パイレーツ・ロック~This is ロックン・ロール

中学生になってから、本格的に音楽に目覚めたやまさん13号です。
CDが少しずつ普及しだした頃なんで、レンタルもレンタルレコード
でしたね。
友達のステレオでテープに録音してもらいました。
初めて借りたのが、ビートルズの日本版の初期のオムニバス版。
今でもテープが残っています。

あの頃、新しい曲といえば、ラジオから流れてました。
近畿圏の方なら覚えているでしょうか?
日曜日の晩に、FMOsakaだったかな、アメリカンTOP40が
流れていました。
「ああ、今、この曲が、この歌が流行っているんだ」と
ラジオを聴きながら、想いに耽っていました。

前置きが長くなりました。
時代はCDさえない1966年。
ロックは不良の聴く音楽と思われていた時代。
ビートルズやローリング・ストーンズを生んだイギリスで
さえ、当時、ロックは一日45分間しか流されなかったんです。

一日中、ロックが聞きたい。
そんな熱い思いのDJたちが作り上げたのが、
「Radio Rock」という海賊ラジオ局。

ロック大好き人間には夢のような話が、

映画「パイレーツ・ロック」

c0033213_3444770.jpg


あらすじ:
素行不良で高校を退学になったカール(トム・スターリッジ)は、
更正を望む母の提案で、母の旧友クエンティン(ビル・ナイ)の
いる船に乗船。その船は、アメリカ出身のザ・カウント
(フィリップ・シーモア・ホフマン)ら、クールなDJたちが
ロックの取締りをもくろむ政府の目を盗み、24時間ロックを
流し続ける海賊ラジオ局だった。


冒頭のシーン。
子供が、親から早く寝るように急かされ、部屋に入り、
電気を消し、寝たと思わせて、枕の下に
ラジオを置き、スイッチを入れる。
そして、DJ、ザ・カウントのファンキーな声に
あわせてロックが流れていく。

冒頭から引きずられましたね。
何十曲というぐらい、60年代のロックがガンガン
流れていきます。

至福な時間ですね。

プロコム・ハルムが流れてきた時なんか、泣きそうに
なりましたよ。
このサントラはどの曲が入っているのか知りませんが、
買いですね。

c0033213_3451995.jpg


カールの童貞喪失話から、各DJの様々な笑えるエピソードも
あり、かなりブラックな話もありましたが、個性的な人間味ある
DJたちで、彼らがDJするからロックも最高にカッコよく
聞こえてきますね。

好きな音楽に一日中関わっていられるなんて、
ほんと、音楽好きにはたまれない職場でしょうね。
ロック好きな人には夢のようなユートピアのような物語。

でも、夢はいつしか、終わりを迎える。


ロック=悪というイメージを持つ大臣にケネス・ブラナー。
彼がコミカルに演じるのが、また面白い。
なんとか、潰してやろうと、策を色々考えますが、それが
成功したのか、どうかは、見てのお楽しみに。

ラストもそう来るのか?と驚きの展開。

船長を演じるビル・ナイがこぶしを握り締め、
「ロックン・ロール」というシーンは最高でしたね。


この1960年代の映画や音楽を、そして、ビートルズの
リマスター盤を聞くたびに、
「ああ、60年代に10代を謳歌したかった」と
いつも思います。


ロック好きな皆さんなら、ぜひとも映画館のスクリーンで
思いっきり、ロックしてください!
[PR]
by fyamasan | 2009-10-31 03:45 | 映画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28