェシーはアメリカ人で新作本の
キャンペーンでヨーロッパを回っています。
今日はたまたまパリの書店でのイベント。
そこに、9年前に劇的に出会い、再会を約束しつつも出来なかった
セリーヌが現れた。
そして今回もジェシーがパリに居れる時間は残り85分。
9年ぶりの運命の人との再会に二人は胸躍らすのだが、、。

別れまでの時間を惜しみつつ、二人の話は尽きません。
もし付き合っていたら、どうなっていたか?
そして、現在の二人の生活はどうなのか?
9年の月日は長いものです。
ジェシーは結婚し、一人息子も出来て、作家として生活をしています。
セリーヌは、環境保護団体で働き、戦争写真家と付き合っています。
彼らに共通してることは、二人とも現実の生活に絶望を感じていると
言う事です。

現在の生活からの逃避願望があるからこそ、9年前の恋愛が
まぶしく見えるのか?
運命の恋を知ってしまったから、その後の恋愛はどれも空虚でぽっかり
胸があいたような生活をしてきたせいなのか?

僕にはどうも、現実からの逃避が9年前の恋愛を二人は美化しすぎて
いるのではないかと、感じずにいられません。
大事なのは今、どうしていくか?で、この後、二人はどういう選択を
していくのか?そこまで描いてほしかったですが、残念!
前向きに生きることは難しいですが、それを乗り越えた恋愛なら、
その後の二人はどうなのか?続編を期待します。

人によって解釈は違うと思いますが、劇的な恋愛で「マディソン郡の橋」が
c0033213_17435190.jpg

ありました。不倫ですが、二人が愛し合った4日間があったからこそ、
二人はその後の人生に意義を見つけ、人生を送れたのではなかったのか?
いい意味で前向きに捉えられた恋愛だったのでは?と僕は思いますが。

映画は殆ど、二人の会話(しかも85分という設定)なので
あまりパリの風景も出てきませんが、特筆すべきは主演女優の
ジュリー・デルビーのギターの弾き語りが聞けることかな?
なかなかいい腕前ですよ。

それにしても、E・ホークも年取ったねえと感じました。
「いまを生きる」の美少年もユマ・サーマンとの離婚や私生活の事で
顔に疲れが出てきました。
またその経験を役者魂に注ぎ込んでほしいです。
[PR]
# by fyamasan | 2005-02-06 22:43 | 映画 | Comments(2)

映画とたべもの

c0033213_18145479.jpg
もう立春ですね。
あと、1ヶ月もすれば、
春らしい気候になるんかいな。

今日は気になってた本、「映画とたべもの」 
渡辺祥子著を買ってきました。

タイトル通りに、映画に出てくる食べ物の話です。
14年ぐらいの前の映画から、最近のJ・デップの
「ネバーランド」までと、幅広いです。

食文化というぐらいだから、食事の場面というのは、各民族、
いろいろと特色あるわけです。
映画を通じて食文化を論じれば立派な比較文化論になりますね。

c0033213_18151812.jpg
c0033213_18154952.jpg









「アメリ」のクレーム・ブリュレも美味しそうだったし、
去年のマイ・ベスト1の「オールド・ボーイ」の餃子も
忘れがたいなあと。
食べ物に拘って映画を見るのもまた違った観点で
見れそうで、面白そうな感じがします。

明日からはまた寒くなるみたいです。
風邪には気をつけましょう!
[PR]
# by fyamasan | 2005-02-04 22:53 | 読書 | Comments(1)