神の左手、悪魔の右手~元気です、楳図かずおさん

楳図かずおのカリスマ人気だろうか、
舞台挨拶では、上映映画館の天六
ユウラク座が満員になったという。
このあたりは
「bobbyshiroさんのブログ」

でお確かめ下さい。
僕の時はいつものように、ガラガラの
天六ユウラク座で見てまいりました。
楳図かずおの人気漫画を映画化した
映画「神の左手、悪魔の右手」

c0033213_23593178.jpg

イズミ(渋谷飛鳥)の弟のソウ(小林翼)は
人間の悪意を夢で予知するという不思議な
力を持っていた。
ある夜、うなされていたソウの首から
大量の血が流れ出した。
病院へ運び込まれたソウ。
その時、イズミはソウが以前
言っていた言葉を思い出した。

「お姉ちゃん、僕はもうすぐ死ぬんだよ。
でもね、お姉ちゃんが助けに
来てくれるんだよ。
そして、赤い携帯電話が必要だからね」


ソウの命を救う為に、イズミはソウの
言葉通りに、赤い携帯電話を探し出し、
その電話に導かれるままに、
白い屋敷を目指していく。
そして、その屋敷で見たものとは?


c0033213_0115624.jpg

僕が小学生の頃は「まことちゃん」が
流行ってましたが、僕はどうも馴染めず、
画風が嫌なのか、楳図かずおの漫画は
殆ど知りませんでした。
この映画ももちろん知らないで
見に行きました。

知らなかったのが幸いでしょうか、
楽しめましたし、面白かったです。
ただ、特撮というか女の子の首切りシーンが
何回があるのですが、これがマネキンの
首なので、かなり白けてしまいます。
これが意図していたら凄いのですが、
予算の都合でそうなったのか?
いまどきの映画でそれはダメでしょうと、
ちょいと失笑状態になりました。

血が飛び出したり、流れ出すシーンも、
明らかにお金がかかっていないのが、
まる分かりなので、
「ふ~何とかならんもんかな」と。

役者では田口トモラヲさんが良かったですね。
狂気の父親というべきでしょうか、
いい演技してますね。
正直、田口さんがいなかったら、
どうなっていたのだろかと思いますもんね。

この父親役はデ・ニーロ&ダコダ・ファニング
競演の

「ハイド&シーク~暗闇でかくれんぼ」

設定がよく似てますよ。

c0033213_0185038.jpg

ソウのここぞという時の名セリフがこちら、

「我が左の手は 正しき者を
甦らせる神の左手
我が右の手は 悪しき者を滅ぼす悪魔の右手。
滅びよ、悪魔!」


子供なら絶対にこのセリフを真似したいただろうなあ。

原作者の楳図かずおさんも映画に出てきます。
もう70歳とは思えないハッスルぶり!

こちらが主演の渋谷飛鳥ちゃんの誕生日の模様。
弾けている楳図かずおさんの表情がいいですね。
c0033213_0253745.jpg

[PR]
by fyamasan | 2006-08-01 00:27 | 邦画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31