ミリオン・ダラーベイビー~真のテーマとは?

今年のアカデミー賞、主要4部門受賞の映画
「ミリオン・ダラーベイビー」を見てきました。
平日の昼間にも関わらず、多くの人で
賑わっていました。

c0033213_1344318.jpg


物語はボクシングの老トレーナー、
フランキー(イーストウッド)と、若くはないが
まだ夢が捨てられない女性ボクサー、
マギー(H・スワンク)との交流を通じて
成功していく、ボクシング映画かと思いきや、
んん~?

この映画、前半と後半ではテーマが
変わってきます。
前半にその複線がいろいろあるのですが、
(マギーの父が足の悪い犬を処分する話や、
フランキーが24年間毎日、教会に通う訳、
マギーの家庭環境など)見終わると、
そういうことだったのか、これを
イーストウッドは描きたかったのかと、
感じると思います。

前半は確かに、女性ボクサーの
トレーナーになるのを渋っていたフランキー
ですが、マギーの熱意に根負けし、
的確に指導していくにあたり、マギーは
どんどん強くなり、わずか1年半で
世界タイトル戦に挑戦出来るまでに。
しかし、その夢が実現する世界戦から
話は後半へ移って行きます。

c0033213_1473156.jpg


マギーの夢は世界チャンプになって
大金を稼ぎ、家族と幸せに暮らす事。
ボクシングで勝つ事で、少しづつ貯金もたまり、
その夢に近づいていたマギーでしたが、
生活保護を貰い、働く意志のない母親や妹との
間に少しづつ溝が出来ている事を感じずには
いられませんでした。

マギーを演じたH・スワンク。
これでオスカー2つと、すっかりアカデミーの
常連さんになりましたが、10代の頃は、
「ベスト・キッド4」なんかにも出てます。
R・マッチオに代わり、ミヤギ先生から
空手の指導を受けます。


またフランキーと共にジムを支える、
元ボクサー、スクラップ(M・フリーマン)も
この映画には欠かせない存在となっています。
要所、要所でフランキーやマギーにアドバイスする
彼の一言、一言は重みがあります。

マギーは試合の時に着るガウンを、
フランキーからプレゼントされるんですが、
そのバックには刺繍で「モ ・クシュラ」と
書かれています。
この言葉が何を意味するのかも映画のラスト
近くで分かりますよ。

この映画の真のテーマとは何ぞや?
ボクシング映画だけなら、オスカーは
取れないでしょうね。
みなさんも、映画を見て考えて下さい。

音楽はイーストウッド作曲ですが、
ギターの音色がいいです。
[PR]
by fyamasan | 2005-06-10 01:58 | 映画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28