ようこそ、アムステルダム国立美術館へ

山さん13号的にですが、行ってみたい国のベスト5には
オランダが入っています。

まあ、理由は色々とあるんですが、目的のひとつは美術館めぐり。

しかし、目玉の一つのこの美術館はまだ改装中。

いつになったら、改装が終わるんだ?

ここまで来ると悲劇よりも喜劇に近いかな?

アムステルダム国立美術館の改装に関する人間の悲喜劇の
模様を描いたのが、この映画。

でも、これって他人事じゃないよね?

どこにでもある話じゃないですか?


映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」


あらすじ・

c0033213_494610.jpg


2004年、アムステルダム国立美術館の大規模な改装工事が始まった。
ここはレンブラントの「夜警」やフェルメールの「牛乳を注ぐ女」
などを有するオランダ随一の美術館。
解体が始まると市民団体が反発。その後も政府や自治体の許可待ちで、
工事は何度も中断。
各方面からの横槍に対しての妥協が続き、関係者たちは次第に
熱意を失っていく。工事再開のメドが立たずに、
廃墟のようになっていく美術館。はたして美術館はいつ
完成するのだろうか。


申し訳ないですが、見ていて笑いがこみ上げてきます。
これで物事が進めると思ったら、また何か、問題が起こる。
そして、それが解決したら、また問題が。

あまりの停滞ぶりにテンションが下がる、下がる、建築家の
人たち。

切れた、あきれたのか?
ある建築家が、講義する市民に、
「また、なにか問題でも見つけたのか?」とつっこむ場面が痛々しい。


改装を早く始めて欲しい、美術館側の人たち。
色々な想いや情熱を持っていて、それを早く実現したいのに、
どんどんその想いとは裏腹に、改装は進んでくれない。

結局、市民のための美術館なのに、市民が見れずに、
倉庫に置かれぱなしの芸術作品。

いつ、日の目を見るのか?

レンブラントやフェルメール泣いているぞ?

c0033213_4102621.jpg


まったくスムーズに進まない役所のお仕事のようで、
美術館を舞台にしながらも、見事な人間模様を描いている
この映画。

見ている人たちは、身近な出来事を思い出しそうです。
笑うに笑えない?


皆さんはいかがでしょうか?
[PR]
by fyamasan | 2010-10-25 04:10 | ドキュメンタリー

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30