ラブソングができるまで~愛に戻る道

日本では大ヒットとはなりませんが、
今、一番主演作が安定しているのではと、
感じるドリュー・バリモア。
彼女を追いかける

「デートwithドリュー」
も良かったですが、
日本での最新作はこちら
「ラブソングができるまで」
ヒュー・グラント共演です


ドリュー・バリモア最高!
ラブコメ、最高!~と言いたいですね(^・^)


c0033213_83746.jpg

80年代を一世風靡した人気グループ・POPの
1人だったアレックス(ヒュー・グラント)も、
今では元スターとして、さえない生活を
しています。
そんな彼にラッキーな話が舞い込んできます。
10代のカリスマ歌姫で、人気絶頂のコーラから
デュエット曲の依頼が来るのです。
なんでも彼女はアレックスの大ファンだったらしい。
何とかこのチャンスとものにして、再び第一線で
活躍したいアレックスは新曲を考えますが、
作曲は得意ですが、肝心の歌詞が出てこない。

そんな時、たまたま植木の水差しのバイトに来ていた
ソフィー(ドリュー・バリモア)のアドバイスから、曲が
出来ていきます。
起死回生のヒット曲となるのか?
曲作りを通じて、お互いに惹かれる存在に
なった二人ですが、恋の行方はいかに?

c0033213_813971.jpg

映画を見終わった後、映画でアレックスと
ソフィーが歌う、「愛に戻る道」が頭を離れない。
この映画見て良かったなあと、なんとも心地よい
気分になりました。

冒頭に、POPのMTV風のビデオクリップが
流れるのですが、これが笑えます。
80年代の洋楽好きな人なら、2倍は楽しめると
思いますよ。
懐かしさと恥ずかしさが感じられます。
なんでもモデルは、ワムだとか。
c0033213_9335178.jpg


話の展開はこうなるだろうとは分かるのですが、
アレックスとソフィーの会話も洒落ていますし、
クスクスと笑わせて最後に泣かせるという、
これぞ、ラブコメの王道という感じに仕上がっています。

ソフィーも過去の恋愛から、恋に臆病になっていますが、
アレックスとの出会いで彼女もまた変わっていきます。

この映画は何の先入観もなく、気軽に見て、
「めちゃめちゃ面白いやん!」と、そして、
「めちゃめちゃ、良いやん!」と思ってもらえる映画
なのではと思います。オススメであります。

ヒューグランドの腰振りダンスも、良い感じです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この映画を見て、ドリューの魅力にはまったら
この作品を見逃すわけにはいかない。

まずは、アダム・サンドラーとの競演の
「50回目のファースト・キス」

c0033213_8325262.jpg

交通事故で、短期記憶障害になり、
一晩寝ると、昨日の事をすっかり忘れてしまうと
いう、ルーシー(ドリュー)。
そんな彼女に、何とか自分の事を覚えて貰いたいと
口説き、奮闘するのが、獣医のヘンリー(アダム・サンドラー)。
ハワイの綺麗な風景を舞台に、
すれ違う、中々進展しない恋はどうなるのか?
シックス・センス」がキーワードかな?

そして、松坂の加入で日本でも
ボストン・レッドソックスファンが急増化?
映画「2番目のキス」

c0033213_8451657.jpg

仕事は順調だが、肝心の恋愛が発展しない
30歳目前のリジー(ドリュー)。
そんな彼女は小学校教師のベン(ジミー・ファロン)と
付き合うことになった。
今まで周りにいなかったタイプだけに、リジーもベンに
どんどん惹かれるのだが、二人に大きな問題が起きてしまう。
ベンは熱狂的なレッドソックスファン。
仕事や恋より、まずはレッドソックスなんであります。
(阪神ファンの僕もドキッとしましたが)
段々と許せる範囲を超えてきたベンの熱狂度に、
リジーはどうするのか?
この恋の行方も気になります。

この3本を見れば、必然的にドリューファンに
なるには、間違いないでしょう!
彼女の笑顔がいいですね。

是非ともご覧下さいませ(^。^)
[PR]
by fyamasan | 2007-04-24 08:58 | 映画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28