ターミネーター4~I'll Be Back!

ようやく話題の「ターミネーター4」を
見てきました。

平日の昼間でしたが、意外と女性客が多かったですね。
「T3」ではちょっと尻すぼみだったので、期待を持って
見てまいりました。

新たなる3部作の第1章が始まる。


c0033213_5102381.jpg


あらすじ・

時は2018年。
核戦争で荒廃した世界は、人工知能搭載のスーパー
コンピューター“スカイネット”に支配されていた。
生き残った人々は抵抗軍を組織し、機械との最後の戦いに
備えていた。
部隊のリーダーであるジョン・コナーは、
“スカイネット”がやがて自分の父親となるカイル・
リースの命を狙っていると知り、彼を探し始める。
一方、ターミネーターがさまよう荒野をたくましく
生き抜く少年カイルは、核戦争のことも、今が何年か
さえもわからない屈強な男・マーカスと出会う。
(qooより)

ダ、ダッダ、ダダ~ン。
ダ、ダッダ、ダダ~ン。

おお、あの音楽が映画館に鳴り響くと、めちゃめちゃ
テンションが上がってくる。

舞台は2018年。
あと、9年後の世界。
審判の日、以降で、まだジョン・コナーは正式な
抵抗軍のリーダーではない。
自分に与えられた宿命に、とまどいつつも母コナーの
伝言テープを聴き、それを受け入れようとしている状態。

c0033213_5114688.jpg


クリスチャン・ベイル扮するジョン・コナーもカッコイイが、
本作では、マーカスが良い。
自分が人間かマシーンか分からない状態で放り出され、
やがて自分を作り変えた真実を知ったとき、マーカスは
ある決意をするのですが、これがまた、憎いなあ。

元PRIDE統括本部長の高田延彦がいれば、
「マーカス、お前、男だよ」と言ってくれるはず。

男前なマーカスの活躍をぜひとも見てやってください。

また、新しいマシーンがまた、カッコイイのだ。
とくにモトターミネーターというバイクのターミネーター。
これ、「バットマン」のバットモービルぐらい、ぐっと来た。

ジョン・コナーが乗りこなすシーンがあるのですが、
これ見たら、男なら乗りたいなあと思うはず。

c0033213_5123566.jpg


「ターミネーター」シリーズ。
どんどんストーリーが複雑になり、それはそれで楽しみ
なんですが、僕的には、「ターミネーター1」での
未来からきた殺人マシーンが執拗に追いかけてくる。
どこまで、追いかけてくるんだ~と、かなりハラハラドキドキ
しながら見ていたあのドキドキ感がもっと欲しいなあと
思うんですよね。

中学の時に見て、見終わった後、ヘトヘトになりましたもんね。
「こいつ、どこまで追いかけてくるんや」

でも楽しかったなあ。
単純に楽しめた。
映画の原点のように思えました。

さてさて、本作ではシュワちゃんは出てくるのでしょうかね?

映画館でお確かめくださいね。

「I'll be back」のセリフは聞けますよ!
[PR]
by fyamasan | 2009-06-28 05:13 | 映画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31