リアル鬼ごっこ~走れ~逃げろ~

巷で注目の「リアル鬼ごっこ」
塾の中学生もかなり、気になるらしいですが、
「受験生なので、終わってからね」と言ってますが。

映画館には、高校生や10代が多かったですね。

映画「リアル鬼ごっこ」

c0033213_2114138.jpg


あらすじ:
日本で最も多い名字“佐藤”姓の人々が、
全国で相次いで亡くなるというニュースが世間をにぎわせていた。
ある日、不良高校生の佐藤翼(石田卓也)は、
対立する不良グループとの追走劇の最中に異世界へと
紛れ込んでしまう。
そこでは“佐藤”姓の人々が王の仕向けた鬼に追われ、
捕まると殺される鬼ごっこが行われていた。
(シネマトゥデイ)

僕は山口ですが、これもまた多い名前でありまして、
たぶんベスト10内には入るかと思いますが。

原作と映画は別物らしいと聞きました。
まだ原作は読んでいませんが、かなり文章が
凄いらしいですね。

この映画の凄いところは、ネットでも書いてありますが、
とにかく、「走る、逃げる、走る
この映像がやはり凄いです。
よくこんだけ全力疾走出来るなあと、30代後半へと
向かう僕には、とてもじゃないけど、真似出来ない。
しかし、命が狙われているので、
必死に走るのも無理ないかなと

あと、「鬼」の姿も面白いし、逃げる時間帯も決まっていて、
その時間帯以外は普通に生活出来るというのが、笑えた。
(そんなの、普通に生活出来るかよ~!)

c0033213_2125979.jpg


映画はいかにリアリティがあるかによって、観客がその映画に
入り込めるかが、決まってくるんだと思います。
その点、この映画では入りそうで、入り込めないリアルさで、
なんとももどかしくて、前半はすごく良いのですが、後半は
リアルさが低くて、どうも見ていてテンションが下がってしまい
ました

ただ、ラストで盛り返したあたり、僕的には満足しましたが。


パラレルワールド?
なぜ、「佐藤さん」なの?
出演者の「走る」映像は、必見ですので、DVDではなく
劇場のスクリーンで見てもらいたいと。

必死に逃げ回る、佐藤翼(石田卓也)も良かったですが、
妹を演じた、谷村美月にも注目ですよ。

ちなみに映画館で「佐藤さん」を証明出来れば、
料金が安くなるらしいですよ。

佐藤さ~~ん、映画館へ走れ~
[PR]
by fyamasan | 2008-02-20 02:13 | 邦画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28