クライマーズ・ハイ~命を追った1週間

1985年、8月のあの日。
家族と夕食を食べていた時、臨時ニュースが
入り、ジャンボが消息を絶ったことを知った。
翌日の無残な光景がTVから流れていたことは
今でも鮮明に覚えています。

クライマーズ・ハイとは、登山時に興奮状態が極限まで達し、
恐怖感が麻痺(まひ)してしまうことを言う。
何かにつかれたように、興奮高揚していた熱い男たちの
夏の日々。


映画「クライマーズ・ハイ」

c0033213_041430.jpg


あらすじ・

終戦記念日を3日後に控えた8月12日。
通信社のニュース速報が北関東新聞社の社内に響き渡る。
日航123便がレーダーから姿を消し、長野・群馬の県境に
墜落したという。
乗員乗客524名、単独の航空機事故としては世界最大で
最悪の事故だ。地元で起きた未曾有(みぞう)の大惨事に
北関編集局は、にわかに興奮のるつぼと化した。
全員が神経をとがらせ、臨戦態勢で事故報道に取り組む。
そして、組織から一線を画した遊軍記者・悠木和雅(堤真一)が
日航機墜落事故の全権デスクに任命された。


職場という所はこんなところなんだよと、
男の嫉妬や意地や見栄、プライド、欲望が渦巻く世界を
見せ付けてくれる。

自分たちの管轄地に予想もしない事件が起こる。
誰もが、高揚。
戦場のような雰囲気が、また逆に記者たちの心に火をつける。

c0033213_0413164.jpg


この日航機墜落事故の裏で地元の新聞社は
どんな動きをしたのか?
そして、そこで働くものは何を見たのか?
このあたりは本当に迫力ある映像で、グングン見ている者を
引っ張っていってくれる。

ただ、原作はこの事件を軸に、一人の新聞記者を通じて、
家族の絆、友情、職場で生きる男たちの切なさ、厳しさを
伝えているので、家族の絆、父と息子の関係、友情あたりが、
希薄というか、どうも中途半端になっている気がします。
ここが残念。

原作では重要な人物だった安西(高島政宏)の存在が薄すぎる。

c0033213_0415993.jpg


でも、新聞社内でのドロドロの人物構図の見せ方は凄いです。
老害としか言いようの無い(どこかの新聞社にもいる?)
社長を山崎努が、老獪に演じれば、若手記者のスクープを
邪魔するかってのスクープ記者で、今は部長である男を
遠藤憲一が演じています。
そして、主人公の悠木は若手と上司との間にいる中間管理職で
苦しみながら、新聞記者としての道を模索する。
新聞社では目立たない存在ですが、この宣伝部がなければ
会社は成り立たず、この宣伝部と記者たちとの軋轢も見事に
描いており、人間ドラマとして凄い出来栄えでした。

良い面も悪い面を併せ持つも、必見の映画ではないでしょうか?


田口トモラヲを始め、役者さんたちは新聞屋を本当に、
しっかりと演じていますね、凄いわあ。

後で新聞社に勤める人にこの映画のことを詳しく聞く
機会がありました。

大手新聞社、地方新聞社の違いはあるものの、よく新聞社を
描いているとのことで。
あと、役者さんたちの新聞マンの徹底振りには感心したとも
聞きました。
なにげない仕草にも注目ですよ。
とくに、マギーさん
[PR]
by fyamasan | 2008-07-30 00:44 | 邦画

メジャー監督、デビューを目指して!


by fyamasan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31