Osaka-cinema-cafeって何ぞや?

どうも、初めまして!

やまさんです。宜しくお願いします。
映画とプロレスと阪神タイガースを
こよなく愛する男であります。

1月から始まった、大経大の
「実践マネジメント講座」の授業から、
このブログを作る事になりました。
自分の好きな映画の感想やその日の事を
気軽に書いていこうと思ってます。

しかしタイトルは
「Osakaーcinema-cafe」にしました。
これは僕が作りたい店の名前です。
僕の前職は調理師なんですが、僕は
映画好きで、映画で出てきた料理を
メニューにして、それを映画好きなお客さんに
食べてもらいたいと考えていました。

例えば、「プリティ・ウーマン」でジュリア・ロバーツが
食べていた料理を食べてみたいなあと、
思ったりしませんか?
そんな感じで映画に関係した料理を
メニューにして、後は、ミニシアター的に、
ショートフィルムを流していきたいと考えています。

去年に、大阪ショートフィルムフェステバルの
ボランティアをしたのですが、
ショートフィルムの面白さに惹かれました。
なかなかショートフィルムを見る機会
はないと思うので、それを提供出来る空間を
作れたらと考えました。
ショートなら5分あたりから、長くて30分ほどなので、
店に食べに来たついでにショートフィルムを
見てほしいなあと。

Osaka にしたのは、これがまた全国展開すれば
ショートフィルムがまた全国に広がっていくだろうし、
ショートからまた素晴らしい映画を作る人たちが
出てきてほしいと願います。

僕の夢のその先としては、大阪国際映画祭
みたいなものを開催できたらと。
カンヌ映画祭のような歴史と威厳のある映画祭を
大阪から発信していきたい、
そしてこれが大阪の地域活性化に役立てば幸いです。

まだまだ計画だけで、「和民」の社長のように、
「夢に日付を」とまでいきませんが、何とか自分の夢、
実現に向けて
頑張っていきたいと考えています。


それでは、どうか宜しくお願いします。

最後に本田宗一郎さんの次の言葉が
気になりましたので。

「日記は消しゴムやインク消しで消せるもんだ。
あとで都合が悪けりゃ破ってもいい。
ところが自分がたどってきた真実の人生は
消しゴムで消せない。
本当の日記というものは、そんな人の”人生”
そのものだ。」
[PR]
by fyamasan | 2005-01-16 00:05

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28