「GOEMON」よりも「ヤッターマン」~ち、違うか?

共に、CGを多用し、「GOEMON」は日本発~世界へ
「ヤッターマン」は往年のファンの夢を実現化。

邦画の新しい形でしょうか?


映画「GOEMON」


c0033213_2572259.jpg


あらすじ・
1582年 天下統一を目指した織田信長は、その夢目前にして、
家臣・明智光秀の謀叛により本能寺で暗殺される。
しかし、信長の右腕であった豊臣秀吉が、その数日後に
光秀を討伐。その功績をもって信長の後を継ぎ、豊臣政権を制定。
世は火種を残しつつも、一時の平和を謳歌していた。
そこに、彗星のごとく現れる一人の盗賊・石川五右衛門。
超人的な身体能力を武器に、金持ちから盗み、
貧しきものに分け与える英雄に庶民は熱狂する。
ある夜、盗み出した財宝の中に、南蛮製の箱を
見つける五右衛門。その箱の中にはある重大な秘密が隠されていた。
忘れ去ろうとしていた過去の扉を開いてしまう五右衛門。
箱の秘密を追う、石田三成と霧隠才蔵、そして徳川家康と服部半蔵。
真実を巡る壮絶な戦いが始まる…。
(goo)より

予告編見たとおり、圧倒的な映像美に驚かされる。
ハリウッド映画のように、CGの凄さに見とれてしまう。
「スター・ウォーズ~クローンの逆襲」を思い出す。
ゲーム「鬼武者」のような戦国絵巻がそこに描かれる。

c0033213_2581439.jpg


しかし、ドラマが、人間性が薄っぺらだ。
結局、五右衛門が何をしたかったのか?
どこにクライマックスを持ってきたかったのか?
なんとも疑問に残る。

歴史好きには面白い話だけど、ちょっと、あれですね。


映画「ヤッターマン」

c0033213_2585857.jpg


あらすじ・
高田玩具店の1人息子のガンちゃんは、父親の開発途中の
ヤッターワンを完成させ、ガールフレンドの愛ちゃんと
共にヤッターマン1号、2号としてドロンボー一味と
戦っていた。
ある日、考古学者の海江田博士の一人娘、翔子から
ドクロストーンを探しに行ったまま行方不明になっている博士を
探し出して欲しいと頼まれる。
ヤッターマンに変身したガンちゃんと愛ちゃんはヤッターワンを
出動させ、一路、博士のいるオジプトへ向かう!


大阪では土曜日の夕方からTV放送があり、小学生の僕は
毎週楽しみにしていました。
今週はどんなメカが出てくるのか?
お決まりのパターンながら、いつもワクワクしてましたね。

「タイムボカン」シリーズ大好きでしたね。

「ヤッターマン」が1977年製作とのことなんで、
もう32年の歳月を経て、実写化なんですね、凄い。


映画はおなじみのネタに笑い、実写版のドロンボー一味が
良い味出してますし、ボヤッキー役の生瀬勝久さん、最高ですね。

ドロンジョの深田恭子も良い雰囲気あるし、ぜひとも、パート2
作って欲しいですね。

「今週のハイライト」
「説明しよう」
「今週のビックリドッキリメカ、発進!」

このセリフに懐かしさが出る人は、ぜひとも、見てくださいな。
迫力あるよゆえに、映画館で見て欲しいですね。


僕的には、世界発信の「GOEMON」よりも「ヤッターマン」の
方が、断然、評価するけどなあ。

監督の三池崇史さん、本当に、なんにでも手を出すと
いうか、色々なジャンル撮りますよね。
三池崇史さんが「GOEMON」撮ったらどんな感じなんでしょうかね?
[PR]
by fyamasan | 2009-05-14 02:59 | 邦画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31