プラダを着た悪魔~自分の居場所を探して

ファッション誌業界の話なので、女性は楽しめるのは
分かってましたが、男の僕もドンドン引き込まれて
いくほど、面白かった。
この秋、注目の映画と言えば、
これしかないでしょうか!

映画「プラダを着た悪魔」。
試写会で見て来ました。

c0033213_813014.jpg

ジャーナリスト志望のアンディ(アン・ハサウェイ)は、
何かの役に立てればと、あまり興味がない
ファッション誌「RUNAWAY」のアシスタント面接を
軽く受けたのだが、これが彼女の運命を大きく
変えることになるとは。

同じ業界から、他業界からもカリスマ編集長
として一目置かれる編集長ミランダ
(メリル・ストリープ)のジュニア・アシスタントとして
働くことになったアンディだが、予想外?以上の
ミランダの要求に、初めは「何なの?この女は!」と
怒る気持ちを抑えつつ、無茶な命令にも
従っていたが、ある日、プッツンと切れてしまう。

しかし、先輩から「お前の代わりは5分で見つかる」
「何百万人の憧れの仕事をしているのに、
それを分かっていない」
「この「RNNAWAY」で一年もてば、どの業界でも
好きな所へいける」など、叱咤激賞され?、
自分の置かれている状況を理解し、
ダサい、最悪と言われた自身のファッションにも
気を使い出し、ミランダの注文の一歩、二歩も
前を考えて仕事をするようになった。
次第にミランダにも認められ、少しずつキャリアも
ステップアップしていくのだが、
今度は私生活が問題になる。

恋と仕事は両立出来ないものだろうか?
やり手の作家にも誘われる、仕事もドンドン任される。
このまま、進むべきなのか?
それとも、本来の自身の姿、生活を取り
戻すべきなのか?
ゆれるアンディだったが、。


c0033213_8305660.jpg

この映画の見所はたくさんありますので、
どれを書こうか迷いますが。
まずはこの上の画像のように、ダサいアンディの
服装がどんどん
下の画像のように、お洒落になってきます。
「サイズ6、太め」といわれていたアンディの体型も
どんどんスリムに。
仕事が分かり、出来るようになるに連れて、
ダサいファッションも綺麗なセンスの良いものに
変わっていく、その様子がとても心地よいですね。


c0033213_836793.jpg
c0033213_8362634.jpg



















ミランダからの無理難題?な要求も笑えます。
当事者じゃないから暢気に笑っていられますが、
これが自分なら「どうするの?」という感じですね。
まだ発売もされていない、「ハリーポッター」の
最新作を手に入れるというのもありましたが、
これは手に入れることが出来たのでしょうかね?
映画を見て確かめてください。

パリのファッションショーや、「RUNAWAY」誌の
業界人が着こなすお洒落な服装にも大注目。
プラダを始め、有名ブランドがどんどん
出てきますし、最新モデルも出てきますので、
ファッション。ブランド好きな方は必見!
c0033213_849571.jpg


悪魔?鬼?編集長のミランダを演じるのが、
メリル・ストリープ。
全身隙の無い、仕事の出来る、容赦ない
女性を貫禄の演技で見せつけてくれます。

このミランダに向かっていくアンディを
演じるアン・ハサウェイの若さ溢れる
魅力もいいですね。
女優の新旧対決も見ものですよ。

とんとん拍子にすすむシンデレラ物かと
思いきや、最後はなるほどねと、
僕的には「そうだよね、それで良いよね」という
結末に、なっていますが、
皆さんはどのようにお考えになるのでしょうか?
[PR]
by fyamasan | 2006-11-09 08:52 | 映画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28