LIMIT OF LOVE 海猿~愛が救うのは?

連日、超満員の映画館。
前作を見てた人、TVドラマを見てた人、
口コミで駆けつけた人、劇場全ての人に伝わる
熱い感動!
やまさんも泣いちゃいました。
映画「LIMIT OF LOVE 海猿」

c0033213_1545490.jpg

潜水士・仙崎大輔(伊藤英明)と恋人・
伊沢環菜(加藤あい)は、鹿児島と東京で
それぞれ暮らす遠距離恋愛中だ。
もうすぐ結婚する予定だが、仕事の事で、
大輔のこころの整理がついていない。
話をしてもギクシャクしてしまう。
せっかく東京から鹿児島まで来た環菜だが、
結婚の話も進まない。
意気消沈して東京へ帰るフェリーに乗り込む。
(手つくりのウエディングドレスを持って)
だが、鹿児島沖で環菜の乗っている大型フェリーが
座礁事故を起こしてしまう。
乗客は約600名あまり。
段々と船の傾斜が高くなり、船が沈む
可能性が出てきた。
救助は進むが、車のガソリンから
火がつき、火災が発生。
大きな爆発音と共に、救助中の大輔は
吹き飛ばされ、仲間のバディ・吉岡と
乗客二人の4人が船内に取り残されてしまう。
刻々と沈没の時間は迫る。
果たして、大輔ら4人は無事に
脱出出来るのか?

c0033213_1615042.jpg

話の展開はこうなるだろうなと、分かって
いましたが、それでも泣いちゃいましたね。
僕は全然このシリーズ、映画もTVドラマも
見ていなかったので、見ておけば、さらに
この感動が広まっただろうなと、少々後悔しました。
でも、何の知識も無くても全然大丈夫ですよ。

大迫力のシーンも満載で、大輔と環菜の
ラブストーリーも見ものですし、
ぜひ、映画館で見ていただきたいと思います。

今回、この映画を見て感じたのは、待つことの
苦しさでしょうか。
恋人・環菜はただ待つ事しか出来ない。
無事に大輔が帰ってくる事を信じて、祈るばかり。
そして、大輔らと同じ潜水士も避難命令が出て、
外から大輔らの無事を見守るだけしか出来ない。
取り残された大輔も厳しい状況ですが、
仲間や恋人を待つことしか
出来ないというのも、本当に辛いものだなあと。
でも、恋人や仲間がいるからこそ、大輔らは
必死に生き抜こうとする、
元上司の下川(時任三郎)の
大輔、必ず、帰ってこい、一緒に空を見よう
のセリフには、グッときました。

c0033213_16384096.jpg

また、大事な部下を置き去りにしなけらばならない、
そんな命令を下さなければならない上官の気持ちも、
もう切なくなりますね。
苦渋の選択です。
映画を見ていると、自分もそこで大輔らを
待っている一人のように
思えてきて、手に汗が出てきました。

c0033213_16325264.jpg

人の命を救うのが仕事では消防士もあり、
「炎のメモリアル」を思い出しました。

詳細はこちら↓


炎のメモリアル




懸命に人の命を救う仕事をしている人は
尊敬出来ますが、彼らを待つ家族や仲間の
存在意義をあらためて考えさせ
られました。

タイトルのLIMIT OF LOVE のLOVEは、
恋人同士の愛情から、家族、仲間、友達など、
様々なLOVEであることに
気づきました。

ALL you need is LOVE !!!
[PR]
by fyamasan | 2006-05-15 16:41 | 邦画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30