6才のボクが大人になるまで~奇跡の映画

c0033213_4452961.jpg



僕も一応は映画製作者のはしくれなので、この映画を見ながら、うらやましいなあと。
映画製作者なら、こんな映画作りたいと誰もが思うのでは?

あらすじ・

メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とテキサス州の小さな町で生活していた。彼が6歳のとき、母は子供たちの反対を押し切って祖母が住むヒューストンへの引っ越しを決める。さらに彼らの転居先に、離婚してアラスカに行っていた父(イーサン・ホーク)が1年半ぶりに突然現れ……。



いやはや、映画製作日数がどんどん短くなっている昨今に、こんな映画が作れるとは。
監督をはじめ、スタッフ、キャストのみんなのこの映画への熱い愛を感じますね。

主人公のメイソンを演じた、エラー・コルトレーン君が6才の時から撮影をはじめ、彼が18歳になる
までを主要人物4人を同じ俳優が12年間演じ、それぞれの変遷の歴史を映し出す。

CGやメイクじゃない年の重ね方。
1年に1週間ほど撮影をこなしていく。

仮ではありますが、この映画が作り出すひとつの家族に出演者たちも、その家族の一員で
いたかったんでしょうね。


12年という歳月。
ひとつ。ひとつが大事であり、その一瞬、一瞬がかけがえないものになっています。
まるで愛おしいものを抱きしめるような気持ちで見ていました。


この映画を見て、家族のあり方、家族というものの歴史をものすごく深く考えました。

両親の離婚が繰り返され、その度に新しい家族が出来る。

本来であれば、最初の両親がそのまま家族として暮らしていくのが、理想ですが、
現実的にはそうはならない。

最初の父親である、イーサン・ホーク演じる父親が、メイソンの節目、節目に出てきます。

この父と息子の関係も適度な距離があり、しかも愛情が感じらる。

少年の成長物語ではありますが、父と息子の物語でもありますね。

cold playの「yellow」から始まる音楽もまた秀逸。

特に父親が誕生日にメイソンに自身が選曲したビートルズの「Black album」が
めちゃめちゃ聞きたくなりました。

ビートルズ解散後の4人のソロ曲を厳選して作ったというアルバム。
誰か作ってくれないかな。


時間は2時間45分と長めですが、長さを感じさせない展開で、ほんとに、
このままメイソンの成長を見ていたいと思わせてくれます。


今年、一本映画を選ぶとしたら、この映画ではないでしょうか?
[PR]
by fyamasan | 2014-11-19 04:45 | 映画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30