愛を読むひと~切ないぞ、切ないぞ

切ないラブストーリー。
悲しいまでの運命に巻き込まれ、
人を裁くこととは?
人を愛することとは?

胸いっぱいになりました。
感動です。

映画「愛を読む人」

c0033213_334545.jpg


あらすじ:
1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上の
ハンナ(ケイト・ウィンスレット)と恋に落ち、
やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、
愛を深めていった。
ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、
数年後、法学専攻の大学生になったマイケル
(デヴィッド・クロス)は、無期懲役の判決を受ける
ハンナと法廷で再会する。
(シネマトゥデイ)

15歳のマイケル。
育ちの良いマイケルが初めて知ること。
大人への憧れ、女性への、性への興味。
そして、初めて経験する、人を好きになること、
愛するということ。

この時のマイケルの描写が的確で、同じ男として
「そうそう、そうなんだよ!」とうなづきます。
でも、15歳の夏は一瞬で終わりをつげます。

淡い恋の思い出が、数年後、思わぬ形でよみがえる。

c0033213_342174.jpg


戦時中、ハンナはナチスに協力したとして、裁判に
かけられていた。
ハンナにはある秘密があり、それを打ち明けていたら、
もしマイケルが証人として出ていれば、ハンナの人生は
変わっていたかもしれない。

しかし、ハンナは告白せず、マイケルも行動に移せなかった。

そのある秘密とは?


なんとも切なくて、悲しい恋物語なんだろう。
本当、胸がじーーんといっぱいになった。

戦時中、誰もが背負うかもしれない十字架。
たまたまハンナが背負うはめになった。

c0033213_345815.jpg


これを誰が裁けようか?
戦後の戦争責任のあり方にも一石を投じるような
内容。



愛を確かめるようにマイケルが読んだ名作文庫。
時を経て、二人がまた別々の場所で、愛を確かめ合う。

何度も書いてしまいますが、本当に切ないです。

主役の二人も良かったですが、マイケルを教える法学部の
教授役のブルーノ・ガンツ がいぶし銀の存在。
「ヒットラー最後の12日間」ではヒトラーを演じていました。

ドイツの郊外の風景も美しいし、音楽も良かった。

ただ、ドイツが舞台なんだから、ドイツ語で喋ろうよ!
英語はダメでしょう


でも、山さん13号、一押しでございます!
[PR]
by fyamasan | 2009-07-02 03:05 | 映画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28