フラガール~静ちゃん、最高!

この映画を見た人から殆ど、「良かった」、
「泣いた」とか聞いていたので、
見たくて見たくて仕方なかったのです。
で、ようやく見て来ました。
いや~、めちゃめちゃ泣いてしまいましたね。
実話を元にした、映画「フラガール」

c0033213_461444.jpg

昭和40年代、福島県いわき市の炭鉱町。
石炭から石油へ世の中が変わりつつある。
炭鉱町もかっての賑わいはなく、炭鉱仕事の
先も見えはじめていた時、炭鉱会社は
この町を救おうと、一つの企画を進めていた。
レジャー施設“常磐ハワイアンセンターを作り、
炭鉱から観光の町へ転換しようと考えた。

東京から、プロのダンサー、平山まどか
(松雪泰子)を呼び、炭鉱町娘をダンサー
にしようと考えていたが、地元から予想
以上の反発をくらう。
「こんな寒い町でハワイセンターなんて、
誰が来るんじゃ!」
そんな中、高校生の早苗(徳永えり)は
紀美子(蒼井優)を誘い、大柄な女の子、
小百合(山崎静代)は父に連れられ、
そして会社の事務員の初子(池津祥子)の
精鋭?の4人がダンスの特訓を
受けることになる。

しかし、町は炭鉱派とレジャー施設派に
分かれだすし、やる気のないまどか先生
と4人の生徒の意思疎通もなかなか
思うようには行かない。
意見の衝突、喧嘩騒ぎ、全てはダメに
なってしまうのか、そう思われた時、
何かが変わり始めた。

c0033213_2252768.jpg

この映画の良さは何だろうか?
何で、こんなに泣いてしまったのかな?
考えると、やまさんはこう思うわけです。

誰もが、「明日を信じて、夢を信じた」
田舎の町に埋もれて一生を暮らすのは
嫌だと感じた早苗や紀美子も
フラダンスに明日を夢見た。
何か事情があり先生を引き受けたまどかも、
やはりこの町でなにかが起こると
かすかに信じていた。
そして、何かが起こり、彼女の中で、
自分にも明日は来ると信じて炭鉱娘と
頑張り始めた。
レジャー施設派も、これで町が変わると信じた。
炭鉱派は、炭鉱の先は見えて、将来は
無い事がわかっているのだが、
なかなかそれを認めるわけにはいかない。
だから探鉱に明日があることを
信じてるふりをしている。

そして、色々な思惑があるから、
意見の衝突も起こる。
うわべだけの付き合いじゃ、その人の内面は
見れないし、お互いがお互いを
分かろうとしていない。また出来ない。
相手の心に一歩踏み込む。
それで、衝突する時は衝突する。
しかし、この衝突こそが、お互いを
理解しあえるパワーになるのでは?

やがてこれが大きな町を変えるエ
ネルギーになっていく。
その様子をストレートに描くから、
感動がどっとストレートに
伝わって来たのではないでしょうかと、
考えましたが。

それしても、出演者が豪華で、
演技の競い合いが素晴らしかったです。
昔かたぎな頑固一徹な母を演じる、富司純子。
自分の人生は自分が決める、
そう願う高校生に蒼井優。
心根が優しすぎるのに、素直になれない
先生に松雪泰子、
レジャー施設建設をひっぱるとぼけた
役どころの岸部一徳など、
書いていたらきりがないくらいなので、この辺で。
寺島進もほんの少しですが、いい味出してました。


c0033213_25639.jpg

役者の凄いのは当たり前ですが、
そうじゃない
静ちゃん(南海キャンディーズ)の
役者顔負けの
演技には、おそらく多くの人の心に
届いたのでは、ないでしょうか?
静ちゃん無くしてこの映画は語れない、
そんな気がしますが、皆さんは
如何でしょうか?



ラストのクレジットを見ると、またジーンと胸が
暖まってきました。
こんな映画を作ってくれて有難うと
言いたいですし、こんな映画を
作ってみたい、そう強く思いました。

上映館も少ないですが、ぜひぜひ、劇場まで
足を運んで、この感動を味わって貰いたいです。
[PR]
by fyamasan | 2006-10-15 03:02 | 邦画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31